コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

心臓の違和感・・何科を受診?胸の痛みは心臓だけじゃない!

      2016/11/30

心臓の違和感・・何科を受診?胸の痛みは心臓だけじゃない!

心臓に違和感を感じる・・という方、結構いらっしゃるのでしゃないでしょうか。
心臓は人間の生命に大きく関わる器官ですし、心臓に違和感を感じると心配になりますよね。
また、急を要してない場合の心臓の違和感は何科を受診すればいいのか分からない方もいると思いますので、今回は心臓に違和感を感じた時に参考にしてもらいたいことをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腕を骨折した時、知っておきたい正しい治療とリハビリ!

私たちは、日常生活の中で家事をする時、趣味活動をする時、...

身の回りのものを上手にストレッチの道具として活用しよう!

ストレッチを始めようとする時に悩むのが、道具の問題でしょ...

60代シニア層に健康上の悩みを克服する方法を学ぶ

人の一生は、20歳と60歳が重要な節目だと思われます。 ...

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

スポンサーリンク


心臓に違和感が出る3つの病気

心臓には違和感があるときもあると思います。

まず1つ目が自立神経失調症といって、ストレスからなる病気です。

何科がいいかというと精神科です。

精神科にいってるだけの人もこれは気をつけないといけません。

薬から起こる場合もあります。

ほとんどは検査をしても異常がないけれど、全体的に調子が悪い状態が出ます。

2つ目は心臓神経症です。

心臓に病気がなくても、動機や息切れや痛みが起こります。

これも薬やストレスから病気になる場合があります。

3つ目は不整脈です。

この3つはストレスから基本的になるので、薬の飲んでいる人は心臓神経を治す薬を処方してもらわないといけません。

直接の死因にはなりませんが、これが長く続くと血栓が出来やすくなり脳にもダメージが渡るので注意するべき症状です。

薬を飲んでいる人はこういうような病気も起こりやすく自律神経も乱れてしまいます。

自律神経が悪くなって心臓神経症へ、そして不整脈を起こします。

ストレスがかかってしまうとあっと言う間に心臓に負担がかかることがあります。

気をつけないといけません。

心臓に違和感・・早急に受診が必要な危険な病気

突然、心臓に違和感があることがあります。

胸の痛み、締付感、焼けるような痛みなどが挙げられます。

ほとんどが動脈硬化が原因で起こります。

高血圧や糖尿病から動脈硬化へ、動脈硬化から血管狭窄になり、それが狭心症へと変わる病気になります。

こうなるといけないので早めに病院に行くべきです。

一番怖いのは心筋梗塞です。

血管が血栓で詰まってしまうことで、血液が流れなくなる病気です。

そうすると、息苦しくなったり、鼓動がおかしくなり、吐き気もして、対策しないと死んでしまう病気です。

これは頭に入れておいた方がいい病気なので、もしこういうことが少しでも起こっていると感じたら救急車を呼んで病院に行かないといけません。

今の具合だったらいいではなく、死んでしまう可能性がある病気なので必ず行くべきなのです。

心臓に異常のある人は気をつけないといけません。

糖尿病の人は痛みに気づかないので、発見が遅れてしまいます。

日常生活を大事にしないといけません。

日頃から何科に診てもらうべきなのか頭に入れるべきです。

心臓に違和感を感じた時の応急処置・緊急時は何科?

いきなり横になることは心臓に危険です。

心臓に違和感を感じます。

いきなり横になると、心臓に一気に血が戻るので、苦しい、めまいなどが起こります。

特に心臓に違和感を感じている人は上半身を少し起こして休むことが大事です。

めまいや失神が起きた場合はすぐ病院で処置しなければいけません。

何科がいいかというと総合病院・循環器科です。

心臓の違和感は主に血の流れによって感じる症状です。

血の流れのリズムが整わないと体に負担が来るし、心臓も疲れを生じます。

ゆっくり起きないと体に負担をかけるので、寝て起きた場合ふらついてると思ったら起きて一旦じっとしてから座り、それからゆっくり立つことが大事です。

病気にならないためにも日頃からリズムや調子を整えていくことが必要だし、休むときにはゆっくり休んで、動くときはしっかり動くというリズムを整えて、しっかり食べて寝ればまず安心です。

