コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

辛い背中の痛み!病院にかかる前に知っておきたい痛みの原因

      2016/11/15

辛い背中の痛み!病院にかかる前に知っておきたい痛みの原因

「背中が痛い」というのは、日常生活で感じやすい体の痛みのひとつではないでしょうか?しかし背中の痛みといっても、原因はさまざまなものがあるといいます。
今回の記事では、背中の痛みの原因や、病院に行く前に知っておきたい背中の痛みの症状や、自分でできる痛みの対処法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

klb0000807-1.jpg
胚盤胞移植について!胚盤胞のグレードが低いと妊娠確率は?

近年、人工授精の需要は高まり、胚盤胞移植が人工授精の主流にな...

klb0000806-1.jpg
不安で仕方ない!顔が病気で変形することあるの?対処法は?

加齢に伴い、顔の歪みやたるみが気になる方は多いのではないでし...

klb0000805-1.jpg
親として水泳メニューを、女子小中学生向けに組み立てたい!

水泳を熱心に取り組む女子小中学生のお子さんを持つご両親はいら...

klb0000804-1.jpg
159cmの体重は平均でどのくらい?155cmの方の平均体重も!

女性で159cmの方って、割と多いですよね。 男性でも...

klb0000803-1.jpg
注意!過食嘔吐になるとどうなる?チューブ吐きの方法とは?

過食嘔吐という言葉を聞いたことがありますか? 摂食障害の一...

klb0000802-1.jpg
右目と左目で色が違う「オッドアイ」。原因や治療法について

右目と左目で瞳の色が違うことを「オッドアイ」と言います。 ...

klb0000801-1.jpg
胸部レントゲンはブラトップでもいいの?オススメの服装は?

女性の方で、検診の際、服装に悩む方は多いのではないでしょうか...

klb0000800-1.jpg
肺のレントゲン結果で異常発見!何科を受診すればいいの!?

会社などで働いているという人は、年に1回は健康診断を受けるよ...

klb0000799-1.jpg
不安!側弯症の手術の後遺症で神経麻痺することもあるの!?

側弯症とは、筋肉の拘縮により脊椎の並びがカーブしている、また...

klb0000798-1.jpg
168cmの平均体重は?女性にオススメ!痩せ体質を作る方法!

身長168cmの女性や男性で、ダイエットを考えている方、いら...

klb0000797-1.jpg
頚椎ヘルニアの症状はどんなもの? 首の音が鳴るのは大丈夫?

ヘルニアと聞くと腰に痛みが出るイメージですよね。 しか...

klb0000796-1.jpg
膠原病の血液検査結果がでるまでに必要な時間はどのくらい?

この頃、ずっと熱っぽくて体調が悪いし、あちこち関節も痛む・・...

klb0000795-1.jpg
耳鼻科のレントゲン検査でわかる子供に多い蓄膿症について!

耳鼻科っていつ行っても混雑していませんか!? とくに、...

klb0000794-1.jpg
水泳で筋肉を鍛えてイケメンになりたい!その方法とは?!

水泳は誰でも効率よく筋肉トレーニングができる万能スポーツとい...

klb0000793-1.jpg
膠原病の治療でステロイド!ムーンフェイスになるのはなぜ?

あなたは『ムーンフェイス』という言葉を聞いたことがありますか...

klb0000791-1.jpg
眼鏡をかけていて、鼻に違和感を覚えることはありませんか?

いつもかけているその眼鏡、あなたに合っていますか? 眼鏡を...

klb0000790-1.jpg
整形以外でも整体の頭蓋骨矯正で鼻を小さくすることは可能?

誰にでもコンプレックスはありますよね? 目の次に、顔の...

klb0000789-1.jpg
バレーボール・女子中学生への教え方。学年ごとで教える内容

自身のバレーボールを20年近くやりつつ、小・中・高のコーチを...

klb0000788-1.jpg
身長168cmの体重の標準は何kg?男女の体重を見てみよう!

身長168cmというと男性にもいますし、女性にもいます。 ...

