コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

リンパを流す今流行りのマッサージ 痛いけど果たして効果は

      2016/12/21

リンパを流す今流行りのマッサージ 痛いけど果たして効果は

リンパの流れを良くすると健康になって、ダイエット効果もある。
ということで、リンパマッサージ店はここ最近どんどん増えてきています。
受けてみると、「とにかく痛い!」の一言。
果たして、痛いのを我慢するだけの効果は得られるのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


まずリンパについて知りましょう

皆様リンパという言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

そして、リンパから思い浮かぶのはマッサージではないでしょうか。

結構痛いと評判です。

実際のところ、リンパを詳しく知らない方が多いです。

ここで簡単にリンパについてお話ししていきます。

私達ヒトを含む脊椎動物には、全身に張り巡らされている血管とリンパ管があります。

血管は心臓から出て身体の隅々を巡り、最終的にまた心臓に戻ってくる循環の流れに対し、リンパ管は抹消が解放されていて、そこから合流を繰り返しながら最後に鎖骨の下に集まってくる一方通行の流れなのです。

詳しくはこのあとの見出しでお話しします。

そのリンパ管にはリンパ液が流れています。

リンパ液とは、リンパ管に流れ込んでくる組織液であり、血液の約半分を占める血しょうという無色透明の液体に由来します。

ただし、血しょうと比較するとたんぱく質含有量が少ないです。

そしてリンパ球と呼ばれる白血球の一種を含んでおります。

これは全身にたくさんあるリンパ節と呼ばれるリンパ管の停留所のような小さな溜まり場があり、そこで作られています。

このように全身に張り巡らされているリンパ管、そこに流れるのがリンパ液、停留所がリンパ節と呼ばれ、これを一括りに『リンパ』と呼ぶのです。

 

詳しくリンパの役割を知りましょう

まずはリンパ液について。

リンパ液は、血液と比べて倍以上の量が全身にあるのですが、その流れはとてもゆっくりと流れているのです。

血管の作りは、途切れることなくつながっています。

一方、リンパ管の作りは末梢の方が開放されているで、その開放されている毛細リンパ管に先の見出しでご説明した無色透明のリンパ液が流れ込んでくるようになっています。

その流れ込んできたリンパ液は、末梢の方の毛細リンパ管から、リンパ節を通り、段々と合流を繰り返し、最後には鎖骨の下にある静脈へと流れて血液に混ざっていくのです。

ほぼすべてのリンパ管には、逆流しないように、静脈と同じような弁がついています。

リンパ液の停留所であるリンパ節は、全身に多くて600~800もあると言われていますが、正確な数は定かではありません。

主なリンパ節の場所としては、あごの下、鎖骨の下、脇の下、足の付け根の鼠蹊部、膝の裏が挙げられます。

この辺りは良くマッサージをされ痛い部分になります。

簡単ではありますが、リンパ液の流れを説明致しました。

次からリンパの役割を説明致します。

それは大きく分けて下記の3つがあります。

①体液の一部を回収

②排泄機能

③免疫機能

まず『①体液の一部の回収』ですが、末梢の毛細血管から細胞へ染み出ていく血液は、再度血管に戻って心臓へ戻ります。

しかし、全部が戻りきらず、そこで余った組織液がリンパ液として回収されるのです。

次に『②排泄機能』ですが、回収した組織液と共に血液では運べない大きな老廃物を回収します。

大きな老廃物とは、壊れた細胞やガン細胞、ばい菌やウイルス、有害物質等を指します。

最後の『③免疫機能』は、ばい菌やウイルスからの感染を防ぐ役割です。

リンパ節は停留所と説明しましたが、言い換えると、ろ過装置であり、関所であります。

リンパ節ではばい菌やウイルスを退治する抗体が作られ、キレイにしてから通過させているのです。

そうしてキレイな液体にしてから、最後は鎖骨下で血管に戻されて再利用していきます

風邪をひくと首すじが腫れたりしますよね。

これは、首にあるリンパ節にたくさんのばい菌が溜まり処理するために一生懸命働いているからです。

ただし首のリンパ節は、リンパの流れを考えると最後の関門に近いです。

ここが腫れるというのは、末梢のリンパ節がきちんと仕事をしていないことが考えられます。

つまり、身体の免疫力が弱っている証拠なのです。

そうなってしまったら、適度な運動やストレッチ、食事内容を見直し改善を図りましょう。

健康な生活を送るためにリンパがどれだけ大切かお分かりいただけましたか?

