コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

167センチの人の標準体重・モデル体重・美容体重は?男女別

      2016/11/10

167センチの人の標準体重・モデル体重・美容体重は?男女別

身長167センチの人の標準体重はどれくらいなのでしょう。
健康に過ごせる体重やモデルさんのような人の体重ってどれくらいなのか、気になりますよね。
167センチの男女別に見て行きたいと思います。
他に、170センチと178センチも併せてご紹介していきたいと思います。
また、日本人の年齢別の平均体重もご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


167センチのBMI

あなたはBMIという言葉を知っているでしょうか?

一度は聞いたことあるはずです。

BMI(Body Mass Index)とは国際基準にも認められている肥満度の指数で、この数値によって肥満の度合いを簡単に測ることができるのです。

ですから、このBMIの数値を普段から気にして、ぜひ健康維持に努めていきたいものですね。

実際のBMI数値の算出方法ですが、「BMI=体重÷(身長(m)×身長(m))」で導き出すことができます。

計算によって出た数値が以下のどこに当てはまるかで、あなたの肥満度が分かります。

18.5未満 低体重【痩せ型】
18.5-25未満  普通体重
25-30未満  肥満【1度】
30-35未満  肥満【2度】
35-40未満  肥満【3度】
40以上     肥満【4度】

自分の体重を上記の計算式に当てはめてみて、答えの数字が18.5以下になった人は、低体重で痩せすぎということになりますね。

たとえば、167センチの男性のBMI数値を計算に使ってみますと、痩せすぎの場合は、【体重(kg)=18.5×1.67(m)×1.67(m)】で51.6kg以下の人が低体重だということになります。

体重が軽すぎるというのは、痩せすぎだということです。

死亡率もぐっと上がり不健康ですので、普段から以下の標準体重を把握して、自己管理していけるように心がけてください。

167センチの標準体重は、BMIの数値が18.5〜25の範囲内で、具体的な体重でいうと、51.5kg〜69.7kgまでが普通ということになります。

計算方法などは、覚えやすいので、ぜひ普段から数値を計算して気にしてみてください。

 

167センチの男女の標準体重・健康体重

健康な体を目指すために、まずはご自分でBMI数値を計算し、現在のBMI数値がどれくらいなのかを把握することが大事です。

現在のBMI数値知っておくことは、自分の理想のBMI数値になるための第一歩なのです。

男性の標準身長は167センチほどですが、標準体重は、BMI数値が22で、61.3kgほどと言われています。

この標準体重であると、最も病気にかかりにくい健康な体を維持できる数値ですから、常に心がけたいものです。

また女性の167㎝の標準体重は、BMI数値が21で、58.5kgほどと言われています。

やはり男性に比べて 女性の標準体重はかなり軽いですね。

しかしながら、女性ならこの標準体重の数値に満足できず、もっともっと軽い体重を目指したいと思われるかもしれません。

確かに60kg近い体重の女性は標準体重で健康であるにも関わらず、実際に見かけると、コロコロとしていて、少し重いのではないかな、と感じるかもしれません。

これは、いつの間にやら、世に出ているモデルや女優達は、この標準体重に比べてもっと軽いのに、彼女達の体重が標準体重、または魅力的な体重となってしまっているのです。

現に、彼女たちにできるだけ近づきたいと思って女性たちはこぞってこの魅力的な体重=美容体重を求めてしまう傾向があります。

しかしながら、言うまでもなく、健康を目指すならば、太りすぎもよくありませんが、痩せすぎもよくないのです。

 

167センチの男女のモデル体重・美容体重

身長167センチのモデルを職業とする男性の標準体重は52.9kgで、BMIが19ぐらいの数値と言われています。

しかし、この数値はあくまでも体重だけに重視した数値であって、筋肉量や体脂肪率は考慮されていないのです。

芸能人やモデルのような適度に筋肉もついてスタイルのいい体を目指す場合は、美容体重というものを考慮しなければなりません。

この数値は、男性であっても女性であっても、標準体重よりも少し軽めになっています。

男性の美容体重は、BMIを20で計算した数値です。

この数値をもとに計算すると、55.7kgが美容体重ということになります。

これは、男性の中でもかなり『痩せ』の部類に入ってしまうかもしれません。

しかし、正直スラッとして確かに見栄えが良く、魅力的に見えます。

女性の美容体重は、BMIを19で計算した数値です。

この数値をもとに計算すると、52.9kgが美容体重ということになります。

日本の女性は、この美容体重を目指している人が多いと言われています。

無理な禁物ですが、この体重を意識しながらダイエットに励むのもいいかもしれません。

 