スポンサーリンク


背中の痛みの数ある原因

背中の痛みは、感じやすい体の痛みのひとつです。

でも、背中の痛みといっても、痛みの程度や原因はいろいろです。

胸の痛みなどと一緒にあらわれたり、お腹の痛みが背中の痛みと勘違いされることもあります。

なので背中の痛みは、病院で診てもらうことが大切です。

ではどうして背中が痛くなるのか説明していきますね。

一般には、ケガや手術などの治療、ウイルスや細菌などへの感染がありますが、ストレスも痛みの原因になります。

皮膚、骨、関節、筋肉がダメージを受けたり、食道、胃、小腸などの内臓などの病気、神経が原因のこともあれば、心のストレスが背中の痛みになることもあります。

最も多いのが、筋筋膜痛症候群で、急性の筋肉の障害や、筋肉の反復性の過負荷ストレスで、筋肉内にしこりができます。

筋筋膜痛症候群は筋肉痛・コリの状態で、筋肉を触ると強く痛みを感じるトリガーポイントがあります。

筋筋膜痛症候群は背中の筋肉への負担・ストレスが原因なので、姿勢や睡眠不足などで悪化することがあります。

パソコンの仕事などで背中の血行が悪くなりやすい場合、筋筋膜痛症候群になりやすいので気をつけましょう。

 

背中の痛みの症状で分かる原因

背中を押すと痛みがあるなら、コリや炎症でしょう。

コリなら、血行不良、緊張、ストレス、睡眠不足などが原因の筋筋膜痛症候群であることが多いです。

マッサージ、湿布、鍼灸治療、カイロプラクティックなどで改善することができます。

化膿性脊椎炎、化膿性椎間板炎等の炎症なら、マッサージなどでは改善しません。

病院で診察を受け、抗生物質などの処置をしてもらいましょう。

じっとしていたら痛みはないけど、動くと背中の痛みが激痛だという場合、椎間板ヘルニアや良性・悪性腫瘍の可能性があります。

病院でMRI検査を受けるとわかります。

何もしていない時に、突然背中に激痛が起こるのは、狭心症・心筋梗塞の可能性があります。

病院で心電図検査をしてもらいましょう。

関連痛といって、背中とは違う部位の痛みを脳が背中の痛みと思うことがあります。

例えば虫歯が原因なのに、背中に痛みを感じることがあるのです。

 

病院に行く前に知っておきたい!左側の背中の痛み

胃炎とは、胃の粘膜に炎症がおこることです。

さらに皮ふや粘膜がただれた状態が、潰瘍です。

胃がダメージを受ける病気から、背中の痛みがでることがあります。

胃は、背骨の胸の下から腰のあたりで少し左にあります。

痛みが背中の左の方に感じることがあります。

胃の障害では、胃炎もあるのですが、胃潰瘍でこの場所の痛みが起こりやすいです。

胃の場所は、背骨の胸の下の方から腰のあたりで、少し左にあります。

なので、胃潰瘍でこのあたりの背中の痛みを感じることがあります。

消化液が、自分の胃の壁を攻撃してしまうので痛みが起こるのです。

近年、ピロリ菌や消炎鎮痛剤などの薬で起こると考えられています。

お腹が空いているときに痛むのですが、症状が重くなると背中の痛みが出るのです。

放っておくと、血を吐いたり、胃に穴が開いたり、胃の入り口が塞がって食事が胃の中に入らなくなることもあります。

なので早めに病院に行き、治療をしてもらうことが必要です。

胃がんは、胃の粘膜が、がんの病変をきたしてしまう病気です。

早い段階では症状がなかなか見られないのですが、進行したらみぞおちあたりの腹痛と背中の痛みが出ます。

吐き気や胸やけの症状も出ます。

進行したら、周りの内臓にまで病変が広まってしまいます。

近年は、胃がんで死亡する人は少ないですが、40歳以降で胃がんになることが多いようです。

 

