コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

股関節が硬い人必見!バレエのパフォーマンスを上げるには

      2016/11/09

股関節が硬い人必見!バレエのパフォーマンスを上げるには

バレエでは見とれてしまう動作がたくさんありますよね。
どうやったらあんな姿勢ができるようになるのでしょうか?
バレエをするにはもちろん柔軟性が必要です。
Y字バランスをとったりするときに色々な筋肉を使います。
股関節が硬いとY字バランスは難しいのは間違いありません。
今回はバレエの基本姿勢がしっかりできるようなストレッチを中心にご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


股関節が硬い人におすすめのストレッチ その①

まずはじめは二人一組で行うストレッチです。

このストレッチは股関節の内側の内転筋(ないてんきん)を刺激するストレッチです。このストレッチをすることで以前よりもバレエ動作がしやすくなります。

 

《股関節のストレッチ その①》

①地面に座り、両膝を外側に開いてあぐらの形をとります。

②両足の膝から足先までを90度に置きます。

(身体の硬い人は両膝を開けられるところで大丈夫です。)

③両手を前に伸ばしながら、身体を前に倒していきます。

④30秒から1分間を目安に行ってください。

・ポイント

①あぐらの状態で座るときに必ず両足の足首は背屈(はいくつ)の状態にしてください。

足首を背屈にすることで股関節のストレッチ効果が上がります。

②補助をする人は③のときに両手で両膝を押さえながら一緒に前に倒れてください。

③補助をする人は最初は軽めにストレッチをかけていき、徐々にストレッチの強度を強くしてください。

ラスト10秒くらいから追いこむ気持ちで。

④硬い人は押すと硬い筋肉の部分が反発してきますが押し続けると反発がゆるくなってきます。

⑤息を吐きながらやっていただくとストレッチの効果がさらに上がります。

 

以上になります。

このストレッチは女性の方は苦手かと思います。

女性の身体は構造的に股関節の外旋(がいせん)方向が硬いので、膝を外側に開く動作が苦手と言われています。

このストレッチでバレエ動作をしやすくしましょう。

 

股関節が硬い人におすすめのストレッチ その②

今度はお尻周りのストレッチをご紹介いたします。

このストレッチは中殿筋(ちゅうでんきん)の部分を刺激するストレッチです。

中殿筋はバレエ動作のときに片足で立つときなどに体幹を支える役割をします。

なので中殿筋が硬いと片足でうまくバランスがとれなくなります。

 

《股関節のストレッチ その②》

①両手を肩の下に置き、両膝、両足を地面に付け、四つんばいの体勢をとります。

②①の状態から両膝をできるだけ横に広く開きます。

③足首は内くるぶしを地面に付け、背屈(はいくつ)状態で足をM字の形をします。

④③の状態のまま、お腹、胸、アゴを地面に付け両手を前に伸ばして、カエルの形になります。

⑤カエルの状態のまま30秒から1分間キープします。

・ポイント

①補助をする人は両手で骨盤付近をおさえて最初は強く押しすぎず少しずつお尻を斜め後ろ方向にストレッチをかけていきましょう。

②硬い人は押すと硬い筋肉の部分が反発してきますが押し続けると反発がゆるくなってきます。

③カエルの状態でお尻をさらに斜め後ろ方向に曲げると股関節とお尻周りにストレッチがかかります。

④息を吐きながらやっていただくと筋肉が緩みやすくなりさらにストレッチの効果がさらに上がります。

 

股関節が硬い人におすすめのストレッチ その③

今度のストレッチはご自身で行うストレッチです。

ハムストリング(もも裏の筋肉)のストレッチです。

ハムストリングは足を蹴るときやバランスを保つのに使う筋肉です。

バレエは複雑な身体の動作が多い為、ハムストリングが硬いと股関節の可動域が制限され正しいバレエ動作がしづらくなります。

なのでハムストリングの柔軟性を上げていきましょう。

 

