コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

犬や猫にステロイド注射を使用するとどんな副作用があるの?

      2016/11/30

犬や猫にステロイド注射を使用するとどんな副作用があるの?

皆様はペットを飼われていますか?ペットも大事な家族の一員。
そんなペットの犬や猫が病気や怪我をしたら、とても心配ですよね。
そんな犬や猫に動物病院でよく処方される代表的な薬の「ステロイド」。
ステロイドと聞くと、副作用など心配で少し使用しにくいイメージがありますよね。
そもそもステロイドとはどんな薬で本当に危ない薬なのでしょうか?
ステロイド注射は適切に使用すれば怖くないのではないでしょうか?
今回はステロイドについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000829-1.jpg
赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

klb0000828-1.jpg
色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

klb0000827-1.jpg
扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

klb0000826-1.jpg
妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

klb0000825-1.jpg
黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

klb0000824-1.jpg
糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

klb0000823-1.jpg
風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

klb0000822-1.jpg
靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

klb0000821-1.jpg
足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

klb0000820-1.jpg
手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

klb0000819-1.jpg
手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

klb0000818-1.jpg
右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

klb0000817-1.jpg
家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

klb0000816-1.jpg
玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

klb0000815-1.jpg
お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

klb0000814-1.jpg
豆腐はデザートにも大変身!?オススメのレシピを紹介!

低カロリーでたんぱく質が豊富なお豆腐はとても人気の食材ですよ...

klb0000812-1.jpg
アメリカの学校給食の牛乳も砂糖入り!?体に良い飲み物は?

アメリカと聞くとイメージするのはどんな事ですか? アメ...

klb0000811-1.jpg
アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

「止まらない鼻水」「肌がかゆい」「食べられない食品」などの症...

klb0000810-1.jpg
むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

夕方になると足がむくんだり、朝起きたら顔がむくんでいるという...

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

スポンサーリンク


ステロイド注射のステロイドとは

動物病院でもらう犬の薬は、どんなものか知っていますか?

それはステロイドです。

獣医さんでもらうステロイドは、ほとんどが副腎皮質ホルモンです。

副腎皮質ホルモンとは、腎臓のそばににある副腎という臓器で作られるホルモンのことです。

副腎で作られたステロイドは、身体にいろんな働きをします。

例えば、炎症を抑えてくれたり、エネルギーを摂る働きをしたり、異常に起こっている免疫反応を抑えてもくれます。

健康な犬であれば、自然に体内の副腎の天然ステロイドによって身体を調整しています。

身体の中で作っているステロイドを、人工的に作り、ステロイド注射で体内に入れます。

また、ステロイドは、薬として飲んでも効果あります。

獣医師の診断のもと、ステロイドの量や一日の回数を守って飲ませてください。

このように、ステロイドは治療の役に立つ薬なのです。

ただ、ステロイドはどのような症状のときに使うのか、また、副作用はあるのか気になるところです。

ステロイド注射を使う症状

犬が皮膚炎の場合、動物病院ではステロイドを処方されたり、ステロイド注射をします。

アレルギー性皮膚炎、細菌性皮膚炎、外耳炎、免疫性皮膚と、炎皮膚炎でもいろいろな種類があります。

アレルギー性皮膚炎の場合には、長期にかけてステロイドを処方されることが多いです。

激しい胃腸炎が続くときには、炎症を抑えるためにステロイドを使います。

腫瘍の治療でもステロイドが活躍し、再発と進行を抑える効果があります。

この場合には、ステロイドの処方が多くなりますので、ステロイドの管理には気をつけてください。

人間の心臓の病気のときにはあまり使われないようですが、犬の心臓の病気の場合には、少量のステロイドが治療に使われます。

水分の排出作用がステロイドにはあるのです。

なので、ステロイドには、身体に溜まりやすい水分を尿にして出す効果があり、それによって、心臓の負担を減らすことができるのです。

では、ステロイドの副作用はあるのでしょうか?

