コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

寝起きに筋肉が硬直している!気持ち良く朝を迎えたい!

      2016/11/11

寝起きに筋肉が硬直している!気持ち良く朝を迎えたい!

寝起きに筋肉が硬直していて、起きるのが辛い・・朝、腰が痛くて・・という方、いますよね。
寝起きの悪さは身体に疲れが溜まっているサインかもしれません。
睡眠は人間にとって必要不可欠です。
今回は身体が痛い原因と寝起きの腰痛を防ぐポイントをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腕を骨折した時、知っておきたい正しい治療とリハビリ!

私たちは、日常生活の中で家事をする時、趣味活動をする時、...

身の回りのものを上手にストレッチの道具として活用しよう!

ストレッチを始めようとする時に悩むのが、道具の問題でしょ...

60代シニア層に健康上の悩みを克服する方法を学ぶ

人の一生は、20歳と60歳が重要な節目だと思われます。 ...

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

スポンサーリンク


寝起きに身体が痛い原因

寝起きの悪さは筋肉が硬直しているからなのか、また、寝起きに体が痛い原因は何かを考えてみます。

朝に体がだるかったり重かったりして寝起きが良くないときの原因は、睡眠の浅さなどが関係しています。

ではどのような時に睡眠が浅いのかを挙げてみます。

・いびきによって酸素不足になる

・歯ぎしりをすることが頭痛や肩こりの原因になる

・半目を開けて寝ることでドライアイになる

・ストレスが溜まって筋肉が常に緊張状態になる

・アルコールの摂りすぎによって自律神経が乱れる

以上のように深い睡眠がとれていないかストレスや飲酒などの日常の活動によって翌朝まで体のだるさや重さが残されることが多くあります。

寝起きに体が痛くなる理由は筋肉にあります。

背中には背骨を支えるための筋肉があり運動不足や同じ姿勢でいる事が続くと筋肉が衰え背骨がゆがみ痛みを発症します。

また、体勢によって寝返りが打てない場合があり、ずっと不自然な姿勢で眠ってしまうことがあります。

そうなると体に負担がかかり痛みが出ます。

他にも寝具が体に合っていない場合にも背骨がゆがみ痛みが出ます。

よくある寝起きの腰痛・・原因は筋肉の硬直?

寝起きで腰痛になるのは筋肉が硬直しているためです。

輪ゴムを例にとってみます。

新しい輪ゴムはしっかりと伸び縮みしますが長いこと使っていなかった輪ゴムや日に当たって干からびた輪ゴムはうまく伸び縮みしなかったり、伸ばすと切れてしまったりします。

