コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

後頭部の頭痛・・右側だけ一瞬「ズキッ!」と痛む原因とは?

      2016/11/17

後頭部の頭痛・・右側だけ一瞬「ズキッ!」と痛む原因とは?

後頭部の右側が一瞬「ズキッ!」と痛むという方いますよね。
片頭痛かな?と思いがちですが、実は神経からの「後頭神経痛」かもしれません。
また、たかが頭痛・・と放置しては危険な頭痛の症状も合わせてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


頭痛で右側が一瞬痛むときに考えられるのはコレ!

後頭部がズキンとする原因て考えられるのは、緊張型頭痛や片頭痛です。

緊張型頭痛や片頭痛だった場合は応急処置が出来るため、それほど心配する必要はないかと思います。

緊張型頭痛であった場合は、頭部の血管が収縮して痛みが起こります。

血行不良によるものなので、首や肩を温めたり回したりすると症状が改善されます。

また、片頭痛だった場合は血管が拡張して痛みを感じるので、緊張型頭痛は逆に冷やすことで改善されます。

保冷剤をタオルに包み、首や頭に当てると痛みが楽になります。

もしも上記を試してみても、症状が改善されない場合は他に原因があるかもしれません。

その他の可能性として、後頭神経痛が考えられます。

後頭神経痛は左右どちらかに痛みが集中することがあるため、左側もしく右側に一瞬ズキンとした痛みを感じるようであればその可能性はあります。

後頭神経痛であった場合は、毎日の食生活や適度な運動によって改善されます。

食生活や運動、習慣などを見直し、規則正しい生活を心がけましょう。

 

右側一瞬でも頭痛を感じたら後頭神経痛を疑おう

後頭神経痛とは、後頭部全体に走っている大後頭神経、小後頭神経という部分が何らかの原因で痛みを感じる事です。

考えられる原因としては、どちらの神経も首にある頚神経叢というところから出ているため、首こりにより筋肉や神経を圧迫されて痛みを感じます。

現代ではパソコンやスマートフォンを使用する事が多くなり、姿勢が悪い状態で続けているとストレートネックになり、神経を刺激してしまいます。

また右利きの場合、右側が疲れやすいことも原因になります。

仕事や私生活でパソコンなどを使用する機会が多い方は、姿勢に気をつけることで痛みを予防する事が出来るでしょう。

また、ストレスによる神経の刺激もあれば、低気圧などの気候の変化によって痛みがでることもあります。

後頭神経痛の症状は、大後頭神経の通っている頭皮付近に痛みが出る事が多いです。

また、頚部の筋肉が神経を刺激している場合はある姿勢をとると、一瞬痛みます。

後頭部と首の付け根の部分を押すと痛みを感じる事があります。

しかしどの場合でも痛みは長引くことはなく、ズキンと一瞬痛みを感じるだけという事が多いです。

 

右側にだけ一瞬頭痛を感じたらこうしよう!

後頭神経痛の改善にはいくつか方法がありますのでご紹介します。

特に痛みが強い時は、神経が炎症を起こしている可能性がありますので、氷水をビニール袋に入れて右側だけなどの痛む部分に当てると、一瞬とまではいきませんが炎症を抑える事が出来ます。

また、保冷剤などを使って冷やすのも良いでしょう。

それでも症状が改善されない場合は、逆に温めてみましょう。

慢性化した筋肉のこわばりを、温めてほぐすと楽になります。

筋肉の硬直は血行不良によるものなので、お風呂に浸かってマッサージしたり、カイロを使って温めると老廃物も流れていき、コリも解消されます。

こういった処置を行う事で、症状の改善が期待されますが、まずはストレスを溜めない生活を心掛けるにしましょう。

ストレスは上記に記した、緊張型頭痛や片頭痛に関しても大きな影響を及ぼします。

睡眠不足や運動不足という方は特に注意が必要です。

上手にストレスを解消し、忙しくともリラックスする時間を作って、心身ともに休息するようにしましょう。

もし、痛みが強く生活に支障がある場合は、医師に相談しましょう。

市販の痛み止めでは効かない場合が多いので、病院で処方しもらうことをおすすめします。

症状にあった鎮痛剤や神経の働きを助ける役割を担ってくれる、ビタミンB12などを処方してくれます。

医師の判断にもよりますが、ブロック注射と呼ばれる局所麻酔の処置が行われることもあります。

 

命に関わるかもしれない頭痛には気をつけて!

