コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

ルナベルを飲み忘れてから半日経過!どう対処すればいい!?

      2016/11/28

ルナベルを飲み忘れてから半日経過!どう対処すればいい!?

生理中の重い下腹部痛や腰痛は辛いですよね!
仕事や日常生活に支障をきたすほどの月経困難症に用いられる薬が低用量ピルの『ルナベル』です。
ルナベルなどのピルを飲むのが習慣化していても、うっかり半日も飲み忘れてしまった!なんて焦ることもあるかもしれません。
そんなルナベルの特徴と、ルナベルなどのピルの飲み忘れ時の対処法や、飲み忘れない為の工夫について紹介します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000829-1.jpg
赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

klb0000828-1.jpg
色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

klb0000827-1.jpg
扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

klb0000826-1.jpg
妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

klb0000825-1.jpg
黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

klb0000824-1.jpg
糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

klb0000823-1.jpg
風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

klb0000822-1.jpg
靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

klb0000821-1.jpg
足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

klb0000820-1.jpg
手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

klb0000819-1.jpg
手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

klb0000818-1.jpg
右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

klb0000817-1.jpg
家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

klb0000816-1.jpg
玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

klb0000815-1.jpg
お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

klb0000814-1.jpg
豆腐はデザートにも大変身!?オススメのレシピを紹介!

低カロリーでたんぱく質が豊富なお豆腐はとても人気の食材ですよ...

klb0000812-1.jpg
アメリカの学校給食の牛乳も砂糖入り!?体に良い飲み物は?

アメリカと聞くとイメージするのはどんな事ですか? アメ...

klb0000811-1.jpg
アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

「止まらない鼻水」「肌がかゆい」「食べられない食品」などの症...

klb0000810-1.jpg
むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

夕方になると足がむくんだり、朝起きたら顔がむくんでいるという...

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

スポンサーリンク


ルナベルとは?

ルナベルとは月経困難症を治療するための薬です。

生理前と生理時に伴う酷い下腹部の痛みにより、日常生活が困難になります。

その原因は「子宮腺筋腫症」「子宮内膜症」などの疾患と考えられているものと、原因疾患のないものもあります。

色々な要因による月経困難症に、ルナベルの効果は幅広く対応します。

これは、治療するためではなく対処療法になります。

ルナベルには排卵を抑制し卵巣と子宮を休ませることで、生理痛を和らげ子宮内膜症の悪化を予防します。

排卵を止める避妊効果があり、経口避妊薬と同じ成分を使用しています。

ただし、月経困難症の保険治療薬として販売されているため、自己負担で避妊薬を購入した方が避妊による保険適用したいと申し出ても、こちらへ変更することは不可能です。

ルナベルの特徴

ルナベルは現在販売されているものは、下記になります。

LD(低用量)

ULD(超低用量)

こちらは重い副作用の発生をなるべく少なくするため、選択しを増やすことで生活を良くするためULDが後から開発されたものです。

ルナベル配合錠の主な成分はノルエチステロンやエチニルエストラジオールで、後者のトラジオールの容量によって『LD』か『ULD』に決まります。

大抵の月経困難症の患者さんには飲み忘れないよう半日に1回のULD(超低用量)が優先されますが、副作用が酷い不正子宮出血は、LD(低用量)に変更する飲み方が一般的です。

ルナベルなどのピルを飲み忘れて半日!どう対処すればいい?

ルナベルやピルなど半日以内に飲み忘れたことに気が付いた時はすぐに、服用する予定であった1錠分のピルを飲んでください。

次の服用する時間になりましたら、いつものように次の分の1錠を服用して下さい。

これで元通りになります。

それでも問題ありませんので、次回からは「いつもの時間に次の1錠を服用しなければいけない」と覚えて下さい。

本来の服用する時間から12時間以内までの遅れは何も問題ありません。

実際いつも同じ時間に服用するというリズムを作るのは大切ですが、いつもの服用時間の前後1~2時間は同じ時間と考えるくらいで丁度良いといいます。

万が一飲み忘れに気が付いた時は、1錠目のピルを思い出した時にすぐ服用して下さい。

焦る必要はありません。

ルナベルなどのピルの効果は半日(12時間以内)の服用することによって、避妊効果が持続します。

ルナベルなどのピルを飲み忘れて半日以上の場合は?

