コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

胃痛や吐き気、発熱まで出す症状。その原因と対処法とは!?

      2016/11/30

胃痛や吐き気、発熱まで出す症状。その原因と対処法とは!?

胃痛と吐き気が2日くらい続いていたり、発熱も伴っていたら注意が必要です。これらの症状には、急性と慢性の2種類の原因があります。
ウイルスに感染していたり、日常のストレスから内臓にダメージが出ていたり・・・
あなたの症状は何が原因なのでしょうか。
当てはまる症状などを参考に対処してください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


胃痛・吐き気が出る症状

胃が痛くなると吐き気を感じることがあります。

これは食べ物を食道から胃、十二指腸へと運んでいく時に起こる「蠕動」という筋肉の運動が上手く働かないことが原因です。

そうなると胃酸と共に逆流してくるので、その結果気分が悪くなるのです。

飲み過ぎや食べ過ぎなどで胃に強い負荷を掛けるとなりやすいのですが、ストレスや食中毒によって引き起こされる場合もあります。

胃痛と吐き気、ときには発熱をもよおす病気の代表格はやはり「胃炎」でしょうか。

胃の粘膜が爛れることで腹やみぞおちの辺りが痛み、吐き気や下痢といった症状に見舞われます。

主な原因は疲れやストレス、度を超した量の食事、アルコールや辛い物の摂り過ぎ、生活習慣の乱れなどが挙げられます。

この他にも胃酸過多による「逆流性食道炎」は、その名の通り胃酸が喉元まで上がってくることで喉がつかえ、咳が続くことがあります。

食道が炎症を起こすとこうなります。

炎症が胃や十二指腸に発生すると潰瘍となり、胃の場合は食事の最中や後に痛みを感じ、十二指腸は空腹か夜中に痛みます。

この場合は、何でもいいのでお腹の中に入れましょう。

 

胃痛・吐き気の原因は他にもある

胃痛の原因は、決して胃酸だけではありません。

アニサキスという寄生虫を取り込んだ時にも起こるのです。

アニサキスはサバやイカの体内で育ち、これらを餌とするイルカやクジラの中で卵を産み付けます。

このアニサキス入りのサバやイカは、我々が口にしてしまう可能性もゼロとは言い切れません。

人の身体に入り込んだアニサキスは、頭部の歯を使って胃や小腸に取り付きます。

すると一定の間隔で発熱をともない激しい胃痛と吐き気に襲われます。

寿命は1週間ほどですが、死ぬのを待つよりは病院へ行って取り除いた方が賢明です。

特に日本は生食文化があるので、寄生虫の危険性は高いのです。

幸いにもマイナス20℃以下では生きられないため、冷凍するといいですよ。

これ以外なら盲腸を疑いましょう。

みぞおちから腹の右下にかけて痛むので、単なる胃痛だと思い込んでしまうことがあります。

手術や投薬で治るので、怪しいと思ったら病院で検査することをおすすめします。

またアルコール摂取による急性すい炎、肝炎も似たような症状が出ます。

どれも放置しておくと大変危険なので、すぐに病院へ行きましょう。

 

胃痛・吐き気に発熱も出たら

胃痛と吐き気に発熱が加わった場合、急性胃腸炎を疑いましょう。

これはノロウイルスやロタウイルスに感染すると起こりやすく、特にロタは下痢と嘔吐で体内の水分が大量に失われるため、体力のない赤ちゃんなどは命を落としかねません。

胃腸炎は何らかの細菌を取り込んだことで胃や小腸が炎症を起こす病気です。

症状は個人差がありますが、大抵は嘔吐や下痢、腹痛、熱などです。

人によっては痛みが激しいせいでまともに物が食べられず、睡眠もろくに取れなくなってしまうそうです。

何に感染したかでいくつかのカテゴリに分けられますが、中には細菌が原因ではないものも存在します。

ノロなどのウイルスの場合、1~3日の潜伏期間がありますが、細菌だと半日程度で発症します。

ですが治るのも早く、1週間ほどで良くなるそうです。

しかし種類次第では数週間かかることもあり、さらに便の中に残っていることも多いので、下手をすると二次感染が起こるかもしれません。

 

胃痛・吐き気・発熱を出す胃腸炎の原因

胃痛と吐き気を引き起こす胃腸炎になる原因は実に様々です。

今回はそれらについて、詳しく見ていきたいと思います。

 

