コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

肩甲骨の痛み。筋肉痛・コリ・内臓疾患など色々考えられる。

      2016/11/10

肩甲骨の痛み。筋肉痛・コリ・内臓疾患など色々考えられる。

肩甲骨は他の骨と違い肩にぶら下がっているだけの特徴的な骨。
そのため、様々な動作が出来る反面、やらない動作で使う筋肉はすぐ硬くなったり弱ったりします。
今回は肩甲骨の特徴と筋肉痛や内臓疾患など痛みの原因や対処法をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000829-1.jpg
赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

klb0000828-1.jpg
色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

klb0000827-1.jpg
扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

klb0000826-1.jpg
妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

klb0000825-1.jpg
黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

klb0000824-1.jpg
糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

klb0000823-1.jpg
風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

klb0000822-1.jpg
靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

klb0000821-1.jpg
足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

klb0000820-1.jpg
手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

klb0000819-1.jpg
手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

klb0000818-1.jpg
右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

klb0000817-1.jpg
家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

klb0000816-1.jpg
玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

klb0000815-1.jpg
お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

klb0000814-1.jpg
豆腐はデザートにも大変身!?オススメのレシピを紹介!

低カロリーでたんぱく質が豊富なお豆腐はとても人気の食材ですよ...

klb0000812-1.jpg
アメリカの学校給食の牛乳も砂糖入り!?体に良い飲み物は?

アメリカと聞くとイメージするのはどんな事ですか? アメ...

klb0000811-1.jpg
アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

「止まらない鼻水」「肌がかゆい」「食べられない食品」などの症...

klb0000810-1.jpg
むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

夕方になると足がむくんだり、朝起きたら顔がむくんでいるという...

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

スポンサーリンク


肩甲骨は他にない面白い骨

肩甲骨とはどんな形かどんな役割があるか知っていますか?

実は数ある身体を構成する骨の中で肩甲骨はどの骨よりも自由自在に動かせる骨なのです。

ではどうしてそれほど自由自在に動かせる骨が動きにくくなったり筋肉痛になったりしてしまうのでしょうか?

そして肩甲骨を動かさないと、なぜか腰痛やポッコリお腹につながってしまうということもあります。

そんなメカニズムを説明するために、まずは肩甲骨の仕組みを説明していきます。

最初に触れましたが、肩甲骨はぶら下がっているだけだと言いました。

実際この肩甲骨は何と鎖骨と上腕骨としかつながっていないのです。

そのため、肩関節以外の骨の影響を受けにくく、一端にぶら下がるだけですので、自由自在な動きが出来てしまうのです。

次に自由自在な動きをさらに掘り下げて説明していきます。

以下の6種類の動作が出来ます。

①挙上(きょじょう)

肩を真上に持ち上げる動き

②下制(かせい)

肩を真下に引き下げる動き

③外転(がいてん)

肩を前に押し出す動き

④内転(ないてん)

肩を後ろに引き込む動き

⑤上方回旋(じょうほうかいせん)

肩甲骨の下角が外へ回っていく動き

⑥下方回旋(かほうかいせん)

肩甲骨の下角が内へ回り込む動き

 

上記のような上下左右回転までできることから、別名『天使の羽根』という呼び名があったりします。

 

肩甲骨周りは筋肉痛になりやすい

肩甲骨が鎖骨と上腕骨としかつながっていないのをイメージしていただくとどれだけ自由かお分かりしていただけたと思います。

ただし、その肩甲骨が一箇所でしかつながっていないというのは、実は語弊があります。

正しく言い直しますと頑丈な靭帯で結合しているのは一箇所だけでその他の部分で筋肉によってつながっているというのが、正確であります。

その筋肉とのつながりがあって背中にいつも肩甲骨が収められるのです。

下記に筋肉を並べてみますと

・小胸筋(しょうきょうきん)

【肩甲骨から胸の方に飛び出している烏口突起と肋骨をつなぐ】

・前鋸筋(ぜんきょきん)

【肩甲骨背骨寄りの体内面から脇を通って肋骨をつなぐ】

・肩甲挙筋(けんこうきょきん)

【背骨寄りの上の角から首の骨の上の方をつなぐ】

・大菱形筋(だいりょうけいきん)

【背骨寄りの上から下を背骨とつなぐ】

・小菱形筋(しょうりょうけいきん)

【大菱形筋の上に並んでつなぐ】

・僧帽筋(そうぼうきん)

【最もパワーのある筋肉で肩甲骨と首から腰の上までの背骨をつなぐ】

・三角筋(さんかくきん)

【肩関節を包み込むように肩甲骨と鎖骨と上腕骨をつなぐ】

 

これらの筋肉が様々な方向に縮むことで自由自在な動きを可能とするのです。

ひとつの筋肉が働くのではなく必ず複合して連鎖して伸縮しあいます。

どれか一つが仕事をさぼると他に負担が上乗せされます。

それに連られてまた一つの筋肉がさぼるとさらに他に負担が上乗せされます。

つまり、使えない筋肉が増えるほど、同じ動作をするときに一つの筋肉に掛かる負担が強く筋肉痛になりやすいのです。

 

肩甲骨周りはコリやすい

人間の7~8割は右利きと言われていますが、右の肩甲骨は使いすぎによる体の疲れで痛くなる場合は多いと思われます。

特に最近はスマホを右手で操作し続け、画面を同じ角度でキープするために右肩が常に緊張状態になり、右側への負担がかかってる人が増えているのでしょう。

右利きの人は、最近の行動を思い出し、右手を酷使しすぎてないか振り返って考えてみてください。

また仕事で電話をかける時などに両手をフリーにするためにどちらかの肩にはさんだまま長時間しゃべったりしていませんか?

