コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

中学校の弱小バレー部の汚名を返上する為の練習方法とは?!

      2016/11/14

中学校の弱小バレー部の汚名を返上する為の練習方法とは?!

あなたの中学校のバレー部は強いですか?
それとも弱小チームと思われてしまっていますか?
毎日一生懸命練習しても、実際に勝てないと悔しいですよね!
試合で格上に勝ったり、接戦で勝つのは気持ち良いものです。
ここでは勝てるようになる基本の練習の仕方や、勝つ為の試合でのポイント、筋肉トレーニングの方法をご紹介致します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

klb0000807-1.jpg
胚盤胞移植について!胚盤胞のグレードが低いと妊娠確率は?

近年、人工授精の需要は高まり、胚盤胞移植が人工授精の主流にな...

klb0000806-1.jpg
不安で仕方ない!顔が病気で変形することあるの?対処法は?

加齢に伴い、顔の歪みやたるみが気になる方は多いのではないでし...

klb0000805-1.jpg
親として水泳メニューを、女子小中学生向けに組み立てたい!

水泳を熱心に取り組む女子小中学生のお子さんを持つご両親はいら...

klb0000804-1.jpg
159cmの体重は平均でどのくらい?155cmの方の平均体重も!

女性で159cmの方って、割と多いですよね。 男性でも...

klb0000803-1.jpg
注意!過食嘔吐になるとどうなる?チューブ吐きの方法とは?

過食嘔吐という言葉を聞いたことがありますか? 摂食障害の一...

klb0000802-1.jpg
右目と左目で色が違う「オッドアイ」。原因や治療法について

右目と左目で瞳の色が違うことを「オッドアイ」と言います。 ...

klb0000801-1.jpg
胸部レントゲンはブラトップでもいいの?オススメの服装は?

女性の方で、検診の際、服装に悩む方は多いのではないでしょうか...

klb0000800-1.jpg
肺のレントゲン結果で異常発見!何科を受診すればいいの!?

会社などで働いているという人は、年に1回は健康診断を受けるよ...

klb0000799-1.jpg
不安!側弯症の手術の後遺症で神経麻痺することもあるの!?

側弯症とは、筋肉の拘縮により脊椎の並びがカーブしている、また...

klb0000798-1.jpg
168cmの平均体重は?女性にオススメ!痩せ体質を作る方法!

身長168cmの女性や男性で、ダイエットを考えている方、いら...

klb0000797-1.jpg
頚椎ヘルニアの症状はどんなもの? 首の音が鳴るのは大丈夫?

ヘルニアと聞くと腰に痛みが出るイメージですよね。 しか...

klb0000796-1.jpg
膠原病の血液検査結果がでるまでに必要な時間はどのくらい?

この頃、ずっと熱っぽくて体調が悪いし、あちこち関節も痛む・・...

klb0000795-1.jpg
耳鼻科のレントゲン検査でわかる子供に多い蓄膿症について!

耳鼻科っていつ行っても混雑していませんか!? とくに、...

klb0000794-1.jpg
水泳で筋肉を鍛えてイケメンになりたい!その方法とは?!

水泳は誰でも効率よく筋肉トレーニングができる万能スポーツとい...

klb0000793-1.jpg
膠原病の治療でステロイド!ムーンフェイスになるのはなぜ?

あなたは『ムーンフェイス』という言葉を聞いたことがありますか...

klb0000791-1.jpg
眼鏡をかけていて、鼻に違和感を覚えることはありませんか?

いつもかけているその眼鏡、あなたに合っていますか? 眼鏡を...

klb0000790-1.jpg
整形以外でも整体の頭蓋骨矯正で鼻を小さくすることは可能?

誰にでもコンプレックスはありますよね? 目の次に、顔の...

klb0000789-1.jpg
バレーボール・女子中学生への教え方。学年ごとで教える内容

自身のバレーボールを20年近くやりつつ、小・中・高のコーチを...

klb0000788-1.jpg
身長168cmの体重の標準は何kg?男女の体重を見てみよう!

身長168cmというと男性にもいますし、女性にもいます。 ...

