コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

肩こりが辛い!良くするには整骨院?整形外科?どこがいい?

      2016/11/09

肩こりが辛い!良くするには整骨院?整形外科?どこがいい?

現代病ともいえる肩こり。街行く人で一体何人の方が肩こりが無く、生活しているでしょうか。

この肩こりをどうにかしたいと思うけど、整骨院?整形外科?整体院?いっぱいあってどこが良いのか分からない!

整骨院や整形外科や整体院などは名前は似ていますが、出来ることややることは異なります。

肩こりが気になる場合は、どこに行ってどうすれば良いかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

klb0000807-1.jpg
胚盤胞移植について!胚盤胞のグレードが低いと妊娠確率は?

近年、人工授精の需要は高まり、胚盤胞移植が人工授精の主流にな...

klb0000806-1.jpg
不安で仕方ない!顔が病気で変形することあるの?対処法は?

加齢に伴い、顔の歪みやたるみが気になる方は多いのではないでし...

klb0000805-1.jpg
親として水泳メニューを、女子小中学生向けに組み立てたい!

水泳を熱心に取り組む女子小中学生のお子さんを持つご両親はいら...

klb0000804-1.jpg
159cmの体重は平均でどのくらい?155cmの方の平均体重も!

女性で159cmの方って、割と多いですよね。 男性でも...

klb0000803-1.jpg
注意!過食嘔吐になるとどうなる?チューブ吐きの方法とは?

過食嘔吐という言葉を聞いたことがありますか? 摂食障害の一...

klb0000802-1.jpg
右目と左目で色が違う「オッドアイ」。原因や治療法について

右目と左目で瞳の色が違うことを「オッドアイ」と言います。 ...

klb0000801-1.jpg
胸部レントゲンはブラトップでもいいの?オススメの服装は?

女性の方で、検診の際、服装に悩む方は多いのではないでしょうか...

klb0000800-1.jpg
肺のレントゲン結果で異常発見!何科を受診すればいいの!?

会社などで働いているという人は、年に1回は健康診断を受けるよ...

klb0000799-1.jpg
不安!側弯症の手術の後遺症で神経麻痺することもあるの!?

側弯症とは、筋肉の拘縮により脊椎の並びがカーブしている、また...

klb0000798-1.jpg
168cmの平均体重は?女性にオススメ!痩せ体質を作る方法!

身長168cmの女性や男性で、ダイエットを考えている方、いら...

klb0000797-1.jpg
頚椎ヘルニアの症状はどんなもの? 首の音が鳴るのは大丈夫?

ヘルニアと聞くと腰に痛みが出るイメージですよね。 しか...

klb0000796-1.jpg
膠原病の血液検査結果がでるまでに必要な時間はどのくらい?

この頃、ずっと熱っぽくて体調が悪いし、あちこち関節も痛む・・...

klb0000795-1.jpg
耳鼻科のレントゲン検査でわかる子供に多い蓄膿症について!

耳鼻科っていつ行っても混雑していませんか!? とくに、...

klb0000794-1.jpg
水泳で筋肉を鍛えてイケメンになりたい!その方法とは?!

水泳は誰でも効率よく筋肉トレーニングができる万能スポーツとい...

klb0000793-1.jpg
膠原病の治療でステロイド!ムーンフェイスになるのはなぜ?

あなたは『ムーンフェイス』という言葉を聞いたことがありますか...

klb0000791-1.jpg
眼鏡をかけていて、鼻に違和感を覚えることはありませんか?

いつもかけているその眼鏡、あなたに合っていますか? 眼鏡を...

klb0000790-1.jpg
整形以外でも整体の頭蓋骨矯正で鼻を小さくすることは可能?

誰にでもコンプレックスはありますよね? 目の次に、顔の...

klb0000789-1.jpg
バレーボール・女子中学生への教え方。学年ごとで教える内容

自身のバレーボールを20年近くやりつつ、小・中・高のコーチを...

klb0000788-1.jpg
身長168cmの体重の標準は何kg?男女の体重を見てみよう!

身長168cmというと男性にもいますし、女性にもいます。 ...

スポンサーリンク


整骨院と整形外科の違い

そもそも、整骨院と整形外科の違いは何なのかを良く理解しておきましょう。

違いが分からないと肩こりが辛い時、どこに行けばよいか迷ってしまいますよね。

かく言う私も高校生の頃までは、この2つの違いは理解しておりませんでした。

まず大きく違うところは、整骨院は「柔道整復師」という資格の持ち主が営業しているところで、整形外科は「医師」が営業しているところです。

どちらも国家資格ですが、柔道整復師は医師ではありませんので、レントゲンやMRIなど検査は行えません。

他にも、注射や投薬なども医師である整形外科でしか行えません。

柔道整復師が扱える症状は、基本的に打撲、捻挫、脱臼、骨折です。

これらの急性の症状が保険適用となり、肩こりや腰痛などの慢性的な症状は保険適用外となっており全額自己負担となります。

簡単にまとめますと、

 

◎整骨院=柔道整復師

・足首などの捻挫の治療

・緊急の骨折や脱臼の処置

・レントゲンなどの検査は出来ない

 

◎整形外科=医師

・様々な症状が出たとき(ぎっくり腰、しびれの伴う腰痛、肩や膝などの関節痛等)

・レントゲンやMRIなどで検査が出来、投薬や注射も出来る

・リハビリが出来るところがある場合がある

 

万が一に備えて、お近くにあるのが整骨院なのか整形外科なのかを調べておきましょう。

 

