コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

アキレス腱の痛み。伸ばすと痛い場合、どうしたらいいの?

      2016/11/09

アキレス腱の痛み。伸ばすと痛い場合、どうしたらいいの?

アキレス腱の痛みを抑えるために、良くあるアキレス腱を伸ばすストレッチをする方は多いのはないでしょうか?しかし伸ばした結果さらに痛めてしまうこともありますので注意してください。アキレス腱を痛めると歩くことさえ困難になることさえあります。痛む動作や痛む場所によって原因が違う可能性があります。今回はアキレス腱の痛みの原因と改善策をまとめたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【女性必見】肥満や痩身なのかが分かる体脂肪率の計算方法

女性のみなさん、自分の体重が軽いからといって、自分は痩せ...

タンパク質・炭水化物・糖質は3大栄養素!それぞれの違いは

普段、何気なく食べている食事の中でも、私達の体や脳に必要...

イカを食べてタンパク質を補給、筋トレには食事が大切

ササミ・イカ・納豆など高タンパク質の食品は、よく筋トレする...

アミノ酸20種類を覚えたい方必見!アミノ酸20種類の覚え方

アミノ酸が、全部で20種類もあるのをご存じですか? それ...

アスリート選手が実際に摂っている食事内容をブログから調査

アスリート選手を目指している人、アスリート選手に憧れてい...

赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

スポンサーリンク


通常は伸ばすことでアキレス腱の痛みは解消されやすい

下半身などの足の疲れ、痛みの原因の一つに挙げられるのが、アキレス腱が硬くなっていることが考えられます。

むくみや冷え性、外反母趾やO脚などの足のトラブルにもアキレス腱の硬さが関係していると思われます。

これらを改善する為に、アキレス腱を柔らかくするストレッチを行うことが非常に大切なことです。

伸ばすストレッチが効果的ですが、具体的にどのようなメリットが挙げられるでしょうか。

第一に、ふくらはぎをほぐす効果が高いことが挙げられます。

第二にむくみの解消、第三は冷え性の改善です。

第四が下半身ダイエットにも効果的であることと、第五が足首が柔軟となりケガ予防につながるということです。

そして姿勢、O脚X脚の矯正、最後は第二の心臓と呼ばれる足先の血流の改善です。

根本的な解決を望むのであれば、ふくらはぎの筋肉そのものを刺激してあげることが重要となります。

マッサージは効果的ではありますが、効果は一時的なものでしかありません。

効果を発揮するのはアキレス腱を伸ばすストレッチです。

 

アキレス腱の痛みに伸ばすことは逆効果になることも!

最近のストレッチの主流はじんわりと伸ばし続ける静的ストレッチから伸ばしたり縮めたりする動的ストレッチになりつつあります。

昔の体育の授業などでやったアキレス腱伸ばしのような運動直前の静的ストレッチは体に向いていないと考えられています。

なぜかというと、筋肉が伸ばされたままでは縮む力がなくなって、力が出なくなるからです。

ウォームアップには体が温まり伸び縮みの感覚を高める動的ストレッチが適しており、おすすめします。

運動前の準備運動の流れで静的ストレッチを行った後に動的ストレッチを行うことで体がスムーズに動くようになります。

ストレッチの際、やわらかくしたい気持ちが強くなり、すごく痛みを我慢してストレッチで伸ばす人をまれに見かけます。

ただ痛いだけのストレッチは体を痛めてしまうことになり良くありません。

呼吸をしながらゆっくりと伸ばすことを意識することがとても重要です。

反動をつけると負担が大きくなりすぎることがあり、ケガにつながる恐れがあるので控えた方が良いです。

また、左右で感覚が異なる場合に、つらい方を中心的に我慢して多く行うことは良くありません。

きついことを体に強いることはむしろ緊張してしまい、ストレッチの良さが表れないことがあります。

 

