コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

食道に違和感を感じる・げっぷ・胸焼け症状は逆流性食道炎!

      2016/12/01

食道に違和感を感じる・げっぷ・胸焼け症状は逆流性食道炎!

食道に違和感を感じる・げっぷがでる・胸焼けがするなどの症状に悩まされている方いらっしゃいますよね。
そんな不快な症状は最近よく耳にするようになった「逆流性食道炎」が原因かもしれません。
今回は逆流性食道炎の場合に注意することや改善方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

klb0000807-1.jpg
胚盤胞移植について!胚盤胞のグレードが低いと妊娠確率は?

近年、人工授精の需要は高まり、胚盤胞移植が人工授精の主流にな...

klb0000806-1.jpg
不安で仕方ない!顔が病気で変形することあるの?対処法は?

加齢に伴い、顔の歪みやたるみが気になる方は多いのではないでし...

klb0000805-1.jpg
親として水泳メニューを、女子小中学生向けに組み立てたい!

水泳を熱心に取り組む女子小中学生のお子さんを持つご両親はいら...

klb0000804-1.jpg
159cmの体重は平均でどのくらい?155cmの方の平均体重も!

女性で159cmの方って、割と多いですよね。 男性でも...

klb0000803-1.jpg
注意!過食嘔吐になるとどうなる?チューブ吐きの方法とは?

過食嘔吐という言葉を聞いたことがありますか? 摂食障害の一...

klb0000802-1.jpg
右目と左目で色が違う「オッドアイ」。原因や治療法について

右目と左目で瞳の色が違うことを「オッドアイ」と言います。 ...

klb0000801-1.jpg
胸部レントゲンはブラトップでもいいの?オススメの服装は?

女性の方で、検診の際、服装に悩む方は多いのではないでしょうか...

klb0000800-1.jpg
肺のレントゲン結果で異常発見!何科を受診すればいいの!?

会社などで働いているという人は、年に1回は健康診断を受けるよ...

klb0000799-1.jpg
不安!側弯症の手術の後遺症で神経麻痺することもあるの!?

側弯症とは、筋肉の拘縮により脊椎の並びがカーブしている、また...

klb0000798-1.jpg
168cmの平均体重は?女性にオススメ!痩せ体質を作る方法!

身長168cmの女性や男性で、ダイエットを考えている方、いら...

klb0000797-1.jpg
頚椎ヘルニアの症状はどんなもの? 首の音が鳴るのは大丈夫?

ヘルニアと聞くと腰に痛みが出るイメージですよね。 しか...

klb0000796-1.jpg
膠原病の血液検査結果がでるまでに必要な時間はどのくらい?

この頃、ずっと熱っぽくて体調が悪いし、あちこち関節も痛む・・...

klb0000795-1.jpg
耳鼻科のレントゲン検査でわかる子供に多い蓄膿症について!

耳鼻科っていつ行っても混雑していませんか!? とくに、...

klb0000794-1.jpg
水泳で筋肉を鍛えてイケメンになりたい!その方法とは?!

水泳は誰でも効率よく筋肉トレーニングができる万能スポーツとい...

klb0000793-1.jpg
膠原病の治療でステロイド!ムーンフェイスになるのはなぜ?

あなたは『ムーンフェイス』という言葉を聞いたことがありますか...

klb0000791-1.jpg
眼鏡をかけていて、鼻に違和感を覚えることはありませんか?

いつもかけているその眼鏡、あなたに合っていますか? 眼鏡を...

klb0000790-1.jpg
整形以外でも整体の頭蓋骨矯正で鼻を小さくすることは可能?

誰にでもコンプレックスはありますよね? 目の次に、顔の...

klb0000789-1.jpg
バレーボール・女子中学生への教え方。学年ごとで教える内容

自身のバレーボールを20年近くやりつつ、小・中・高のコーチを...

klb0000788-1.jpg
身長168cmの体重の標準は何kg?男女の体重を見てみよう!

身長168cmというと男性にもいますし、女性にもいます。 ...

