コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

椎間板ヘルニアを手術で治す!入院日数とリハビリ期間

      2016/11/09

椎間板ヘルニアを手術で治す!入院日数とリハビリ期間

椎間板ヘルニアで手術となった場合、術後どれだけの時間で元の生活に戻れるのでしょうか?
入院日数とリハビリ期間を知ることで現場復帰の計画や今後の過ごし方も見えてきますよね。
今回は椎間板ヘルニアの手術に関連する情報をまとめてみます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


椎間板ヘルニアの手術と入院日数

椎間板ヘルニアから早期復帰を希望する場合などは手術を進められることがあります。

手術と言っても いくつか種類があるので、まずは手術方法とその手術に対しての入院日数について紹介します。

 

■ラブ法

ヘルニアの原因の神経を圧迫している部分を切除します。

手術2日前から入院をします。

手術は全身麻酔、うつ伏せで行います。

30分程で済んでしまうようです。

脊柱部分を3~4センチほど切開します。

術後2日で歩行可能です。

1週間~10日で抜糸、それに合わせて退院というのが一般的です。

入院日数は大体2週間見ておけばいいでしょう。

健康保険が適用されますので、入院費と合わせておよそ10万円程かかります。

 

■内視鏡下ヘルニア摘出術

ラブ法と内容はほとんど同じです。

ラブ法より良い点は傷口が2センチかそれ以下で済むということ、術後の痛みが少ないという点です。

こちらは入院日数は少し短く1週間~10日で退院できます。

 

■レーザー治療( PLDD )

椎間板の中の飛び出た髄核にレーザーを当て髄核を蒸発させて椎間板ヘルニアを治す方法です。

こちらの方法は局所麻酔、傷口が針穴程度で目立ちにくいです。

そして、なんと1泊2日で退院できてしまいます。

しかし保険が適用されないので費用が35万円~、と少しお高くなっております。

ただ、これでヘルニアが治るのであれば高いなんて言ってられませんね。

 

椎間板ヘルニアは手術すれば治るの?

椎間板ヘルニアの手術で100 % 治ったり、手術が成功したりするとは実は言い切れないのです。

中には手術したことでさらに悪化してしまうケースや手術以前と何も変わらなかったという方もいらっしゃいます。

ヘルニアは一度なると一生痛みが続くものと言われています。

つまり、その痛みと向き合い付き合っていかなければなりません。

多くの方は腹筋や背筋を鍛えたりコルセットを使ったりして痛みを軽減させ、鎮痛剤を飲んでごまかしながら生活をしています。

手術をしても一時的に痛みが取れるだけで、また再発するという患者さんは多いようですので、手術は最終手段として考えるべきです。

どうしても手術を希望される場合は、複数の専門医とどんな手術法でやるのか、入院日数はどれくらい必要かなど相談を何度も繰り返してからにしましょう。

 

医師:手術は成功しました。

あなた:ありがとうございました!

医師:では○日に退院です。

あなた:ありがとうございました!

 

これで終わりではないのです。

もちろんリハビリは必須ですが、それ以外にも日常生活においてのカラダの使い方の改善とストレッチをしていかなければ、今までと同じ生活を繰り返すということです。

椎間板ヘルニアはかなりの確率で再発してしまいます。

術後5年以内の再発率が最も高いと言われています。

ということは術後5年のカラダ造りが今後を左右するということです。

また同じ悲劇を繰り返さないためにも正しいカラダの使い方でストレッチとトレーニングをする必要があります。

 

入院日数を気にするなら入院しなければ良い

椎間板ヘルニアは必ずしも手術が必要というわけではありません。

手術をしない対処療法という選択肢もあります。

対処療法だけなら入院日数を気にすることもないと思います。

それでは対処療法をいくつか紹介したいと思います。

 

▲消炎鎮痛剤

いわゆる痛み止めです。

内服薬と座薬があります。

ヘルニアの痛みが強い場合は、効果が得られないことがあります。

 

