コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

目の奥の痛みが辛い!頭痛、肩こりもあってどうにかして!

      2016/11/22

目の奥の痛みが辛い!頭痛、肩こりもあってどうにかして!

頭痛と肩こりを訴える方は事務職やパソコンワークをされているのではないでしょうか?
そして近くばかり見続けて、目の奥の痛みまで併発すると、それはもうかなりの重症といっても良いでしょう。
これからも同じお仕事をしていく上で、解消法を知らないとマズイのではないでしょうか?
そこで今回は目の奥の痛み、頭痛、肩こりなどをどうしたら解消できるのかお教えしますので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

家事するのも嫌になる肩こり首こりからくる頭痛改善法

頭が痛くて仕事や家事が嫌になっていませんか? 普段から...

体幹トレーニングで簡単にできる女性のポッコリお腹の解決

それほど太っていないのに、お腹がポッコリと出てしまっているこ...

気になる猫背からの肩こり、その原因を解決する胸ストレッチ

肩こりがひどくていろんなマッサージやストレッチ、積極的に運...

スポンサーリンク


頭痛や肩こり、目の奥の痛みは眼精疲労が原因

最近パソコンやスマホの使いすぎで目が疲れていませんか?

毎日の仕事でもパソコンを使う機会が多いのに、家に帰ってからや休日のリフレッシュの時間にもスマホを使ってゲームやネットサーフィンをしている方は少なく無いと思います。

布団に入ってからもなんとなくスマホを触ってしまって、朝起きてから寝るまで一日中目を使う生活が続いてはいないでしょうか。

目の周りには毛様体筋(もうようたいきん)、内直筋(ないちょくきん)、外直筋(がいちょくきん)、 上直筋(じょうちょくきん)、 上斜筋(じょうしゃきん)、 下直筋(かちょくきん)、 下斜筋(かしゃきん) など眼球を支えたり物を見るためにピントを合わせるのに必要なたくさんの筋肉があります。

しかし、長時間パソコンやスマホの画面を見続けているとこれらの筋肉が固まった状態になってしまい筋肉疲労を引き起こしてしまいます。

そのために、目がかすんだり目の奥が痛みなどの症状が起きてくるんですね。

毎日目を酷使していると、夜寝ても筋肉疲労が解消されず眼精疲労になってしまいます。

目の疲れはひどくなると肩こりや頭痛の原因にもなりますから疲れ目は是非解消しておきたいですよね。

 

眼精疲労は使い過ぎ以外にも原因がある

目の奥の痛みや、頭痛、肩こりが続くととても辛いです。

眼精疲労の原因としてスマホやパソコンなどで目の使いすぎること挙げられます。

普段からディスプレイやキーボードを長時間使う環境にあると目が疲れやすくなります。

しかし、これ以外にも様々な原因が考えられます。

一つ目に使用しているメガネが合ってい無いことが考えられます。

近視や乱視などで度が進んでいると知らないうちに目に負担をかけていることがあります。

次にドライアイなどの目の病気が原因になっている場合です。

涙の量が少なくて目の表面の涙の層が均一でないと物が歪んで見えることがあります。

また、重症化すると目の表面が傷つく恐れもあるので気をつけたいですね。

また、精神的なストレスを抱えていて自律神経が乱れると筋肉が緊張したり涙が十分に出すことができず、目が疲れることがあります。

そのほか偏食や食生活の乱れから目に必要な栄養が取れていないことも考えられます。

ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンB2などは目の健康のためにはとても重要です。

 

目の奥の痛みのある頭痛や肩こりは危険な兆候?

長い時間パソコンやスマホのディスプレイを見続けるような作業をしていると、目の周りの筋肉に血液がいきにくくなって、目の充血や痛み、かすみ、目が重いなどの眼精疲労の症状が出てきます。

これらの症状に加え首こりや肩こり、頭痛、ひどいとめまいや吐き気、睡眠障害などの症状が伴うことがあります。

眼精疲労の中で最も多いのが「目の奥の痛み」という症状ですが、これには目の周りの筋肉が関係しています。

目の周りにある6本の筋肉のことをこれらを外眼筋(がいがんきん)と呼びます。

この外眼筋は白目の後ろで束ねられていますが、これらのどこかが痛むと目の奥が痛むようになります。

ストレスによる自律神経の乱れや目の酷使による眼精疲労から目の奥が痛むことも多いですが、時にはほかの病気が隠れていることもあります。

目の奥が痛むという症状が出る病気には 副鼻腔炎 や三叉神経痛、 緑内障、 群発頭痛、 脳腫瘍など日頃よく起こるものだけでなく、命に関わる怖い病気のものもありますので注意が必要です。

