コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

足つぼマッサージで痛いのは体のどこかが悪いからなの?

      2016/11/30

足つぼマッサージで痛いのは体のどこかが悪いからなの?

足つぼマッサージとは良く聞きますが、実際足裏のつぼを狙っているわけではないようです。足裏は反射区と呼ばれて体の各器官や内臓の状態を現しています。つまり足裏を体に当てはめて痛いところから内臓の状態が見えてくるということです。そこで今回は足つぼマッサージについてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腕を骨折した時、知っておきたい正しい治療とリハビリ!

私たちは、日常生活の中で家事をする時、趣味活動をする時、...

身の回りのものを上手にストレッチの道具として活用しよう!

ストレッチを始めようとする時に悩むのが、道具の問題でしょ...

60代シニア層に健康上の悩みを克服する方法を学ぶ

人の一生は、20歳と60歳が重要な節目だと思われます。 ...

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

スポンサーリンク


足つぼマッサージは痛ければ痛いほど効果があるの?

足つぼマッサージは、古くからヨーロッパ、中国、日本といろいろなところへ伝承されていき変化をしていった経緯から、その技法や呼び方などによって大きく4つの種類があります。

まずは、イギリス式で、リフレクソロジーと呼ばれます。

イギリス式は、癒し効果に重点を置いています。

そのため、技法は痛みをなるべく伴わないようなものとし、アロマであったりヒーリングを用いてゆったりとした環境で行われます。

また、一つのツボを刺激するというよりも足裏全体をマッサージしていくので、痛いのが嫌な人やなによりも癒しを求めたいにピッタリな技法といえます。

2つ目はドイツ式で、フットケアと呼ばれます。

ドイツ式は足の美容のための技法です。

足の角質ケアや爪の手入れといったように足の美容のためのマッサージです。

3つ目は、台湾式です。

台湾式は直接ツボに強い刺激を洗えます。

そのため、痛みを伴うことがほとんどですが、施術後に違いが分かりやすいことも多いです。

胃痛や頭痛、足のむくみといったようにここをすぐに治してほしい、痛みを和らげたいと思う際に効果的な技法といえます。

最後は、日本式でこれは台湾式とイギリス式の混合といった技法です。

リラクゼーションを用いながらもツボに直接刺激を与えることで双方の利点を用いようとしている技法です。

 

足つぼマッサージの歴史

足つぼマッサージの歴史はずっと古く今よりも5000年前にはじまったとされています。

記録として残されているのは紀元前2330年ころの古墳壁画でエジプトにあります。

この画は古代人が手足のツボを押すという行為があったことを示しています。

記録として残されているものは日本にもあります。

奈良県の薬師寺の仏足跡がそれで、仏の足には五臓六腑の文様をみることができます。

歴史のある中国医学の原点である黄帝内経でも病気を知る方法として足裏の状態をみる治療法の記述があります。

昔の人は痛いところと関係する症状を一つ一つ調べたのでしょうね。

その後その治療法は、中国の名医である華佗が受け継ぎ、日本には唐の時代に伝承され足心道となった経緯があります。

この足裏の状況をみる治療法は、日本のみならず西洋にもわたり、ヨーロッパでは1580年代に産婦人科の治療として使用されていました。

古くからの人々が経験を通じて感じ、それを次世代へ伝えていくことで積み上げてきた治療法が、現代では現代医学と結びつきリフレソロジーとなりました。

 

足裏と体はつながっている?

足の裏は、体全体の鏡といえます。

足、とりわけ足の裏には多くのツボがあります。

痛いところが体の部位の悪いところを表すようです。

親指が体の頭を表していて親指の付け根は首を示しています。

そしてツボは、親指(頭)からかかと(足)に向かって順番に気管支、肺があり、胃そして腸、さらには膀胱といったように内臓や器官に効くツボがあります。

興味深いのは、足の裏のツボは、多くがその臓器がある同じ側にあることです。

例えば、心臓は1つしか存在しなく、かつ左寄りについているので、同じように心臓のツボは左足に一か所のみです。

肺は左右に存在するので同じように足のツボも左右に存在します。

例外として、注意が必要なのは耳と目で、これらは非対称となり左耳は右足に、右耳は左足に、左目は右足に、右目は左足となります。

耳や目などは悪いほうをかばおうとしてもう一方に負担が大きくかかってしまう場合もあるので、念のため両足の裏のツボを足つぼマッサージで押すとより効果的であるといえます。