▲硬膜外ブロック

いわゆるブロック注射です。

ヘルニアの原因の神経に直接、麻酔薬・抗炎症薬を注入します。

痛みが軽減するまで注射し続けます。

神経を麻痺させて痛みを感じなくさせているだけなので、根本的な治療にはなりません。

 

▲温熱・牽引療法

効果が得られにくいようです。

自宅で安静にしているのとあまり変わらないかもしれません。

 

▲運動療法

痛みがあるからと言ってずっと安静にしていてもヘルニアは治りません。

安静にしていた分、筋肉や関節が硬くなってしまっているかもしれません。

痛みがある程度治まったら軽い運動をしましょう。

正しいカラダの使い方でストレッチをすることで痛みの軽減や再発防止になります。

 

一般的に知られているものだとざっとこんな感じでしょうか。

運動療法以外は痛みを外側から一時的に抑えるという方法なので、痛みはぶり返す可能性が高いです。

 

椎間板ヘルニアが再発して再手術なんてことも。その原因は?

せっかく手術をしても椎間板ヘルニアが再発する可能性が高いのであれば、手術をためらってしまいますよね。

もし、ご自身や家族が手術を検討されているのなら、担当医師にしっかり説明を受けましょう。

再発してしまう原因としては、いろいろとあります。

もしかしたら入院日数が短すぎてリハビリが足りなかったなんてこともあるのでしょうか。

それから手術の方法自体が原因になっていることもあります。

元々私達人間の身体には構造上椎間板というクッション組織が必要だから備わっている訳ですから、痛みの原因だからとそれをそのまま丸ごと取り除いてしまう手術だと長い目で見たときに、部品が一つ欠けていることによって、また別の痛みの原因になることもあります。

どちらがいいということは、一概には言えません。

さらには手術は成功したけど根本的なカラダの使い方(姿勢や日常生活で負荷のかかる動作)が治らずに再発する場合もあります。

リハビリを担当してくれる理学療法士や作業療法士に都度、相談してあらゆる場面での腰の使い方などを教えてもらうといいでしょう。

 

椎間板ヘルニアにならないために正しい身体の使い方を

皆さんは足元に落ちているものを拾うとき、足首、膝、股関節、この3つの関節をしっかり曲げていますか?

椎間板ヘルニアやぎっくり腰に限らず、腰痛をお持ちの方は腰だけ曲げてしまいがちです。

この使い方が余計に椎間板ヘルニアや腰痛を悪化させてしまうのです。

赤ちゃんはお尻を落としてしゃがみますよね。

あんなカラダの使い方が出来ればヘルニアにはなりません。

しかし、大人になるにつれて足首の硬さやももの裏の硬さでしゃがむ動作が億劫になってしまうのです。

和式トイレが減ったのも椎間板ヘルニア患者や腰痛患者が急増している一つの原因だと考えます。

成人の平均的な排尿回数は1日5回以上10回未満と言われています。

(個人差もありますが)少なくとも5回はしゃがむ体勢を取らなければいけなかったのです。

(現代では和式トイレの使い方がわからないお子さんもいるそうですね…)

昔は洗濯物をしたり農作業をしたりと必然的にしゃがむ動作が日常の中に沢山ありました。

それに習いめんどくさがらずに足首、膝、股関節、この3つをしっかりと曲げるように心がけるだけでも腰への負担を減らすことが出来ます。

今の心がけで5年後、10年後のあなたのカラダが決まります。

すると椎間板ヘルニアになんてならず、手術するかなんて迷わず、入院日数がどれくらいかかるのかなど不安にもならずに済みますね。

まとめ【椎間板ヘルニアを手術で治す!入院日数とリハビリ期間】

入院日数よりリハビリ期間のほうが長く、手術をしたから治るというわけでもないことがお分かりいただけたかと思います。

ご自身の意識改善が椎間板ヘルニアの完治にも繋がります。

何度も繰り返しますが手術は信頼できる医師と相談に相談を重ねてから、最終手段として考えるべきです。

まずはカラダの使い方から改善してみてください。

 - 腰痛