コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

産後の骨盤矯正整体の必要性と効果とは?通う回数や値段は?

      2016/12/16

産後の骨盤矯正整体の必要性と効果とは?通う回数や値段は?

産後の身体は自分が思っている以上にダメージを受けているのをご存知ですか?

産後にはさまざまな症状に悩まされている方も多いですよね。

産後には、骨盤矯正をしっかり行うことが大切なのです。

今回は、産後の骨盤矯正整体の効果や通う回数、矯正にかかる値段について紹介していきたいと思います。

また、骨盤矯正に通うのが厳しい方の場合にオススメの産後のグッズやエクササイズも紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000829-1.jpg
赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

klb0000828-1.jpg
色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

klb0000827-1.jpg
扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

klb0000826-1.jpg
妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

klb0000825-1.jpg
黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

klb0000824-1.jpg
糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

klb0000823-1.jpg
風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

klb0000822-1.jpg
靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

klb0000821-1.jpg
足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

klb0000820-1.jpg
手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

klb0000819-1.jpg
手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

klb0000818-1.jpg
右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

klb0000817-1.jpg
家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

klb0000816-1.jpg
玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

klb0000815-1.jpg
お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

klb0000814-1.jpg
豆腐はデザートにも大変身!?オススメのレシピを紹介!

低カロリーでたんぱく質が豊富なお豆腐はとても人気の食材ですよ...

klb0000812-1.jpg
アメリカの学校給食の牛乳も砂糖入り!?体に良い飲み物は?

アメリカと聞くとイメージするのはどんな事ですか? アメ...

klb0000811-1.jpg
アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

「止まらない鼻水」「肌がかゆい」「食べられない食品」などの症...

klb0000810-1.jpg
むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

夕方になると足がむくんだり、朝起きたら顔がむくんでいるという...

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

スポンサーリンク


産後の骨盤矯正の必要性は?

産後には整体で骨盤矯正をするとよいといわれます。

産後には骨盤が広がるといわれていますが、骨盤の広がりは、実は妊娠中から始まっています。

お腹の赤ちゃんの成長に合わせて、骨盤を固定する靭帯がホルモンの分泌によって緩められて広がっていくためです。

赤ちゃんが出てくるときには赤ちゃんの妨げにならないように、骨盤が最大限に開かれます。

産後の骨盤は靭帯とともに緩みきっています。

そんな骨盤は何気ない普段の姿勢でも歪んでしまうような状態です。

そこに赤ちゃんのお世話が始まります。

授乳、沐浴、おむつ換えなど慣れない姿勢での育児が骨盤をますます歪ませることになります。

骨盤を歪んだ状態のまま放っておくと、歪んだ状態で固定されてしまい、慢性的な腰痛、恥骨痛、尿漏れ、不妊のような様々な異常の原因になってしまいます。

一度緩んでしまった骨盤を元に戻すのは簡単ではありません。

整体院で骨盤矯正を受けたいと思っても、どんな施術をどれくらいの値段で受けることができるのかが不安です。

産後の骨盤矯正整体はどのような施術をするのか?

骨盤矯正の施術は症状によって異なりますが、骨盤と腰椎の傾きを矯正が主です。

産後に開いてしまった骨盤を正しい位置に戻します。

子育て中には、抱っこ、おむつ替え、授乳など背中を丸める姿勢が多くなります。

猫背のクセをつけないように背骨の歪みの矯正も行います。

整体というとボキボキ骨を鳴らす施術をイメージする人もいるようですが、そのような施術は筋を痛めてかえって悪化を招くこともあるという理由から少なくなりました。

最近の整体院では、痛みを与えずに揉みほぐすようにして筋肉や骨に優しく圧をかけ、正しい位置に骨を戻していくような施術法が多く用いられています。

骨盤矯正の整体で体の歪みを正すことによって、様々な効果も期待できます。

例えば、ヒップアップ、ダイエット、冷え性予防、便秘改善、快眠、むくみの解消などです。

骨盤矯正のためというよりも、このような体調不良をきっかけに整体に通うようになる人もいるようです。

骨盤矯正でいろいろな悩みが一気に解消できるのであれば、すぐにでも整体院へ行ってみたくなりますが、値段も気になるところです。

産後の骨盤矯正整体に通う期間は?

産後の骨盤矯正の整体はいつ始めたらよいのでしょうか?

産後の骨盤矯正は、産後2〜6か月以内に行っておくのがよいといわれています。

出産後の靭帯と骨盤は緩んでいますが、緩んだ状態がずっと続くわけではありません。

産後から半年ほどかけて少しずつ靭帯が締まっていき骨盤が固まります。

産後半年間が最も骨盤が緩んだ状態で、骨盤矯正には最適のタイミングともいえるのです。

産後1か月目から始めることも可能ですが、産後の体は交通事故にあったと同じくらいのダメージを受けているといわれます。

最初の1か月間は体を休めることを優先しましょう。

骨盤矯正には何度も整体に通う必要があるのでしょうか?