間違って伸ばすと痛みはさらに強くなります

アキレス腱を痛めたときに多くの人がやっていたことが「伸ばすこと」ではないでしょうか。

アキレス腱を痛めた時に行ってはいけないことが「ストレッチ」です。

最初に述べたことと真逆のことを言っているように感じるでしょう。

少しの上下運動で伸ばしたりするくらいであればそれほど問題ありませんが、伸ばすことを必要以上に行うことは状態を悪化させてしまいます。

アキレス腱が熱を持ち炎症しているような場合に痛みや違和感があるのであれば伸ばしてしまうようなことを控えるようにし、アキレス腱炎がこれ以上悪くならないように注意するべきです。

心当たりのある人はすぐに止めることを勧めます。

痛みが出てくると患部が気になってしまい触れてしまう人も多いと思います。

また、伸ばすことが痛みの軽減につながると思い込んでいる人も少なくありません。しかし傷ついた患部を押したり揉んだり、または強いマッサージなどを行うことは状態を悪化させてしまうだけです。

マッサージが好きな方は注意が必要です。

炎症を起こしてしまっている患部にはできるだけ触れないようにすることが大切で、間違った治療方法を行わないことを意識することです。

 

アキレス腱を痛めたらどこで診てもらう?

アキレス腱炎になった場合に受診する病院は、まずは整形外科に行くことです。

体を動かす部分を診てもらうことのスペシャリストが整形外科です。

筋肉や関節、腱などを専門にしています。

経験ある素晴らしい医師のいる病院を受診することで、きちんとした安心の治療を行ってくれます。

逆に経験が足りないような医師の場合、適当な治療を受けてしまう可能性があり、注意しなければなりません。

治療とは言えないような行為を受けることもあります。

例えば湿布を処方するだけであったり、レントゲンを撮影するだけだったり伸ばすことを進めてくることもあります。

痛みに真剣ではない医師も少なからず存在しています。

大きなケガは治療してくれますが、アキレス腱炎などの小さなケガに対してはきちんと治療をしてくれないことがあります。

医師が日々忙しいことには理解できますが、適当な治療を行うことは許しがたいですし、そのような整形外科には十分に注意する必要があります。

もし自分自身で納得がいかなければ、違う整形外科にかかるという選択をするのも、決して間違いではありません。

信頼のおける医療機関を受診して、しっかりと回復させることをお勧めします。

 

アキレス腱を痛めない予防法はある?

運動の前に必ず足首のストレッチを行うことで、アキレス腱の断裂を予防することにつながります。

ゆっくりと足首を回し、足を前後に開き、後ろに引いた足の膝裏を伸ばした状態でアキレス腱を伸ばすこと。

また、そのまま足の膝を少し曲げた状態でアキレス腱に負荷をかけ伸ばし、それを左右両方行います。

急なダッシュや強いジャンプはできるだけ避けるようにし、特に急な坂などを上り下りするとアキレス腱に普段以上の負荷がかかるため注意が必要です。

中高年の方はアキレス腱の老化による変性を遅らせる為にも、運動前のストレッチだけではなく日々軽い運動などを行うことが重要となります。

中高年の場合、運動不足によりふくらはぎの筋肉が柔軟性を失い、アキレス腱に負担がかかるようになってきます。

簡単な屈伸運動などをすることで、ふくらはぎの筋肉からアキレス腱にかけての柔軟性を高めることができて効果的です。

また運動時の靴選びにも注意が必要です。

足に合っていない靴を履いているとアキレス腱に余分な負荷がかかってしまい痛みがでてしまいます。

日頃から履いている靴のかかと部分の擦り減り具合などを確認し、靴屋さんに相談するなどして足の負担を軽減するように工夫することがケガの予防につながります。

また、冷えも大敵です。

体は冷えると筋肉が硬く引き締まり熱を閉じ込めようとします。

そのままウォームアップもままならず、運動を始めてしまうと怪我につながる可能性があります。

寒い日は足先から足首を温めてから運動をするようにしましょう。

 

アキレス腱を埋もれさせないように

アキレス腱の痛みにストレッチで伸ばすというのは、対処法のひとつですね。

痛みが出てしまうという根本原因を改善すれば、痛みが出ることはなくなってくるはずです。

痛みやすい方の特徴はアキレス腱が埋もれていること。

しっかりと予防法を続けてアキレス腱を浮かび上がらせるようにしていくことをオススメ致します。

 - 手足 症状