コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

腰を強打したとき湿布を貼れば治るの?効果や他の対処法は。

      2016/11/22

腰を強打したとき湿布を貼れば治るの?効果や他の対処法は。

スポーツをしていてぶつかったり、つまずいて転倒したり、階段から滑り落ちたりと腰を強打する場面は多いと思います。
痛みの度合いにも寄りますが、痛みが弱ければ湿布を貼って数日我慢していれば治るかもしれません。
実際、打撲には湿布は効果的だと考えられますが、湿布の種類や使用用法をご存知ですか?
また、湿布以外でも腰を強打したときにできることがあります。
まとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


腰を強打したら湿布を貼るより病院へ

腰は漢字を見てもわかるように体の要。

非常に大事な部分で、体を動かす要となります。

漢字って素敵ですね。

腰を強打して痛めてしまうと、歩いたりしゃがんだり、体を動かすのがつらくなります。

腰に限らず打撲の痛みは、だいたい1~2週間くらいで治るものですが、これ以上痛みが続く場合は、打撲でなく骨折などほかのトラブルが発生している可能性があります。

自宅で湿布を貼って様子を見ていてもこれでは治りません。

長く痛みが続くようであれば、病院に行って、しっかり診察してもらいましょう。

せめてレントゲンを撮って、骨折の有無を見てもらうだけでも有効です。

万が一骨折だと治療方法が違いますし、完治まで2~3か月かかる場合もあります。

骨折ではなかったとしても、細菌に感染して痛みが発生している可能性もあるので、自己判断ではなく病院でしっかり見てもらいましょう。

専門の先生でないと、しっかりした判断ができませんし、放置しておくとさらに症状が悪化するばかり。適切な治療を受けることが治癒への近道です。

 

腰を強打したら湿布の前にアイシング

腰を強打して痛めてしまった時、思いつくのが湿布を貼ることだと思います。

でも待って、湿布を貼る前に冷やしましょう。

打撲の際は、まず冷やす。

打撲した場所は血液が集まって熱を持ち炎症を起こします。

人間には自然治癒能力があってその働きの一種ですが、それにも限界があります。

打撲場所を冷やして熱を逃がすことが大事です。

冷やすことをアイシングといいます。

それではどうやって冷やしましょう。

まず患部をしっかり包み込むことです。

氷嚢(ひょうのう)というのを聞いたことがありますか?

ソフトボールが注目されたときに試合後投手が肩に巻いていたようなものです。

簡単に作れる氷嚢とは、ビニール袋に氷を入れて少しだけ水を加えます。
この水が大事です。

氷に水を少し加えることで、氷が少しずつ溶ける状態になります。

溶けかけている氷の温度は常にゼロ度。

熱を最も効率よく奪う温度なんですね。

ゼロ度以上でも以下でも熱を奪う能力は低下します。

なので、溶けかけた氷がアイシングにとっては最大の効果があるのです。

 

腰を冷やすなら湿布でも良いのでは?

腰を強打して痛めてしまったときに湿布をしたらいいと思っている方、湿布の前に冷やしたらいいと思っている方、どちらもまあまあ正解です。

氷嚢をつくるのは面倒なので、シップやアイスノンで冷やしている方、ちょっと待ってください。

アイスノンは中に入っている冷却ジェルを凍らせると-16度まで下がります。

これを患部につけると冷やすのではなく凍らせてしまうので凍傷になる危険性があります。

また湿布は皮膚の温度を3℃ほど下げる効果があるので、患部奥の熱を下げるのには効果がありません。

冷たく感じるのは、薬品の効果で実際に冷たいわけではないんですね。

氷水のアイシングは溶けきるまで0度のままなので熱を奪い続けられます。

それに0度は凍傷の心配もないのです。

熱量に応じて氷の体積量を増やせば患部深くの熱をとることも可能です。

そもそも素材が水なので人体に無害なのですね。

簡単に作れて、人体に害もない、氷嚢はなんてすばらしいのでしょう。

 

湿布はアイシングではなく消炎鎮痛効果

腰を強打して湿布を貼ってくる患者さん。

これではだめですかと聞かれますが、だめですとはっきり答えています。

なぜなら、湿布は冷たい感じがするだけで、実際熱を奪っているわけではないのです。

??な方、湿布が冷たく感じるのはメントールなどの薬品が練りこまれているからです。

例えばハッカの飴をなめた時に口の中がひんやりしませんか?

