コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

お酒の飲み過ぎが原因でむくみ体重増加!その予防法と対処法

      2016/11/10

お酒の飲み過ぎが原因でむくみ体重増加!その予防法と対処法

お酒を飲んだ翌日に、目覚めた自分を鏡で見たとき、顔がパンパン!
顔だけでなく、体にもむくみが・・お酒を飲むと体重増加が気になる・・
という方、いらっしゃいますよね。
今回はお酒を飲むとむくむ原因と体重が増加してしまう原因をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

klb0000807-1.jpg
胚盤胞移植について!胚盤胞のグレードが低いと妊娠確率は?

近年、人工授精の需要は高まり、胚盤胞移植が人工授精の主流にな...

klb0000806-1.jpg
不安で仕方ない!顔が病気で変形することあるの?対処法は?

加齢に伴い、顔の歪みやたるみが気になる方は多いのではないでし...

klb0000805-1.jpg
親として水泳メニューを、女子小中学生向けに組み立てたい!

水泳を熱心に取り組む女子小中学生のお子さんを持つご両親はいら...

klb0000804-1.jpg
159cmの体重は平均でどのくらい?155cmの方の平均体重も!

女性で159cmの方って、割と多いですよね。 男性でも...

klb0000803-1.jpg
注意!過食嘔吐になるとどうなる?チューブ吐きの方法とは?

過食嘔吐という言葉を聞いたことがありますか? 摂食障害の一...

klb0000802-1.jpg
右目と左目で色が違う「オッドアイ」。原因や治療法について

右目と左目で瞳の色が違うことを「オッドアイ」と言います。 ...

klb0000801-1.jpg
胸部レントゲンはブラトップでもいいの?オススメの服装は?

女性の方で、検診の際、服装に悩む方は多いのではないでしょうか...

klb0000800-1.jpg
肺のレントゲン結果で異常発見!何科を受診すればいいの!?

会社などで働いているという人は、年に1回は健康診断を受けるよ...

klb0000799-1.jpg
不安!側弯症の手術の後遺症で神経麻痺することもあるの!?

側弯症とは、筋肉の拘縮により脊椎の並びがカーブしている、また...

klb0000798-1.jpg
168cmの平均体重は?女性にオススメ!痩せ体質を作る方法!

身長168cmの女性や男性で、ダイエットを考えている方、いら...

klb0000797-1.jpg
頚椎ヘルニアの症状はどんなもの? 首の音が鳴るのは大丈夫?

ヘルニアと聞くと腰に痛みが出るイメージですよね。 しか...

klb0000796-1.jpg
膠原病の血液検査結果がでるまでに必要な時間はどのくらい?

この頃、ずっと熱っぽくて体調が悪いし、あちこち関節も痛む・・...

klb0000795-1.jpg
耳鼻科のレントゲン検査でわかる子供に多い蓄膿症について!

耳鼻科っていつ行っても混雑していませんか!? とくに、...

klb0000794-1.jpg
水泳で筋肉を鍛えてイケメンになりたい!その方法とは?!

水泳は誰でも効率よく筋肉トレーニングができる万能スポーツとい...

klb0000793-1.jpg
膠原病の治療でステロイド!ムーンフェイスになるのはなぜ?

あなたは『ムーンフェイス』という言葉を聞いたことがありますか...

klb0000791-1.jpg
眼鏡をかけていて、鼻に違和感を覚えることはありませんか?

いつもかけているその眼鏡、あなたに合っていますか? 眼鏡を...

klb0000790-1.jpg
整形以外でも整体の頭蓋骨矯正で鼻を小さくすることは可能?

誰にでもコンプレックスはありますよね? 目の次に、顔の...

klb0000789-1.jpg
バレーボール・女子中学生への教え方。学年ごとで教える内容

自身のバレーボールを20年近くやりつつ、小・中・高のコーチを...

klb0000788-1.jpg
身長168cmの体重の標準は何kg?男女の体重を見てみよう!

身長168cmというと男性にもいますし、女性にもいます。 ...