骨盤矯正は1回の施術でも効果はあります。

しかし、脳が歪んた体を記憶したままなので、しばらく経つとまた歪んだ骨盤に戻ってしまいます。

何度か繰り返し施術を受けることで徐々に脳に正しい骨盤の位置を記憶させなければなりません。

このために必要な骨盤矯正の施術回数は一般に、5〜10回とされています。

5回も10回もとなるとますます値段が気になりますね。

産後の骨盤矯正整体の値段は?

骨盤矯正の整体は基本的に保険適用外です。

保険が適用されない施術を何度も受けるのでは、相当な値段になってしまうのではと不安に思う人も少なくないようです。

全国の平均相場として、1回の施術にかかる値段は5,000〜15,000円程度といわれています。

したがって、通院回数を考えると少なくとも3万〜6万円程度の値段になるでしょう。

決して安くはありませんが、体を正常な状態に治すための費用と考えれば無駄遣いではありません。

骨盤矯正の整体を受けなかったために後々体の痛みに悩まされるのであれば、健全な投資といえるでしょう。

値段は地域によっても差があります。

近くにある整体院を調べてみましょう。

整体院によってはチケットをまとめて買うことで割引になる場合などもあります。

チケットを購入するときは骨盤矯正の効果を維持するために必要な施術回数を考えて必要な分だけチケットを購入するようにしましょう。

整体院へ行く前に、施術にかかる値段、通院回数の目安、チケットの有無などを確認しておくと安心です。

骨盤矯正整体は値段が高い・・金額を抑えたい方にオススメ

整体院で骨盤矯正を受けるのは値段が高すぎるという場合には、産後用の骨盤ベルトなどを使用する方法もあります。

骨盤ベルトの他に、ガードルタイプの女性用補正下着、産褥ニッパー、ウエストニッパーなどがあります。

骨盤ベルトは骨盤をピンポイントにサポートするベルトです。

産褥ニッパーやウエストニッパーはガードルタイプとは違って股下まで覆わないタイプのベルトで、下腹部までほぼ全体を覆うような形をしています。

産褥ニッパーは骨盤の周りを優しくしっかりと保持するもので、産後直後から使えます。

ウエストニッパーは産褥ニッパーよりも締め付けが強いので、産後数か月経ってから使用するのがよいでしょう。

これらを使用することで産後の骨盤が支えられ、腰痛や慢性的な体の痛みが軽減できるようになります。

ただし、これらだけでの効果はあまり期待できないため、整体による骨盤矯正との併用がすすめられています。

通常の補正下着は常時使用できますが、骨盤ベルト、産褥ニッパー、ウエストニッパーなどは腰に負担がかかる場合のみの使用がよいとされます。

補正下着はインナーマッスルを刺激するため常時使用しても筋力が衰える心配はありませんが、骨盤をピンポイントに支えるものを使用していると骨盤を支える筋力が衰えてしまうそうです。

常時使用できる補正下着も苦しい場合や就寝時には使用を控えたほうがよいでしょう。

値段は0円!自分で骨盤矯正エクササイズ!

整体に通わなくても、自分で行う骨盤矯正エクササイズなら値段も0円です。

【骨盤まわし】

1. 両足を肩幅に開いて、手を腰に当て、右回りに10回まわします。

 上半身と足は動かさないように注意します。

2. 左側も同様に行います。

 左右10回ずつを1セット。

 1日に5〜10セットが目標です。

【骨盤ウォーク】

1. 足を前に出して座り、背筋をピンと伸ばして、手を胸の前でクロスして固定します。

2. お尻ではなく骨盤で歩くことをイメージしながら左右の骨盤で10歩ずつ前進します。

 手で反動をつけたりせずに骨盤だけで歩くことを意識しましょう。

3. 左右10歩ずつ骨盤で後ろ歩きをします。

 前歩きと後ろ歩きを5回で1セット。

 1日に2〜3セットが目標です。

【前後屈エクササイズ】

1. 両足を肩幅に開いてまっすぐに立ちます。

2. 腰から曲げるように前屈します。

 体の硬い人は少し勢いをつけて倒すとよいでしょう。

3. 3〜5秒かけてゆっくり1の姿勢に戻します。

4. 腰に手を当てて、苦しくない程度に腰から後ろに体を倒します。

 1〜4を1セット。

 1日に5〜10セットが目標です。

【骨盤突き出しエクササイズ】

1. 仰向けになり、手を両脇の横に置いて、膝を立てます。

2. 骨盤を突き出すように上げて1分間キープします。

3. ゆっくりと背中と骨盤を床につけ、脚を伸ばします。

 骨盤が床から離れないように注意します。

 1日に3セットが目標です。

産後2か月から無理のないように!

いかがでしたか?

産後の身体の回復は人によってさまざまですが、骨盤矯正はしっかり行っておいたほうが、後々大変な思いをしないですよね。

産後ですと、お母さんが家を空けるには少し不安ですが、家族にも協力をしてもらって骨盤矯正にはしっかりと通っておきたいですね。

また、費用面が厳しい方は、自分で工夫して骨盤矯正をしておくことが大切でしょう。

 - 女性 お悩み