少し高い170センチの男女の標準体重

このBMI数値22になる体重が脂肪率や病気のリスクが低く、健康的で一番理想の体重とされています。

170㎝の標準体重の算出方法は、標準体重(kg)=22×1.7(m)×1.7(m)で出せます。

身長170センチの人の標準体重の計算結果は、63.6kgということになります。

しかしながら、実は同じ170センチ台の身長でも、年齢によって平均体重に違いがあるは理解しておきましょう。

例えば、18歳で身長が171センチの男性の平均体重が62.7kgであるのに対し、45-49歳で身長が171センチの男性の平均体重は69.2kgなのです。

ですから、自分の年齢も考慮して平均体重と比べる必要がありますよね。

男性は170センチ前後の身長が平均身長ですが、女性の平均値は170センチに満たないので、身長170センチの女性の平均体重の統計は残念ながらありません。

女性で170センチあったら、かなりの高身長で目立ちますからモデルやスポーツの世界で活躍しやすいでしょうね。

 

10㎝以上高い178センチの標準体重

BMIで計算しますと178センチの男性の標準体重だと、69.7kgほどになるというわけですが、この標準体重やBMI数値を維持するということは、実は大切で、死亡率を下げ、高血圧や糖尿病などのリスクを下げてくれるのです。

普段からこの体重を心掛け、無理なダイエットなどは決してせずに、バランスの良い食事、適度な運動をしてこの標準体重に近づけるよう努力したいものですね。

しかしながら、適度に筋肉がつきスラッとした見栄えのいい体を目指したいならば、美容体重というのも考慮に入れなければなりません。

この美容体重は一般的に標準体重よりも軽いです。

標準体重や美容体重は、「BMI×(身長(m)×身長(m))」で算出する事ができますが、標準体重を算出する場合には、最初のBMI数値を22ほどにしますが、美容体重を算出する場合には、BMI数値を19ほどにするとよいとされています。

逆に、BMI数値が25以上だと肥満と判定されてしまうので、気をつけたいところですね。

 

日本人の男女の年代別平均体重

167センチの男性の標準体重であるとされるBMIは、22で、61.3kgほどと申しましたが、他にも年代別に文部科学省が定めている標準体重を見ていきましょう。

男性の年代別平均体重は以下のようになります。

6歳 :21.3kg
7歳: 23.9kg
8歳: 26.9kg
9歳: 30.4kg
10歳: 34.0kg
11歳: 38.2kg
12歳: 43.9kg
13歳: 48.8kg
14歳: 53.9kg
15歳: 59.0kg
16歳: 60.6kg
17歳: 62.5kg
18歳: 61.6kg
19歳: 62.7kg
20-24歳: 65.6kg
30-34歳: 67.5kg
40-44歳: 69.2kg
50-54歳: 68.8kg
60-64歳: 66.0kg

では次に女性の年代別平均体重は以下のようになります。

6歳: 20.8kg
7歳: 23.4kg
8歳: 26.4kg
9歳: 29.7kg
10歳: 33.9kg
11歳: 38.8kg
12歳: 43.6kg
13歳: 47.3kg
14歳: 49.9kg
15歳: 51.5kg
16歳: 52.6kg
17歳: 53.0kg
18歳: 50.8kg
19歳: 50.9kg
20-24歳: 50.4kg
30-34歳: 51.1kg
40-44歳: 52.4kg
50-54歳: 53.1kg
60-64歳: 52.6kg

これらの平均体重と自分の体重を比べることによって、自分が痩せすぎなのか、太りすぎなのかを判断する一つの目安となっています。

この体重の推移をみてみると、男性も女性も同じように推移しており、性別の違いはさほどないことがわかります。

身長の伸びと同様、身長の伸びがストップする18-19歳をピークに一時的に体重は並行で男女ともに推移しています。

しかし成長期が終わり、30代以降に入ると代謝が落ちてくるため、体重がまた増加傾向にあるようです。

 

痩せすぎには注意が必要です!

いかがでしたか?

自分の体重や見た目は、誰もが気にしていることですよね。

身長別で標準体重をご紹介しましたが、見た目で痩せていることよりも、健康的に痩せている方が、男女共にいいことだと思います。

目標の体型に近付けるために、無理しすぎないようにしていきたいですね。

 - 健康/食事/ダイエット