スポンサーリンク


むくみと体重増加の関係

お酒をたくさん飲んだ次の日は顔や体がむくみ、体重も1~2kg増えてしまうという人は少なくないかもしれません。

むくみや食べ過ぎ・飲み過ぎによる一時的な体重増加は時間が経てば元に戻る事も多いですが、むくみの原因となっているのは血管から染みだした血しょう成分です。

余分な水分が多くなり過ぎると、この組織液が血管の外に出てしまい、むくみとなって顔や体に現れます。

酸素や栄養素は体内に取り込まれると組織液に変えられて体中の組織や細胞へと運ばれていきます。

そして細胞の老廃物や二酸化炭素を回収し、心臓に到着したら血液となってまた循環されていきます。

しかしアルコールの摂り過ぎなどで余分な水分が多くなってしまうと、組織液の巡りが悪くなり、滞った状態となってしまいます。

その結果次の日に起きたら顔がパンパン・・・といった事が起こるのです。

また、筋肉量が衰えている人は心臓まで組織液を循環させる力も弱いため、顔にむくみが起きやすい体質であると言えます。

骨格筋を鍛える事が出来るエクササイズなどをすると良いでしょう。

 

お酒を飲んでむくみが起こる原因

むくみを引き起こすのは余計な水分ですが、余計に水分を取ってしまうのには理由があります。

アルコールを摂取するとトイレが近くなる人達が非常に多いです。

体内に入ったアルコールを分解する為に、体は多くの水分が必要になります。

アルコールを飲むと水分が頻繁に排せつされてしまうため、たくさん飲んでいると思っていても体はプチ脱水状態となっているのです。

そのため新たにお酒やお茶などを飲むようになりますし、帰宅してから妙に喉が渇いてしまって水やお茶を飲んでから寝るという事にもなります。

お酒を飲んでいる最中のおつまみや料理などは塩分が強い物が多く、〆の一杯と称してラーメンを食べてから帰るという人達もたくさんいます。

塩分は体の中に水分を溜め込む性質がありますから、水分の摂り過ぎと塩分による水分の溜め込み効果が重なってむくみが起きやすくなってしまいます。

お酒を飲んだ時に一緒に食べるおつまみや料理は高カロリーなものも多く、お酒自体もカロリーが高いものがありますから、頻繁に飲みに行くと体重が増えてしまう事もあります。

 

お酒を飲んでもむくまない飲み方

体重が増えないように普段から気を使っている人でも、どうしても付き合いなどで飲み会などが避けられない場合があります。

お酒を飲んだ次の日に鏡を見てみたら顔がパンパンになってしまっているという人は、出来るだけ早めに顔のむくみをどうにかしたいと思うはずです。

アルコールを飲むと体の中のミネラル分が不足しがちになってしまいます。

そのため、飲み会などでアルコールを摂取する場合には野菜を積極的に食べるようにしましょう。

野菜を適度に摂りながらお酒を飲むと、悪酔いの防止にもなります。

また、お酒を飲む際には緑茶やミネラルウォーターやウーロン茶なども一緒に飲むようにするのがベストです。

こういったソフトドリンクには利尿作用があります。

また、冷たいお酒ばかり飲んでいると体が冷えて内臓にも悪いため、出来ればこういったソフトドリンクはホットにするのがおすすめです。

お酒は寝る3時間前からは飲まないようにする方が良いです。

眠りが浅くなってしまい、次の日のコンディションに影響してしまう事もあります。

運悪く顔にむくみが出てしまった場合は温かいタオルと冷たいタオルを交互に4回~5回あてて血流の促進を促し、カリウムが多い食品を食べましょう。

 

むくみが原因で体重が増えてしまった時の対処法

むくみは血流が滞っている事で起きますから、血流を良くしてあげればむくみの解消がそれだけ早くできる可能性があります。

体内でこういった代謝がうまくいかなければ、むくみだけではなく体重の増加につながってしまうなど、様々な不具合を生み出してしまいます。

朝起きた時にお風呂に入るのはむくみ解消に良いと言われており、温かいお風呂に浸かった後に冷水を浴び、再び入浴してから冷水を浴びる・・・と繰り返すと、普通に入浴するより血のめぐりを良くさせることが出来ます。