スポンサーリンク


逆流性食道炎とは

皆さんは「逆流性食道炎」という病気をご存知ですか?

食事のあと胸焼けのような違和感を感じる。

酸っぱいようなげっぷが出て食道が気持ち悪い…その症状、逆流性食道炎かもしれません。

口から入った食べ物は食道を通り胃へ運ばれます。

胃では強い酸性の胃酸を分泌し消化しています。

この胃酸が食道を逆流し、食道の粘膜が炎症を起こす病気が「逆流性食道炎」です。

この病気により引き起こされる主な症状は、胸の違和感、胸焼け、呑酸(どんさん:酸っぱいものがこみ上げてくる)などです。

胃には胃酸から胃を保護する粘液を分泌する機能が備わっています。

しかし、本来胃酸にさらされる事のない食道には胃酸から粘膜を守るための機能が備わっていません。

本来であれば、胃酸が食道に逆流しないような作りになっています。

ところが、食後胃に消化中の食べ物が入った状態で横になると、逆流防止機能が弱まり、胃酸を含んだものが食道に逆流し食道の粘膜が炎症を起こしてしまいます。

食べた後すぐに横になる癖のある人はこれが常態化してしまい少しの事で胃酸が逆流してしまう危険性があるので、食後少なくとも3時間ぐらいは横になるのを控えましょう。

食道に違和感を感じたり、げっぷが出る原因

日本で生活する私たちは、食道に違和感を感じたり酸っぱいげっぷの出る逆流性胃腸炎は少ないといわれていました。

食事や生活習慣が欧米化する中で徐々にこの病気に悩まされる日本人が増えてきたといわれています。

欧米の映画で肉料理を大量に豪快に食べ、大きなげっぷをする大男の食事シーンを目にしたことはありませんか?

胃と食道のつなぎ目は下部食道括約筋という筋肉によって締まり、食べたものを通す時にだけ伸縮するような仕組みになっています。

脂っこい肉料理は消化するための胃酸をより多く分泌させます。

普通よりも多く分泌された胃酸がげっぷとともに逆流する事があります。

また、脂っこい食事や暴飲暴食によって肥満が増えていますが、この肥満も逆流性食道炎の要因になると考えられます。

肥満によりお腹のなかの圧力(腹圧)が上がり、食べたものが逆流しやすくなってしまうからです。

逆流性食道炎の原因にはこのほか、加齢による下部食道括約筋の機能低下、ストレスによる刺激でも起こるといわれています。

食道の違和感やげっぷの症状が出る逆流性食道炎に注意する食べ物

先にも挙げましたが、食道に違和感や酸っぱいげっぷの出る逆流性胃腸炎では、脂肪が多く脂っこい食べ物は胃酸の分泌量を増やしてしまうため注意が必要です。

脂の多い食べ物は、肉類の脂身、チーズや揚げ物、生クリームたっぷりのケーキなどです。

このほかに胃腸に負担がかかるため、逆流性食道炎の症状がある時にはおすすめできない食べ物があります。

【香辛料を多く使った料理】

唐辛子をたくさん使ったキムチや、辛いカレー、激辛ラーメン

辛味を感じるのは味覚では無く痛覚といわれています。

多すぎる香辛料は胃腸にダメージを与えます。

【酸っぱいもの】

レモンや酸味の強い柑橘、梅干しやお酢の効いた酢の物、トマト

酸っぱいものは健康に良いイメージが有るかもしれません。

しかし酸味の正体はクエン酸などの酸なので、胃酸で食道が荒れた状態の逆流性食道炎では、傷口に酸を塗ってしまう事になりかねないため注意が必要です。

【甘みの強いもの】

砂糖をたくさん使ったあんこの入った和菓子、チョコレート

【塩辛いもの】

塩辛や佃煮、漬物

味の濃いものは胸焼けの原因となるためおすすめできません。

【食物繊維の多いもの】

ゴボウやサツマイモ、豆の皮、ドライフルーツ

食物繊維は消化に時間が掛かるため、どうしても食べる場合にはよく噛んで、胃腸への負担を減らしましょう。

食道の違和感・げっぷの症状を悪化させる飲み物もある

口から摂り入れるのは食べ物だけではありません。

食道に違和感や酸っぱいげっぷの出る逆流性胃腸炎では飲みのもにも注意する必要があります。

【炭酸飲料】

炭酸飲料は気体である炭素ガスが発砲しシュワシュワとした爽快感が得られますが、胃に入ってから発生したガスが胃を拡張させ胃酸の分泌を促し、げっぷとしてガスが出て行くときに胃酸が逆流するためおすすめできません。

