コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

指導者必見!バレーの練習が楽しいと思える6つの方法!

      2016/11/16

指導者必見!バレーの練習が楽しいと思える6つの方法!

皆さんはバレーの練習をしたことがありますか!?
バレーは球技の中で一番難しいスポーツかも知れません。
やりはじめはうまくできないプレーもあって大変かと思います。
でも、諦めずに練習して一歩一歩ステップアップしていけば、できなかったプレーができるようになり、楽しくなります。
バレーを楽しいものにするためには、どうすれば良いかお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

klb0000807-1.jpg
胚盤胞移植について!胚盤胞のグレードが低いと妊娠確率は?

近年、人工授精の需要は高まり、胚盤胞移植が人工授精の主流にな...

klb0000806-1.jpg
不安で仕方ない!顔が病気で変形することあるの?対処法は?

加齢に伴い、顔の歪みやたるみが気になる方は多いのではないでし...

klb0000805-1.jpg
親として水泳メニューを、女子小中学生向けに組み立てたい!

水泳を熱心に取り組む女子小中学生のお子さんを持つご両親はいら...

klb0000804-1.jpg
159cmの体重は平均でどのくらい?155cmの方の平均体重も!

女性で159cmの方って、割と多いですよね。 男性でも...

klb0000803-1.jpg
注意!過食嘔吐になるとどうなる?チューブ吐きの方法とは?

過食嘔吐という言葉を聞いたことがありますか? 摂食障害の一...

klb0000802-1.jpg
右目と左目で色が違う「オッドアイ」。原因や治療法について

右目と左目で瞳の色が違うことを「オッドアイ」と言います。 ...

klb0000801-1.jpg
胸部レントゲンはブラトップでもいいの?オススメの服装は?

女性の方で、検診の際、服装に悩む方は多いのではないでしょうか...

klb0000800-1.jpg
肺のレントゲン結果で異常発見!何科を受診すればいいの!?

会社などで働いているという人は、年に1回は健康診断を受けるよ...

klb0000799-1.jpg
不安!側弯症の手術の後遺症で神経麻痺することもあるの!?

側弯症とは、筋肉の拘縮により脊椎の並びがカーブしている、また...

klb0000798-1.jpg
168cmの平均体重は?女性にオススメ!痩せ体質を作る方法!

身長168cmの女性や男性で、ダイエットを考えている方、いら...

klb0000797-1.jpg
頚椎ヘルニアの症状はどんなもの? 首の音が鳴るのは大丈夫?

ヘルニアと聞くと腰に痛みが出るイメージですよね。 しか...

klb0000796-1.jpg
膠原病の血液検査結果がでるまでに必要な時間はどのくらい?

この頃、ずっと熱っぽくて体調が悪いし、あちこち関節も痛む・・...

klb0000795-1.jpg
耳鼻科のレントゲン検査でわかる子供に多い蓄膿症について!

耳鼻科っていつ行っても混雑していませんか!? とくに、...

klb0000794-1.jpg
水泳で筋肉を鍛えてイケメンになりたい!その方法とは?!

水泳は誰でも効率よく筋肉トレーニングができる万能スポーツとい...

klb0000793-1.jpg
膠原病の治療でステロイド!ムーンフェイスになるのはなぜ?

あなたは『ムーンフェイス』という言葉を聞いたことがありますか...

klb0000791-1.jpg
眼鏡をかけていて、鼻に違和感を覚えることはありませんか?

いつもかけているその眼鏡、あなたに合っていますか? 眼鏡を...

klb0000790-1.jpg
整形以外でも整体の頭蓋骨矯正で鼻を小さくすることは可能?

誰にでもコンプレックスはありますよね? 目の次に、顔の...

klb0000789-1.jpg
バレーボール・女子中学生への教え方。学年ごとで教える内容

自身のバレーボールを20年近くやりつつ、小・中・高のコーチを...

klb0000788-1.jpg
身長168cmの体重の標準は何kg?男女の体重を見てみよう!

身長168cmというと男性にもいますし、女性にもいます。 ...

スポンサーリンク


バレーボールの楽しいオーバーハンドパス練習

オーバーハンドパスのポイントは、下半身の動きになります。

ボールをとらえた時に下半身に力をためて、その力を上半身に伝えるのです。

ボールの真下に移いて、力を抜いて全身でボールを送り出してください。

ボールをとらえるときは、足首を曲げるのがコツです。

ヒザも、軽く曲げます。

腰から上へと力が伝わるように、一気に身体を伸ばしてくださいね。

上達のコツのご紹介です。

前方へ落ちるボールは、下半身から動いてボールの落下地点に動きます。

落ちるボールの下に、前足のカカトが入る位置へ移動するのがベストです。

腰より上のボールはオーバーハンドで受けてください。

素早く下に回り込み、オーバーハンドパスで受けるのです。

とれるボールはできるだけオーバーハンドパスで返すのがいいでしょう。

コントロールしやすいからです。

バレーの楽しい練習のご紹介です。

1.バウンドしたボールの真下に入って、基本フォームでボールをキャッチします

2.キャッチしたら深くしゃがんで、カカトから全身を押し出すようにボールを送り出しす。

ボールを投げてもらって、オデコでヘディングして、下半身を使って相手に返します。

 

バレーボールが楽しくなるアンダーハンドパス練習

アンダーハンドパスは、ヒジを伸ばして、両腕で作った面でボールを受けるのがポイントです。

腕が下がったら、ボールをとらえる時に腕を振ることになるので、ボールのコントロールができないのです。

背筋を伸ばして、腕と足の太腿が平行になるように、ボールをとらえてください。

上達のコツのご紹介です。

腕が下がったら、ボールの下にすぐに入れません。

また、手を振ってしまうのでボールを弾いてしまいます。

いつも基本のフォームでボールをとらえるのがコツです。

ひざが伸びきった状態で、落下地点に動くと、あごがあがるので、腕だけでボールを上げることになり、コントロールができません。

ひざをしっかりと曲げ、前傾で下半身ごとに伸び、身体全体でボールを送るようにアンダーハンドパスをしてください。

バレーの楽しい練習のご紹介です。

 