病院に行く前に知っておくべき!右側の背中の痛み

胆のう炎は、肝臓のうしろにある胆のうに炎症がおこる病気です。

胆のうに石ができる胆石症を合併していることが多いです。

この石による刺激と胆のうから分泌される消化液で炎症が起きたり、細菌などが感染して炎症がひどくなることが病気の原因になります。

胆のうからも背中の真ん中に痛みを感じます。

ただ、真ん中だけでなく左右に痛みを感じることもあります。

他にも発熱、吐き気、黄疸の症状が出ることもあります。

胆石症は、胆のうや通り道である胆管に石ができる病気です。

無症状なことがほとんどですが、ケースによっていろんな症状があらわれます。

食後のお腹の痛み、背中の痛み、右肩の痛みなどです。

胆のうなどの痛みは、背中の真ん中や左右に感じます。

胆石症は増えていて、10人に1人は胆石症にかかっています。

病院で診てもらうことが大切です。

十二指腸潰瘍は、よく知られている病気です。

近年は、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染が関係していることが多いです。

胃液の塩酸や消化酵素で胃を保護している粘膜がダメージを受けるのが原因です。

症状は腹痛が主ですが、背中の中央や左右への痛みも出ます。

 

これも知っておこう!肩甲骨が痛いとき

肩こりはよく聞く症状です。

肩こりは、首の後ろから肩甲骨の間に起こることが多いです。

病気やケガ、そしてストレスが原因のことも多いです。

肩甲骨を覆う僧帽筋に痛みを感じ、肩甲骨の内側が硬くなった感じを受けます。

悪化すると、頭痛や腕の痛みとして広がることもあります。

骨盤のゆがみは、例えば左右や前後の傾きのバランスが崩れた状態も骨盤のゆがみです。

原因はいろいろですが、左右の脚の長さの違いが原因のこともあります。

骨盤は人間の重心がある場所ですが、全身のゆがみとなってあらわれ、首や腰などにストレスがかかります。

骨盤のゆがみが原因で、首の筋肉の痛み、肩こり、背中の痛み、外反母趾などになります。

胸郭出口症候群という病気についてです。

腕の付け根あたりの筋肉や鎖骨の下には、運動や感覚に関わる神経がまとまって走行しています。

そこに何かの問題が起きて、神経や血管が圧迫されるといろんな痛みが出ます。

腕をあげると、痛みが肩や腕、肩甲骨に出ます。

しびれ、痛み、だるさ、さらに握力の低下やマヒ、そして筋肉がやせ細ることもあります。

早めに病院に行くことが大切です。

 

病院に行く時間がとれない・・そんな時の対処法

肩こりなどで筋肉が炎症を起こしていて、急性期の痛みが始まったときは、冷湿布などで冷やすのをおすすめします。

温めると炎症が悪化することがあります。

氷枕などで冷やすのもOKです。

でも原因がわからないのに、むやみに冷やすのはおすすめできないとも言われます。

冷えることで血行が悪くなり、症状が悪化する可能性があるからです。

冷やすかどうかは、病院の先生の意見を参考にするのがいいでしょう。

体を温めると、筋肉の血行が良くなって痛みを和らげる効果があります。

温かい蒸しタオルなどで患部を温めるのもいいでしょう。

ただ、心臓に異常があるときは注意が必要なこともあるので、病院などで確認するほうがいいでしょう。

マッサージは筋肉をほぐし、血流をよくして、筋肉の疲労をとるので、痛みやむくみの改善ができます。

また心のストレスがやわらぎ、胃腸の調子が良くなります。

マッサージは病院などでもすすめているところがあります。

ただ、経過が長いときや症状が強いときは、効果がないこともあります。

あまりに痛みがひどいときは、別の病気である可能性もあるので、病院で診てもらうことが大切です。

症状の様子をみたいときなどは、市販薬も便利です。

ただ、むやみな市販薬の使用はしないようにしてください。

今までにないような背中の痛みのときは、すぐに病院に行くことをおすすめします。

 

辛い背中の痛み・病院にかかる前に知っておきたい痛みの原因 まとめ

背中が痛い原因はさまざまな理由が考えられます。

この記事では、病院に行く前に自分の症状を少しでも知ることを目的としています。

疲労が原因の背中の痛み以外にも、内臓が原因の背中の痛みの場合もあります。

少しでもいつもと違う違和感を覚えたら、病院にを受診し、正しい治療をしたいですね。

 - 背中 痛み