コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

手首の靭帯を痛めてしまった。手術をするのは大袈裟なの?

      2016/12/21

手首の靭帯を痛めてしまった。手術をするのは大袈裟なの?

身体にある関節という関節には必ず靭帯があります。靭帯は関節が可動域以上に動かないようにする役目があります。転んで手を強く地面について手首を痛めた場合、靭帯が断裂してしまうなんてこともあります。スポーツ選手は靭帯断裂すると再建手術をしますが、必ずしも手術をする必要があるのでしょうか?今回手首の靭帯を痛めた場合、どうなるのか、どう対処するべきか、お話ししたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


TFCC損傷とは

手首の関節にある三角線維軟骨、手関節尺側靭帯、遠位橈尺靭帯などを含む手関節の尺側支持機構の損傷を総称してTFCC損傷といいます。

しばしば手首の捻挫と間違えられてしまう事が少なくないです。

TFCCは尺骨と手根骨の間で緩衝材として手首関節の安定性を保つのに大事な役割を果たしています。

手首の関節の安定性を保っている靭帯、すなわち背側橈尺靭帯、尺側三角靭帯、掌側橈側靭帯、尺側月状骨靭帯、手首の小指側に痛みが表れます。

転んで手首から着地してしまい捻ったので捻挫と感じたものが勘違いで、実は手首のTFCCと呼ばれる靭帯を損傷するケースがしばしばあります。

先述のように手関節の捻挫と間違ってとらえられる事が少なくなく、痛みの状態にも左右されますが、きちんとしたとした鑑別が必要です。

靭帯の状態によっては手術が必要な場合がありますので要注意です。

また完治まで長引くこともしばしばあり、その際にはなかなか痛みが取れず、同じ場所が継続的に痛んだりむずがゆい症状が残ることもあります。

 

手首の靭帯を痛める原因は

それではどうしてTFCC損傷になってしまうのか、原因について書いていきます。

TFCC損傷とはざっくりいうと手首の小指側にある靭帯や軟骨が損傷した状態のことです。

TFCC損傷になる原因は複数あります。

その中で主なものは次の3つです。

それは怪我と使い過ぎと加齢です。

怪我は、例えば転倒して手首から着地してしまった場合などです。

使い過ぎの例は、よくあるパターンとして例を挙げるとスポーツです。

テニスやゴルフといった手を多く使用するスポーツを長年継続した場合、軽い負荷が継続的に手首にかかってしまうことになります。

その結果として靭帯や軟骨が損傷して手首の小指側に痛みが出るという状態になります。

加齢による原因はそのままで、年齢に伴い軟骨が変性してしまったためとされています。

実は手首の小指側が痛くなる原因がもう一つあります。

肘から手首にかけて走行する筋肉があるのですが、この筋肉は手首を小指側に倒す時に動きます。

日常の動作ではドアノブを回したり、テニスでボールを打つなど、またハンドルを回すといった時に作用する筋肉です。

この筋肉が硬直化してしまうとTFCC損傷のような痛みが出てしまいます。

 

手首の靭帯を痛めた場合、基本的に手術はしない

そしてTFCC損傷の治療ですが一旦、固定で治療を試みて、治らなければ投薬や手術を行います。

痛みが発生したときには、まず初めに患部のアイシングをします。

その上で包帯などで手首を支えるようにすることで、TFCCに負担をかけないようにします。

包帯などによる支えで痛みが引かない場合には、ギプスで固定を行うことによって、確実にTFCCへの負荷を減らしていきます。

固定はおおよそ3週間程度行い、その後は、徐々に動きを広げていきます。

ただし、しばらくは手首を使う動作でTFCCに負担がかかるのを軽減するために、テーピングなどの取り外し可能な固定具を使用します。

それらのような治療でも手首に痛みが再発する場合として炎症止めの薬を注射する治療を行います。

注射を数回試してみても痛みが取れずに、スポーツに不可欠な動作や日常動作が不可能な場合には手術を検討する必要かあります。

手術では損傷したTFCCを縫うのは困難なため多くの場合は傷ついてしまったTFCCを取り除く手術を行います。

 

