コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

腰痛の治療にマッケンジ法。首から腰にかけての痛みにも。

      2016/11/09

腰痛の治療にマッケンジ法。首から腰にかけての痛みにも。

首から腰まで背骨の弯曲が崩れると血流が悪くなり、痛みを発生しやすくなります。代表的なものがいわゆる腰痛です。腰痛治療に迷ったら、とりあえずマッケンジ法を試してみましょう。簡単なのに効果抜群だと思います。今回はそんなマッケンジ法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000829-1.jpg
赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

klb0000828-1.jpg
色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

klb0000827-1.jpg
扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

klb0000826-1.jpg
妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

klb0000825-1.jpg
黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

klb0000824-1.jpg
糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

klb0000823-1.jpg
風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

klb0000822-1.jpg
靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

klb0000821-1.jpg
足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

klb0000820-1.jpg
手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

klb0000819-1.jpg
手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

klb0000818-1.jpg
右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

klb0000817-1.jpg
家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

klb0000816-1.jpg
玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

klb0000815-1.jpg
お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

klb0000814-1.jpg
豆腐はデザートにも大変身!?オススメのレシピを紹介!

低カロリーでたんぱく質が豊富なお豆腐はとても人気の食材ですよ...

klb0000813-1.jpg
家で焼肉をする時のオススメ材料について。目指せ健康体!

家で焼肉をする方、結構多いのではないでしょうか? お店...

klb0000812-1.jpg
アメリカの学校給食の牛乳も砂糖入り!?体に良い飲み物は?

アメリカと聞くとイメージするのはどんな事ですか? アメ...

klb0000811-1.jpg
アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

「止まらない鼻水」「肌がかゆい」「食べられない食品」などの症...

klb0000810-1.jpg
むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

夕方になると足がむくんだり、朝起きたら顔がむくんでいるという...

スポンサーリンク


治療効果の高いマッケンジ法とは

現在日本では約1000万人以上が腰痛で悩んでいると言われています。

腰痛の原因としては老化や重い物を運ぶなどの重労働、激しい運動などで筋肉を傷めるぎっくり腰や急性腰痛症、また椎間板が変形して突出して起こる椎間板ヘルニアなど様々です。

腰痛の治療法には腰ベルトなどを付け安静にする支持療法、鎮痛剤などを用いる薬物療法などがあり症状により適切に選ぶことが大切です。

マッケンジ法と呼ばれる運動療法も腰痛に対する治療法のひとつで慢性の腰痛やヘルニア、坐骨神経痛などに有効とされています。

ニュージーランドの理学療法士ロビンA.マッケンジ氏により考案された腰を伸ばす事を主とし、それまで避けられていた腰を痛みのある方へ伸ばして痛みを軽減します。

何かの原因で損傷した腰に負担をかけないようにし過ぎてしまうと機能の回復が遅れ伸ばす方向の痛みや動きの制限は残り続けます。

また痛みを避け曲げた状態の姿勢をとり続けると腰は上体を筋肉により支えなければならず過度に負担がかかり慢性的な腰痛になる事もあります。

そこでマッケンジ法という運動で腰の伸ばす方向への可動性を回復させて、より負担がかかりにくい正しい姿勢がとれるように促します。

 

辛い腰痛治療にマッケンジ法はオススメ

人間は通常成長していくと脊椎が彎曲していき頸椎は前方向、胸椎は後ろ方向、腰椎は前方向に彎曲していきS字状のカーブになります。

これは生理的彎曲といって人間が直立二足歩行するために必要なものです。

このように腰椎は通常は前方向に反っているのが普通ですが、老化やデスクワークなどが原因で腰に良くない姿勢をとり続けると徐々に背骨が丸まっていき腰を反らす方向への動きが制限されてしまいます。

椎間板ヘルニアでは椎骨という脊柱をつくる骨の間にある円形の線維軟骨の椎間板がとびだして神経を圧迫して痛みが生じます。

腰を丸めていると椎間板が後ろにとび出てしまい、ひどくなると椎間板の中心にある髄核というゼリー状の部分が出てきてしまいます。

マッケンジ法ではこの飛び出してしまった椎間板を腰を反らす運動によって前方向に押し戻しこれが腰痛を軽減させることに効果があると考えられています。

マッケンジ法は慢性腰痛、急性腰痛、ヘルニアなどの患者には治療効果があるとされますが脊柱管狭窄症や、椎骨がすべる事で起きるすべり症などの患者には逆効果になってしまう事があり注意が必要です。

 

