コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

親指の付け根にほくろがあると要注意!実はメラノーマかも!

      2016/11/10

親指の付け根にほくろがあると要注意!実はメラノーマかも!

親指の付け根に急にほくろできた・・でもそれ、本当にほくろですか?
ほくろに似ている皮膚がん「メラノーマ」という病気知っていますか?
素人ではなかなか判断しにくいメラノーマ。放置してしまうととても危険なのです。
今回は、ほくろとメラノーマの違い、早期発見のポイントをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腕を骨折した時、知っておきたい正しい治療とリハビリ!

私たちは、日常生活の中で家事をする時、趣味活動をする時、...

身の回りのものを上手にストレッチの道具として活用しよう!

ストレッチを始めようとする時に悩むのが、道具の問題でしょ...

60代シニア層に健康上の悩みを克服する方法を学ぶ

人の一生は、20歳と60歳が重要な節目だと思われます。 ...

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

スポンサーリンク


親指の付け根のほくろは皮膚ガン

ほくろとはメラニン色素が含まれている「母斑細胞」というものが増えることで出来ます。

平べったいものを「単純黒子」、やや盛り上がっているものを「母斑細胞母斑」と呼び、この細胞は皮膚にもとからあるもので、増えてもほくろに変わるだけなので、基本的には害を及ぼしません。

このほくろと見た目がよく似ているものに「メラノーマ」という皮膚ガンがあります。

メラノサイトという細胞がガンに変化することで生まれます。

これ以外にもうひとつ、皮膚に出来る「表皮癌」があります。

こちらは進行度がゆっくりで、別の場所に移ることも滅多にないので、早めに治すことが可能です。

他の部位に出来るガンと比べると、死亡率もそこまで高い方ではないようです。

しかしメラノーマは見つけた段階で手遅れになっていることが多く、皮膚ガンの死亡者はほぼこちらのせいで亡くなっています。

ほくろと似ているというところが厄介な点です。

見つけてもただのほくろと認識して放っておくことが多いのですから。

親指の付け根や足の裏に出来るほくろは皮膚ガンかもしれない、とよく言われています。

試しにチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

親指の付け根に出来たほくろと皮膚ガンの見分け方

ほくろは基本的に左右対称の大きさで、固さも揃っています。

少しくらい歪んでいても、真ん中に線を入れるとバランスが取れていると分かるでしょう。

しかし明らかに形が崩れているものは皮膚ガンの可能性があります。

皮膚ガンは細胞が増えるスピードが速いので、左右対称になることはまずありません。

墨汁のような黒さだったり、端が薄くなっていたり、色の濃い部分と薄い部分が極端なものは皮膚ガンかもしれません。

しかし通常のほくろも似たような色合いの場合があり、見分けるのは困難です。

でこぼこしているもので、盛り上がっているところの色が濃い場合や、真ん中がへこんで血が出ていたら皮膚ガンのサインです。

幼少期からあるほくろが成人してから急激に大きくなったり、数年で6mm以上になったら皮膚科へ行くことをおすすめします。

そのためにも、こまめに身体を確認しましょう。

頭皮や背中なども、誰かに見てもらうとなお良いです。

特に親指の付け根や足の裏に出来ているものは危険性が高いとよく言われています。

紫外線を受けると増えやすいそうですが、同時に大きさも変わっていれば皮膚ガンの疑いがあります。

またほくろに刺激を与えるのも良くないため、下着やバッグの紐などがほくろのある位置によく当たるようなら少し気を付けて下さい。

 

親指付け根のほくろに皮膚ガンの特徴や症状があるかチェック

皮膚ガンの見た目はほくろや湿疹と類似していることが多く、見分けるのは難しいため、気が付いたら手遅れになっていることも少なくありません。

全身が皮膚で覆われている我々の身体にはどこにでもガンが出来る可能性があります。

目に付くところなら良いですが、頭皮や背中など自分で確認出来ない場所や、手足の付け根など普段意識して見ない場所にガンがあると厄介です。

発見が遅れると他の部位に転移することもあります。

ほくろを刺激すると皮膚ガンになるという考えもあるようなので、ただのほくろでもあまり触らない方が良いでしょう。

メラノーマと呼ばれる皮膚ガンは、親指の付け根や足の裏に出来やすいそうです。

稀に口内や爪の中にも出来ますが、最も多いのは足の裏のようです。

爪に出来ると黒っぽい褐色の筋が縦に入り、1年ほどで幅が太く、色も濃くなっていきます。

肌の色が白い外国の方の場合、ほくろの数が多いほどメラノーマになりやすいと言われています。

日本人にも当てはまるかは分かりませんが、色白でほくろが多い人は気を付けて下さい。

日焼けに強い体質でも、年を取るごとに発症する確率は上がっていきます。

日頃から紫外線への対策はこまめにしておきましょう。

皮膚ガンは痛みもかゆみも出ませんが、もしどちらかを感じたら、病院へ行った方が良いかもしれません。

何故そうなるのかという理由も知ることが出来るので、皮膚科を訪ねましょう。

 

