コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

小顔整体に嬉しい効果ある?自分で出来る体操やケア方法。

      2016/12/21

小顔整体に嬉しい効果ある?自分で出来る体操やケア方法。

小顔はだれでもあこがれますよね。
小顔整体を謳っている整体院も多いです。
顔は本来の形は決まっています。
それ以上は整形でもしないと小さくなりません。
ですが、整体で自分本来の顔を手にすることは出来ます。
今回は自分で小顔整体をやってみたい方のために、やり方や効果をまとめたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000829-1.jpg
赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

klb0000828-1.jpg
色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

klb0000827-1.jpg
扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

klb0000826-1.jpg
妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

klb0000825-1.jpg
黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

klb0000824-1.jpg
糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

klb0000823-1.jpg
風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

klb0000822-1.jpg
靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

klb0000821-1.jpg
足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

klb0000820-1.jpg
手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

klb0000819-1.jpg
手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

klb0000818-1.jpg
右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

klb0000817-1.jpg
家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

klb0000816-1.jpg
玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

klb0000815-1.jpg
お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

klb0000814-1.jpg
豆腐はデザートにも大変身!?オススメのレシピを紹介!

低カロリーでたんぱく質が豊富なお豆腐はとても人気の食材ですよ...

klb0000813-1.jpg
家で焼肉をする時のオススメ材料について。目指せ健康体!

家で焼肉をする方、結構多いのではないでしょうか? お店...

klb0000812-1.jpg
アメリカの学校給食の牛乳も砂糖入り!?体に良い飲み物は?

アメリカと聞くとイメージするのはどんな事ですか? アメ...

klb0000811-1.jpg
アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

「止まらない鼻水」「肌がかゆい」「食べられない食品」などの症...

klb0000810-1.jpg
むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

夕方になると足がむくんだり、朝起きたら顔がむくんでいるという...

スポンサーリンク


小顔整体とはどんなこと?

最近人気の美容法に、小顔整体があります。

興味はあるけれど、実際に効果はあるの?

と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際、小顔整体を行っているのは国家資格のないエステサロンや整体のサロンな

どが多いですね。

実際のところ小顔整体には、効果はあるようです。

けれど、その効果が持続するのか?

それが知りたいところです。

身体の矯正もそうですが、一度歪みを正しても、日常生活のクセなどで、もとに戻ってしまうのです。

結論から言ってしまうと、定期的に続けていると効果を保つことが期待できます。

さて、それでは小顔整体では実際にどのようなことが行われるのでしょうか。

私たちの顔=頭がい骨は、23個の骨からできています。

これらが複雑に組み合わさっているのですが、加齢や、例えば、歯の噛み合わせ、うつぶせ寝、肘をつく姿勢なによって歪みが生じてしまいます。

骨と骨との継ぎ目がゆるみ、リンパ液や水分が滞ってしまうのです。

この歪みを正すことで、リンパの流れがよくなり、体内の老廃物が排出されやすくなります。

骨の歪みを正すことで骨格自体が大きく見えていた人も、骨が内側に収まってキュッと小さくなることが期待できます。

同時に顔の筋肉もマッサージされます。

筋肉がほぐれると、リンパ液の流れがスムーズになり、むくみがとれてきます。

水分やリンパ液が溜まって大きく見えていた顔が小さくなる=小顔になるのです。

自分の顔を一度、写真にとって分析してみると様々なことが分かって面白いですよ。

小顔整体の流れと価格

小顔整体が受けられるサロンは多くありますが、東京の整体と美容サロンでの平均的な回数や施術方法を見てみましょう。

整体では、初回から3回目までは1週間おきに。

その後は月に1度が多いようです。

初回はカウンセリングを行い、悩みやアレルギーの有無、顔の歪みをチェック。

顔にクリームやオイルを塗って、リンパや筋肉のコリをほぐし、頭部や顔の骨を整体で整えます。

半分が終了した時点で左右の違いをチェックさせてくれるところも多いようです。

最後はホットタオルなどでクリームやオイルをふき取って終了。

金額は1回5,000円前後から、1か所45,000円を超えるところもあります。

一方、ほとんどの美容サロンでは女性スタッフが施術を行っています。

クリームやオイルも肌に良いものが使われていて、美肌も同時に期待できます。

5回コース、10回コースなどがあり、月に1度のペースで勧めているところが多いようです。

肌体質などのカウンセリングからはじまり、クレンジングで肌状態を確認。

フェイスマッサージでリンパ液や老廃物を流していき、首からデコルテ、鎖骨周りのコリをほぐし、さらに老廃物を流していきます。

最後は、肌体質に合わせた仕上げのパックで終了です。

料金は1回5,000円前後から40,000円以上などさまざまです。

期間限定やおためしなどで2,000円ぐらいから体験できるところもあるので、電話などで確認してから出かけてみてください。

ご予算などにあわせて、ご自分で選んでみるとよいでしょう。

 

自分でやってみよう!小顔整体

憧れの小顔になるために、注目されているのが、セルフでできる骨気(コルギ)という手技です。

タイプ別に自分でできるセルフ骨気の方法を見ていきましょう。

 

○頬肉が垂れ下がって顔が大きく見える

頬の筋肉が垂れていると老けて見られがちです。

頬骨の下の部分のくぼみに指をあてて指圧してみてください。

強い痛みを感じたら要注意。

コブシを作って、指の第二関節部分を頬のくぼみにあて、円を描く様にマッサージしてみてください。

筋肉がほぐれ、血流もよくなって頬のハリがもどってきます。

 

○エラが張っているために顔が大きく見える

エラが張っているのは骨格だからとあきらめていませんか?

