コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

腰を強打して歩けないほどの痛み。治療法や改善策のまとめ。

      2016/11/30

腰を強打して歩けないほどの痛み。治療法や改善策のまとめ。

階段を踏み外して腰を強打することは良くあることでしょう。

打ちどころにもよりますが、歩けないほど痛くなることも多々あります。

打撲だけでなく骨折している可能性もありますので、早急に病院で検査をしてください。

そこで今回は早期回復のために腰を強打したときの治療法や改善策をまとめたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腕を骨折した時、知っておきたい正しい治療とリハビリ!

私たちは、日常生活の中で家事をする時、趣味活動をする時、...

身の回りのものを上手にストレッチの道具として活用しよう!

ストレッチを始めようとする時に悩むのが、道具の問題でしょ...

60代シニア層に健康上の悩みを克服する方法を学ぶ

人の一生は、20歳と60歳が重要な節目だと思われます。 ...

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

スポンサーリンク


腰を強打して歩けない場合は救急車を呼んでもOK?

こんな状況はどうでしょうか?

足を滑らせて階段から落ち、腰を強打してしまいました。

家族が病院に電話したところ、大事には至っていないようなのですが吐き気がすごく身動きが取れず歩けない状態です。

トイレに行くのも一苦労といった状態なのですが。どうしたらいいのでしょうか。

ただの打ち身ならそのうち良くなるとも思うのですが、立つどころか這うこともできません。

激痛というほどではないのですが痛みが増しているような気がし、救急車を呼ぶことも考えています。

こういった状況であれば、他人の手を借りても動くのが難しいので救急車を呼ぶべきです。

遠慮するようなことはありません。

あまりこのような状況になったことはないと思いますので迷ってしまいますよね。

実際はタクシーを使って自力で病院へ行かれる方もいるようですが、万が一を考え、我慢などせずに救急車を呼びましょう。

整形外科がいいでしょう。

できるだけ早く原因を特定し治療を受けることで症状の悪化を防ぐことが出来ます。

屋内、屋外に関係なく自分で動けないほどの痛みならばすぐに救急車を呼ぶべきです。

少々痛む程度だとしても病院にいくことをオススメします。

手遅れになってからでは遅いのです。

 

腰を強打して歩けないなら骨折しているかも

ぎっくり腰を経験された方は多いと思いますが、その症状はあなたが思うよりも重いものかもしれません。

実際には骨折まで至っている場合があります。

しかしそれに気づかずに、しばらく安静にしておけば治るだろうと考えてしまい、症状が悪化してしまう場合もあるのです。

お年寄りの場合は骨がもろくなる骨粗しょう症になってしまっている場合が考えられます。

これは高齢の女性に多く見られる症状です。

では若い方は大丈夫かというとそうもいきません。

スポーツや転倒などによって腰を強打してぎっくり腰になってしまったと思っていても、実際には腰椎圧迫骨折や腰椎横突起骨折という症状になっている可能性があります。

これは押したり動いたりすると腰に痛みを感じるのですが、圧迫骨折の場合は神経を痛めてしまう場合もあります。

ひどい時は麻痺やしびれ、歩けないなどの症状が出てしまいます。

痛みが引いてきたからといって安心せずに病院を受診される事をオススメします。

 

歩けないほどでなければ、自分でRICE処置

腰を強打して歩けないほどの打撲をしたときは冷やすというのが一般的な処置です。

ですが応急処置の適切な方法を知ることで回復を早めることが出来ます。

まずは安静にすることが大事です。

打撲した部分は出来るだけ動かさないようにします。

腕なら布等で首から吊り下げ、体重がかからないよう固定します。

足なら松葉杖を使い患部を使用しないようにしましょう。

次に患部から熱をとって痛みを抑えるために冷たいものを当てましょう。

冷却スプレーのような一時的なものよりも袋に氷や水を入れたもののほうがいいでしょう。

患部が腫れたり内出血を起こさないように包帯などを用いて圧迫します。

そして心臓よりも高い位置に患部を置くことでも腫れや内出血を抑えることができます。

ある程度腫れや痛みが引いて鈍痛が残るぐらいになったら今度は患部を温めましょう。

これは、冷やすことによって患部の筋肉が固くなり、回復のために必要な栄養が届きにくくなることを防ぐためです。

こうすることにより早期回復につなげることができます。

これらの処置は、

R=Rest⇒安静

I=Ice⇒冷却

C=Compression⇒圧迫

E=Erevation⇒高挙

この四つの頭文字をまとめて、RICE療法と呼ばれています。

 

腰を強打してからどれくらいで治る?