 

痛い足つぼマッサージは自分でも出来る

足つぼマッサージの進め方や準備。

まず、拳を握ります。

このとき親指は中に入れるようにしましょう。

そして、外側の4本の第二関節で押し当てて押していきます。

足先から始まりかかとへと向かってを往復します。(10往復ほど)

次に足の裏の外側から中央に向かって少しずつ押し進めていき中央に来たらやや強めに抑え10秒ほど押さえます。(10回)

ひとさし指を鍵の形にし、足の裏中央からかかとの内側に向かって押しながらスライドさせる。

さらに内側と外側のくるぶしの周りを下から上へと引き上げます(10セット)

不調を感じる場所のツボを押します。

指もしくはツボ押し棒で押してみてください。

もし不調の原因が不明な場合は、自分が痛みを感じるツボを探してみましょう。

例えば、土踏まずが痛い場合は消化器官である胃や腸が悪い可能性があります。

痛いと感じるツボ、もしくは硬さのある場合、ゆっくりともみほぐしてみましょう。

ぐりぐりとするだけでなく、ぐっと押してみたりと決してむやみに力を入れるのではなく徐々にもみほぐすイメージで行いましょう。

 

痛い足つぼマッサージをやる上での注意点

足つぼマッサージを効果的に行うためには次のことに注意が必要です。

消化不良を防ぐために食後すぐのマッサージは厳禁です。

人は食物を摂取するとその血流は消化器官である胃や腸に注がれます。

その状態の時に、マッサージでその血流を阻害してしまうと消化器官の働きが鈍くなってしまい、結果として消化不良や胃痛といった症状を引き起こしてしまう可能性があります。

妊娠中の方や生理中には行わないでください。

生理中に子宮に関するツボを刺激することで出血量が増えてしまい貧血を起こす場合がありますので、生理中は控えるようにしましょう。

また、妊娠中に子宮のツボを刺激することで妊娠継続が困難になる場合もあります。

難産の際にお産を促すツボも存在するので間違って押してしまわないよう妊娠中は控えることが大切です。

一日の施術時間は15分程度で十分です。やりすぎないように注意しましょう。

また、痛いこっているツボを無理やりほぐすのではなく、ある程度の期間をかけて徐々にほぐしていくという考えのもとマッサージをしましょう。

水分不足では老廃物の排出が不十分になる恐れがありますので、水分補給をしてからマッサージをするようにしましょう。

 

足つぼグッズを使えば効果的

足つぼマッサージをより身近に簡単に行うための方法として2つの道具があります。

まず一つ目は、マッサージ棒です。

足つぼマッサージは指で行うのはもちろんですが、専用の棒を使って行うこともできます。

棒での利点は指に負担をかけずによりツボの刺激を与えることができるところにあります。

今まで、指でツボを探していたけれどわかりにくかった人などは、指よりも細いツボ専用棒で押すことでツボの位置を確認しやすくなったり、小さな力で大きな刺激を与えられるのでより効果を得られることができます。

二つ目は、足つぼマッサージマットです。

足つぼマットは、短時間で広範囲にわたる複数のツボを刺激するのに有効です。

一つ一つのツボをほぐしていこうと思うと、たくさんの時間がかかってしまいます。

足裏マッサージは1回限りということでなく、継続して行うことが最も重要です。

そのため、忙しい毎日の中にも足裏マッサージを取り入れたいと考えたときに、とても痛いけれども足裏マッサージマットは効果的であるといえます。

 

足裏が柔らかいと不調がなくなります

必ずと言ってよいほど、不調を抱えている方は足裏を刺激すると痛がります。

ですから、体の調子と足裏の状態が繋がっているというのも凄くよく分かります。

そう考えると逆に普段から足裏を柔らかくするようにマッサージやツボ押しを繰り返してみましょう。

理由は分からなくても、調子が上がってくるはずです。

あのイチロー選手も足裏マッサージは小さい頃から欠かさないことで有名ですからね。

 - 手足 症状