コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

顔への整体って効果はあるの?顔の作りを理解してみよう!

      2016/12/21

顔への整体って効果はあるの?顔の作りを理解してみよう!

顔の整体といえば小顔矯正ですよね。
顔の大きい私はとても小顔矯正に興味があります。
小顔矯正をしてすぐに効果を感じられる方も多いようですしね。
実際、どうして顔が小さくなるのか、顔の作りを理解しながら考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腕を骨折した時、知っておきたい正しい治療とリハビリ!

私たちは、日常生活の中で家事をする時、趣味活動をする時、...

身の回りのものを上手にストレッチの道具として活用しよう!

ストレッチを始めようとする時に悩むのが、道具の問題でしょ...

60代シニア層に健康上の悩みを克服する方法を学ぶ

人の一生は、20歳と60歳が重要な節目だと思われます。 ...

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

スポンサーリンク


顔への整体で効果を出すための下調べ1⃣

私は小顔整体に興味があり、効果が見込めるのかやる前に自分自身で下調べをしてみました。

これから試そうという方は是非参考にしてみてください。

私達の顔は頭蓋骨で形作られています。

頭蓋骨はひとつの大きな骨だと思われている方は多いのでしょうか。

実際は様々な骨がパズルのように組み合わさってひとつの大きな塊となっています。

全部で22個(26個、28個という説もあり)のパーツが使われているそうです。

その中で顔を構成しているものとしては、下顎骨・上顎骨・口蓋骨・頬骨・鼻骨・涙骨・鋤骨(じょこつ)・下鼻甲介(かびこうかい)があります。

下顎骨と鋤骨以外はそれぞれ左右に一対ずつ存在しています。

これらの骨がジグザグの形を上手く噛み合わせて縫合という呼ぶ関節でつながっているそうです。

ここからがどちらの意見が正しいのか医学的にもまだはっきりとしていないようなので、判断に迷います。

一つの意見としては、

さきほど説明しました、頭蓋骨をつないでいる縫合線は完全にくっついるのではなく、隙間が空いているという意見。

それが年を重ねるごとに縫合線は少しずつ開いてきて隙間が大きくなり、顔が大きく見えるようになったり、歪んで見えたりするそうです。

反対の意見としましては、

生後間もない赤ちゃんは、部分部分の縫合線に隙間があるのですが、成長していく過程で隙間が埋まっていき閉じてしまうという意見です。

最も大きい隙間は、てっぺんにある大泉門と呼ばれる隙間で、それも生まれて3年程すると完全に閉じます。

つまり3歳児を過ぎると縫合線は完全に閉じているのが普通で、隙間なんてあるはずないそうです。

ということで、この真っ二つに分かれる意見を知るとどちらが正しいのかもっと知りたいと思いました。

 

顔への整体で効果を出すための下調べ2⃣

顔の構造に興味が沸いたので、今度は筋肉とリンパの流れを調べてみました。

表情を作るために使われる代表的な筋肉です。

 

・前頭筋【眉を持ち上げる筋肉】

・眼輪筋【目の開閉に使われる筋肉】

・頬筋 【口角を斜め上に持ち上げる筋肉】

・口輪筋【口をぐるっと取り囲む自由自在に口を形作れる筋肉】

・頤筋 【下顎を押し上げる筋肉】

 

意識して動かしてみると確かに筋肉が働いている感覚がありますよね。

それでは、次にリンパの流れです。

リンパとは、血液では運びきれない各細胞から出た液体や老廃物を運ぶ一方通行の流れのことを言います。

リンパには心臓のようなポンプの役割のものとつながっていないので、流れが悪いです。

その流れを促すのが筋肉の働きによるものなので、一緒に考えると良いですね。

末梢リンパ管と呼ばれるものが、身体の隅々につながっていて段々と合流を繰り返し太い流れになり、最後は静脈に合流します。

リンパ節と呼ばれる老廃物を減らしてろ過する場所がところどころにあり、キレイにする役割を担っています。

リンパの流れが悪いとそのリンパ節がゴミで溢れかえってしまい腫れたり、ムクんだりしてしまうのです。

リンパの流れが良くなれば、顔のむくみがなくなり代謝も良くなり肌ツヤも良くなるということです。

詰まってしまわないようにしたいリンパ節が、耳の前にある耳介リンパ節、顎のエラの下辺りの顎下リンパ節、そして鎖骨の上で真ん中から指一本分くらいのところにある鎖骨上リンパ節の3つです。

ここの詰まりをなくすとリンパの流れは良くなるということでした。

筋肉を使ってリンパの流れを良くしたら、整体に行かずとも小顔効果が現れて簡単に若々しくなれそうですね。

 

小顔整体とマッサージ効果

『小顔』と聞いたら誰もが羨む言葉ですよね。

『大顔』になりたいって方はまずいらっしゃいませんよね。

そこで前提として理解しておかなければならないことがあります。

小顔とは骨格そのものが小さくなると勘違いしてしまわないことです。

私達の人間の顔の形、大きさには当たり前のように個人差があります。

つまり元々生まれ持った大きさからさらに小さくなる事はあり得ないのです。

もしそれ以上小さくするなら削り落とすしかありません。

では、どうして小顔矯正や小顔整体をすると小顔になるのでしょう?

