コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

バレーボールで肩が痛いときにやってもらいたいことがある。

      2016/11/22

バレーボールで肩が痛いときにやってもらいたいことがある。

バレーボールなど肩を痛めやすいスポーツは体の動かし方やメンテナンス方法を覚えないと何度も痛い思いをしやすいでしょう。
今まで痛めたことのある方、もしくは現在痛めている方はどういった原因でなったと思いますか?
メンテナンスはしっかりと出来ていますか?
そこで今回は肩が痛い時のケアの方法や正しい動かし方をまとめますので参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腕を骨折した時、知っておきたい正しい治療とリハビリ!

私たちは、日常生活の中で家事をする時、趣味活動をする時、...

身の回りのものを上手にストレッチの道具として活用しよう!

ストレッチを始めようとする時に悩むのが、道具の問題でしょ...

60代シニア層に健康上の悩みを克服する方法を学ぶ

人の一生は、20歳と60歳が重要な節目だと思われます。 ...

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

スポンサーリンク


肩が痛いのはバレーボールのアタックのせい

バレーボールで最も多く見舞われる怪我は足の捻挫ですが、腰や肩が痛いと訴える人も少なくありません。

自分の背丈よりも高い位置にあるネットを挟んでボールを打ち合うためには、腹筋と背筋をバランス良く使わなければいけません。

ですが姿勢が悪いと肩や腰に大きな負担が掛かります。

正しい姿勢でなければ、身体を痛めるだけではなく、そもそもまともなアタックが打てません。

ほとんどの場合、ボールを打つ瞬間に亜脱臼を起こしているか、上腕二頭筋の腱が、肩の関節を含んだ腱や、肩甲骨の一番外側にある突起の下に挟まっていると痛みを感じます。

肩を上げるだけで痛いという時は、突起が炎症を起こしている可能性があります。

打った後なら、関節の後ろ側が緩んでいるか、炎症になっているかです。

ターン打ちなどをした場合は、ブロックを行う際に力が入りません。

もし炎症が周りの組織を固めてしまうと、他の症状も引き起こすことがあります。

これでは悪循環です。

基本的には姿勢を崩さずに、ストレッチなどを怠らないで、肩甲骨を滑らかに動かせるようにしておくといいですね。

ジャンプをした時に綺麗な体勢が作れるように、日頃から筋肉を鍛えておきましょう。

万が一、痛いと思ったら、いつもより少し力を抑え、全身でボールにぶつかるイメージで打ちましょう。

 

バレーボールで肩が痛いときはとりあえず応急処置

バレーボールをやっている最中に肩が痛いと感じた場合は、安静にすることが一番です。

軽い痛みならストレッチをしたり揉むなりすれば緩和されますが、痛みが酷い場合は返って悪化させてしまうかもしれません。

肩が上手く使えないと、普段の生活にも支障が出てくるので、早めに治したいですよね。

痛みを和らげるなら湿布を貼ると良いでしょう。

特に激しい動きをした時や、四十肩のような場合は炎症になっている可能性もあるので、冷湿布を使うことをおすすめします。

なければ氷水を入れた袋を当てましょう。

ただこれは炎症になっている時に限られます。

触ってみて熱っぽさがないなら、冷やすのは避けましょう。

薬局に売っている鎮痛剤を飲んだり、炎症を抑える薬を塗るのも効果的です。

注意する点は、何らかの副作用が発生するかもしれないというところと、他に治す必要のある部分があるかもしれないため、一通りの処置が済んだらなるべく早く病院へ行って下さいね。

 

肩が痛いときは整形外科で必ず検査を

肩が痛いと感じたとして、どれくらいのタイミングで病院を訪ねればいいのでしょうか。

腕を動かすのもままならなければ誰でも行きますが、ちょっと痛む程度では自宅療養で十分だと思ってしまいます。

しかし放っておいて悪化するのは嫌ですし、もしかしたら何らかの病気にかかっているかもしれません。

何よりいつまでも鈍痛が続くとストレスが溜まってきます。

ですから痛みの度合いにかかわらず、我慢出来なくなった時点で病院に行くことをおすすめします。

肩の場合は整形外科へ行きましょう。

なお子供が肩の痛みを訴えたら、成長期などに起こる子供特有の病気という可能性も有り得るので、念のために小児用の整形外科を受診して下さい。

病院では医師に、肩が痛む心当たりなどを聞かれると思うので、あらかじめ答えをまとめておきましょう。

例えば「バレーボールなどのスポーツをやっていた」「昔、肩に怪我を負った」「腕を大きく振るったら痛みを感じた」という具合ですね。

診察の後は、痛むところの動き方はどんな様子かをチェックしたり、何をしたら痛むのかをテストしたり、レントゲンやMRIの撮影をしたりします。

 