【アルコール】

アルコールを摂取すると筋肉が緩むため、食道と胃をつなぐ下部食道括約筋も緩み、胃の内容物が逆流しやすくなります。

アルコールが入った炭酸飲料であるビールやソーダ割りは逆流性胃腸炎を患っている際には特に控えた方が良い飲みものと言えます。

【カフェインの入った飲みもの】

カフェインは胃酸の分泌を促すと言われています。

カフェインは、コーヒーはもちろん茶の木を原料とするお茶にも含まれています。

茶の木を原料とするお茶には、緑茶、抹茶、紅茶、ウーロン茶、ほうじ茶などがあります。

茶の木を主原料としないお茶、例えば麦茶などにはカフェインが含まれないため、こういったお茶を選ぶようにすると良いでしょう。

食生活の改善で食道の違和感やげっぷの症状改善

症状を改善するものを食べるようにしていても、食べ過ぎていては胃に負担がかかります。

腹八分目を心がけましょう。

症状がひどいときは食事の回数を減らし胃を休めましょう。

規則正しい生活を心がけ、食事を決まった時間に摂るようにするのも効果的です。

食道に違和感や酸っぱいげっぷの出る逆流性食道炎を患っているときにオススメの食べ物は、ビタミンBを多く含む食べ物です。

ビタミンBには胃の粘膜を保護し消化を促す効果があると言われています。

ビタミンBを多く含む食べ物は、アジやイワシなどの青魚やマグロやカツオの赤身、鮭などの魚に多く含まれています。

胃の負担を和らげる意味でも消化の良い食べ物はオススメです。

うどんやおかゆ、白身魚やとうふ、とりのササミなども消化のよい食べ物です。

また、乳製品は胃を保護し胃酸を薄める効果があるため牛乳やヨーグルトはオススメです。

しかし冷たい飲みものは胃腸へダメージがあるためホットミルクなどがよいでしょう。

調理法もフライや油を使ったソテーは避け、煮る、蒸すといった調理がおすすめです。

食事改善以外で症状を改善するには

食道に違和感や酸っぱいげっぷの出る逆流性胃腸炎では、ストレスもその一因であると考えられています。

ストレスを溜めない生活をすることで改善が見込めるかも知れません。

ストレスを全く無くすのは難しいかもしれませんが、なるべく溜めずに発散しましょう。
ストレス発散の方法として運動やリラックス効果がある入浴、映画やDVDを見たり、読書や音楽を聴くなど自分の時間を持つとよいでしょう。

ストレス発散として喫煙や飲酒を楽しまれる方もいるかもしれませんが、アルコールとたばこは症状を悪化させてしまう要因にもなるため注意が必要です。

先にも述べましたが、食後すぐは横にならないように気をつけましょう。

規則正しくストレスフリーな生活は逆流性食道炎だけでなく他の病気の予防にも効果的です。

豊かで健康的な毎日のためには日々の生活でこれらのことを少しずつ実践してみてください。

既に症状がひどい場合やなかなか改善しない場合はすぐに医師に相談しましょう。

市販薬は一時的に症状を和らげることはできても根本的な治療は難しいと言われています。

日々の食事で改善を!

いかがでしたか?

食道の違和感やげっぷの症状って不快に感じますよね。

逆流性食道炎には注意したほうがいい食品や飲み物、健康のためを考え、バランスの良い食事を心掛けていくことが大切でしょう。

症状に悩まされている方は、まずは病院でしっかり検査を受けて、適切な治療・指示を仰ぎ、症状改善に繋がると良いですね。

 - 内臓 異常