いつもと違う頭痛だな…と思ったり、普段の生活の中で一瞬激痛が起こった場合は、くも膜下出血や慢性硬膜下出血の可能性があります。

くも膜下出血とは髄膜の中のくも膜と軟骨の間に出血が起きることです。

重症の場合は死に至ることもありますが、軽度の場合は頭痛や嘔吐、意識障害を起こすこともあります。

慢性硬膜下血腫とは転んで頭を打ったり、頭をぶつけたなどの外傷によって、くも膜と硬膜外の間に血腫ができてしまう事です。

すぐに症状が出る事はなく、徐々に痛み出してきます。

外傷後すぐではなく、忘れた頃に左や右側が痛みだすためただの片頭痛と思ってしまうことも多いです。

慢性硬膜下血腫は脳の外側に出血が起きるものではなく、脳組織の中で出血するものなので、どの部分にもできる可能性があります。

脳のどの部分にできるかによって、頭痛以外の症状が出てくることもあります。

例えば視床部にできると、物が欠けて見えるなどの痛みとは別の症状が出る事もあります。

頭痛以外に症状がある場合は注意が必要です。

後遺症が残るかもしれない頭痛もある!

上記以外の可能性として、髄膜炎や脳腫瘍も考えられます。

髄膜炎とは怪我による細菌感染や身体が弱っている時にウイルス感染することで、髄膜が炎症を起こすことです。

発熱や頭痛、首が動かなくなるなどの症状がでますが、ただの風邪や頭痛、首こりによるものだと勘違いしてしまうこともあります。

しかし、重症であれば危険な状態になってしまうこともあり、感染経路や炎症を起こす場所によって後遺症が残ってしまうケースもあります。

脳腫瘍とはその名の通り、脳に腫瘍ができてしまうことです。

どの部分にもできる可能性があり、できる場所によって様々な症状が現れます。

左右どちらかにできるかにもよって、右側だけといった片側に頭痛を感じたり、運動障害が出ます。

初期症状は頭痛や頭が重い感覚などで、起床後の数時間に一瞬痛みのピークに達し、その後は軽減されていく傾向にあるため、ただの頭痛と勘違いしてしまい、放置されてしまうこともよくあるそうです。

良性の場合は腫瘍を摘出だけで済む可能性が高いのですが、悪性の場合は他の臓器と異なるため、腫瘍付近の部分を余分に取り除くことができないので、再発の可能性もその分大きくなります。

 

頭痛で受診するときに大切なこと

医療機関にかかる際には問診がありますので、下記項目をチェックしておくようにしましょう。

・頭痛の始まった時期

・痛む場所や痛み方

・ストレスや月経など、きっかけがあるか

・痛みの継続時間は一瞬か長いか

・頭痛の頻度

・嘔吐や鼻水など、頭痛以外の症状が伴っているかどうか

・温冷処置をして、どちらかで楽になるか

・家族に頭痛の既往があるか

・頭痛時に飲んでいる市販薬があるか

この問診は医師にとって大事な情報源であり、疾患を疑う鍵となります。

普段から、頭痛が起こったときの状況や日時、症状などをメモしておくと、自分でもパターンが見えて予防することができるようになるので、メモしておくと良いでしょう。

上記に記載してきた通り、ただの頭痛ではない可能性もあります。

特に注意してほしい項目は

・突然激しい痛みに襲われる

・意識障害を伴う頭痛

・手足の痺れや麻痺

・急激な視力の低下や視野欠損などの視覚障害

・平行感覚の異常

・呂律が回らないなどの言語障害

・高熱が出て首が動かない場合

早期に治療をしないと命に関わってしまったり、後遺症が残ってしまう事もあります。

上記に当てはまる場合や頭痛が酷くなっていく場合、右側だけといつもの頭痛と違うと感じた時は、安易に考えず、まずは医師に相談するようにしましょう。

 

頭痛は命に関わるかもしれません!

いかがでしたか?

頭痛って辛いですよね。

後頭部の後ろの左右どちらかに「ズキッ!」と一瞬痛みが走る頭痛はストレスなどが原因なのですね。

持続して頭痛が起こっている場合は病気が隠れている可能性もありますので、早めの受診をオススメします。

 - 頭痛 対策