バレーボールのための肩甲骨ストレッチ

両手を壁にくっつけて、ブロックの姿勢を取って下さい。

そのまま肩を竦めると、手をついている位置も上がります。

これは肩甲骨が上がっていることを意味しており、コツを掴めば普通に腕を上げるよりも高い位置まで届くようになります。

またトスを行う時、肩甲骨を基点として腕が動きます。

もしもバランスが取れていれば、ぶれることなくボールが打てます。

つまりトスの姿勢を決める=肩甲骨の位置を決めることに繋がるのです。

バレーボールのプレイヤーが肩甲骨を上手く使えれば怪我も避けられますし、スパイクの角度も広がります。

すると今まで届かなかった位置に来たボールを受け止めきれるようになるのです。

今回はそんなバレー選手におすすめの、肩甲骨をしなやかに動かすためのストレッチをお教えします。

試合の前などにやっておくと、後で肩が痛いと感じることがなくなりますよ。

・右耳を右肩に近付けるようにして、頭を右側に倒します。

そして20~30秒ほどキープします。

左右両方で1セット、計3セット行いましょう。

・右を向き、鼻を右肩に近付けます。

このまま20~30秒キープします。

こちらも左右交互に、3セットやりましょう。

・両腕を真横に開いたら、肘を垂直に曲げます。

そして肩と腕を下げ、肩甲骨も下に動かすようにして、5秒間静止します。

これを10~20回ほど繰り返しましょう。

 

バレーボールのためにはバランス良く筋トレを

バレーボールの際、アタックの威力を上げたいからといって、身体に負担の掛かる筋トレをしてはいけません。

筋肉には適度なバランスがあり、これを守らなければいけません。

よく行われているのは両手におもりを持って、腕を横に振り上げるというやり方ですが、これでは2種類ある筋肉のうち、片方にしか効果が出ません。

その結果、もう片方の筋肉は弱くなり、骨に挟まりやすくなってしまいます。

バランス良く鍛えるコツは、肩の内と外を回す運動を加えることです。

それなら腱と三角筋の釣り合いが取れて、肩が痛いと感じにくくなります。

バレーボールで感じる痛みには、神経の麻痺も大きく関わっているようです。

正式名を「肩甲上神経麻痺」と言い、背中を見れば左右のバランスが異なっているので一目で分かるそうです。

肩甲骨の下半分にある筋肉が痩せ衰えることで痛みを引き起こします。

外国の研究によるとフローターサーブで発症しやすいとのことらしいので、痛いと感じたら試しにサーブのやり方を変えてみましょう。

肩の関節を脱臼する人も少なくありません。

特に若い人は脱臼癖がつきやすいため、危ないかもしれません。

何度も脱臼すると手術が必要になるからです。

フライングレシーブを受け止めて、着地する瞬間に起こりやすいので、もしなってしまったら、癖になる前に整形外科へ行き、固定しておきましょう。

ただし医師によってはギプスでの固定を行わない場合もあるようです。

 

バレーボールの正しいスパイクやサーブの打ち方

バレーボールでスパイクを行う際に肘が下がってしまう理由は、姿勢の悪さももちろんですが、必要以上に力んでいることも原因のひとつです。

スパイクを打つ時に、手の平が外側を向いているかどうかを確かめて下さい。

大抵は少し手前でボールが打てますが、実際にやってみると肘が曲がり、やや下の辺りで打ち返すことがよくあります。

これではネットを越えませんし、肩が痛いと感じることでしょう。

これを改善するには「速い球を打とうと思わないこと」です。

焦る気持ちは分かりますが、そうすると姿勢も崩れますし、速度も出せません。

続いてアタックですが、助走の最初の一歩は思い切り力を込めましょう。

そのままジャンプをして、さらに腕を振り上げると勢いがついて、より高く跳べます。

スイングの腕を上げるには、ボールの上側を叩くように意識すると上手くいきます。

そして腕を引く時に、肘が肩より下にいかないように注意しましょう。

右打ちなら、右耳の上を人差し指で触るようなイメージです。

左はその反対ですね。

姿勢を直したければ、誰かとキャッチボールをしましょう。

投げる時には肩を後ろへ引き、腕を振りながら重心を移動させます。

空いている方の手は、胸元に引き付けて下さい。

すると身体に負担の掛からない姿勢が作れます。

慣れてきたら、これら全てを合わせた動きの練習に入ります。

最初はミスばかりでしょうが、だんだんタイミングやコツを掴めるようになりますよ。

 

バレーボールは脱力することが鍵

バレーボールで力強くサーブやスパイクを打とうとして力んでしまうことが怪我の原因になりやすいことが分かったと思います。

普段からストレッチをして筋肉を柔らかい状態にしておき、関節の可動域を広げておけば、ムチのようなしなりを使ってボールに力を伝えられるでしょう。

そうすれば省エネでしかも怪我しにくくなるでしょう。

つまり筋肉を柔らかく、そして力を抜く。

これだけを守ってバレーボールやってみませんか?

 - スポーツ 種目別