コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

相手が喜ぶリラックスできる簡単マッサージ方法教えます!

      2016/12/21

相手が喜ぶリラックスできる簡単マッサージ方法教えます!

家族やパートナーにマッサージをしてあげてリラックスしてもらえたら、やりがいを感じますよね。リラックスしてもらうためには正しい方法を覚えなければなりません。だからといって難しく考える必要もないのです。それでは今回は簡単マッサージ方法を紹介するので、是非とも関係を深めるためにも試してみてくださいね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腕を骨折した時、知っておきたい正しい治療とリハビリ!

私たちは、日常生活の中で家事をする時、趣味活動をする時、...

身の回りのものを上手にストレッチの道具として活用しよう!

ストレッチを始めようとする時に悩むのが、道具の問題でしょ...

60代シニア層に健康上の悩みを克服する方法を学ぶ

人の一生は、20歳と60歳が重要な節目だと思われます。 ...

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

スポンサーリンク


マッサージの前にリラックスできる環境つくり

リラックス効果を高めるために、マッサージなどに合わせて、五感を意識した癒しの環境を整えることも大切です。

指圧やマッサージの施術によってこりやむくみの症状が緩和されることは、触覚に訴える方法だといえます。

また、視覚を意識して、間接照明を施したり、落ち着いたカラーで統一されたインテリアなどによって寛げる空間を作り出すようにします。

ヒーリング効果のある音楽や、お気に入りの楽曲をBGMとして流しながら過ごすだけでも、気持ちがリフレッシュするはずです。

周りの雑音などが気にならない程度の静かな音楽に包まれて施術を受けることは、聴覚を利用した方法です。

アロマオイルやハーブティーの香りで落ち着いた気分になれるのは嗅覚、施術後に飲む一杯のお水やお茶を美味しく感じるのは味覚へ訴える方法です。

このようにマッサージをする部屋では、五感を使ってリラックスしてもらえるように工夫をすると良いです。

五感それぞれの相乗効果によって、心身共にリフレッシュしていただけるはずです。

 

リラックスできるマッサージ方法【用意するもの】

マッサージの中でも最近注目されているのが、リンパの流れを意識した方法がリンパマッサージです。

ご自分でリンパマッサージに挑戦される際に、まず揃えていただきたいものをご紹介してみましょう。

マッサージとはいっても、圧迫するための指圧棒のような特殊なアイテムは使いません。

ご自分の指や手のひらを使って、その感覚を大切にマッサージをします。

マッサージの効果をあげるために、マッサージオイルやクリームなどがあればよいかもしれません。

アロマオイルなどを使って、ご自分の好きな香りに包まれながらマッサージをすると、気分的にもリラックスできてさらに効果が期待できます。

マッサージオイルは、ご自分の好みで調合することができます。

精油と希釈用オイルを混ぜ、濃度1%以下に調整するようにします。

100%天然成分のマッサージ用オイルを使用することと、乳幼児には刺激が強すぎるため希釈用オイルのみ使うことなどに、注意しましょう。

ホホバオイルやスイートアーモンドなどが人気です。

 

リラックスできるマッサージ方法【脚】

足のリンパマッサージの方法をご説明しましょう。

 

足のリンパマッサージ方法

まず、足をお湯で温めます。

お風呂上りにリラックスしてマッサージするのがやりやすいかもしれませんね。

クリームを足全体に塗り、つま先から踵へむけてリンパを流すように意識しながらマッサージします。

次に、足の裏の真ん中にあるくぼみを強く押した後は、ふくらはぎのマッサージへと進めます。

くるぶしの下のくぼんだ部分を押しながら、ふくらはぎへ押し上げるようにリンパを流します。

続いて、すねの骨に沿って下から上へ向けて、そして、ふくらはぎから股関節へと流していきます。

膝の下にあるくぼみをぐりぐりと刺激して、膝こぞうを優しく整えるようにマッサージしてあげましょう。

太ももの両側を両手のひらではさんで圧迫しながら、太ももの裏にむけてリンパを流します。

足首から太ももまで手のひらを使って、円を描くようにマッサージしたら、最後に足全体のストレッチをすることもお忘れなく。

この方法で、むくみも取れてすっきりした足が取りもどせるはずです。

 

