コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

階段から滑り落ち、腰を強打したときの対処法から改善まで

      2017/04/20

階段から滑り落ち、腰を強打したときの対処法から改善まで

「あっ!!」と足を滑らしてしまい、階段から滑り落ちてしまった。

滑り落ちる際に、腰を強打してしまい、背筋を伸ばすのが辛くて歩くのがやっとの状態。こんなときあなたはどのように対処しますか?

自然に治るだろうと放置してしまうのは、将来的に腰痛と付き合っていくことになってしまう可能性があります。

階段から滑り落ちときの対処法からその後の腰のケアまでを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

家事するのも嫌になる肩こり首こりからくる頭痛改善法

頭が痛くて仕事や家事が嫌になっていませんか? 普段から...

体幹トレーニングで簡単にできる女性のポッコリお腹の解決

それほど太っていないのに、お腹がポッコリと出てしまっているこ...

気になる猫背からの肩こり、その原因を解決する胸ストレッチ

肩こりがひどくていろんなマッサージやストレッチ、積極的に運...

糖質制限を2ヶ月間続けて4kgダイエット。更に続けて・・・

2ヶ月間で約4kgのダイエットに成功し、その後更に4kgス...

【女性必見】肥満や痩身なのかが分かる体脂肪率の計算方法

女性のみなさん、自分の体重が軽いからといって、自分は痩せ...

タンパク質・炭水化物・糖質は3大栄養素!それぞれの違いは

普段、何気なく食べている食事の中でも、私達の体や脳に必要...

イカを食べてタンパク質を補給、筋トレには食事が大切

ササミ・イカ・納豆など高タンパク質の食品は、よく筋トレする...

スポンサーリンク


階段から滑り落ち、腰を強打したときに最初にすること

高さのある所に移動するには便利な階段ですが、移動の手助けをしてくれる味方から一歩間違えると致命傷を負いかねない敵に変わってしまいます。

階段を利用していて足を滑らし、危ない!と思って頭を守れたのはいいけど、強打してしまうことがあると思います。

そのときは、まず第一に深呼吸を行ないましょう。

足を滑らしたときは気が動転していて、冷静に体の状態を把握できなくなってしまっていることがあります。

冷静さを欠いていると判断力も鈍ってしまいます。

誰か近くにいるときは手助けをしてもらえますが、1人のときはそうはいきません。

自分で歩けるのか、立てるのか、立つこともままならないのか、他に怪我はないかなどを分析して、救急車を呼ぶべきなのかを判断しなくてはなりません。

強打した直後というは、基本的に痛みが強く出ますので、その痛みと滑ったショックで冷静さを欠かないようにするためにも、副交感神経優位にする深呼吸を行ないましょう。

まずは落ち着くことを最優先しましょう。

 

階段から落ちて腰を強打した後にすること

階段から落ちて強打してしまったら、深呼吸を行ない、気持ちを落ち着かせることが出来たら、痛みの度合いに関わらず、速やかに医療機関に行き受診しましょう。

あまりにも痛みが酷く動けないようでしたら、救急車や家族などに医療機関に連れて行ってもらうことが必要になります。

痛いところはとりあえず冷やすということを考える方もいらっしゃると思いますが、には、たくさんの筋肉の他に、経穴(いわゆるツボ)や臓器もあります。

東洋医学的にの位置は腎があり、そこを冷やすと体に良い影響を与えず、痛を引き起こすことがあるとされています。

それだけナイーブな部位ですので、うかつに冷やしてしまうと、打った痛み以外の痛みも出してしまう可能性があります。

また、お尻の筋肉である大殿筋は、体温が低い部位で、この大殿筋の熱が下がってしまうと、これもまた痛の原因になってしまいます。

冬場にくるの痛みは、腎と大殿筋の2つの影響からくるものが多いです。

セルフケアをする場合でも、まずは専門家に診てもらい、どのようなケアをしたら良いかを確認してからにしましょう。

 

腰を強打したときに考えられる症状

階段から落ちて強打したときに考えられる症状は、まず第一に打撲ですね。

どこかぶつけたときは、ほぼ間違いなく起きる症状です。

打撲は熱を発して痛みを引き起こすので、でも打撲のみなら患部をアイシングしたいところです。

次に考えられるのが骨折です。

強打したときに一番起こりやすい骨折が、椎横突起(ようついおうとっき)骨折です。

背骨は、首・胸・の各部位ごとで名称が変わり、首の位置は頸椎、胸の位置は胸椎、腰の位置は腰椎と呼ばれます。

(腰椎以下にも仙骨や尾骨があります。)

