コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

足首を細くするのは簡単!気軽にマッサージやストレッチ!

      2016/11/15

足首を細くするのは簡単!気軽にマッサージやストレッチ!

細くてキレイな足首はあこがれますね。でも生まれつき太いからどうやっても無理と、最初から諦めている方はいませんか?実際、生まれつきのものなんて、たかが知れてます。毎日簡単にできる方法を知ったら考え方も変わるのでは?そこで今回は足首を細くするお手軽な方法をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

klb0000807-1.jpg
胚盤胞移植について!胚盤胞のグレードが低いと妊娠確率は?

近年、人工授精の需要は高まり、胚盤胞移植が人工授精の主流にな...

klb0000806-1.jpg
不安で仕方ない!顔が病気で変形することあるの?対処法は?

加齢に伴い、顔の歪みやたるみが気になる方は多いのではないでし...

klb0000805-1.jpg
親として水泳メニューを、女子小中学生向けに組み立てたい!

水泳を熱心に取り組む女子小中学生のお子さんを持つご両親はいら...

klb0000804-1.jpg
159cmの体重は平均でどのくらい?155cmの方の平均体重も!

女性で159cmの方って、割と多いですよね。 男性でも...

klb0000803-1.jpg
注意!過食嘔吐になるとどうなる?チューブ吐きの方法とは?

過食嘔吐という言葉を聞いたことがありますか? 摂食障害の一...

klb0000802-1.jpg
右目と左目で色が違う「オッドアイ」。原因や治療法について

右目と左目で瞳の色が違うことを「オッドアイ」と言います。 ...

klb0000801-1.jpg
胸部レントゲンはブラトップでもいいの?オススメの服装は?

女性の方で、検診の際、服装に悩む方は多いのではないでしょうか...

klb0000800-1.jpg
肺のレントゲン結果で異常発見!何科を受診すればいいの!?

会社などで働いているという人は、年に1回は健康診断を受けるよ...

klb0000799-1.jpg
不安!側弯症の手術の後遺症で神経麻痺することもあるの!?

側弯症とは、筋肉の拘縮により脊椎の並びがカーブしている、また...

klb0000798-1.jpg
168cmの平均体重は?女性にオススメ!痩せ体質を作る方法!

身長168cmの女性や男性で、ダイエットを考えている方、いら...

klb0000797-1.jpg
頚椎ヘルニアの症状はどんなもの? 首の音が鳴るのは大丈夫?

ヘルニアと聞くと腰に痛みが出るイメージですよね。 しか...

klb0000796-1.jpg
膠原病の血液検査結果がでるまでに必要な時間はどのくらい?

この頃、ずっと熱っぽくて体調が悪いし、あちこち関節も痛む・・...

klb0000795-1.jpg
耳鼻科のレントゲン検査でわかる子供に多い蓄膿症について!

耳鼻科っていつ行っても混雑していませんか!? とくに、...

klb0000794-1.jpg
水泳で筋肉を鍛えてイケメンになりたい!その方法とは?!

水泳は誰でも効率よく筋肉トレーニングができる万能スポーツとい...

klb0000793-1.jpg
膠原病の治療でステロイド!ムーンフェイスになるのはなぜ?

あなたは『ムーンフェイス』という言葉を聞いたことがありますか...

klb0000791-1.jpg
眼鏡をかけていて、鼻に違和感を覚えることはありませんか?

いつもかけているその眼鏡、あなたに合っていますか? 眼鏡を...

klb0000790-1.jpg
整形以外でも整体の頭蓋骨矯正で鼻を小さくすることは可能?

誰にでもコンプレックスはありますよね? 目の次に、顔の...

klb0000789-1.jpg
バレーボール・女子中学生への教え方。学年ごとで教える内容

自身のバレーボールを20年近くやりつつ、小・中・高のコーチを...

klb0000788-1.jpg
身長168cmの体重の標準は何kg?男女の体重を見てみよう!

身長168cmというと男性にもいますし、女性にもいます。 ...

スポンサーリンク


足首を細くするにはリンパマッサージ

まずはじめに、足首を細くするための足の指のマッサージの仕方のご紹介します。

 

足指マッサージ

足の指と指の間をマッサージしていくのですが、親指の腹で指の間を付け根から甲へと押し上げていくように気持ちが良い程度にマッサージしてあげます。

骨と骨との間に指を入れていくといった感じです。

小指と薬指の間を左右の親指で交互に押したら次は薬指と中指の間をというように順番に押して左右の足をマッサージしてあげます。

足の指先を刺激してあげることで血液の循環が良くなって足先が次第にぽかぽかしてくるのを感じる事が出来ます。

 

次にくるぶしのマッサージの仕方の紹介です。

 

くるぶしマッサージ

まずは内くるぶしの周りを下から親指の腹で円を描いて行きます。

左足は時計回りに、右足は半時計周りへと数回マッサージします。

同様に外くるぶしの周りも円を描くようにマッサージします。

くるぶしの周りはリンパが滞りがちです。

刺激をしてあげることでリンパの流れを良くすることで代謝も高まってきて足の疲れなどを解消してくれます。

 

足首を細くするツボ押しマッサージ

足の裏にはたくさんのツボがあります。

足首を細くするためにツボをマッサージしながら刺激してみましょう。

その中でも一番大切なのが湧泉(ゆうせん)です。

足裏のちょうど中心にあり少しくぼんでいるところにありこれが湧泉というツボなのですが、肝臓や腎臓の機能を良くしてくれる以外に老廃物の排出をも促すとても重要なツボでもあります。

温めながら押すことで効果も倍増するためにお風呂の中や湯上りに押してあげると効果的です。

ふくらはぎにはいくつかのツボが並んでいます。

膝の裏のちょうど中心にあるのが委中(いちゅう)、ふくらはぎの中心より少し上にあるのが承筋(しょうきん)、その少し下にあるのが承間(しょうかん)、承間のすぐ下にあり足首からふくらはぎにかかる所にあるのが承山(しょうざん)です。

この4つのツボはむくみに効果的なツボです。

下から順に上へと揉み解してあげることで疲れやむくみの解消になります。

特に承山のツボは痔や便秘などにも効果があるツボとされています。

便秘気味の方は日ごろからこのツボをマッサージして揉み解してあげるといいかもしれません。

 

足首を細くする簡単ストレッチ

踏み台昇降という運動をご存知でしょうか?