スポンサーリンク


中学校で出来るバレー練習前のウォーミングアップ法

まずは中学校のバレーの練習前のウォーミングアップの方法です。

最初にコートの周りを走りましょう。

走ったら、手首に指をあてて10秒間ほど脈拍をチェックしてください。

脈拍数×6が110から120くらいなら、運動するのに最適な心拍数です。

110以下の場合は、もっとウォーミングアップが必要になります。

130以上の場合は、クールダウンが必要です。

走ったあとは、ダイナミック・ストレッチをしましょう。

動きながらのストレッチになります。

正しいウォーミングアップをすると、怪我の防止とパフォーマンスのアップの効果が期待できます。

いつも中腰姿勢で、ボールが来たら素早く動いたり、スパイクやブロックのジャンプが必要なバレーボールは、ダイナミック・ストレッチが重要になります。

動きながら腕や足をいろいろな方向に回したり伸ばすストレッチなので、関節の可動域が広がって、関節周囲筋の動きがスムーズになります。

まず、サイドラインから反対側のサイドラインまでのスキップをしましょう。

腕を大きく前に回しながら1往復、それから後ろ回しで1往復してください。

腕を前・横に動かして、胸筋を開きながら行うとさらに効果的です。

また、四歩目で足を高くあげたり、上げた脚のひざを曲げて股関節を回しながら前や後ろ向きで進んだりして、体をどんどん動かしましょう。

 

中学校ではこれが大切!バレーの基本プレーを練習しよう!

次は中学校のバレーの基本プレーの練習方法です。

パスの基本からご紹介します。

1.大切なことは、ボールの正面に入ることです。

正しいフォームでパスするために、俊敏にボールの落下地点に移動してください。

ボールが体の正面に入らなければ、自分がパスしたい方向にボールを返すのが困難になってしまいます。

確実にボールの正面に入って正確なフォームでパスを返せるように、何度も練習をしてください。

うまくなってきたら、パスの前後にセッターやアタッカーの動きを見る余裕がもてるように挑戦していきましょう。

2.パスは、低い姿勢からボールを送り出します。

立ったままでは、ボールをコントロールするのが難しくなります。

あごがあがるのもNGです。

沈むくらいの低い姿勢から、ボールを上げるようにしてください。

3.パスをするときに、最も大事なことは、自分がパスしたい方向にボールを送り出すことです。

そのためには、ひじや手首のバネを十分に使って、ボールを飛ばしたい方向へ集中して飛ばしましょう。

何度も練習をすれば、自分がパスしたい方向に返せることができるようになります。

 

これは効果的!中学校のバレー練習メニュー!

中学校のバレーの練習メニューで、実践で体を動かす練習についてご紹介します。

筋肉を伸ばした後の練習メニューです。

まず、8割のダッシュでコートを横断し、それから両足を肩幅に開いて、ダッシュをしてください。

かけ声でダッシュをするのですが、一瞬後ろに体を引いてその反動で飛び出さないようにしましょう。

両足をフラットにした姿勢は、バレーボールの構えになります。

ボールが来たときに一歩下がったらレシーブができません。

瞬時に前に出れるようにしましょう。

次に、ジャンプの練習です。

脚を腰幅に開いて、膝とつま先を正面に向けましょう。

ジャンプしながら1往復します。

さらに、着地とジャンプ前の姿勢を膝、腰を90度に曲げて1往復します。

次に、半回転のジャンプ、そして1回転しながらのジャンプです。

体幹バランスが悪かったら、ジャンプで回転するときに着地が崩れてしまいます。

次に、飛んでる間に腰を2回振る、という練習です。

肩は動かさないで腰だけ振るのはかなり難しいのでがんばってくださいね。

最後に、飛んでいる間に足首を上下に動かすジャンプをしましょう。

ジャンプの間に足首を柔らかく動かすことは大切です。

下半身をリラックスさせるとやりやすくなります。

 