それと同じ原理です。

最近の湿布には非ステロイド性抗炎症薬が練りこまれているので、一時的に痛みを和らげる効果がありますが、目的とする熱を奪うことはできません。

氷の鎮痛効果と比較しても湿布の鎮痛効果は微々たるもの、ぜひアイシングをしましょう。

湿布のメーカーさんは2.3℃皮膚表面温度が低下すると試験結果を出していますが、皮膚表面の温度が気化熱によって下がるだけで、患部の熱を奪うには至らない。

メーカーさんがそう言っているので、事実です。

冷温湿布にしても同じようなものなので、やはりアイシングに勝るものはありません。

 

湿布以外にも鎮痛剤はある

腰を強打して湿布を貼っている方、貼るだけでなく塗り薬もありますよね。

いろいろあるので、説明してみましょう。

 

クリームタイプ

伸びがよくしっかり塗り込むことができます。

マッサージ効果もあり、肌に優しいです。

 

ゲルタイプ

皮膚への吸収が早く持続的な効果が高まります。

湿布が貼りにくい部分や患部が広い時には適しています。

 

液状タイプ

患部に手が届きにくい場所でも塗りやすく、手が汚れにくい。

アルコールを使用しているので肌の弱い人には向かない。

 

スプレータイプ

患部を冷やす効果が高い。

 

パックタイプ

水分を多く含んでいるので長時間患部を冷やす効果が高い。

痛みが強い場合に適している。

 

テープタイプ

痛みが慢性化している場合に長期的に使用するのに向いている。

痛みの強い場所にスポット的に使用することもできる。

 

このように様々なタイプ、長所短所があるので、自分の症状や患部の状態に合わせて使用しましょう。

判断がつかないときは薬剤師さんなどに相談してみましょう。

 

湿布にも副作用があるから気をつけて

腰を強打して湿布を使用している方、湿布は家に常備されている方も多いと思います。

気軽に湿布を利用されているかと思いますが、湿布も薬なんですね。

正式名称は経皮吸収型鎮痛消炎剤。

痛み止めの成分が皮膚から吸収される立派な鎮痛剤。

何度も貼り替えているとその分薬が吸収されます。

多くても一日3枚までにしましょう。

貼り替えたからと言って効果があるわけではないのです。

副作用として、貼っていたところに日光が当たると、湿疹、かぶれ、腫れ、かゆみといった症状が出ることがあります。

外出時は湿布を貼っていた場所に日光が当たらないようにしてください。

はがした後も皮膚に成分が残っている可能性があるので注意です。

失明や死亡例も報告されています。

ただ冷やしたいという人は、熱冷まシートや保冷剤を使用しましょう。

湿布は痛み止め薬。

用法用量を守り正しい使い方をしてください。

湿布でほかの病気になったなんて困りますものね。

みなさん、注意しましょう。

 

湿布は万能ではありません

ぶつけたり、捻ったりしたらとりあえず湿布貼っておけば痛みが治まると思っていた方、この記事を読んでどう思いましたか?

湿布はあくまで痛みをごまかしているだけだということに気付きましたか?

決して患部を治す効果があるとは思わないでください。

腰を強打したら、すぐにアイシングをしましょう。

そして、病院で骨に異常がないかレントゲンを撮ってもらい最適な治療法を見つけてもらうほうが得策ですよ。

 - 腰痛