階段などのちょっとした段差を使った運動です。

つま先立ちになって階段を一段上がり、かかとを床に付けないようにして今度は一段下りるというかかとの上下運動です。

段差がない場合はその場で行っても十分にストレッチ効果があります。

また普段何もしない足首は意外と凝り固まっていたりします。

太ももの上に足を載せて、足首をしっかりとつかんでゆっくりと大きく回してあげて下さい。

足首を細くしたい方にはおすすめのストレッチでもあります。

仕事などでハイヒールなどを履いているとアキレス腱が固くなってしまっています。

硬くなることで血行が悪くなり冷えの原因にもなってしまいます。

ストレッチやマッサージなどでアキレス腱を伸ばしてやわらかくしてあげるようにすることも大切です。

日ごろ運動不足の人は足首を回したりアキレス腱を伸ばしてあげたりかかとの上げ下げ運動なんかを取り入れてあげることでけがの防止にもつながってくれます。

 

太ももを細くすれば足首も細くなる!

・太もものストレッチ

かかとを付けてハの字に立ち背筋をしっかりと伸ばします。

ゆっくりと息を吸いながらヒザを曲げていき、今度は息を吐きながら膝を伸ばしていきます。

背筋に意識を集中してお尻が付き出さないように気を付けて数回繰り返します。

 

・外転筋のストレッチ

床に横向きになった状態で片方の手は頭を支えもう片方の手は床について体を支えます。

下になった足はヒザを軽く曲げて上になった足はまっすぐに伸ばします。

上になった足を息を吐きながら腰の高さまで上げたり下げたりを繰り返します。

内転筋や外転筋を鍛えることで股関節の強化につながります。

 

・太もも前面ストレッチ

足は肩幅くらいに広げて両手を壁に付いて立ちます。

片足は後ろへと曲げもう一方の足でつま先立ちをし10秒ほどそのままの状態をキープします。

太ももは何かと鍛えにくい場所でもあります。

意識して太ももを鍛えてあげることで落としにくい太ももシェイプアップにつながります。

これが結果的に足首を細くすることにもつながっていくのです。

マッサージと併せて実践してください。

 

生活習慣を見直せば細くなってくる!

むくみ改善

むくみの改善にカリウムはとても重要な栄養素でもあります。

カリウムはミネラルの1つで体内に溜まってしまった余分な水分や塩分を排出してくれる働きがあります。

すいか、キュウリ、パセリ、ほうれんそう、モロヘイヤなどの野菜や果物に多く含まれています。

毎日の食事ではなかなかたくさんの野菜を摂ることは難しいのですが、朝食などでスムージにしてあげることでたくさんの野菜や果物を摂ることができます。

 

冷え性の改善

体が冷えると血液の循環が悪くなるために老廃物の排出が滞りがちになってしまい体や足がむくむという事も多くあります。

そのためにも冷えを解消してあげることがとても大切です。

夏場はエアコンや冷たいものの摂り過ぎで何かと体が冷えてしまいがちです。

冷たいものは胃や腸を冷やしてしまいます。

温かいものを食べるようにしたりシャワーだけで済ませずにゆっくりと湯船に浸かるなどして体を温めるようにすることが大切です。

上がった後のストレッチやマッサージは効果倍増です。

 

足首はむくみやすく、冷えやすいので要注意です。

細くしたいのであれば、上記2つは必ず守りましょう。

履物や歩き方も気を遣おう

靴の裏を見てみるとかかとばかりがすり減っていませんか?

これはサイズの合っていない靴を履いていたり、かかとをズルズルと引きずって歩いている証拠です。

きれいに歩くことが出来ていないと靴の裏がすり減ってしまうばかりでなく、足がむくんだり疲れやすくなってしまったり、はたまた足が太くなってしまう原因にもなってしまいます。

きれいに歩くにはかかとから地面へと着地してゆき、つま先を蹴り上げるようにして地面から離れていくといった具合に足首を使って足全体で歩く事が大切なのです。

仕事やプライベートでハイヒールをいつも履いているという人は足首を上手に使って足全体で歩くことができないためにいつもつま先に力を入れで歩いているのです。

そのために足が異常に疲れやすくなったり足がむくんだり太くなってしまうのです。

おしゃれにハイヒールは欠かせないのですが、できれば休日にはなるべくハイヒールを履かないようにして足を休めてあげることも大切です。

そうしないと足首は細くなりません。

疲れた足はそのままにせず、マッサージやストレッチでほぐしてくださいね。

 

足首は簡単に細くできます

足首が太くなるのはむくみのせいだけです。

むくみさえ解消できたら、本来のアキレス腱が浮かび上がるものなのです。

そのむくみを解消するためにマッサージやストレッチ、エクササイズといったことで循環を促す必要があるのです。

一日中行う必要はありません。

一日一回から始めて、段々と増やしていき、最終的には朝昼晩と3回くらい当たり前に出来るようになると、足首は勝手に細くなってきますよ。

 - 筋トレ ストレッチ