それは、ほとんどの方々が元のサイズから大きくなっているからです。

その大きくなった顔を元のサイズに戻すのが小顔矯正だそうです。

これは最初に調べた骨に隙間があり、その隙間が開いていくという前提がありますよね。

もう3歳を超えたら隙間が無くなるという意見の方からすれば、変化する訳ないということになります。

でも効果を実感する口コミもたくさんあるので、隙間が開いてきて元に戻せるというのが正しいのでしょうか?

話は変わり、小顔矯正以外に小顔マッサージというジャンルもあります。

顔を優しくマッサージすることでリンパの流れを促し、ムクミや老廃物を取り除いたことで小顔になる方法です。

この方法は、即効性が高いみたいです。

私たちの身体は約6割は水分ですので、顔に溜まっている水分を流せれば、小顔になることが出来ます。

朝起きると顔やまぶたがムクんでいることって良くありますよね。

それは寝ているとき表情はそれほど変わらず、心臓と顔の高さが同等だから起きてしまいます。

それが、日中活動していると自然とムクミがとれていきます。

それは単純に顔の水分が重力によって移動しただけのことです。

つまりは寝たきりでなければ、私たちは午前中より午後の方が顔が小さく見えるのはないでしょうか。

 

顔だけでなく首から下も考えると効果的

少し視点を変えて顔以外にもスポットを当ててみます。

顔は前に出ていたり、首が短いと大きく見えるてしまいます。

さらに姿勢が悪くて肩が前に出ていると尚更そうなります。

首が長く背すじが伸びていると首すじもキレイに見えるしアゴのラインも良く見えます。

ですので、首を正しい状態に出来れば小顔効果はより高まるのではないでしょうか?

最近スマホやパソコンを使う機会が増え、少しうつむく姿勢が多くなりました。

すると頭が前に出るので首の後ろの筋肉が重い頭を支え続けて疲れて固まってしまいます。

反対に首の前の筋肉と皮膚は使われずたるんでしまいやすいです。

少しうつむいていると、顔に水分や老廃物が溜まってくる感じがするのは私だけでしょうか?

そうならないためには、下を向かずになるべく首を長くしておくイメージが必要です。

そしてさらに上を向く動作で首すじを伸ばし、後ろの筋肉を緩めて休めてあげましょう。

これを意識するだけでもアゴのラインが違って見えてくるではありませんか。

天気の良い日は青空を見上げたり、星空を眺めたりするのも効果的だと思います。

小顔整体というワードから様々なことが分かってきましたね。

 

整体と合わせて表情豊かになりましょう

私達人間は、元々歪みはありません。

普段のライフワークでの身体の使い方や偏った癖によって歪んでいきます。

そして、その歪んだ状態が当たり前のように生活していると、脳と身体がその姿勢を正しいと認識してしまいます。

ですから、歪みの根本的な改善方法は、本来の正しい状態を脳と身体に思い出させることが重要になります。

顔の筋肉は表情筋と呼ばれ、顔の喜怒哀楽を表現する際に使われます。

身体を動かす筋肉とは異なり、筋肉の端が皮膚につながっておりその皮膚を直接的に動かします。

そういうことから表情筋が衰えてしまうと筋肉がやせ細りたるみやシワの原因になります。

ひとつのデータとして欧米人は6割も表情筋を使っているのに対し、日本人は2割しかないそうです。

こういったことから、整体は読んで字のごとく身体のバランスを整えるためには効果的です。

普段からも偏った癖を無くすように意識すれば歪みを最小限に抑えられます。

さらに小顔になるためにはムクミやたるみを作らないように欧米人のように感情表現豊かになり、表情筋をくまなく使うように心がけましょう。

自分自身の行動一つで小顔=本来の顔に近づけるのはないでしょうか。

 

まとめ【顔への整体って効果はあるの?顔の作りを理解してみよう!】

顔の構造と仕組みを知ることで整体をやる意味も理解できました。

結論としては小顔矯正の効果はやってみないと分かりません。

でも一度は体験してみたい気持ちはあります。

皆様も最後まで読んでいただき、小顔整体に対する考え方は変わりましたか?

こらが何かライフワークを変えるひとつのキッカケになっていただけたら嬉しいです。

ありがとうございました。

 - マッサージ 整体