背骨は一つ一つ形の違う椎骨(ついこつ)が約30個集まったものの総称で、椎には5つの椎骨があります。

肋骨の方から順に骨盤に向かって、L1、L2、L3、L4、L5と数えられます。

横突起の場所がどこかといいますと、ご自分の手を椎骨に見立てて頂くと分かりやすいと思います。

まず、手の甲を上でグーにして、親指・中指・小指を伸ばしましょう。

手の甲側がお腹側で「椎体(ついたい)」と呼ばれるものになり、指側が背中側で棘突起(きょくとっき)や横突起などがあり、伸ばした親指と小指が椎骨の「横突起」になります。

椎横突起骨折は、この親指側か小指側が折れてしまったということです。

この症状は、レントゲンではハッキリしないことが多いようなので、一度はCTで詳しく検査することをオススメします。

 

腰を強打してからの腰のケア

階段から落ちて強打してからしばらく経ち、打撲などの影響はほとんど感じなくなったけど、の痛みがまだ引かない場合は、周りの筋肉が張っていたり硬くなっていたりと正常な状態では無くなっています。

強打したときに、このような張りや硬さのある状態になってしまっていることが多くあります。

この状態でいると、の痛みがなかなか取れなかったり、その硬くなった部分に痛みが出てきてしまったりします。

この痛みを取るにはストレッチを行なうことが必要になります。

張りや硬さの出る部位は人それぞれになりますが、背中の筋肉・脊柱起立筋群、の筋肉・大筋や方形筋、お尻の筋肉・大殿筋や中殿筋などが出やすい部位です。

せっかくですので、部位ごとの簡単なストレッチを紹介します。

背中との筋肉のストレッチは同時に出来るので、1つのストレッチでまとめて紹介します。

 

【背中と腰のストレッチ】

・うつ伏せになりましょう。

・両足を「人」の字になるように開きましょう。

 両手はあごの下で、顔は前を向きます。

・つま先を体の外側に向け、足首を曲げましょう。

・足の内側を床に押し付けるようにしましょう。

・3秒押し続けて、力を抜く動作を10回繰り返しましょう。

・上の動作が出来たら、上体を反るように起こしながら、肘は肩の下にくるようにしましょう。

・上体を起こせたら、足は同じように床に押し付け、3秒キープで力を抜く動作を10回繰り返しましょう。

 

お尻のストレッチは次の項目にも関わるので、次で紹介します。

 

階段から滑り落ちないようにするには

階段から滑り落ちて強打しないようにするためには、脚の筋肉が正常に作用していることが大切になります。

正常に作用している状態というのは、筋肉に変な張りや硬さがなく、スムーズに重心移動が出来ているかということです。

例えば、お尻の筋肉がとても張っている方は、自分でも気付かないうちに、脚が正常なときより上がらなくなっており、動かしにくくなっています。

このような状態は、咄嗟のときに脚が出ずに滑り落ちたり、転びやすくなっています。

脚を動きやすい状態で維持するためにも、お尻の筋肉は柔らかく使いやすい状態にしていることが大切です。

では、お尻のストレッチを行なってみましょう。

 

【お尻のストレッチ】

・体育座りをしましょう。

 手はの後ろに着くようにしましょう。

・右足首を左足の膝に近い方の太ももに乗せましょう。

・そのまま左足を近づけられるだけ近づけてみましょう。

・その状態で30秒キープしましょう。

・キープしたら、入れ替えて反対の足も行ってください。

※乗せている足首をしっかり曲げるようにしましょう。

 

お尻の筋肉の他にも、前脛骨(ぜんけいこつ)筋という脛(すね)の筋肉が弱くなっていると、つま先が上げられずにつまずきやすくなります。

ここの筋肉を鍛えるには、膝の角度が90度以上になる椅子などに座り、つま先を軽く浮かせて、左右交互にさらにつま先を上げるようにすると鍛えられます。

弱いところは使って鍛えなおし、硬いところは使えるように柔らかさを出してあげるようにしましょう。

 

階段から滑り落ち、腰を強打したときの対処法から改善まで まとめ

日常生活には危険が潜んでいます。

体の状態が良くないと、その危険度は増すように思います。

日頃からストレッチやトレーニング、運動などで体を動かし、使いやすい状態を維持しましょう。

腰は漢字にもある通り「要(かなめ)」となる部分です。

腰が痛くなると何も出来なくなるので、気を付けて生活してください。

 - 腰痛 改善