1.カンピロバクター、サルモネラ、O-157、H-7、旅行者下痢症の原因菌

有害な物質が付着した食品や水、無殺菌の牛乳などの摂取を始め、汚れた水で泳いだり、一部のは虫類に触ると感染します。

抗生物質を打てば回復が早まります。

 

2.赤痢アメーバ

感染源は上記と同様です。

他の臓器にもうつる可能性があります。

 

3.コレラ

やはり感染源は同じです。

痛みを伴わない下痢や吐き気、嘔吐などが起こります。

誰かとの接触で感染することが多く、特に触れ合うことが多い場所は要注意ですね。

 

4.各種ウイルス
これらは季節ごとに流行するものが異なり、発熱を伴いますが抗生剤などは使いません。

ロタウイルスに限り、赤ちゃん用のワクチンが存在します。

 

5.その他

身体に良くない食べ物や貝類に含まれる微生物が原因です。

経口感染ウイルスや菌の付いたものを口にすることです。

特にノロは感染力と生命力が強いので、冬でも油断は禁物です。

 

子供の胃腸炎はほとんどがノロです。

二次感染胃腸炎の罹患者の吐瀉物や便から感染することです。

手洗いや清掃が十分でないと、空気中やドアノブなどからうっかり取り込んでしまう危険性があります。

また生の貝類を食べることで発症することもあります。

 

胃痛・吐き気・発熱を出す胃腸炎の原因は、ウイルス以外にも

抗生物質などを始め、化学療法や放射線療法、痛風や心臓の病などに使う薬を飲んでも吐き気や嘔吐、下痢が起きることがあります。

これを副作用と見なすべきかどうか見極めるために、まずは薬を飲むのを一旦やめて、症状が落ち着いてきたかを確認するといいですよ。

このような症状が出ないように、胃の粘膜を守ってくれる薬も処方されることがあるようです。

胃腸の調子が良くない、胃痛がする時は、ストレスを疑ってみましょう。

内視鏡検査をしても異常が見当たらないにもかかわらず、痛みや発熱、だるさを感じているのならストレスの可能性が大きいです。

下痢や吐き気が伴うこともあります。

この症状に陥りやすいのは、会社でそれなりの地位にいる人や、仕事が多すぎてあまり眠れていない人、何か悩み事がある人などだそうです。

この場合、個人に合ったやり方で溜め込んだストレスを発散させて下さい。

カウンセリングや、漢方薬を飲むのも悪くありません。

上記に当てはまらない人も、揚げ物や辛い物、冷たい物を極端に避けようとはせず、バランスの良い食事と生活リズムを整えることを心掛けましょう。

 

胃痛・吐き気・発熱の予防法

吐き気、胃痛、時には発熱を引き起こす急性胃腸炎にはもちろん予防法も存在します。

今回はそれをいくつかお教えします。

まず細菌が原因のものは夏に多いです。

油断すると食材がすぐに腐る季節なので、知らずに食べてしまうことで発症というケースがよくありますね。

これを防ぐには買ったものをすぐ冷蔵庫に入れて、生ものもなるべく火を通すようにしましょう。

ウイルスは学校や職場など、人の多い場所で感染することが多いです。

これはマスクやこまめな手洗いで防げます。

ストレス性のものは比較的軽症で済みますが、それでも下痢や吐き気、胃痛などは辛いですよね。

とはいえストレスの原因を取り除くのはかなり難しいことです。

なので、最適なストレスの発散方法を見つけて下さい。

打ち込める趣味や十分な睡眠などがおすすめですよ。

ビタミンCが効果的なので、柑橘類を食べてもいいですね。

すぐに出来るのはやはり手洗いです。

家に帰った後やトイレを利用した後、調理や飲食前などには絶対に手を綺麗にしましょう。

腕時計やアクセサリーは外し、石鹸を使って手首までしっかり洗います。

殺菌効果のあるアルコールスプレーも有効ですが、ノロには効きません。

また皮膚や粘膜を傷付ける恐れもあります。

洗い終わったらタオルできちんと水気を取って下さい。

爪を短くするのもポイントですよ。

 

胃痛と吐き気はだれでも起こりえます

現代社会はストレス社会と言われます。

また海外からの輸入物で溢れ、外国人旅行者も多いです。

反対に気軽に海外旅行に行くことも出来るようになりました。

そうなると胃痛の起こる原因は様々ですが、その原因のどれかにはまってしまう方は少なくないと思います。

皆様は、もちろん胃痛で苦しみたくないですよね。

そのために出来ることは説明した通りです。

覚えておいて損はありません。

 - 内臓 異常