半日以上でも気が付いたらすぐ飲み忘れた1錠を飲むと問題ありません。

次回までの時間が短くなりますが、いつもの時間に次の1錠を飲んで下さい。

(例)毎朝9時に服用していて、16時頃に飲み忘れに気が付いたら16時に1錠、翌朝9時に1錠服用します。

次に毎朝の服用時、前日の服用を忘れたことに気が付いた場合です。

前日分と一緒に2錠服用しても構いません。

(例)毎朝9時に服用し、朝に前日飲み忘れに気が付いたら、2日分を服用します。

飲み忘れてから24時間を超えた場合は少し変わってきます。

目的により対処方法が2つです。

■避妊目的で服用している場合

避妊効果は24時間を超えると弱くなります。

服用を止めて別の方法で避妊できるように、次の月経が来るまでお待ち下さい。

月経が来たら次の新しいシートを服用します。

新しく服用してからの避妊効果は、1週間前後は弱くなります。

別の避妊方法のコンドームなど併せてご利用下さい。

■避妊以外の副効用を目的に服用している場合

飲み忘れに気が付いた時にすぐ2錠服用し、翌日から通常に服用して下さい。

(例)毎朝9時に服用し、前日と本日の分を飲み忘れに16時に気が付いたとします。

(24h+7h=31h)

前日分は24時間を超えていますが、16時に本日分もまとめて服用して下さい。

翌日からは今までと同じように服用しても構いません。

性交から半日以上たっても72時間以内に服用すればセーフな緊急避妊薬とは?

避妊に失敗した時に服用する緊急避妊薬をしてアフターピルがあります。

しかし、間違った使用方法では効果が弱くなるため注意して下さい。

アフターピルの基本は性行為から半日以上経っても72時間以内に服用することです。

精子が卵子に到着し、受精して着床できなくする限界の時間です。

アフターピルを服用する時は、性行為後に早く飲むほど効果が上がると言われますので、妊娠を避けたい場合は性行為後すぐに服用して下さい。

アフターピルは一般的に妊娠の恐れがある性行為から72時間以内に2錠、その後は12時間後に2錠を服用する方法があります。

注意点として、12時間後のピルの飲み忘れることです。

本来は12時間前後(11h~13h)であれば構いません。

万が一それ以降の飲み忘れには、必ず2錠服用して下さい。

ただし、妊娠する可能性はとても高くなります。

何もしないよりはピルを服用することで避妊できる可能性がありますから、必ず飲み忘れに気が付いた時すぐに服用して下さい。

その後は服用したことで不正出血があるまで待つことです。

避妊に成功しているときは、3日~3週間以内に出血します。

3週間経っても出血していない場合は、産婦人科で診察したり妊娠検査薬を使用し、妊娠しているかどうか確認して下さい。

ピルを飲み忘れないようにする工夫

ルナベルなどのピルを飲み忘れたときの対策よりも、飲み忘れないように工夫する方が良いと思われます。

自分の1日の中で1番服用しやすいタイミングを検討します。

私のお薦めは就寝前になります。

これは人それぞれ違うと思いますが、朝や昼は忙しくなり飲み忘れてしまいそうです。

それに飲み忘れは週末が増える傾向がありますが、1週間通しても就寝時間は同じような気がします。

就寝前がお薦めなのは、万が一飲み忘れたとしても翌朝(半日以内)に気が付けば12時間以内のため大丈夫ということになります。

これは人それぞれの考え方ですが・・・。

他に対策としては、携帯電話やスマートフォンのアラーム機能があります。

目覚まし時計と違い、日頃から身につけているからこそ効果があるようです。

サプリなど服用している場合には、時間をずらしてピルを先に飲んで下さい。

後からサプリを服用する時にピルの飲み忘れていないか確認すれば、12時間以内に服用したか確認できます。

私の中ではサプリはナトフェミンがお薦めです。

ピルを飲み忘れない為の癖付け

●習慣化する

朝晩に習慣化していることは皆さんにもありますよね。

例えると朝晩の洗顔や歯磨きは定番だと思います。

このタイミングでピルを服用すれば飲み忘れを予防できます。

ピルの存在を意識づけるために、毎日の食べ物や飲み物と一緒に置いたり洗面台付近に置いておくことです。

ピルとサプリを毎日服用する方はケースを一緒に置くのも効果がある方法です。

●記録をつける癖をつける

こちらも習慣化と同じようですが、ピルを飲んだことを記録をする習慣化もお薦めです。
スケジュール帳に●や△のような好きな印を選びピルを飲んだことを記入すれば良いのです。

●避妊以外の目的なら飲み忘れても大丈夫!

すべての状況に合う訳ではありませんが、ピルを避妊以外で女性器の病気にために服用されているのならば、飲み忘れても24時間を超えて気がついたとしても、その時に2錠服用し様子を見てあまりにも症状がおかしい場合には、病院へ行って下さい。

避妊目的のピルの服用は24時間を超えると休薬する場合もあります。

日々の習慣としてピルやサプリを半日ずつ交互に服用したり、その記録をつけたりと工夫をして、飲み忘れの予防をしましょう。

ピルの飲み忘れを防ごう!

ルナベルは、排卵させないので、きちんと服用していれば避妊効果もあります。

ただし、日本では月経困難症の治療薬としての適用になるので、絶対的な避妊目的での使用は避けてください!

ピルの飲み忘れはどうしても起きてしまうのですが、自分の体の為にも、望まない妊娠の為にも、飲み忘れを防ぐ工夫をしましょう!

 - 薬 効果