コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

「 薬 効果 」 一覧

klb0000594-1.jpg

抗不安薬のデパスとレキソタンは併用しても大丈夫?効果は?

  2016/11/10    薬 効果

抗不安薬は不安を和らげる作用を持つお薬で、「安定剤」「精神安定剤」などと呼ばれることもあります。 抗不安薬には沢山の種類があり、それぞれ特徴が異なります。 『処方されて抗不安薬を飲んではいるが、ど...

klb0000585

レキソタンは離脱症状が大変!長期間の服用は注意が必要?

  2016/11/07    薬 効果

レキソタンは、主に不安を和らげる作用があります。 レキソタンは効果が強いため、依存してしまいがち・・。 しかし、レキソタンの副作用には「離脱症状」があり、注意が必要のようです。 長期間の服用は離...

klb0000583-1.jpg

サインバルタのせい?副作用で吐き気がする!理由と改善策

  2016/11/07    薬 効果

抗うつ薬としては比較的新しい薬のサインバルタ。 サインバルタを飲み始めると胃がムカムカしたり、吐き気がすることがあります。 これはSSRIやSNRIによくみられる副作用です。 お薬の飲み始めに多...

klb0000577-1.jpg

レキソタン減薬による離脱症状の一つ予期不安を克服する方法

  2016/11/05    薬 効果

パニック障害の方など精神的疾患を患っている方が服用するレキソタン。 予期不安に対して効果を実感しやすいお薬として服用している方も多いのではないでしょうか。 効果を実感しやすいということで、減薬する...

klb0000575-1.jpg

デパス依存で服用期間が長く摂取量が多いとどうなるの!?

  2016/11/04    薬 効果

抗不安薬は不安を和らげる作用を持つお薬で、「安定剤」「精神安定剤」などと呼ばれることもあります。 抗不安薬にはたくさんの種類があり、それぞれ特徴が異なります。 『あなたはデパスをやめられますか?』...

klb0000574-1.jpg

サインバルタの副作用は少ない!だが眠い、だるいは要注意!

  2016/11/04    薬 効果

サインバルタは副作用が少なく、世界では一番処方されている抗うつ剤です。 精神症状だけでなく痛みにも効果があるので、心療内科や精神科だけでなく内科や整形外科などでも処方されるようになってきています。 ...

klb0000537-1.jpg

ロキソニン60mgとカロナール。子供に使用できる解熱剤は?

  2016/10/26    薬 効果

子供って急に熱を出したりしますよね。 熱が高くて食欲も無いし元気も無い・・熱を下げてあげたいけど、常備薬はロキソニン60mgしかない。 しかし、お薬の飲み方にも注意が必要です。 今回は病院で処方...

klb0000536-1.jpg

レキソタンの効果と副作用はある?依存性や離脱症状について

  2016/10/26    薬 効果

レキソタンという抗不安薬をご存知ですか? レキソタンは自律神経失調症・不眠・不安や緊張のある肩こりなど、心身の両方に作用するお薬ということで、いろいろな疾患の治療に使われているそうです。 しかし、...

klb0000532-1.jpg

デパスの依存性と依存にならない適切な使用量が知りたい!

  2016/10/25    薬 効果

抗不安薬として処方されているデパス・・・。 『あなたはデパスをやめられますか?』と問われたら動揺してしまうくらい、デパスの依存性と効果の強さは有名です。 そこで今回はデパスの依存性と適切な使用量に...

klb0000531-1.jpg

妊娠中にウテメリンで動悸が起きた!原因・症状とその対処法

  2016/10/24    薬 効果

ウテメリンという名前を聞いたことがありますか? ウテメリンは切迫流産・切迫早産の代表的な張り止め薬で産婦人科でよく処方されます。しかし、ウテメリンの動悸という副作用で苦しい思いを経験している人も少な...

klb0000475-1.jpg

サインバルタの副作用って?むくみの他にどんなものがある?

  2016/10/12    薬 効果

サインバルタは現在世界では一番売れている抗うつ剤です。 どんなお薬にも必ず副作用があります。 抗うつ剤をはじめ、精神科のお薬は体重増加の副作用をもつものが多くあります。 サインバルタの副作用にも...

klb0000453-1.jpg

イミグランやロキソニンとは?効果や使用上の注意点

  2016/10/07    薬 効果

イミグランやロキソニンという言葉を聞いたことがありますか? どちらも鎮痛剤として有名な薬ですが、具体的にどのような効果があるのでしょう。 一方で、副作用も気になりますよね。 ここではイミグランと...

klb0000430-1.jpg

低用量ピル「ルナベル」の飲み方。副作用に気をつけよう。

  2016/10/03    薬 効果

ルナベルは主に月経困難症に使われるお薬です。 生理痛を軽減し、痛みを和らげる働きをします。 低用量ピルの部類になりますが、ルナベルは避妊目的では使用できませんのでよく考えて処方してもらいま...

klb0000426-1.jpg

むくみ、体重増加はピルが原因だった!?理由を解説します。

  2016/10/02    薬 効果

ピルの服用について。服用すると体重増加するのではないか?といった副作用への疑問がある方もいるのではないでしょうか? 実はピルには避妊だけではなく様々な効果があるのです。 しかしむくみ以外の副作用も...

klb0000420-1.jpg

口内炎はなぜできて、病院の治療薬じゃないと治らないのか?

  2016/09/30    薬 効果

多くの人が1度は経験がある口内炎。 口内炎が口の中にできて、食べるのがつらかったり気になってつい触ってしまいなかなか治らないことも多いのではないでしょうか。 口内炎は年齢に関係なくできてし...

klb0000357-1.jpg

中耳炎で痛ければ鎮痛薬のカロナールを処方してもらおう

  2016/09/09    薬 効果

中耳炎になったことありますか? 中耳炎になると耳の中が痛くなったり、耳だれを起こしたりします。 特に子供は大人よりも中耳炎になりやすいです。 病院では、痛み止めとしてカロナールという薬を処方する...

klb0000356-1.jpg

骨折に痛み止めは効く?飲み薬や注射、座薬などどれが一番?

  2016/09/09    薬 効果

骨折の程度にもよりますが、痛みを我慢してまでくっつくのを待つのは辛いですよね。 人によっては我慢できるという方もいるようですが、一週間近くも痛みが続くのを我慢できない方のほうが圧倒的に多いと思います...

klb0000279-1.jpg

脈拍が早い原因。薬による副作用や疑われる病気まで。

  2016/08/14    薬 効果

脈拍が正常値よりも高いことを頻脈と言います。頻脈は生活習慣に起因するものや病気によるもの、服用している薬の副作用によるものまで原因は様々です。そこで今回は脈拍が早くなる原因や対処法をまとめてみました...