バレーの試合に勝つ為のポイント

中学校のバレーの試合で勝つための練習のポイントをご紹介します。

第1ポイントはサーブについてです。

1.サーブから試合は始まります。

2.サーブは誰もができる攻撃になります。

3.サーブの練習には、練習の3分の1の時間をかけるようにしましょう。

4.サーブが100パーセント入るまで練習してください。

5.バックを狙いましょう。

6.ストレートを狙うと、ポイント率が上がります。

7.ポイントしたら、そこを狙っていきましょう。

8.サーブミスは、絶対にしないようにしてください。

第2ポイントは、セッターについてです。

1.チームの中で一番上手なプレイヤーをセッターにしましょう。

2.トスを上げる方にセットアップします。

3.ネットタッチは絶対にしてはいけません。

4.ジャンプトスができ、ボールを回転させないようにしましょう。

第3ポイントは、相手のセンターにボールを返さないことです。

1.センターにはレシーブが一番上手な人がいるのでセンターへはボールを返してはいけません。

2.6人の中の穴を狙いましょう。

3.前衛が後方へボールを飛ばしても、後衛がカバーしてください。

第4ポイントは、大きな声を出すことです。

1.みんなが大きな声を出して励ましあいましょう。

2.負けているときはなおさら、より大きな声を出しましょう。

3.ミスした選手を励ましてください。

4.ポイントしたらプレーを褒めて励まし合いましょう。

 

まだある。試合を有利に進めるポイント

中学校のバレーの試合で勝つための練習のポイントの続きを書いていきます。

第5ポイントは、オーバーパスをたくさん使うことです。

1.オーバーパスを多く使うチームが強いです。

2.手首を軽く曲げ、あごを上げないで正しくパスします。

3.ネット際ではアンダーは使わないようにしましょう。

第6ポイントは、アタッカーは思いきり打つことです。

1.アタックはバックスイングを大きくして、両手でジャンプしましょう。

2.思い切り打ってください。

3.ワンタッチの可能性があるので、ネットに打ち込むより吹かした方がいいです。

4.強打で、フェイントは5本に1本くらいにしましょう。

第7ポイントは、スリーよりツー、ツーよりワンです。

1.ダイレクトスパイクは得点率が上がります。

2.チャンスボールは即トスでエースへ持っていきましょう。

3.速攻ほど効果的・高いほど効果的です。

第8ポイントは、フットワークです。

1.軟らかいボールを使って足を動かしましょう。

2.隙間を作らないようにしましょう。

3.全員がカバーをしてください。

第9ポイントは、素早く状況判断することです。

1.サービスエースをされたら2度とされないように考えましょう。

2.相手のエースアタッカーの得意コースを早く知りましょう。

3.ブロックはエースに2人、補助アタッカーは1人だけブロックにつきます。

4.ツーの時点でどうなるか早く見極めましょう。

 

中学校から始めたいバレーの上達に役立つ筋トレ方法

中学校のバレーの練習に役立つ筋トレ方法をご紹介します。

お風呂に浸かって、手首のスナップを繰り返しましょう。

30回ワンセットで2〜3回してくださいね。

内側に巻き込む・外側へ反らすという動きで、ダンベルで鍛える以上に実践をイメージした振り方も可能です。

1cmでも高く飛ぶために、階段の段差を使ったトレーニングをしましょう。

足を階段に乗せてかかと部分だけを浮かして背伸びします。

かかとをおろす時も階段と同じ高さで止めましょう。

そうすれば筋肉が張った状態になるので短時間で鍛えれます。

ベッドを使うのもおすすめです。

ベッドはバランスがとりにくいので、足の指まで力を入れなくてはいけないので、指の力も発達します。

ジャンプのときに、足の指の力も意識できればより高くジャンプができます。

強いスパイク、ジャンプサーブを打つためには、背筋を鍛えないといけません。

それにはスロースライディングがいいでしょう。

スライディングの動きを、ゆっくりと胸からつけて上半身を地面につける感じで行ってください。

スライディングの練習になると同時に、ゆっくり行うことで背筋がしなやかに鍛えられます。

 

効果的な練習をして、試合に勝つ喜びを経験しよう!

バレーは、楽しいけれど、球技の中で一番難しいスポーツかもしれません。

中学生の皆さん、毎日練習をお疲れ様です!

はじめはうまくできないプレーもあるとは思いますが、まずは基礎を大切に、更に効果的な練習ができるようにしましょう!

バレー技術のステップアップにお役立ちできれば嬉しいです!

 - スポーツ 種目別