コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

足がだるいと感じるのは太ももの色々なことが関係する!

      2016/11/09

足がだるいと感じるのは太ももの色々なことが関係する!

最近足が何か重たい、だるいと感じる方は多いようです。
足が重たくなってしまって寝ているときや運動中に足をつってしまうという
症状を起こすことがあります。
足に何かしらの違和感を感じたときは色々な原因がありますが、特に太ももが関係しているかもしれません。
調べていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腕を骨折した時、知っておきたい正しい治療とリハビリ!

私たちは、日常生活の中で家事をする時、趣味活動をする時、...

身の回りのものを上手にストレッチの道具として活用しよう!

ストレッチを始めようとする時に悩むのが、道具の問題でしょ...

60代シニア層に健康上の悩みを克服する方法を学ぶ

人の一生は、20歳と60歳が重要な節目だと思われます。 ...

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

スポンサーリンク


足がだるいのは太ももの上の部分の硬さ

足がだるいと感じてしまうのには色々な原因があります。

足がだるくなってしまうのは太ももに原因があると考えてしまう方が多いようですが、それが原因と断定するのは難しいのが事実です。

人間数百の筋肉があり、その筋肉が連鎖して歩いたり、走ったりする動作をおこなっています。

太ももには太ももの筋肉以外の筋肉も付着しています。

足がだるいと感じてしまうのはT12、L1からL5まで付着している「大腰筋」という筋肉が一つ関係してきます。

大腰筋は主に股関節を曲げる動作をするときに働きます。

動作でいうと歩いたり、走ったり、後は姿勢維持をする為に働く筋肉です。

この筋肉は腰椎の部分から大腿骨まで付着している為、大切な部分の一つといえるでしょう。

この筋肉に何かしらの異常が発生すると足周りの動きなどに悪い影響を与えてしまいます。

運動選手であれば大腰筋が硬いと間違いなく運動パフォーマンスを発揮することが難しくなります。

一般の方であれば仕事の関係でなかなか運動をする機会が減っていて大腰筋が硬くなっている方が少なくありません。

ここの部分に異常が起きると他の筋肉の部分に負担がかかってしまい足がだるいと感じたりむくみなどに繋がります。

ですから大腰筋は柔らかくしたい筋肉と言えます。

 

男性で足がだるいのは太ももの裏の硬さ

男性の方で足がだるいと感じたときに太ももに違和感を感じる方が多くいらっしゃいます。

足のだるさの蓄積から足をつってしまったとか、ぎっくり腰や腰痛がなかなか治らないという方も少なくありません。

そのような方々は太ももの裏の「ハムストリングス」という筋肉が硬くなっていたりハムストリングスをうまく使いきれていなかったりすることが多いです。

それから男性の方で歩くときに「がに股」で歩く人がだるさを感じてしまうようです。

がに股で歩くと膝は伸びきらない状態で太ももの前側に負担をかけることになります。

膝が曲がった状態だと裏側のハムストリングスをうまく機能させることが難しくなります。

前側の部分を使い過ぎると裏側の筋肉が硬くなり柔軟性が低くなります。

その影響で足の前側の筋肉に負担がかかり、使い過ぎることで筋肉が硬くなるという悪循環が起こります。

ハムストリングスが硬くなってうまく使えなくなると今度はふくらはぎの部分で動きをカバーします。

そうすることで今度はふくらはぎに負担がかかりふくらはぎをつってしまうといった症状が起きやすくなります。

一つの部分に異常が起きるとそれ以外の正常な部分にも異常が転移します。

ですのでそうなる前に対処が必要になってきます。

仕事の休憩中や寝る前とかにストレッチなどで症状を軽減しましょう。

 

女性で足がだるいのは太ももの内側の硬さ

女性の方で足がだるいと訴えている人は多いですね。

足のむくみや太ももの太さを気にされているという方も多いでしょう。

女性の方で足の症状が出るのは股関節の内側の硬さ、股関節を外側に捻る動作の硬さ、お尻の硬さなどが関係してきます。

女性の方は例えば座るときに「女の子座り」をする方が多いのではないでしょうか。

逆に女性であぐらをかいて座っている人はあまり見ない気がします。

もちろんその人によって楽な座り方はあると思います。

股関節が正常に可動することができなくなると足のむくみなどが起きやすくなります。

股関節の柔軟性が低いと腰痛やぎっくり腰といった重い症状と付き合わなくてはいけなくなります。

足の症状が起きないようにする為によくあぐらの姿勢で座ってかかと同時をくっつけてつま先をできるだけ外に伸ばした状態で色々なストレッチを行っていただくようにアドバイスをしています。