ボールを正しい位置でとらえる練習で、5本1セットです。

1.ボールの落下地点に入って構えます。

2.腕をまっすぐ出します。

どんなボールでも、腕をふってはいけません。

 

ボールを投げてもらい、落下地点に動いて両手を挟んでボールを受け取る練習です。

1.ボールを投げてもらい、落下地点に動きます。

2.両腕でボールを挟みます。

正しいフォームでないとできません。

 

できない子にオススメの3つの練習法

バレーの楽しい練習のご紹介です。

まず、ヒザ送りパスをご紹介します。

初心者には、ヒザの力でボールを運ぶ動きは簡単ではないので、ヒザ送りパスで、ヒザがボールを送り出す感覚を掴みましょう。

1,2のリズムで体を揺らし、3で重心を前へ移動させてボールをとらえ、ボールを送ってください。

そのときに、手を振らないようにしましょう。

 

回転パス・4方向のご紹介です。

左右に90度ずつ体の向きを変えながらボールをとらえて直上パスをします。

体を動かしていてもボールをぶらさないで正確にできるようにしましょう。

アンダーハンドパスでも練習してくださいね。

直上にパスをしてから屈伸をし、床に手をつきながら、ボールをとらえる準備をします。

1m範囲以内で、何度も練習しましょう。

 

回転パス・一周のご紹介です。

直上パスを高めに上げて体を一周させ、ボールをとらえる練習です。

いつでもボールをとらえることができる体勢で準備しておきましょう。

空間の距離をつかんでボールをコントロールしてください。

オデコの正面でボールをとらえ、パスの高さや長さを調整できるようになりましょう。

 

バレーが楽しいと思えるレセプション練習

1.バケツでボールを受け取る練習です。

優しいボールをセッターに返すのが、サーブーカットのポイントです。

ボールの勢いを吸収できたら、ボールをバケツで受け取れます。

 

2.3箇所でサーブを受ける練習です。

アタックラインより前のサーブ、通常サーブ、エンドライン側の奥のサーブです。

サーブーカットの位置で、身体の使い方が異なるので、違いを練習しましょう。

2人か3人で練習してください。

ポジショニングをチェックして、レシーバーの間にきたボールも声を出して対応し、サーブレシーブがセッターに返らなかったら、周りがカバーします。

目標設定をして正確性を狙います。

ネット中央にボールカゴなどを置き、ボールを目標に返せるようにします。

目標数値を設定すると、やる気が高まります。

例えば、50%返す、クリアできるまで行う、制限時間を設ける、などです。

試合前や選手が飽きてきている時は、対戦型の練習を取り入れるとバレーの楽しい練習ができます。

 

ディグの上達には練習よりストレッチ!?

前方に落ちるボールは、低い姿勢でとりましょう。

ヒザをつくと、前に移動できないのでスパイクレシーブができません。

前に落ちるボールが拾えない選手のほとんどは、低い姿勢をとれないのでスパイクレシーブができないのです。

またヒザをつくと、怪我をしてしまいます。

足首の柔軟性がないと、低い姿勢は維持できないので柔軟性を高めてください。

1 腕を伸ばしボールの落下地点に面を置きます

2 おへそを意識したら、ボールの下に入る動きが身につきます。

3 足首の柔軟性を身につけて低い姿勢を維持してください。

上達するには低い姿勢を維持できるように、ストレッチをしましょう。

前方に落ちるボールは、両手でとります。

片手ではコントロールが難しいです。

腕をしっかりと伸ばし、腰を深く曲げてボールの正面に入ります。

足首の柔軟性を確認してください。

足を揃えてヒザを曲げると、足首が硬いと、後ろにお尻がつきます。

カカトを床につけ、ヒザを揃えたまま静止できる柔軟性が必要です。

足首が硬いなら、壁などにつかまって足を揃えてヒザを曲げます。

10秒ほどキープしましょう。

この練習をすると、足首が柔軟になります。

また、正座をするのも、効果があります。

バレーの楽しい練習をしてくださいね。

 

サーブ練習を楽しくする方法

本数を多く打つことは、バレーの上達の近道です。

相手が嫌がるサーブを打つ練習です。

サーブ位置を把握して、エンドラインの後ろからサーブを強く打ち、距離の調節をしていきましょう。

コートの角をコーンなどで囲み、その中を狙って練習します。

90~100%の力で狙うのが基本ですが、80%で狙う範囲を狭めたり100%にして範囲を広げるのもいいでしょう。

3本入ったらクリア、などゲーム感覚でやるとバレーの楽しい練習ができます。

また5分以内、など制限時間を作ると、集中できます。

20分以内がベストの長さです。

つまらない練習にならないよう、対戦形式の練習もしましょう。

下記のやり方の他にも、サーブチーム全員で何ポイント取れるか、という練習もおすすめです。

7人なら、7人で35本崩したら終わり、などです。

1人で5本崩したらクリアにして、クリアした選手から抜けていくのも、集中した練習になります。

 

練習こそ楽しくしましょう!

楽しい事や興味がある事は時間が過ぎるのも早く、印象に残っていることが多くはないでしょうか?

日々の練習をいかに楽しむかで、上達のスピードが変わってくると思います。

バレーはチームワークが必要なスポーツですので、仲間と一緒に楽しく練習していきましょう!

 - スポーツ 種目別