コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

パートナーが喜ぶ!体の疲れを取る背中のマッサージのやり方

      2017/04/20

パートナーが喜ぶ!体の疲れを取る背中のマッサージのやり方

一日の仕事が終わり、疲れた様子で帰宅したパートナー。

そんなとき、あなたは相手に何をしてあげられますか?

恋人・夫婦のパートナーに限らず、親や兄弟など、いつもお世話になっている人を喜ばせたい!

こんな気持ちをお持ちの方は、その相手に背中のマッサージをしてあげましょう!

背中は自分自身では、マッサージ出来ないところで、疲れやすいところでもあります。
マッサージを覚えて、相手を喜ばせてあげましょう!!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


背中のマッサージを始める前に

早速マッサージのやり方を!といきたいところですが、背中について少し学んでから、マッサージのやり方を覚えていただきたいと思います。

当然のことですが背中には、背骨があります。

背骨には、大事な神経がたくさん流れていますので、この背骨部分はあまり強く押したりしないようにしましょう。

首から肩甲骨周りにかけて、肩甲挙筋、菱形(りょうけい)筋、僧帽筋などがあり、首から背中にかけて、僧帽筋、脊柱起立筋群、広背筋などがあります。

これらの筋肉が背中の姿勢を保つために、常に働いています。

また腰からお尻には、大腰筋、大殿筋、小殿筋、中殿筋、梨状筋など、こちらも姿勢保持と足を動かすための筋肉がついています。

人間は、重力に負けないように、常に姿勢保持するために上記の筋肉が作用しているのです。

そのため、デスクワークや車の運転、立ち仕事など関係なく、背中は疲れやすくなります。

では、その疲れやすい背中のマッサージのやり方を覚えていきましょう。

※側弯症で背骨が曲がっている方がいますが、大きな症状が出ていなければ様子見でも大丈夫です。

もし心配なようでしたら、診察してくださいね。

 

背骨周りのマッサージのやり方

まずは、相手の方に、うつ伏せになってもらいましょう。

以下のやり方で進めてください。

 

背中マッサージ①

背骨を手のひら全体で優しく触れ、首の方からお尻の方へと押してあげましょう。

押す加減が難しいと感じる方は、擦るのも良いです。

【ポイント】

神経は上から下、頭から足の方へと流れています。

この流れに反して、下から上と擦ったりすると、人間は不快感を覚えます。

背骨周りは、特に神経が多いところですので、必ず上から下へと触るようにしましょう。

 

背中マッサージ②

背骨の横(背骨の硬く出っ張っているてっぺんのちょうど横)を上から下へ、優しくなぞるように親指で押していきましょう。

左右にあるので、片方ずつ押していきましょう。

相手が気持ち良いと思うくらいで良いです。

【ポイント】

背骨の横には、多裂(たれつ)筋や回旋筋といった回旋運動や背骨を支える重要な筋肉があります。

これらの筋肉が硬くなると、背中の不快感やなんとなく体がだるい、背中が伸ばしにくいなどの感覚が出てきます。

また、背骨の横には、兪穴(ゆけつ)と呼ばれるツボが並んでいます。

このツボは、五臓六腑それぞれの働きを良くする作用があり、内臓系の不調(胃もたれ、下痢、不眠など)に効果があります。

お尻の真ん中の方まであるので、そこまで押していきましょう。

 

背中マッサージ③

また①を2回ほど行ないましょう。

基本的には、3回を目安に①と②を行なってみましょう。

 

肩周りのマッサージのやり方

背中の中心部の流れが良くなったら、肩周りのマッサージをしましょう。

以下のやり方で進めてください。

 

肩周りマッサージ①

受け手の方に顔のみ、左に向いてもらいましょう。

左を向いてもらったら、受け手の右手を腰に持ってきます。

(手の甲が腰につきます)

右側の肩甲骨が浮き出てくるので、その肩甲骨の間を押していきましょう。

【ポイント】

左手で相手の右手を押さえ、右手の親指で右肩甲骨を押しましょう。

肩甲骨の上の方には、肩甲挙筋、僧帽筋、菱形筋が付着しているので、硬くなる人が多いところので、疲れない程度に押しましょう。

硬くなりすぎていて、腰に手がこない!という方は、プロにお任せしたほうがいいかもしれません。

 