エラの張っている上部、耳を引っ張って痛みがあったり、余分な脂肪がついていたりしませんか。

耳の下部分にコブシを縦に置き、そのまま円を描く様にマッサージします。

その時、下に向かって首元までコブシを下していくのがポイント。

こうすることで、リンパに溜まった老廃物が流れ、フェイスラインまですっきりとして小顔に見えやすくなります。

 

○目元がむくんでいるために顔が大きく見える

目元は強い印象を与える場所です。

ここがむくんでいるだけで、顔が大きく見えてしまいがちです。

両手のコブシを眉の上に置き、上下に動かして刺激を与えてみましょう。

額を刺激することで、目元がスッキリし、顔全体のむくみ解消にも効果が期待できます。

 

自分で毎日小顔を目指してできること

小顔になるには、自分で整体をするだけでなく毎日の生活を少し意識するだけでも効果があります。

例えば、普段からよく笑う、口を大きく開けて話す、表情を豊かにするなどです。

「笑いじわがつくからちょっと…」といってあまり笑わないようにしている人がいるようですが、それは大きな間違い。

筋肉は使わなければ衰える一方です。

よく笑い、表情が豊かな人は、明るく、健康に見えます。

一方笑わない人は、無表情でとっつきにくい印象を与えてしまいますね。

表情を豊かにすることは、小顔になる以外にもメリットがたくさんあります。

簡単に日常使うもので小顔ダイエットもできます。

歯ブラシでできる方法をご紹介しましょう。

 

歯ブラシ小顔ダイエット法

やり方はとても簡単。

まず、エラの筋肉を歯ブラシのグリップ先端でやさしくほぐします。

次に、口の中から、頬の内側を押します。

奥歯のあたりにグリップをあて、頬を引っ張るように持ち上げる→下すを10回ぐらい繰り返してください。

口の周りの口輪筋を鍛えることもできます。

歯ブラシを床と平行にくわえ、口角を引きます。

これだけです。

これを朝晩3セットぐらいずつ行いましょう。

口の中から刺激する、斬新な小顔ダイエット法です。

 

自分でやる上での注意点

自分で小顔整体やマッサージをする上で守りたい注意点があります。

 

○寝起きすぐのマッサージ

朝は体温が下がっていて血行もよくありません。

そんな時は、ホットタオルやお湯を張った洗面器をつかってスチームサウナを。

首・顔をしっかり温めてからマッサージするようにしましょう。

手浴もおススメです。

 

○方向が大切

顔の筋肉の走行は複雑で、方向を間違えるとせっかくのマッサージの意味がないこともあります。

筋肉の繊維に対して直角にマッサージすることで、よりコリがほぐれ、小顔効果も期待できます。

ここでは3箇所のマッサージ方向をご紹介します。

1 フェイスライン

あごの先から耳に向かって。上方向に

2 頬

耳たぶから小鼻に向かって。ジグザグを描くように

3 おでこ

横方向に(意外ですが、これがおススメ。こめかみも同様です)

 

○化粧水でマッサージ

肌が乾燥しているとシワの原因になりますが、化粧水のみでも危険です。

クリームなど油分を含むアイテムを使用しましょう。

 

○首への流しを意識して

小顔の大敵、むくみの原因である水分や老廃物を流してくれるリンパ管や静脈は、首に集結しています。

鎖骨に向かって下すように流し、鎖骨は中指、もしくは薬指でポンポンと押します。

3秒押して、パッと手を放す動作(エステ業界でポンパージュといいます)で刺激することで、リンパの流れが促進されます。

マッサージのあとも、白湯を飲んだり、体を冷やさないようにすると、より効果が期待できます。

 

姿勢が悪いと小顔にはなれません

そんなに顔の大きさは変わらないのに、どうも自分の顔が大きく見える、そんなお悩みはありませんか?

首が前に突き出るほど首周辺の筋肉が凝り固まって、顔がむくみで大きくなっているかもしれません。

スマホやPCを見るとき、背中を丸めていませんか?

そしてその姿勢で長時間同じ姿勢をとっていませんか?

長時間同じ姿勢をとり続ける→筋肉が凝り固まり動きが鈍くなる→姿勢が癖になる→首だけ前に向けるようになる→大きく見える顔の出来上がり。

この危険な姿勢、今増えている「ストレートネック」の一因といわれています。

こんな悪い姿勢の解消法を簡単です。

背筋を伸ばし、頭頂部がつられているように、もうこれ以上いかない、と思うぐらいまで首を上へ上へと伸ばしてみてください。

最低一時間に1度は休憩して、首をぐっと上に伸ばしたり、ストレッチしたりして首周辺の筋肉が凝り固まらないようにしましょう。

スマホを見るときは、目の高さまで持ってくるようにして、顔が下がらないようにしましょう。

この2点を意識することで、ずいぶんと顔がスッキリしてくることを実感すると思います。

 

小顔になるためには努力あるのみです

他人に小顔にしてもらえれば、それはそれで楽ですが、お金がかかって仕方ありません。

顔の作りを理解して、毎日小顔になる努力を積み重ねれば、だれでも本当の自分の顔になれるはずです。

それよりも小顔になるには骨格を削るしかないので、あまりオススメはしません。

引き締まった顔は健康的で美しく見えるものです。

頑張って自分本来の顔を取り戻してください。

 - マッサージ 整体