コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

恥骨が痛い症状は男性でも起こります。原因と対処法まとめ。

      2016/09/07

恥骨が痛い症状は男性でも起こります。原因と対処法まとめ。

恥骨が痛いと悩むのは女性がほとんどですが、まれに男性も痛みを感じることがあります。男性の場合、痛みの原因が女性とは違います。女性のように妊娠出産は出来ませんからね。今回は男性が恥骨を痛める原因と対処法をまとめますので、現在お悩みの方は参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


男性の恥骨が痛い原因は運動?

皆様は恥骨がどこにあるかご存知ですか?

恥骨はおへそから手のひら一個分くらい下で指先で触れる部分にあります。

恥骨は左右一対あり結合しています。

恥骨炎という病名は一般的にはあまりなじみがない言葉ですが、実際にはかなり多くの人がかかっている病気です。

恥骨の前面部分や結合部分の周辺が痛い場合、恥骨炎の可能性があります。

軽度なものではハリのような感覚がももの付け根の部分に出始めます。

恥骨部分を押してみて痛みを感じれば恥骨炎になっているといってほぼ間違いないでしょう。

男性の場合、恥骨炎はスポーツや運動が原因になることが多くサッカー・ラグビー・ラクロスなどよく走る方がなることが一般的です。

激しい動作を継続して行うことによって脚が前後左右に強い負荷と共に動かされ、恥骨部分に大きな負担がかかるのです。

また姿勢が悪いと骨盤が徐々に開いていき恥骨の結合部分に負担をかけてしまうこともあります。

以外かもしれませんが出産前の妊婦も恥骨炎になりやすく、また一番なりやすいのも妊婦なのです。

出産のために骨盤が広がり産道が出来るので、仕方のないことでもあります。

回復をするために恥骨部分に痛みを感じたら早期発見のために病院にいきましょう。

診断方法は主にレントゲン、MRIでの検査となります。

虫食いのような変化を確認することで原因を特定するのです。

 

男性の恥骨が痛い原因は病気?

男性特有の病気の一つに前立腺炎があります。

これは実に全ての男性の半分近くが経験するといわれているほど男性にとってはポピュラーな症状です。

ただすべての人がこの前立腺炎で悩むというわけではありません。

少し痛いなと思っても、いつも通り過ごしていたら痛みが治まってしまうという場合も多いものです。

前立腺とは膀胱のすぐ手前、陰嚢と肛門の間にある男性特有の器官です。

精液の精製や、排尿、射精時の手助けをする役割を持っており、くるみ大の形をしています。

前立腺は症状の出る部分が恥骨炎とかぶっているケースが多く、この二つを併発しているという方も少なくないそうです。

恥骨の痛みを改善することが前立腺の痛みを軽減することにつながるケースもあるためになんらかの関係性があると考えられていますが、前立腺炎の症状は多岐にわたるため、医学的見地からは結論を出せていません。

恥骨炎はスポーツをしている方に多いため、もし激しい運動をしていないにもかかわらず恥骨に痛みを感じた場合は前立腺炎である可能性が非常に高いです。

また排泄時に痛みを感じたり、残尿管があるといった場合もこれに該当する可能性があります。

もし心当たりがある方は早めに受診されたほうが良いでしょう。

 

恥骨が痛い前立腺炎を詳しく解説

男性特有の恥骨周辺が痛い前立腺炎はかかる年代、症状の範囲とともに非常に広く、簡単に原因を特定できません。

もっとも軽度な前立腺炎様症候群は生活習慣やストレスからくるものとされており、座りっぱなしからくる前立腺のうっ血が主な原因とされています。

お仕事柄、事務職やパソコンワークがメインになっていると前立腺炎になりやすいのです。

例え忙しくても一時間に一回は立ち上がってお尻の負担を軽くしてあげる必要があります。

これは症状は軽度ですが治療に時間がかかり、再発を繰り返すことがよくあります。

治療している間も仕事で負担を掛けてしまうので、再発する確率が上がってしまうのです。

これが細菌が入り込んだとなると話がとたんに複雑になります。

感染経路は尿道から逆行したものが主とされています。

このため、細菌以外でもクラミジアやマイコプラズマといった性病が原因となって発症することも少なくありません。

原因となる細菌は大腸菌やブドウ球菌が主なものとされており、この場合急性細菌性前立腺炎と診断されます。

このケースでは症状の一つである発熱が治まっても会陰部などの下腹部付近に違和感が残ります。

検査をする場合はまず細菌や白血球の有無を調べ、どちらも見つからない場合は生活習慣から来るものとして判断されます。

 

男性特有の恥骨の痛みの対処法はあるの?

恥骨炎の治療は発症から経過した時間によって方法と治療期間が変わります。

発症から半年以内の急性恥骨炎の場合、スポーツなどの激しい運動を禁止して安静に努めてもらいます。

慢性的に痛い場合は2、3ヶ月で完治するでしょう。

それから男性特有の前立腺炎からくる症状の場合は内服薬による治療が主になります。

こちらは薬を飲み続けておよそ1~2ヶ月ほどで完治するでしょう。

ですが前立腺炎は症状が多岐にわたるため、合併症なども起こりやすいので一概には言えませんので、あくまで目安だと思ってください。

治療法ですが、安静にする場合はアイシングや温熱療法がとられます。

基本的には薬などは使用しませんが、場合によってはステロイドの注射、鎮痛剤などを使用する場合もあります。

スポーツ選手の場合はこれと平行してストレッチや水中歩行といったリハビリ活動を行いながら治療を進めていきますが、痛みがなかなか治まらない場合は手術に踏み切る場合もあります。

恥骨結合の固定術、骨片の摘出術、内転筋の血腫除去などが主な手術内容となります。

もっとも前立腺炎が原因と考えられる場合はここまでにはならず、場合によってはマッサージのみでの治療を行うこともあります。

水分を良く取り尿の量を増やすことで患部を洗い流すなど、あまり負担のかからない治療が中心となります。

 

普段の生活から予防することはできるの?

男性特有の前立腺炎や恥骨炎といった症状はスポーツ選手などの激しい運動をしていない人であれば生活習慣を改善することにより、治療することが出来ることがほとんどです。

恥骨の結合部への負担を減らすにはストレッチが高い効果をもたらすとされています。

といっても特別な事をする必要はなく、ラジオ体操のような簡単なもので大丈夫です。

長時間する必要はないので、一日に数回、こまめに行うことで恥骨炎の治療や予防をすることが出来ます。

前立腺炎は原因がはっきりしてませんが、細菌感染でなければ病院に行かなくても改善が可能です。

細菌以外での原因はストレスとうっ血とされているので、デスクワークをされている方は一時間ごとに立ち上がったり歩いたりする、またお風呂にゆっくりつかり血行をよくすることが予防につながります。

ストレスなどもためないように意識的に十分な休養をとるようにしましょう。

とはいえ前立腺炎は慢性化すると治療が難しい病気ですので、もし異常を感じたりしたり痛いと感じた場合は迷わずに病院を受診しましょう。

 

恥骨の痛みは辛いですよ

恥骨周辺が痛い辛さは、なったことのある人にしか分かりません。

なってしまったら早期に医師と相談するしかありませんが、できればならないに越したことはありませんね。

原因は様々ですが、この記事を読んだ方はご自身でできる予防法は必ず実践していってください。

少しでも発症のリスクが減ることを祈りましょう。

 - その他 部位