TFCCの手術方法とは

次はTFCC損傷の手術療法を述べていきます。

先述したように3ヶ月経過しても症状の改善がみられない場合には手術の検討を要します。

手術としてはTFCCの部分的な靭帯切除や縫合、再建、そして尺骨突き上げ症候群の場合には尺骨の短縮術を行うことが一般的とされています。

手術後には指や肘、肩のリハビリからスタートし徐々に手首のリハビリも加えていき日常生活に復帰とする流れで行います。

それでは具体的な方法や費用などを紹介していきます。

具体的な手術の方法ですが、これは関節鏡視下手術という方法が多いです。

内視鏡を関節に挿入して映像を目で確認していきつつ行います。

関節の内部を水などで膨らませながら行います。

関節の中は基本的には一切の菌が存在しないので、整った清潔な環境で行う必要がある手術と言われています。

切開して開く必要がなく、正常な組織を傷つけるリスクもほとんどないことから身体への負担が少なく、手術後の回復が早いことがが特徴とされています。

一方で関節鏡視下手術は膝の関節がしばしば行われていますが、肩の関節や股関節、肘の関節、手首の関節、足の関節に関しても幅広く行われています。

 

手術をした場合、大変なリハビリが待っています

そして術後のリハビリですが、先述の通り手術後にはリハビリは必要不可欠です。

固定期間中は患部外である肩や肘そして指の運動療法を行います。

固定が軽くなるにつき手首の運動療法も始めるのがよいとされています。

そしてこのリハビリの開始時期が重要です。

一貫して有効であるとされる方法は現在のところないですが手関節には掌屈や背屈、撓屈や尺屈などの運動があり、前腕の回内・回外という運動でも影響を受ける以上、どのような運動をどのタイミングで始めるかが研究されているようです。

リハビリの開始が遅延すると関節の動きが硬くなるなど滑らかな動きができなくなるといわれています。

またリハビリの開始が早い場合や強度が強すぎると関節が不安定となるため筋力低下などが起こります。

リハビリの目標は日常生活や仕事で支障なく過ごせることでありその目標に到達して完治とされます。

TFCC損傷の治療期間の目安ですが、年齢や生活習慣、損傷の程度、機能回復の求めるレベルが違うため個人間で差が出ます。

しかしあくまで概ねの治療期間としては皮膚で1~2週間、筋肉で3週間程度とされています。

 

手首のアフターケアをしていきましょう

また手首へのケアを意識して行うことである程度TFCC損傷は防ぐことが可能です。

靭帯を痛めて手術になると長期間動かせなくなりますから、頑張りましょう。

発症すると運動制限が長期間にわたるため、そのような事態にならないように発症する前の早めのケアが大切です。

運動中のケアの注意点ですが、まず症状が出る前に手首を休ませることが大切です。

過去2週間で動かした回数までは許容範囲ですがそれ以上は適度なクールダウンが必要となります。

早めに休ませることによって回復力が高まります。

また違和感などの軽い症状が出た場合、即時に運動を中止してアイシングとテーピングを行い、違和感に対してケアすることが大切です。

もしも無理してしまった場合は一気に悪化し治療期間も長引く結果となります。

また損傷した部位を回復するのは栄養成分です。

腱や関節の潤滑油も栄養からできているため栄養成分を補給することも手首へのケアとして大切な要素です。

TFCC損傷を緩和する栄養をとることによってリスクの軽減を図ることができるのです。

 

手首の靭帯を痛めたら手術も視野に入れましょう

手首の靭帯を痛めると、日常生活に支障が出ます。

すると痛みを庇うことでさらなる障害を引き起こしたりする可能性もあります。

手首は私達の生活で欠かさず使っています。

動かさないで生活できますか?

難しいですよね。

そう考えると靭帯を痛めてしまったら、手術をしてでも治すべきだと思いますよね。

リハビリ期間は少し辛いかもしれませんが、その後のことを考えて手術をするかどうかを判断してください。

 - 怪我 故障