コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

「 薬 効果 」 一覧

klb0000702-1.jpg

レキソタン2mgの効果や特徴は?作用時間と効き目について!

  2016/12/13    薬 効果

抗不安薬のレキソタン2mgはベンゾジアゼピン系抗不安薬です。 不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。 リラックスするお薬なので、 副作用には注意が必要のようです。 レキソタン...

klb0000701-1.jpg

ルナベルuldには避妊効果がある。いつから効果が現れる?

  2016/12/13    薬 効果

ルナベルuldとルナベルldについてご存知でしょうか? 月経困難症の治療に使う薬として婦人科で処方されているものなのです。 ルナベルは基本的に月経困難症の治療薬なので避妊効果は目的としてい...

klb0000684-1.jpg

ロヒプノールとジェネリックのフルニトラゼパムの違いは!?

  2016/12/07    薬 効果

皆様は、ロヒプノールという名前を聞いたことがありますか? ロヒプノールは1984年に発売された睡眠薬で、ベンゾジアゼピン系に属するお薬です。 現在でもよく使われており、発売から30年以上経...

klb0000682-1.jpg

レキソタンの離脱症状で頭痛は起きる?その他に起こる症状!

  2016/12/06    薬 効果

レキソタンは、強い抗不安作用を持っています。 神経症などを患う方にとって、とても頼れる薬ですが、レキソタンは効果が強い分、副作用もやや多い傾向があります。 注意すべき副作用の1つに「離脱症...

klb0000681-1.jpg

ルナベルの副作用で血栓症になるの?検査にかかる費用は!?

  2016/12/06    薬 効果

避妊だけではなく、生理中の苦痛を和らげる効果や子宮内膜症の治療にも有効な低用量ピルのルナベル! 多くの女性が活用していますが、2013年12月に新聞で死亡例が取り上げられました! それ以来...

klb0000680-1.jpg

アデホスコーワとメチコバールが処方されたが副作用って!?

  2016/12/06    薬 効果

アデホスコーワという薬は、内科・耳鼻科・眼科・脳神経外科などの診療科で使われています。 アデホスコーワは、頭部外傷による後遺症や、内耳障害によるめまいの症状の改善などに処方される薬です。 ...

klb0000669-1.jpg

頭痛薬のイミグランとロキソニンの併用は可能なのか知りたい

  2016/12/02    薬 効果

世界中では、多種多様な頭痛に悩まされている人は多いですよね。 日本人の頭痛で一番多いのが、肩こり頭痛ともいわれる緊張性頭痛と言われています。 片頭痛といえば”イミグラン”。 緊張型頭痛といえば”...

klb0000668-1.jpg

アデホスコーワとメチコバールとは?それぞれの効能・副作用

  2016/12/02    薬 効果

めまいや耳鳴りは、日常生活で経験する方も多いのではないでしょうか。 日常生活に支障をきたす程の症状ですと、メニエール病や平均感覚異常、突発性難聴の場合もあります。 そんな症状で病院を受診すると処方...

klb0000657-1.jpg

抗うつ薬のメイラックスとデパスの併用をしても大丈夫なの?

  2016/11/28    薬 効果

うつ病は、ストレス社会が生んだ現代病のように思われがちです。 しかし、実は昔からある病気なのです。 そして、特定の人がかかる病気ではなく、誰にでもかかる可能性がある病気でもあるのです。 メイラッ...

klb0000637-1.jpg

ルナベルの副作用の不正出血とルナベルの正しい用法・用量!

  2016/11/22    薬 効果

ルナベルの服用は、重い生理や、月経困難症の辛さが緩和される目的のために使用されています。 実際にルナベルを服用している女性の方は沢山いらっしゃると思います。 ルナベルとはどんな薬なの? ルナベル...

klb0000636-1.jpg

低用量ピルのルナベルで不正出血が止まらないことはあるの?

  2016/11/21    薬 効果

低用量ピルのルナベルの服用は、避妊目的の他、子宮内膜症の治療などにも使われています。 実際にルナベルを服用している方は沢山いらっしゃると思います。 しかし、人工的にホルモンバランスを変化させるので...

klb0000635-1.jpg

ヤーズ・ルナベル服用で血栓症になる?!原因と対策について

  2016/11/21    薬 効果

ヤーズやルナベルなどの低用量ピルは、日本においても月経困難症や子宮内膜症に対する有効な治療薬として多くの女性に使用されていますよね。 低用量ピルは、思い生理痛やPMSで苦しむ方々も使用されているので...

klb0000634-1.jpg

抗うつ薬のメイラックスとデパス違いは?それらの特徴は!?

  2016/11/21    薬 効果

なぜ、うつ病になってしまうのでしょうか!? はっきりした原因はまだよく分かっていませんが、脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、ストレスや身体の病気、環境の変化など、様々な要因が重なって...

klb0000629-1.jpg

抗不安薬で処方されるデパスとレキソタン!その違いは!?

  2016/11/19    薬 効果

抗うつ効果のある安定剤は「デパス、レキソタン、セルシン」の3つのみとされてます。それぞれ作用の強さと持続時間には違いがあります。 では、デパスとはレキソタンとはどういった薬なのか、それらの副作用は?...

klb0000624-1.jpg

風邪症状で薬を飲んだ後に手足の痺れが!考えられる原因は?

  2016/11/17    薬 効果

皆さんは風邪をひいたと思ったらどう対処しますか? 風邪薬に頼る方も大勢いらっしゃると思います。 手軽に飲める風邪薬ですが、実は手足の痺れがでるなどの副作用を伴う事があるとされています。 今回は、...

klb0000606-1.jpg

ルナベルは飲み忘れに注意!忘れたときの対処法と避妊効果

  2016/11/14    薬 効果

ルナベルという薬の名称を聞いたことはありますか? ルナベルは、ルナベルLD(低用量ピル)とルナベルULD(超低用量ピル)の2種類があるピルのことです。 他の低用量ピルとは異なり、主に避妊目的ではな...

klb0000594-1.jpg

抗不安薬のデパスとレキソタンは併用しても大丈夫?効果は?

  2016/11/10    薬 効果

抗不安薬は不安を和らげる作用を持つお薬で、「安定剤」「精神安定剤」などと呼ばれることもあります。 抗不安薬には沢山の種類があり、それぞれ特徴が異なります。 『処方されて抗不安薬を飲んではいるが、ど...

klb0000585

レキソタンは離脱症状が大変!長期間の服用は注意が必要?

  2016/11/07    薬 効果

レキソタンは、主に不安を和らげる作用があります。 レキソタンは効果が強いため、依存してしまいがち・・。 しかし、レキソタンの副作用には「離脱症状」があり、注意が必要のようです。 長期間の服用は離...

klb0000583-1.jpg

サインバルタのせい?副作用で吐き気がする!理由と改善策

  2016/11/07    薬 効果

抗うつ薬としては比較的新しい薬のサインバルタ。 サインバルタを飲み始めると胃がムカムカしたり、吐き気がすることがあります。 これはSSRIやSNRIによくみられる副作用です。 お薬の飲み始めに多...

klb0000577-1.jpg

レキソタン減薬による離脱症状の一つ予期不安を克服する方法

  2016/11/05    薬 効果

パニック障害の方など精神的疾患を患っている方が服用するレキソタン。 予期不安に対して効果を実感しやすいお薬として服用している方も多いのではないでしょうか。 効果を実感しやすいということで、減薬する...