コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

橋本病の血液数値・バセドウ病の血液数値の違いについて!

      2016/12/08

橋本病の血液数値・バセドウ病の血液数値の違いについて!

橋本病は甲状腺機能低下症の原因の一つです。

甲状腺機能低下症は放置しておくと怖い病気ですが、適切な治療を受ければ日常生活に支障のない病気です。

甲状腺の病気で橋本病と逆の症状のバセドウ病。

それぞれ、触診や血液の数値によって簡単に分かるみたいですよ。

自分の身体に違和感を感じている方、検査に行く際の参考にしてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

家事するのも嫌になる肩こり首こりからくる頭痛改善法

頭が痛くて仕事や家事が嫌になっていませんか? 普段から...

体幹トレーニングで簡単にできる女性のポッコリお腹の解決

それほど太っていないのに、お腹がポッコリと出てしまっているこ...

気になる猫背からの肩こり、その原因を解決する胸ストレッチ

肩こりがひどくていろんなマッサージやストレッチ、積極的に運...

スポンサーリンク


橋本病など甲状腺機能低下症とは

甲状腺機能低下症と呼ばれる病気の具体的な症状は、甲状腺が長い間炎症を起こしていることでホルモンの分泌が止まってしまい、全身にむくみやだるさが現れることです。

男女比の数値は圧倒的に女性が多いことで知られています。

健康診断を行うと、0.5%ほどの人がこれを患っていると見なされる数値が出るようです。

甲状腺機能低下症と聞くと「橋本病」を連想する人も多いようですが、必ずしも橋本病と結びつくわけではありません。

子供の場合は「クレチン病」と呼ばれますし、バセドウ病の手術を受けた後には甲状腺が上手く働かなくなることも珍しくありません。

何故このような症状に見舞われるのか、その原因は未だに判明していません。

ひとつの説としては「自己免疫性」であるという意見があります。

つまり身体を病気から守る抗体が正しく働かず、あらゆる器官や細胞を破壊していくせいで引き起こされるという考えです。

これを「自己抗体」と呼びます。

また親子など家族内で多く見られることがあるため、遺伝が関係しているとも言われているようです。

橋本病の診断は、触診と血液検査による数値

橋本病とは甲状腺に炎症が起こり、長い間続いたまま治らない病気のことを指しています。

そのほとんどは身体を守るはずの免疫が甲状腺を攻撃することが原因で引き起こされます。

男性よりも女性、それも40代くらいに最も多いと言われています。

症状が軽ければ甲状腺が腫れるくらいで済みます。

しかし酷くなると甲状腺が上手く働かなくなり、代謝能力が落ちるため、全身がむくんでくる上に疲れを感じやすくなり、便秘や皮膚がかさついてくるなど、様々な症状が現れます。

発症する年代が年代なので、原因が加齢であると思い込む人も多いため、少しでも怪しいと感じたら早めに病院へ行きましょう。

血液検査をしてもらえば、ホルモンの数値によって橋本病の疑いがあるかどうかの判断がつきます。

甲状腺の触診を受けると、どれくらい腫れているのか、硬さはどのくらいなのかといったことを調べてもらえます。

ちなみに全体が腫れていることが特徴ですが、もしどちらか一方に腫れが偏っていると、違う病気が潜んでいる可能性があります。

血液と合わせて抗体も調べることが出来ます。

いくつかある検査のうち、ひとつでも陽性と見なされれば橋本病です。

甲状腺が弱っていても、機能を改善させる薬があるので、そんなに心配する必要はありません。

まずは橋本病だと判明することが重要です。

橋本病の検査数値

自分の細胞が甲状腺を傷付けることで発症するという橋本病ですが、加齢と間違われることも多いようです。

では何をもって橋本病であると決定付ければ良いのでしょうか。

橋本病かどうかを判断するには血液検査を行い「抗サイログロブリン抗体(以下TgAb)」と「抗ペルオキシダーゼ抗体(以下TPOAb)」の2つの数値を調べる必要があります。