安静にしていればまず危険は襲うことがありませんが、注意しながらやっていくことを考えるべきです。

心臓に違和感を感じたら何科を受診すればいいのか

胸の痛みや不整脈、心臓に異常を感じるときはまず何科がいいかというとやはり循環器科に行くことをおすすめします。

整形外科の可能性もありますが、先に循環器科に行った方がいいでしょう。

レントゲンを撮って心臓に異常がない場合、ほかの病気を疑うべきです。

胸の痛みや息苦しさを感じるときは、呼吸器科です。

これは息を吸うときに痛みを感じます。

肺がんや結核の場合はただちに処置しなければいけません。

特にこれらで異常がなければ心療内科や精神科です。

ワイパックスやメイラックスのような薬をもらって心臓神経症のリスクを和らげることが出来ます。

ストレスがあると血流が悪くなったり、自律神経が乱れます。

そうなると困ります。

パニック障害からも心臓神経症を引き起こすので要注意です。

神経から来るものはなかなかすぐには治らないので、薬で様子みてやっていく形がいいです。

薬が合えば少ししたら心臓の違和感を感じなくなります。

しばらくはくすりを飲み続けることになりますが、心臓に負担をかけないためにもしっかりやっていくことが適切です。

心臓以外に疾患が考えられる場合は何科を受診するべき?

心臓ではなく近くに疾患があったら何科を受診していいか困ると思います。

まず食事をしたときに起こる胸の違和感は消化器科にいきます。

胃腸炎で消化器科に行った記憶があります。

それで処置出来たのですが、心臓神経症にもなってしまいました。

決まった動きで胸から脇腹に出る痛みを感じたら整形外科です。

ストレスから来ることがほとんどです。

整形外科が分からない場合は内心的な診断を受けるのが適切です。

とにかくストレスから来るものがたくさんあるので、たかがストレスと言わずに、ストレスは病気を招くものなので、よく考えて早いうちに診断を受けるのがいいと思われます。

心臓に違和感を感じた場合は最悪死ぬリスクもあるので、整形外科だからと思っても必ず受診した方がいいです。

乳腺科・婦人科は女性が乳房の症状で痛みを感じるときに行くべきです。

自分がリスクを失わないように、職場で検診を利用したり、定期的に検査をする方がいいです。

そうすることが早期発見につながります。

定期的な検査をすれば、ほぼ安心して生活が送れると思います。

心臓を健康に保つ6つの方法

心臓に違和感を防ぐ6つの方法を説明していきます。

まずは、肥満を防ぐことです。

肥満があると生活習慣病に怠ります。

2番目に脂肪や塩分、糖分を控えます。

肥満と併せてお菓子やバターなどの塩分にも気をつけるべきです。

3つ目は禁煙を行います。

4つ目は、アジや大豆などで血管を丈夫にすることで違和感をなくします。

これが一番の対処法となると思います。

おすすめの食材としてはアジ、サバ、さんま、いか、貝、にんにく、たまねぎ、トマト、カリフラワー、チコリです。

バランスのいい食事が大切です。

5番目が血圧調整です。

血圧が高いと最悪死んでしまう可能性もあるので危険です。

普段から血圧の高い人は定期的に測っておくべきです。

最後は毎日30gの食物繊維を摂ることです。

食物繊維はゴボウ、レンコン、寒天などです。

食物繊維は便秘などの他の病気にもいいと言われているので、かなり有効になると思います。

普段からストレスを溜めないための生活習慣は本当に大事です。

毎日少しずつリズムを整えるのを目指します。

心臓の違和感は病気の危険信号かも!

いかがでしたか?

心臓の違和感は、心臓の病気だけとは限らないようですね。

あらゆる病気の兆候やサインかもしれません。

痛みが継続していないから・・と放っておくと大変なことになる可能性があります。

違和感を感じたら病院でしっかり診てもらいましょう。

また、日頃から生活習慣に気をつけ、ストレスも上手く発散することで、心臓を健康に保つ努力も必要ですね。

 - 内臓 異常