リラックスできるマッサージ方法【背中】

大きな筋肉のある背中の部分は、手や指を使ったマッサージだけではほぐれにくい場所でもあります。

そんな腰背部は、ストレッチをしながらマッサージをするとより効果が実感できるはずです。

 

腰背部のマッサージ方法

うつぶせでリラックスしてもらった相手の背中、上半身全体の筋肉をほぐすイメージで行います。

肘から肩、背中、さらに腰へと、手でさするように優しく押していきましょう。

血行がよくなって、筋肉の緊張がゆるんでいきます。

次に、肩甲骨の下から太ももの付け根辺りまで、手のひらで垂直に押すようにします。

体型や年齢によって気持ちいいと感じる強さが違いますので、相手に確認しながら少しづつ調整していきましょう。

押し終えたら、今度は背中の筋肉を斜めに伸ばします。

片手を肩甲骨の下の膨らんだ部分に、もう一方の手を反対の腰骨の付近に置き、背中の筋肉を斜めに引っ張るようにします。

左右を代えて、反対の方向にも伸ばします。

最後に、背骨の上を押さないように注意しながら、背骨の両側のツボを親指を使って腰から上に向けて強めに刺激していきます。

また、マッサージをするときは、オイルやクリームを自分の手につけて、少し温めてから行うと、相手の皮膚に負担がかからず効果的です。

 

ツボを刺激すると効果倍増!

身体の不調を感じたときに、それぞれの症状に関係するツボを刺激する方法を知っているとマッサージの効果が上がります。

たとえば、腰痛のツボとして代表的なものが「志室」です。

腰の部分、おへその真裏、背骨の第二腰椎と第三腰椎の間から指四本外側あたりを押すと痛いと感じる場所がそれです。

腰痛やぎっくり腰だけでなく、胃弱や記憶力の低下のツボでもあり、両手の親指をあててぐりぐり回すように刺激すると効果が感じられます。

肩こりのツボは「膏盲」といい、肩甲骨の内側にあります。

肩甲骨の上と下のちょうど真ん中辺りの際になるので、誰かに親指で押してもらうとこりがほぐれるのがわかります。

ボールなどを床に置いて、ツボにあたるようにリラックスsて仰向けになる方法なら、自分でもツボを刺激することができますのでオススメです。

胃腸のツボは、胃のちょうど真裏にある「肝兪」と、背骨の上にある「脾兪」です。

それぞれ、乗り物酔い、二日酔い、食欲不振、消化不良など、いろいろな効能が期待できる場所です。

両手の親指を背中のツボにあてて、回すように刺激します。

 

相手の体調を考慮して

リラックスしたくてマッサージを受けた後に、かえって症状が悪化した経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

施術者の技術の熟練度や方法、相性の問題…という場合もあるかもしれません。
しかし、せっかく心身のリラックスのためにマッサージを受けたのに嫌な思いをしないために、マッサージを受ける側の注意点をもう一度確認しておくことも大切です。

食後すぐには、施術を受けないようにします。

胃が活発に活動している時に、全身の血行を促進すると、消化不良や、貧血の原因になります。

また、ひどいコリを感じているときは神経が痛みを感じにくくなり、その場の心地よさのみを求めて強く強くと要求してしまうことがあります。

それが、マッサージ直後の筋肉の緊張を誘発して、さらに強いこりや痛みにつながる、いわゆる「もみかえし」の症状を起こすのです。

このように、マッサージを受ける時は、相手の体調にも充分注意を払って、快適な施術効果を得られるようにしましょう。

 

リラックスはあらゆる方法を駆使して

マッサージの方法がどれだけ上手でも音がうるさい、臭いなどその環境がリラックス出来なくすることもあるということだけは覚えておいてください。

逆を言えば、環境が整っていると、ただ軽くさすられるだけでも体が緩んでいくようになるのです。

ぜひパートナーにマッサージをするときにこの記事の内容を実践してもらいたいと思います。

 - マッサージ 整体