腰を強打して歩けないほどの打撲でも、およそ1~2週間ほどで治るものであり長期にわたり痛みが続くということはあまりありません。

つまりそれ以上痛みが続くということは重症な場合があり、骨折という可能性も出てきます。

重度の打撲というものは完治するまで2~3ヶ月かかってしまうということもあります。

骨折までしてしまった場合はさらに時間がかかってしまうでしょう。

場合によっては患部に細菌が入り込んでしまっている可能性もあります。

自分ではたいしたことはないと思っていても、実際には重症だったなんてこともあるのです。

これが足や腕ならまだしも、転倒によって腰を打ってしまった場合、そしてそれが重症化してしまった場合を考えると恐ろしいことです。

腰というのは体の基盤となる部分ですから普段の生活に大変支障がでてしまうでしょう。

それらを防ぐためにも痛みが長引くと思ったら病院で診てもらうことをオススメします。

適切な治療を受ければ早期回復につながります。

自己判断で放置しておくことだけはやめておいたほうがいいでしょう。

 

後遺症と予防法

骨折を予防するためには、自身の骨密度を知っておくことも大事です。

骨密度とはカルシウム、マグネシウムといったミネラル含有量を単位体積であらわしたものです。

検査には一般的にX線を使います。

この際に骨粗しょう症など他の症状についても検査することが出来るようです。

骨密度が少ないと骨折をしやすくなる他にも骨癒合不全という椎体の変形、椎体がつぶれることによる圧迫骨折が起こりやすくなります。

これらが起こると歩行障害につながってしまいます。

圧迫骨折の後遺症として脊椎後湾症という症状があります。

これは腰が曲がってしまうもので、軽度ならばたいした問題ではないのですが、重度の後湾症になってしまうと腰に強い痛みを感じるようになり、ひどいときは神経に障害を持ってしまう事もあります。

これらの症状を避けるためは普段の生活が大事です。

食事なら、牛乳やしらす、豆腐といったカルシウムを多く含む食材を使ったものにしましょう。

また塩分やアルコールはカルシウムの排泄を促し、吸収率を低下させるためあまり取らないようにしましょう。

運動は温水プールなどでのウォーキングをオススメします。

水中ならば骨に強い負担をかけずに骨を強くすることが可能です。

これで骨が丈夫になれば、腰を強打しても歩けないほどの痛みが出なくなるかもしれません。

 

腰を強打したら、入浴を控えましょう

腰を強打して歩けないほどの打ち身や打撲をした後は入浴を控えたほうが回復が早くなります。

治りかけの状態で入浴すると血流がよくなり、結果として内出血や腫れが悪化してしまいます。

また怪我をした場所は熱を持ちやすくなっているため、おさまりかけていた痛みがさらにひどくなるという事もあります。

どうしてもという場合はシャワーを軽く浴びる程度にしておいたほうがいいでしょう。

身体を洗う場合も患部を刺激しないようにして、熱の発生を極力防ぐように注意しましょう。

お風呂から上がった後はすぐに患部を氷または氷水で冷やしてください。

感覚がなくなるまで冷やし、感覚が戻ってきたらまた冷やすといったアイシングを2、3回繰り返すことで、痛みや腫れを早く引かせることができます。

患部は刺激を与えないようになるべく触らず安静にしましょう。

安静にすることが出来ない場合は包帯や三角巾で固定するなど適切な応急処置をして悪化するのを防いでくださいね。

治りかけは完治ではありません。

油断して症状を悪化させないよう、見極めることが大事です。

 

二度と腰を強打して苦しまないために

腰を強打すると、骨折していようがいまいがとてつもなく痛いものです。

そして何日も痛みが続きます。

しっかりと治療をして完治したら、同じ思いをしないためにも再発防止に努めましょう。

階段や段差はしっかりと目視してください。

スマホ見ながら、階段を上り下りなんてことしないように。

また、ちょっとした段差でつまずかないように足首や足裏のストレッチをすると良いですよ。

何よりも頭を打たなかった奇跡に喜びましょう。

 - 腰痛 改善