前者は400/ml未満、後者は50U/ml未満が基準値となっているため、これ以上の数値が出ると橋本病と見なされることになります。

橋本病にかかると甲状腺の機能が失われていくため、ホルモンがだんだん作れなくなり、最終的には分泌されなくなります。

このホルモンの数値はFT3とFT4の2つのタイプがありますが、どちらの量も減っていくことになります。

甲状腺のホルモンが減ると、引き替えに脳に備わっている脳下垂体という部分から「甲状腺刺激ホルモン(以下TSH)」と呼ばれるホルモンが大量に分泌されていきます。

これは甲状腺ホルモンを作り出す手助けをしてくれるためのもので、血液検査をすれば現在の数値が分かります。

こちらもまた一定の数値以上を示していると橋本病を発症している証拠になります。

橋本病と逆!甲状腺機能亢進症とは

バセドウ病とは甲状腺からホルモンが過剰に分泌されることで、甲状腺が腫れたり、脈拍が速く不規則になったり、眼球が飛び出すなどといった症状に見舞われる病気です。

ホルモンが減少することで引き起こされる橋本病とは逆の性質を持っています。

男性よりも女性の方がなりやすく、数値にすると10~20人に1人の割合となるようです。

バセドウ病のような甲状腺ホルモンの量が増えることで発症する病気をまとめて「甲状腺機能亢進症」と呼びますが、80%以上がバセドウ病であると言われています。

バセドウ病は体内に存在する免疫が甲状腺を刺激することで発症します。

この刺激する物質の中で、現在判明しているものは2種類です。

そのうちのひとつは「TRAb(TSH受容体抗体)」というもので、ホルモンの量をコントロールするためのTSH受容体がTSHとくっつくことでホルモンを作り出しています。

もうひとつは「TSAb(甲状腺刺激抗体)」と言い、こちらは何も介さず直接甲状腺に刺激を与えます。

どうしてこの2つが増えるのかは未だに分かっていないため、対処や対策を取ることが出来ないというのが現在の状態となっています。

バセドウ病の診断は、触診と血液検査の数値

橋本病と反対の要因で引き起こされるバセドウ病は、触診と血液検査によって判断することが出来ます。

バセドウ病の場合は喉が痛むことも、変なしこりがあることもありません。

もし甲状腺が腫れ上がっているなら全ての甲状腺機能亢進症をまずは疑ってみましょう。

血液を調べてもらうとホルモンの値やカルシウムの量などが具体的な数値となって表されます。

TSH受容体抗体やTSAbが陽性を示すこともあれば、代謝が活発に働いているとコレステロール値が低い数値となることもあります。

この他にラジオアイソトープ検査というものがあります。

聞き慣れない検査方法ですが、これは「確実に病気にかかっている」と決定付けるために行われる検査です。

やり方は最初に放射性ヨードのカプセルを飲み、24時間経ったら甲状腺の様子を見ます。

取り込まれた放射性ヨードの量によって重症かそうでないかが分かる仕組みとなっており、多ければ多いほど重いという意味になります。

もうひとつは超音波検査です。

超音波によって、甲状腺がどれくらいの大きさになっているのか、血の巡りは良いのか、別の腫瘍などは出来ていないかなどを確認します。

バセドウ病は食事制限で甲状腺ホルモンの数値に注意しましょう!

甲状腺ホルモンという共通の理由はあるものの、原因は正反対という橋本病とバセドウ病ですが、もしこのどちらかになってしまったら食事制限をすることでホルモンの数値をコントロールしましょう。

アルコールは摂っても構いませんが、飲み過ぎには注意して下さい。

また体調が良くないと感じたら控えましょう。

積極的に摂取するべきなのはヨウ素です。

ホルモンを作り出すための原料なので、ヨウ素が含まれている海産物、特に昆布とひじきを食べましょう。

ホルモンの量が増えていくバセドウ病の人には良くないのではと思うかもしれませんが、影響はまったくありません。

安心して食べて下さい。

とはいえこちらも量はほどほどにしておきましょう。

ただしアイソトープ検査を受ける予定がある人は、1~2週間ほどヨウ素を摂ってはいけません。

医師から詳しく説明があるかと思われますが、アイソトープを用いた検査や治療は体内のヨウ素の影響を強く受けるのです。

バセドウ病の症状が緩和されると、新陳代謝が活発になるためあっという間に空腹感を覚えます。

それでいて太りにくくなっているので、普段よりも食べる回数が増えるかもしれません。

しかし治療した後は元の体質に戻るため、同じ量を同じペースで食べていると、今度はみるみる体重が増えていくのでくれぐれも気を付けて下さい。

心配な時は、専門家を受診しましょう

いかがでしたか?

甲状腺の病気で有名な橋本病・とバセドウ病についてご紹介しましたが、甲状腺の病気はよく耳にするので、もし、自分であれ?と身体の異常を感じたら、病院で検査してもらいましょう!

血液検査の数値と触診で分かるなら、是非検査をしましょう!

検査結果で何もなければ、それはそれで安心ですよね。

 - 症状・目的別