この体勢をとってもらうと多くの方が膝が地面にぺたっとつく人がいません。

お尻の筋肉の硬さが邪魔して股関節を外側に捻るのを妨げているケースもあれば、股関節の内側の硬さでそうなっているケースもあります。

ですからバランスよくストレッチすることで筋バランスを整えることが大切になってきます。

 

足がだるいときは太ももが原因とは限らない

階段を上るのときに一歩一歩が重くて歩いてすぐに休憩をとらないと無理。

昔はそんな感じがなかったのに、仕事が終わって「さて帰ろう」と思い、歩いて帰るとすぐ息が上がって帰るのがつらいと感じることはありませんか?

何かすごく最近足が重たいだるいと感じることが増えてきませんか?

だんだん年を重ねるにつれて運動をする機会がめっきり無くなり、その影響で筋量が減ってくることをご存知でしたか?

運動をしなくなると筋力が衰えていきます。

足がだるい、重たいと感じるときは足だけが原因ではありません。

下半身を支えている、下半身を動かすときに働く腰周りや足周りの筋肉が硬くなっていることで筋肉本来の伸び縮みの動きがだんたんと上手くいかなくなります。

では階段などを登る時のことをイメージしてください。

階段を登るときにまず片方の足が上に上がります。

このときに前側の筋肉の腹筋がぎゅっと縮みます。

次に太ももの前の筋肉も縮んできて足を上に持ち上げる動作をします。

反対に太ももの裏を伸ばすとき、使いたいときはお尻の筋肉を伸ばすようにしないともも裏の筋肉が伸びることができません。

この太ももの裏の部分がうまく使えるようになってやっと足が上に上がる動作が正しくできる状態といえるのです。

ですからお尻の筋肉も柔らかくしないといけない部分の一つです。

 

足がだるいときは太もも周りが疲れている

足がだるいと人は疲れが溜まっていると察知します。

腰の筋肉、お尻の筋肉、太ももの前、裏の筋肉の伸び縮みの動作がうまく連鎖してこないと足がだるく重たく感じるようになります。

筋肉が疲れてくるというのはいったどういうことなのでしょうか?

筋肉が疲れてくると筋肉の中にある血管の流れに異常が発生して、筋肉に留まってしまう疲労物質の影響で酸素が不足状態になります。

この酸素が不足してしまうと筋肉にどんどん疲れが溜まってきて、つられるように筋肉の疲労物質を運ぶ働きが衰えてしまい疲労回復のスピードが遅くなります。

このような現象が続くと筋肉はどんどん硬くなってしまい状態がどんどん悪くなります。

そして筋肉が硬い状態で本来の筋肉の伸び縮みができないと最終的に「足がだるい、太ももが重たい、疲れた」といった状態が起きるのです。

この状態がしばらく続くと腰、お尻、太もも、ふくらはぎといったあらゆるところの筋肉が硬くなってしまい色々な症状が起きやすくなります。

そうならない為にも常に全体的に筋肉を柔らかくしておくことがとても大切になってきます。

筋肉が常に柔らかい状態でいることで疲れが溜まりづらくなり、足の疲れや腰痛などの症状に悩まれることが少なくなります。

仕事などで長時間同じ体勢でいることで身体を硬い状態にしてしまいますが一日1分でも構わないのでストレッチを行って一日の疲労をなるべく溜めないように心掛けましょう。

 

足がだるいと感じるのは太もものは色々なことが関係する! まとめ

足がだるいと動きたくなくなりますよね。

ですから足の疲れはなるべく蓄積させたくないですよね。

疲れを蓄積させない為にも全身の筋肉を柔らかくして太ももの部位だけに負担をかけすぎないように毎日のストレッチを心掛けましょう。

ストレッチを継続して今お悩みの症状とおさらばしましょう。

 - 太もも 違和感