《ハムストリングのストレッチ》

①地面に仰向けの状態で寝ましょう。

②両手を頭の後ろに組み、足の幅は肩幅開き、足首を背屈(天井方向に伸ばす)踵を遠くに伸ばします。

③左足、右肩、頭、3点を軸に地面をおもいっきり押します。

そうすると右足が上に上がってくるのでその状態で10秒間キープします。

④今度は右足、左肩、頭、3点を軸に地面をおもいっきり押します。

そうすると左足が上に上がってくるのでその状態で10秒間キープします。

④左右交互に10回ずつ動かしていきましょう。

・ポイント

①足のつま先が天井方向に向いていないとうまく地面を押すことができなくなってしまうので足首は必ず背屈状態で行いましょう。

②膝が曲がってしまうと踵で地面をうまく押すことができないので膝は伸ばした状態で行いましょう。

③最初はきつく感じるかもしれませんが、慣れてくれば楽しめるストレッチです。

 

股関節が硬い人におすすめのストレッチ その④

今度は上半身と下半身を連動させる為のストレッチです。

少しトレーニング要素が含まれているのでちょっときついかもしれませんが、やることで今よりもさらにバレエ動作がスムーズに行うことが可能になります。

ご紹介いたします。

股関節が硬い方は最後に連動させられるようにしていきましょう。

 

《上下半身連動ストレッチ》

①地面に仰向けの状態で寝ましょう。

②両腕を斜め上45度方向に伸ばし、足は肩幅ほど開いた状態でアルファベットでエックスの形を作ります。

③②の状態から対角線の腕と足を動かしていきます。

右手と左足を同時に動かし、右手で上げた左足の内くるぶしをタッチします。

反対の左手と右足は伸ばした状態のままにします。

④③の状態で10秒間キープしましょう。

⑤②の状態に戻し、今度は②の状態から左手と右足を同時に動かし、左手で上げた右足の内くるぶしをタッチします。

反対の右手と左足は伸ばした状態のままにします。

⑥⑤の状態で10秒間キープします。

⑦③と⑤の動きを交互に行います。

左右10回ずつで合計20回を1セット目安でやりましょう。

・ポイント

①動かすときに両肘、両膝が曲がらないように伸ばした状態で行いましょう。

②対角線の腕と足を動かすときに伸ばしている肘、膝が曲がりやすくなるのでできるだけ遠くに伸ばすとさらにストレッチ効果が上がります。

 

バレエの後はしっかり栄養補給

最後は食べ物についてです。

食事を少し改善するだけで股関節や全身の柔軟性の上がる速度が変わってきます。

ストレッチをいくら頑張っていても偏った食生活を送っているとせっかく頑張ってストレッチをやっても効果が薄れてしまいます。

実は身体を硬くしてしまう食べ物があるのです。

もしかしたら身体を硬いままなのははこれが原因かも・・・

 

・霜降り肉

霜降り肉は身体の柔軟性を下げる食べ物です。

霜降り肉は何と言っても脂身が多いです。

お肉にはたくさんの脂肪や動物性たんぱく質が含まれています。

特に上等な霜降り肉のような白い部分の多い牛肉なんかは血液の中にあるコレステロールを増やしてしまい、血の流れを悪くしたり、血液自体をネトネトにしてドロドロの状態にしてしまうのです。

霜降り肉は消化するのに時間がかかってしまう為、完全に消化しきれずに残ってしまいます。

その為、不要な物までが血液の中に入ってしまう原因にもなってしまいます。

これらドロドロの血液によって筋肉にちゃんとした栄養が吸収されにくくなり、筋肉が硬くなり、せっかくストレッチで柔軟性を上げた状態から逆に身体が硬くなってしまうあまりよろしくない食べ物です。

もし筋肉の柔軟性を落としたくなければ、赤身の多い部分を選んだり、牛肉、豚肉ではなく脂身の少ない鶏肉を選びましょう。

 

股関節が硬い人必見!バレエのパフォーマンスを上げるには まとめ

今回、股関節が硬い人必見!バレエのパフォーマンスを上げるにはという記事を書きました。

ストレッチの内容が豊富に含まれていると思います。

どれも最終的には一番弾力のある伸び縮みしやすい筋肉にしていくのが目的となります。

人間はたくさんの筋肉を使って連鎖させることで、様々な動きが出来るようになっています。

股関節が硬いとバレー動作がスムーズにできなくなります。

後は疲れがたまり易くなり、怪我をしやすくなります。

ストレッチをやってみて、もしその動きが分からないという方、カラダラボはいつでもお悩み相談を受けます。

トレーナーと二人三脚で自然体を目指していきましょう!

それでは皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

 - 太もも 違和感