長時間でなくても、電話が頻回になれば積もり積もってその分身体への負担は増えてしまいます。

他に足を組んで座っている人や、車の運転でアームレストにもたれかかる人は体が傾いた状態が長いので左右の肩甲骨が同じ位置に収まらず、疲れやすくなります。

体の疲れが溜まっていると感じる人は、休息をとったり、湯船にしっかりと浸かったり、ストレッチや軽い運動をするなどの積極的な休息をとることも大切です。

同じ姿勢を続けると様々な筋肉がその姿勢を維持固定しようと固まります。

すると固まった筋肉は血管の通りを悪くし、老廃物も溜まる一方で代謝が悪くなります。

この状態がコリと呼ばれるのです。

筋肉痛とは違うのです。

コリは使い過ぎではなく、同じ姿勢を続け過ぎで起こるものなのです。

 

肩甲骨の痛みは筋肉痛より内臓疾患が多い

実は肩甲骨の痛みは内臓の不調と関連して起こる場合もあるのです。

筋肉のせいだけではないというのは意外ですよね。

肩甲骨の痛みがある場合は、内科系の疾患がある場合もあるので注意しましょう。

内臓の不調としては、狭心症や心筋梗塞では左肩への放散痛が特徴的です。

急激な痛みの場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

また、胃腸の問題も考えられます。

胃腸に原因があると、両肩甲骨は外転状態になりやすく、前かがみなって猫背になりやすいと言われています。

その姿勢の崩れから肩甲骨が正しい位置から不自然な筋肉の引っ張りが起こり、こわばりや、だる重いような感じがあり、何かが詰まったように感じることがあるようです。

こちらも先ほどと同じく左肩甲骨や左肩に痛みが出やすいそうです。

膵臓は体内の糖をコントロールするホルモンや消化酵素を出す臓器です。

甘いものや脂っこいものばかりを食べ過ぎている人は膵臓に負担をかけています。

この脾臓の状態も悪いと左肩甲骨に痛みとして現れるそうです。

これらと反対に右肩や右肩甲骨周辺が痛む時は肝臓や胆のうに問題がある場合があります。

内臓の中でも、肝臓は『沈黙の臓器』とも呼ばれます。

初期の軽い自覚症状がほとんど現れないことで有名な臓器なので、こう呼ばれます。

肝臓は体内の右寄りに収まっています。

そのため肝臓に負担がかかると、肝臓の上にある横隔膜が刺激されて右肩や右肩甲骨の動きを悪くしてしまうのです。

その結果、右頚部から右肩甲骨のこりや痛みとして感じられます。

また、胆のうの病気でも右側に痛みがでることがあります。

胆石や胆嚢炎などを一度検査することをオススメします。

内臓の不調が必ず肩甲骨の痛みや筋肉痛を伴うとは言えませんが、一つの兆候として見逃さないようにすると早期発見につながるでしょう。

 

筋肉痛やコリを解消肩甲骨ストレッチ

肩甲骨周りの筋肉痛やコリを解消するには、肩甲骨ストレッチをして先ほど説明しました筋肉たちを満遍なく伸縮させることです。

満遍なく使う簡単な動作としてやっていただきたいのは、対角ラインストレッチです。

良くある肩甲骨ストレッチも是非やっていただきたいのですが、ここでは紹介しません。

他の記事にまとめてありますので、そちらを参考にしてください。

それでは対角ラインストレッチのやり方をまとめます。

 

【対角ラインストレッチ①】

・腰幅より少し広めで足を広げ、背すじを伸ばし胸を張り、視点を遠くに置きましょう。

・自分から見て11時の方向に右手を伸ばし、左手は腰に添えましょう。

・肘は伸ばして手のひらは後ろに向けたまま10秒キープしてください。

・そのまま腕は伸ばしたまま、今度は5時方向に伸ばします。

・リレーでバトンを受け取るように斜め後ろに伸ばし10秒キープしてください。

・腕を伸ばしたまま、手のひらの向きを切り替えることを忘れずに11時と5時を往復10回繰り返しましょう。

・終わりましたら、腕を入れ替えて同じように繰り返してください。

・左手は1時と7時のラインです。

 

【対角ラインストレッチ②】

・先ほどと同じ姿勢です。

・右手を1時方向に伸ばし手のひらは後ろに向けて10秒キープしてください。

・次に腕を捻りながら7時方向に伸ばしましょう。

・肘は前、手のひらも前に向けて10秒キープしてください。

・腰から刀を抜くイメージです。

・肘は出来る限り曲げずに1時と7時を往復10回繰り返しましょう。

・終わりましたら、腕を入れ替えて同じように繰り返してください。

・左手は11時と5時のラインです。

 

【対角ラインストレッチ③】

・先ほどの対角ラインストレッチ①を両手一緒に胸の前で交差するようにして10回繰り返してください。

・胸の前で交差するときは一回一回腕の重なりを左右入れ替えてください。

・終わりましたら、対角ラインストレッチ②も10回繰り返してください。

 

以上のストレッチを肩甲骨の動きを意識しながら少しずつ可動域が広がるように続けてくださいね。

 

まとめ【肩甲骨の痛み。筋肉痛・コリ・内臓疾患など色々考えられる。】

どうでしたか?

肩甲骨は特別な役割を与えられた骨たど言うことがご理解いただけましたか?

肩甲骨を使わないで健康でいることは叶わないのです。

肩甲骨の痛み、筋肉痛やコリでお悩みの方は普段から意識して肩甲骨を動かしてあげましょう。

それだけでハッピーライフを送ることが出来ますからね!

 - 肩 痛み