肩周りマッサージ②

相手にあごを引いてもらい、首と肩の中間を押しましょう。

【ポイント】

押すところは、肩こったなー!と思ったときに触るところです。

首から肩の方になぞっていくと、骨が出っ張っているところがあります。

その骨は、肩峰(けんぽう)と言い、その肩峰と首の中間を押すようにします。

ちょうどその中間点に、肩井(けんせい)という、肩こりに効果のあるツボがあります。

少し痛いくらいに押してあげましょう。

 

肩周りマッサージ③

反対側も同様に、①と②をしましょう。

 

背中全体のマッサージのやり方

背骨周り、肩周りをマッサージが出来たら、いよいよ背中全体のマッサージです。

以下のやり方で進めてください。

 

背中全体マッサージ①

右側の背中を手のひら全体で少し体重をのせながら、上から下へと押していきましょう。

【ポイント】

体重を乗せるとき、肘を伸ばして手を重ねる方が、体重が乗せやすくなり、筋肉に良い刺激が入ります。

 

背中全体マッサージ②

一番盛り上がっている背筋をはがしましょう!

立ち位置と反対の一番盛り上がっている背筋を両方の親指を重ねて、外側へ引きはがしましょう。

【ポイント】

まずは、同じ方を緩めたいので、右側をマッサージしていたら、立ち位置を変え、左側から右の背筋を押しましょう。

背骨の横を押したところから、今度は背筋を引きはがすようにします。

少し強めくらいで押していきましょう。

 

背中全体マッサージ③

顔は左を向いたまま、右腕をバンザイをするように上に伸ばしましょう。

右腕は床に着いたままです。

②で押した背筋を反対方向・外側から、今度は相手の体の方に親指で押していきましょう。

【ポイント】

腕を上げることで筋肉が伸びるので、優しく押しましょう。

肩からお尻の上まで押していきましょう。

 

②と③を何回か繰り返していくと、段々と筋肉が柔らかくなってくると思います。

そしたら、また①を行なってみましょう。

背中の感触が変わっているはずです。

ここの時間を長く取り、しっかり緩めてあげましょう。

硬すぎる相手には、毎日少しずつ行なう方が効果的で、ご自分の指の負担も軽減出来ます。

 

仕上げの腰周りのマッサージのやり方

それでは、仕上げに腰周りのマッサージをしましょう。

腰痛のある方は、腰周りのマッサージで痛みが出るかもしれませんが、我慢出来る範囲で押していきましょう。

以下のやり方で進めてください。

 

腰回りマッサージ①

一番下の肋骨の終わり部分を反対の肩の方向へ押していきましょう。

【ポイント】

場所がいまいちわかりにくいですが、自分のくびれを確認するときに、腰に手を当てる仕草のときに親指が当たるところが、押すポイントです。

ここには、僧帽筋、広背筋、腰方形筋などが交わっているので、とても硬くなりやすいポイントなのです。

3秒くらい押し続けたら離すといったように行ないましょう。

 

腰回りマッサージ②

お尻周りの筋肉もマッサージしましょう。

お尻周りには、背中の筋肉がたくさん付着しているので、ここもしっかりと押してあげましょう。

【ポイント】

骨盤の下、少し膨らみ始めたお尻の部分を押してあげましょう。

お尻のラインに沿って、横に押していくと色々な筋肉を緩めることが出来ます。

押すのが疲れてきたら、拳でグリグリと押すのもありです。

お尻の筋肉は奥の方にも隠れているので、しっかりと押し込みたいところです。

あまり痛くすると、ケンカになる可能性もありますので、強さは確認しながら行なってください。

 

パートナーが喜ぶ!体の疲れを取る背中のマッサージのやり方 まとめ

背中のマッサージのやり方はうまく伝わりましたか?

押すコツがいまいち掴めない方は、膝で押すのもひとつの手です。

このとき注意することは、背骨に絶対乗らないことです。

このことさえ注意出来れば、とても簡単に押すことが出来ます。

体重が乗るので相手はうなるかもしれませんが・・・汗

膝でも指でも、そのまま脚まで押してあげると、もっと喜ぶかもしれませんね。

マッサージをして、あまりにも硬かったら、整体などちゃんとしているところに行くようにしましょう。

相手を思いやり、より良い関係を築いていきたいですね!

 - 背中の痛み