犬にステロイド注射を打つと怒る副作用

人間よりも犬のほうが、ステロイド注射に対しての耐性が高いです。

ただし、長期間ステロイドを服用することによって、副作用が起こる場合があります。

ステロイドを飲み続けていると、副腎がステロイドが充分あると思い、自然に作らなくなくなってしまうのです。

医原性クッシング症候群といって、ステロイドを長期にかけて服用していると、お腹がふくれて、身体の右と左同じ場所の毛が薄くなってしまいます。

また、そのときに、異常に水を飲んだり、食欲が増すこともあります。

症状が重い場合には、皮膚がたるんでしまったり、荒い息をすることもあります。

重度のアレルギーで、長期にかけてステロイドを飲まなくてはいけない場合には注意してください。

医療性クッシングは、ステロイドの服用を止めると、症状がよくなります。

ですが、重度のアレルギーの場合、かゆみや炎症があるので、ステロイドを止めてしまうと悪化してしまう恐れがあります。

ステロイドの効果と副作用をしっかり見極めて、量と服用期間をコントロールしましょう。

犬の飲食の量が増えるのもステロイド注射の副作用?

ステロイド注射を受けた後、犬が水をよく飲んで、おしっこの量が増えたり、食欲が増すこともあります。

ですが、その症状も短期間であれば心配なく、慌てて動物病院に行く必要はありません。

これは、ステロイドの副作用で、ステロイドを投与していると、身体がカロリーを必要と感じます。

また、体内から水分を出そうとする働きがでるため、おしっこの回数が増えて、水をよく飲むようになります。

ただし、ステロイドによってお腹が空いている犬に、食べたいだけあげないようにしてください。

もし、普段と同じ食事の量であっても、カロリーを効率よくエネルギーに変えてしまうので、肥満になってしまう可能性があります。

なので、アレルギー等でステロイドの投与が長期間必要な場合には、肥満にならないよう気をつけてください。

肥満になると、糖尿病になりやすくなってしまいます。

反対に、長期間ステロイドを投与していて、食事も普通に食べているのに痩せてしまう場合には、動物病院で相談してください。

ステロイドの副作用を理解し適切に使用すれば色々な病気を治せます

再生不良性貧血は、血液を敵と思って破壊してしまう病気で、このような病気の場合にも、ステロイド注射が免疫反応を抑える働きがあります。

ハチに刺されたり、蛇に噛まれたりするとアナフィラキシーショックになることもあり、そのときに炎症反応を起こしてしまうので、ステロイドを投与します。

また、ワクチンによって顔が腫れてしまったり、呼吸がしづらい体質の犬は、アレルギーが出ないように、ステロイドを投与します。

人間の場合は、ステロイドの塗り薬を処方されますが、犬の場合は塗り薬はなめてしまうことが多いので、ステロイドの内服を処方されることが多いです。

アレルギー性皮膚炎はアレルゲンに触れるだけでも反応してしまうこともあるのですが、ずっとステロイドを飲み続けないために、アレルゲンを特定したり、アレルギーが緩和していくよう治療するのも大切です。

炎症が治まるまではステロイドを通常通りに、その後は少量のステロイドで再発を防ぐのがよいでしょう。

そのことによって、ステロイドによっての副作用がなく皮膚炎の治療をすることができます。

犬や猫のステロイド注射がもっとも必要な治療は「腫瘍」

ステロイドが病状を左右し、ステロイドがとても重要な病気があります。

その病気は、腫瘍の化学療法による治療の場合です。

腫瘍になったときの治療法の流れは、手術で腫瘍を取り除き、その後、組織検査で腫瘍の種類を調べます。

組織検査の結果、良性の腫瘍の場合は、そのまま様子をみます。

もし、腫瘍が悪性の場合は、転移、再発の危険があるので、化学療法で移転したガンや取り残したガンを治療します。

そのとき使われるのが化学療法剤とステロイドになります。

化学療法剤は、ガン細胞を抑えてくれ、ステロイドは、ガンの成長を抑える働きがあります。

この場合、ステロイドの量はとても多いです。

ですが、このステロイドの量は必要な量なのです。

犬の腫瘍の治療にステロイド注射はもっとも効果的になります。

ステロイドについて不安なこと、副作用のこと等質問があれば、必ず獣医師に相談しましょう。

もし、不安なことを尋ねて、きちんと説明してくれない獣医師はあまりお勧めできません。

飼い主さんはしっかり最後まで治療をしてあげましょう

いかがでしたか?

ステロイド効果が発揮される反面、副作用も心配になってしまいますよね。

しかし、病院で処方される分は副作用も出にくい量なのだと思いますし、飼い主さんの判断で止めてしまわぬ様、しっかり病院の指示に従って、完治するよう頑張ってくださいね。

私達より短い生涯を往生してもらうことが飼い主さんの使命だと思います。

 - ジャンル別