筋肉もこれと同じで寝ている間に腰の筋肉が硬くなっていると、朝、起き上がろうとすると腰の筋肉がうまく伸びずに痛みが起きます。

赤ちゃんや小さな子どもは硬い床の上でも寝ることが出来ますが、それは背中の筋肉がまだ柔らかく、体重を分散できるからです。

しかし、大人になるにつれ背中の筋肉が硬くなるため硬い床の上では寝られなくなるのです。

このことからも筋肉の硬直が痛みの原因になっている事がわかると思います。

筋肉は起きている間は動かし続けているので柔軟性が保たれますが、夜寝ていると昼間のように体を動かさないので硬くなっていきます。

しかし、寝ている間でも筋肉が硬直しないようにする機能が人間には備わっています。

それが寝返りを打つ、という行為です。

寝起きの筋肉の硬直を防ぐには寝返りが大切

寝起きで体が痛くなるのは筋肉が硬直しているためですが、そのために人間は寝返りを打つのです。

筋肉は日中動かし続けているので柔軟性が保たれますが、寝ている間には筋肉が動かなくなり次第に硬くなっていきます。

筋肉が硬直すると朝起きたときに筋肉を動かそうとすると痛みが出ます。

それを防いでいるのが寝返りです。

寝返りには寝ている間でも筋肉を動かし続けて硬くなりにくくするだけでなく、1日の体のゆがみを修正したり筋肉の疲労物質を流したりするような役割もあります。

さらに腰が痛くなるからということで柔らかい寝具で寝る方がいますが、柔らかい寝具は体が沈み込んでしまうので寝返りが打ちにくくなります。

もし、柔らかい布団で寝ているのに腰が痛いという方がいたら、それは寝返りを打てないことが関係しています。

寝返りを打てないと筋肉が固まっているので血液循環も悪く、寝ている間にスムーズに疲労物質が排除されないのです。

ですから寝返りが打てるような適度な硬さの布団やマットレスを使う必要があるのです。

子供と大人の疲れの違いは「寝返り」

子どもは布団からはみ出すほどの寝返りを打つことがあります。

それは一見寝相が悪いということのようにも感じますが、そのような子を叱る必要はありません。

それは寝相が悪いのではなく、本能的に体の修復作業を行った結果であり、とても正常なことです。

子どもの日中の活動量はとてつもない量です。

大人が一緒になって同じ動きをやろうものならすぐに息が上がってしまうことでしょう。

それだけ一日体を動かせば子どもと言えど疲労が溜まります。

その溜まった疲れを深い眠りと激しい寝返りで朝までに回復してしまうのは驚きですね。

しかし、大人になるとだんだん寝返りを打たなくなり寝相が良くなっていきますが、これが筋肉が硬くなる原因となります。

寝返りが出来なくなる理由として、運動不足、筋肉の柔軟性不足、体重の増加、その他にアルコールや夜更かしなどが挙げられます。

寝返りを打てないと筋肉が固まってしまい血液循環も悪く、寝ている間にスムーズに疲労物質が排除されず、朝目覚めが悪い、疲れが抜けないと感じてしまうのです。

寝起きの筋肉の硬直を予防するポイント

寝起きの筋肉の硬直を予防するポイントを挙げます。

布団やベッドなど、睡眠環境を改善することで寝起きの腰痛を防げます。

寝具を選ぶ際には以下のポイントに注意して下さい。

・背骨がS字カーブをキープできるか

仰向けになった時に背骨がS字カーブを描いた状態となる寝具が理想です。

・寝返りを打ちやすい寝具か

寝具が狭いと寝返りを打てないため充分な広さがある寝具を選んで下さい。

また、寝具の固さも重要です。

適度に反発力のあるものを選べば、体力のない方でも簡単に寝返りを打てます。

・腰に負担のかからない枕を選んでいるか

最適な枕の高さは仰向けで寝たときの首の角度がまっすぐ立った時と同じになる高さです。

頭の重みで枕や布団が沈み込むことも考慮して枕の高さを決めましょう。

寝具を選ぶポイントは以上です。

タオルやクッションを使って腰の負担を和らげることもできます。

仰向けで寝る時腰にバスタオルなどを巻くことで余計な動きが抑えられ腰への負担を減らせます。

すでに腰痛が悪化している場合は仰向けでも腰が反った状態になることがあります。

そんな時は膝の下にクッションを入れることで腰の反りが和らぎ、負担のかからないリラックス状態を作れます。

横向きになって寝る場合は両膝の間にクッションを挟むことで腰が安定し負担を抑えられます。

寝起きの腰痛・・日常生活で気をつけるべきこと

寝起きで腰が痛くなるのは寝ている間に筋肉が硬直しているためですが、それを防ぐために人間は寝返りを打ちます。

しかし、運動不足で筋力が落ちている場合は寝返りが打てないこともあります。

そのような場合に日頃から気を付けるべきことを挙げます。

 

・軽い運動を習慣づける

運動不足で寝返りが打てない場合、寝返りに必要な筋力をつけることが重要です。

スクワットやウォーキングなどの軽い運動を習慣的に行うようにしましょう。

自分のできるところから少しずつ始めて下さい。

 

・寝る前の2時間は食事をとらない

食事は必ず寝る2時間前にまでに済ませましょう。

食後すぐ寝ると消化器官の働きが悪くなり、内臓に負担がかかります。

すると、腰や背中の筋肉が緊張した状態となり、血行不良から痛みが現れるのです。

寝る直前に食事をとらないことが腰痛を防ぐことにつながっているのです。

 

・ストレスを溜めない

ストレスは全身の血流を妨げ、腰回りの筋肉を落とす原因となります。

自分に合ったストレス発散方法を見つけ、ストレスを溜めない生活を心がけて下さい。

辛い寝起きは日常生活の改善を!

寝起きに筋肉が硬直している原因は、日々の疲れが溜まってきているサインです。

大人の方は、なかなか身体を十分に休ませることはできないですよね。

睡眠は人間にとって必要不可欠ですよね。

睡眠によって日々の生活の気力も変わってしまいます。

寝起きに筋肉を硬直させないように、自分で日常生活を改善したり、症状を防げるよう努力していきたいですね。

 - その他 部位