肩こりでもまずは整形外科へ

骨折・脱臼・捻挫・打撲をした場合は、お近くの整骨院と整形外科のどちらかで処置してもらうようにしましょう。

では、肩こりや腰痛などの慢性的な症状はどちらが良いかといいますと、初めに行くなら整形外科が良いでしょう。

先ほど説明したように、レントゲンなどで検査出来るのは整形外科です。

長年放置していた肩こりが最近酷くなってきたと思って、検査してみたら頸椎に異常があり、それが原因だった。という可能性もあります。

腰痛なども同じように一度検査をするようにしましょう。

特に腰はヘルニア、すべり症、分離症など様々な症状が出やすいところですので、普通の痛みとは違うと思ったら、念のために検査しておきましょう。

精神面が体に影響を及ぼすことがありますので、「ヘルニアだったらどうしよう・・・」と思い悩むより、不安材料をひとつでも無くすために、「これくらい」や「大したことなかったら恥ずかしい」と思わず、痛みがいつもと違うと感じたら、整形外科に行ってみましょう。

 

整形外科で肩こりの治療がなかったら

整形外科に行って骨に異常が無く、筋肉疲労と言われて湿布と塗り薬で終わった場合は、上記したような整骨院を探すようにしましょう。

整骨院に限らず同様に鍼灸やマッサージ、整体なども探してみましょう。

探し方は3つのポイントである、施術人数・混んでいる・分かりやすい説明をしているです。

この3つのポイントについては、後ほど説明します。

分かりやすい説明かは、受けてみないとわかりませんが、ホームページの紹介文などで

ある程度判断出来ると思います。

難しい専門用語を羅列しているのか、噛み砕いて説明書きしているのかで親切さが分かると思います。

あとは施術者とのフィーリングです!

これを言ってしまっては元も子もないのですが・・・

信頼関係を築いていけるかがとても重要になってきますので、施術経験が少なかったとしても、勉強している様子がうかがえて、何とかしてくれそうと思ったらその人に任せてみましょう。

2~3箇所くらいピックアップしておき、少々お金が掛かりますが、色々な接骨院や鍼灸、マッサージ、整体に行って一番合うところを見つけるようにしましょう。

イメージと違ったということは良くあります。

また、肩こりが慢性化しているような方ですと、1回の施術で良くなることは少ないので、定期的に通うつもりで探しましょう。

 

整骨院で肩こりの解消を望む場合

整形外科ではなく、整骨院での肩こりの治療は全額自己負担となります。

そうなりますと、施術を受けるということになります。

最近では、肩こりや慢性腰痛を実費治療で行なう整骨院も増えてきました。

中には、整骨院と掲げているけど実費治療のみのところも少なからずあるようです。

こうなると余計に何がなんだか分からなくなってきそうですね。

実費治療になると、電気などの物理療法を行わず、手技で行なう方法になってくると思います。

手技での施術になると、その人の腕次第ということになります。

手技の感覚というのは、触った人数が多いほど鋭くなり、より良い施術が出来るようになってきます。

整骨院で肩こりの解消を望むのであれば、私個人の選ぶ目安として考えるのは、

 

・施術人数が多い

・実際に混んでいる

・納得できる説明をしてくれる(分かりやすく説明してくれる)

 

以上の3点がポイントになります。

年齢を気にされる方もいらっしゃいますが、柔道整復師には年齢=経験ではないことが多いのも事実です。

そこで判断材料となってくるのが、施術人数です。これは年齢に関係なく、どれだけ色々な経験をしてきたかの基準にもなります。

ホームページなどを見る際には、施術人数に注目してみましょう。

受ける前のもう1つのポイントとして、実際に混んでいるのかが大切です。

コンスタントに人が入っているところは、それ相応の実力のあるところです。

 

肩こりは整骨院や整形外科の機器に頼らない

治療を受ける際に、電気や低周波などの機器の物理療法に頼るのではなく、リハビリの運動療法や整体など、体を動かすことのあるものを受けるようにしましょう。

肩こりがおこる原因は、運動不足や長時間同じ姿勢で作業することがある方に多く見受けられます。

このようなことが原因で肩こりになっている方は、血液の流れが悪くなってしまっているので、首や肩周り、背中を動かして血液の流れを良くしてあげることが大切です。

首や肩周り、背中の血液の流れを良くするための温熱や電気などではその場しのぎになってしまい、根本的な改善にはなりません。

根本的な改善を望むのであれば、筋肉を動かすことをする運動療法を行なうようにしましょう。

他の改善方法として、自分で行なうストレッチもオススメです。

ストレッチは自分で体を動かすので、筋肉に刺激が入り、血液の流れも良くなってきます。

整骨院や整形外科ではなく、最近ではストレッチを専門で行なうお店も出てきていますので、そういったお店に行くのも良いと思います。

普段ストレッチをする習慣のない人は、自分でストレッチをするときに痛みが出る場合がありますが、そのときは優しくじっくりと伸ばしてあげましょう。

肩をゆっくり大きく後ろ回しするだけでも効果が出てくると思います。

 

肩こりが辛い!良くするには整骨院?整形外科?どこがいいの?まとめ

整骨院・整形外科・整体院などの違いはご理解頂けたでしょうか?

こういった業界に限らず、他の業界でも似たような名前のものが多いように感じます。

曖昧なままにせず、自分で調べたり聞いたりすることが大切だと思います。

そしてそれぞれの特徴を理解し、使い分けていけるようにしていくことが必要だと思います。

カラダラボでは、施術とストレッチの両方を提供させて頂いていますので、お近くの方は、一度お試し下さいませ。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 - 肩 痛み