ほくろと似ているメラノーマの4つの種類

メラノーマという皮膚ガンにもいくつかの種類があります。

日本人が最も多く発症しているのは「末端黒子型黒色腫」と呼ばれるタイプです。

手の平や親指の付け根、足の裏、爪など身体の末端部分に出来ます。

見た目は血豆と似ているため、放っておく人も少なくありません。

皮膚に出来ると黒っぽい褐色のあざのようなものが、爪に出来ると同色の筋が広がっていきます。

メラノーマの中ではゆっくりと進行していくため、発見から治療までが遅れても、比較的治りやすいそうです。

続いては「表在拡大型黒色腫」です。

これはほくろの細胞から生まれるガンで、老若男女を問わず誰にでも出来る可能性があります。

初めはやや盛り上がったあざのような見た目をしていますが、やがてまだらになっていき、縁が歪んできます。

次は「結節型黒色腫」です。

進行するスピードが速く、別の場所に転移もするという厄介なタイプです。

40~50代に多く見られ、皮膚なら身体の何処にでも出来ます。

皮膚が少し盛り上がっており、色は白っぽいものもあれば、黒いものもあります。

発見しにくいため、見つけた時にはだいぶ重症化していることが多いようです。

最後は「悪性黒子型黒色腫」です。

最も発症率の低いタイプで、高齢者に多いとされています。

顔や頭など直射日光を浴びる場所に出来ますが、稀に太ももなどにも見られます。

見た目は黒いあざで、進行していくと色が濃くなります。

 

早期発見!ほくろに似ているメラノーマ!

30代に突入してからいきなりシミやほくろが増えたという人は気を付けて下さい。

特に頭や背中、親指の付け根、足の裏など普段見ないところに出来ていたらメラノーマという皮膚ガンの可能性があります。

シミを取り除くためのレーザー治療でメラノーマが見つかることもあるので、怪しいと感じたらすぐに皮膚科へ行きましょう。

ほくろの大きさは、子供の頃から大きいようなら様子見で構いませんが、成人した途端に大きくなったり、新しく出来たほくろが大きければ危険かもしれません。

目安は7mmとされており、この他にかゆみや痛みを伴ったり、周辺の皮膚が破れた場合はガンが進行しているかもしれないので、早めに病院で診てもらいましょう。

メラノーマの色と形は実に様々です。

濃いめの黒の時もあれば、ほぼ茶色に近いくらい薄いこともあります。

形は綺麗な丸ではなく歪んでいることがほとんどなので、肉眼で見ると多少の違和感を覚えるでしょう。

また何処かにぶつけた覚えはないにもかかわらず、爪に変な筋が入っていたり、割れているようならメラノーマかもしれません。

血豆と類似しているので気付きにくいですが、念のために皮膚科を訪ねて下さい。

 

実に恐ろしいほくろのようなメラノーマ

メラノーマは親指の付け根や足の裏などの目立たない位置に出来ることが多い皮膚ガンの一種です。

早めに見つければ手術で取り除けるので、皮膚科でダーモスコープ検査というものを受けましょう。

これによりメラノーマの疑いが出たら、今度はリンパ節などに転移していないかを調べます。

最後にCTやレントゲンなどでどれくらい進行しているかを確かめます。

もしメラノーマと判明したら、手術が行われます。

抗がん剤などは効果がないので、腫瘍ごと取り去ってしまうのが一番有効なのです。

しかし転移していた場合、治療は出来ても完全に治ることはないとされています。

死亡率も80%と非常に高く、危険性はもちろん進行するスピードも速い、厄介なガンなのです。

メラノーマが出来る理由は確定していません。

今のところ、肌が白く紫外線を吸収しやすい人はメラノーマになりやすいと言われています。

これを防ぐには、なるべく直射日光に当たらないようにすることが良いでしょう。

ほくろがいきなり大きくなったり、7mmほどのほくろが突然出来ていたら、メラノーマの可能性があります。

少しでも怪しければ、すぐに皮膚科へ行きましょう。

 

皮膚がんは早期発見が重要です!

いかがでしたか?

急にこんなところにほくろが!ってありますけど、素人では判断できない、皮膚がんがあるのですね。

どんどん大きくなっているなど、気になる点があるようでしたら、是非皮膚科を受診してください。

なかなか痛みなどの症状もないので、発見が遅れてしまいがちのようなので、自分の目の届かない背中などは、家族に見てもらうのもいいかもしれませんね。

 - 手足 症状