突然、目の奥がえぐられるような激しい痛みがおこった際にはくも膜下出血やその前兆のサインであることがあります。

もし、目の痛みとともに嘔吐や痙攣、まぶたが下がってくる、ものが二重に見えるなどの症状がある場合には早急に医師の診察を受けてください。

 

目の奥の痛みが出たら解消法を実践

眼精疲労で目の奥の痛みを感じたら、ひどくなる前に解消したいですよね。

まずは目を開けたり閉じたりを繰り返して何度も瞬きをすることで、目の周りの筋肉をほぐして血行を良くしてあげることが大切です。

まだたきをすることで涙が十分に出てドライアイの改善にもつながりますので是非やってみてください。

また、十分な睡眠をとることも大切です。

目を閉じるだけでも眼球がまぶたの上の方を向いて筋肉がリラックスするはずですよ。

パソコンやスマホを使った作業の後には10〜15分程度目を休めると疲れ目を予防できるでしょう。

もし、目がしょぼしょぼしたら目の血行不良が考えられます。

ホットタオルで目を覆うようにパックすると血行が良くなりますよ。

ただし、火傷には注意してくださいね。

また、疲れ目で充血している時には冷たいタオルが効果的です。

氷水で絞ったタオルで目を覆うようにパックするとスッキリしますよ。

氷水が用意できない時は、絞ったタオルを冷蔵庫で冷やしておいてもいいですね。

しょぼしょぼしてさらに充血している時には、温かいタオルと冷たいタオルを交互に使ってパックするのもスッキリして良いですよ。

疲れ目は早めに解消して肩こりや頭痛が起こらないようにしたいですね。

 

目に良い栄養を摂りましょう

目の疲れに効果的な栄養をご紹介します。

まずはアントシアニンが挙げられます。

私たちは物も見る際に光を必要としますが、光があたることによって網膜にあるロドプシンという物質がビタミンAに分解されます。

そしビタミンAはロドプシンに再合成されるのですが、長時間目を使っているとこの再合成が間に合わなくなってしまいロドプシンが減少します。

アントシアニンはこの再合成を助けてくれますので、眼精疲労を解消する効果が期待できます。

また、アントシアニンはこのほかにも網膜にある毛細血管を強化、保護してくれたり血行を促進したり、角膜や水晶体などに含まれるコラーゲンを安定させます。

このほかにも様々なビタミンが目の健康には必要です。

先ほどお話ししたように、ビタミンAは重要な栄養の一つです。

ビタミンB群も目の疲れを回復してくれたり、充血を改善してくれます。

ビタミンCは活計酵素の生成を抑制してくれますので、目の老化に対して効果が期待できます。

そのほかルテインはパソコンやスマホの画面から出ているブルーライトから目を守ってくれるそうです。

アントシアニンと同時に摂取すると吸収力が高まりますので是非試してみてください。

またβ‐カロテンやDHA、タウリンも目の健康維持に役立ちます。

目の奥の痛みや、頭痛、肩こりが辛くなる前に必要な栄養を摂取して予防・解消しましょう。

 

眼精疲労、頭痛、肩こりにはツボ押しが◎

眼精疲労、頭痛、肩こりの解消にはツボ押しも効果的です。

その中でも簡単なものをいくつかご紹介します。

まずは肩井(けんせい)です。

乳頭から肩に向けてまっすぐ手を移動させた周りにコリコリと感じるツボで、眼精疲労だけでなく肩こりにも効果的です。

次は曲池(きょくち)です。

手のひらを上にして肘を曲げた時、肘の内側に横しわができますよね。

そのしわの親指側を押すと気持ち良く感じるところがあります。

また、自律神経による眼精疲労には足三里(あしさんり)を押すと良いです。

膝のすぐ横側にくぼみがありますが、そこから指4本分下がったところにあるツボです。

首の後ろにある2本の太い筋の両側のくぼみにあるツボは疲れた時に自然としてしまうところかもしれませんが、天柱・風池(てんちゅう・ふうち)と呼ばれるツボで頭痛や肩こり、首のこり、自律神経などにも効果的です。

「万能のツボ」と言われる合谷(ごうこく)は手の甲にあるツボで親指と人差し指の付け根の間にあります。

目や肩とは関係ない場所にあるので意外なツボかもしれませんが、簡単に押せる場所ですので疲れた時には是非試してみてください。

 

目を休ませてくださいね

私達人間は目から入る情報が8割と言われています。

「百聞は一見に如かず」という諺があるように目はとても重要な役割を持っています。

それが目の奥の痛み、頭痛、肩こりとなってしまうとどうですか?

情報が入ってこなくなりそうですよね。

仕事への集中力、精度を高めるためにも、少しの休養は必要です。

ここで挙げた解消法やツボ押し、是非試してみてくださいね。

 - 頭痛 対策