また、お酒で失われたミネラルと、余計な塩分を排出してくれるカリウムを摂取するのも飲み会後のケアとしておすすめです。

ハト麦茶や黒豆茶、コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶・青汁などを積極的に摂ったり、アボカドやバナナや緑黄色野菜を朝食に取り入れてみましょう。

アルコールの摂取で体が受けたダメージをなるべく早く修復させたいのであれば、ミネラルなどの補給もしっかりした方が良いでしょう。

飲んだ後にこのような対策をしておく事で、健康的な体を維持する事にもつながります。

 

糖質も体重の増える原因

アルコールを分解するために非常に重要な臓器は肝臓です。

肝臓は普段から脂肪なども分解してくれています。

アルコールは糖質や脂質よりも優先的に体内で処理されます。

そのため、脂質や糖質は分解が後回しとなってしまいます。

飲み会続きで体重が増えてしまったと嘆いている人の場合、次から次へと飲むアルコールの分解で、肝臓が糖質や脂質の分解にまで手が回らず、肝臓が疲弊してしまうという事もあります。

その結果糖質や脂質が燃焼されないまま体内に脂肪として残ってしまうのです。

また、肝臓はアルコールを分解する際に中性脂肪の合成を促進します。

肝臓で作られてしまった中性脂肪は体脂肪率の増加へとつながっていきます。

お酒を摂取する時は体への影響を極力少なくさせる事が肝心ですが、これは本人の嗜好やその場のノリなども絡んでくるため、あまり容易な事ではありません。

体重増加やむくみが極力起きないようにするには、糖質が多いビールや日本酒をほどほどに抑えなければなりません。

しかし糖質を気にするあまり、ほとんど摂らないと今度はアルコールが効率よく分解させる事が出来なくなってしまいます。

非常に難しいところですね。

 

お酒を飲んでも太らないようにする秘訣

お酒を飲んでむくみが出たり体重が増えたりしたくないのであれば、飲み過ぎ・食べ過ぎに注意しなければなりません。

雰囲気が良い居酒屋も多いですし、居酒屋メニューは食べる事が大好きな人にとってはたまらない料理も多いです。

お酒にしても料理にしても、非常に誘惑が多いですから、ある程度は自分でブレーキをかけなければダラダラと飲み食いしてしまいます。

お酒を飲む場合、純アルコールに換算すると20g程度が適量だとされており、日本酒の場合は1合、ワインの場合は180ml、ビールは500ml位がベストだと言われています。

これだけでは少々物足りないと思う人もたくさんいると思われます。

どうしても我慢できない場合は、ビールは最初の一杯だけにして他のお酒を飲んだり、焼酎は水割り・お湯割りで薄めて飲むといった工夫が必要です。

また、ウイスキーは糖質ゼロのお酒なので、こういった種類のお酒を選ぶようにするといった事も有効な手段になります。

また、飲んだ次の日を休肝日にするのも大切です。

疲弊した肝臓を癒すためにも休肝日はしっかり作るようにしてください。

また、お酒を飲む場合はピザやパスタといった炭水化物を一緒に食べないようにする事が肝心です。

野菜や鳥のささみなどのヘルシーなものを多く摂りいれましょう。

揚げ物よりも焼き物が望ましいですし、あまり塩辛いものは避けるのがベストです。

 

お酒はほどほどに!

いかがでしたか?

お酒が好きな人は、飲みすぎてしまいがちで、その場が楽しいと、ついつい飲みすぎて、むくんでしまったり、気付いたら体重が・・といったことに。

自己嫌悪に陥ってしまう前に、自分のお酒の飲み方を見直して、改善していくといいですね。

せっかく楽しいお酒の席なので、後々後悔しないようにしたいですね!

 - 健康 食事