腰痛の種類。前屈か後屈でマッケンジ法は変わる

腰痛治療のためのマッケンジ法は場合によっては逆効果になることがあるため効果があるかどうかを確かめていく事が大切になってきます。

効果があるかどうかを判断する基準としては痛みやシビレが足の先やふくらはぎから体の中心へと症状が移っていく事、痛みの強さが徐々に弱くなっていく事、腰の可動範囲が広がっていく事などがあげられます。

腰の可動範囲が広がると立った状態での前屈や後屈がしやすくなり痛みが軽減されます。

反対にこれらの効果が現れなかったり痛みやシビレがひどくなるようならすぐに運動を中止してください。

マッケンジ法を行う場合は自分の症状を理解したうえで行う事が有効です。

前屈をしたときに痛みをより強く感じる場合はうつ伏せに寝て手を顔の横に置いて腰をゆっくり後ろに反る後屈運動がより有効です。

後屈した時により痛みを強く感じる場合はイスに座り前に足首を持つように前屈する前屈運動がより有効です。

前屈と後屈の痛みが同じくらいの場合は後屈運動の方が効果が高いと言われています。

 

どんな腰痛治療にも向いているのか?

骨盤の骨である仙骨と腸骨の間の関節である仙腸関節が捻挫を起こしてしまう事で急性の腰痛になる事があります。

これを仙腸関節性腰痛と呼び長時間イスに座っていられない、仰向けに寝る事ができないなどの症状が現れます。

坐骨神経痛は腰から足の先までの坐骨神経がいろんな原因で圧迫されたりして痛みやシビレが現れひどい時は歩行が困難になる事もあります。

梨状筋症候群は梨状筋と呼ばれる大腿部を外側に回転させたりする筋肉で坐骨神経がこの梨状筋により圧迫され足の痛みやシビレが現れることです。

これらの症状はマッケンジ法により治療効果があるとされる椎間板ヘルニアや急性の腰痛と症状の現れ方が非常に似ています。

しかし仙腸関節性腰痛や梨状筋症候群などはマッケンジ法の効果があまり出ないといわれ、また坐骨神経痛も原因によっては効果が出ないこともありこれらの症状をよく見極める事が大切です。

エクササイズを3週間ほど行っても効果が出ない場合は他の方法を考えた方が良いでしょう。

 

肩こりや首痛にもマッケンジ法が効く

腰痛治療のためのマッケンジ法は正しい順序で行う事が大切になります。

また自分で行う場合は自己の責任において行う様にしてください。

エクササイズを行う前に骨の変形など痛みの原因が明らかな場合は運動を行わず専門家の指導を仰ぐ様にしてください。

マッケンジ法のやり方には色々とありますがどれもリラックスして行う様にしてください。

急性腰痛の場合はうつ伏せになり痛みが和らぐまで5分ほど安静にしてください。

次に肘を床に着いたまま腰をゆっくりと反っていきます。

ここで痛みが徐々に治まらないで反対に強くなるようなら運動を中止してください。

痛みが弱くなったら腰の反りを腕立て伏せのように伸ばしたり戻したりをゆっくりと行ってください。

これを10回で1セットで始めのうちは3時間おきくらいに行い症状が改善していけば1日4セットほど行う様にします。

これを1か月くらい行えば多くの症状が改善していく事が期待できます。

マッケンジ法は腰だけでなく首や肩の痛みを軽減する方法もあり、ひどい凝りの症状に悩まされている方には是非おすすめの方法です。

 

効果を感じたら毎日続けるべきです

マッケンジ法は多くの腰痛の症状を治療改善する事が報告されています。

マッケンジ法は痛みの変化そのものに注目し痛みを積極的に変化させることで痛みを根本的に解消することを目指します。

この方法のメリットとしては必要な刺激を自分で与える事ができるため自分で痛みの強さを意識しながら症状の改善を図る事ができます。

また簡単に覚えられる方法なのですぐに行え効果が現れるのが早いことも特徴です。

マッケンジ法は職場や学校でも簡単に行えるので個人に合わせたプログラムを組むことも容易にできます。

エクササイズは毎日少しずつ症状の改善を意識しながら行う事が大切で何よりも続ける事が重要です。

現代人の生活にとって腰痛や肩の凝りや首の凝りはなかなか避ける事はできません。

そこで痛みがひどくなってから直すのでは無く、毎日少しずつ痛みを直していき関節の可動域を広げていくマッケンジ法を行う事で本来の正しい姿勢を取り戻し自然治癒力を高める事ができます。

 

マッケンジ法は慣れると気持ち良いです

マッケンジ法が合わない方もいますが、ほとんどの腰痛の方にはぜひ一度試してもらいたい方法です。

腰痛治療で色々試したけど良い方法がなく、まだマッケンジ法は試されていないのなら、やってみてください。

即効性は期待せず、痛みの質が変わった感覚があれば、気長に続けてみてくださいね。

 - 腰痛 改善