 

リンパマッサージはどんな感じ?

足のむくみが気になるという方が多くいらっしゃいます。

足だけではなく「むくみ」は血管にもリンパ管にも流れず、老廃物と共にさまよっている組織液が多い状態です。

そのまま放っておくと、近くの細胞がどうなってしまうか容易に想像できますよね。

そんな泥沼のように組織液の溜まっている部分を強制的にリンパ管に流す術がリンパマッサージなのです。

リンパ液には心臓のようなポンプ機能をするものがついていないので、流れが悪く滞るというのは先ほどお話ししました。

身体の活動に合わせた筋肉の働きに助けられて流れるのです。

つまり、同じ姿勢を続けるお仕事をされている方、普段から運動をほとんどしない方はリンパの流れが非常に悪いのです。

他にも寒さやストレスなどの影響もリンパの流れを悪くします。

リンパマッサージの目的はリンパの流れを促すために外部から圧迫弛緩を繰り返し、ポンプの働きをすることなのです。

これはお店に行かなくても正しい方法と手順を覚えれば、自分ひとりでも出来ますし、家族や友人にやってもらうことも出来ます。

会話を楽しんだり、リラックスできる自宅で気楽に行えばより痛いのを忘れて効果的ですので、やってみる価値ありです。

 

痛いのは筋肉が硬いのが原因

リンパの流れを強制的に外部からの力で流すのがリンパマッサージだと説明しました。

では、リンパマッサージをして痛いと感じるのはなぜなのでしょうか?

身体のどこかが悪いからなのでしょうか。

先ほど説明しましたが、筋肉の動きが少なくリンパの流れが悪くなり老廃物が溜まっているのがむくみです。

この状態はもうすでに身体のどこかがばい菌に侵されている可能性は高く、若しくは予備軍に該当する状態です。

決して健康とは呼べません。

ではリンパマッサージで痛みを発するのはリンパ本体なのでしょうか?

実はそうではなく、ポンプの役割の筋肉とこすられる皮膚が痛みを訴えます。

柔らかく弾力のある筋肉は外圧を分散して逃がせますが、硬くなった筋肉は圧が一点集中してしまいます。

つまり圧を点ではなく面で加えることで痛みを緩和し、短時間で終わらすために最初から強くいくと痛いので、時間をゆっくりかけて段々強くしていくのがマッサージなのです。

マッサージ店に行くとメニューの時間が長いのが当たり前ですよね。

硬くなった筋肉を痛い思いをせずに柔らかくするには、時間と労力が必要なのです。

そうして、柔らかくなった筋肉に圧迫弛緩を繰り返しリンパの流れを促すのがリンパマッサージと呼ぶのです。

 

痛い思いをするよりも気持ち良い思いをしましょう

リンパマッサージで筋肉をほぐしてからリンパの流れを促すのは時間が必要です。

短時間で済まそうと思うと痛いのを我慢するしかありません。

そんな思いをしてスッキリしても、仕事の姿勢や普段の生活スタイルが同じだと元に戻ってしまうのは当たり前ですよね。

そうするとマッサージに通わざるを得なくなるのが厄介です。

時間やお財布に余裕がある方は良いですが、そうも言ってられない方も多いはずです。

そこで考えていただきたいのが自分で筋肉を動かすことです。

ただそれも続かないと意味がありません。

簡単なことから始めましょう。

①手指、足指のグーパー

②手首、足首回し

この二つを毎日30回繰り返してみましょう。

30回を分けても構いません。

朝昼晩に各10回ずつでも大丈夫です。

これだけでも効果抜群です。

これが習慣化できたら、おそらくもっと身体を動かしたくなってくるでしょう。

その時は、小さな動きから大きな動き、単純な動きから複雑な動きに変えていきましょう。

方法はたくさんあります。

調べてまでやれるようになったら、もう以前の生活には戻れないでしょう。

そうなっていただけることを願います。

 

まとめ リンパマッサージに興味がある方へ

今までリンパマッサージに通って痛い思いをしていた方はここまで読んでみてどう思いましたか?

通っていたところが、短時間で効果を出そうとしているのか、適正な圧を知らないのかは何とも言えません。

それでも効果を感じているのであれば、これからも通うべきだと思います。

ただ、自分の身体は他人に任せるよりも自分自身で何とかするほうが何かとお得です。

この記事が今の生活に少しでも変化を与えるキッカケになったら嬉しい限りです。

 - マッサージ 整体