コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

女性に多いお腹の皮下脂肪!マッサージで落ちないって本当?

      2016/12/21

女性に多いお腹の皮下脂肪!マッサージで落ちないって本当?

最近お腹周りの脂肪が気になる・・という女性の方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

女性の方でお腹周りの脂肪が気になる方は、皮下脂肪が原因かもしれませんよ。

皮下脂肪は比較的女性につきやすい脂肪なのです。

皮下脂肪を落とすために、まず、マッサージが思いつきますよね!

しかし、マッサージって脂肪燃焼に効果はあるの?と疑問に思う方も少なくないのではないでしょうか?

また、脂肪を落とすためにするといいことを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000809-1.jpg
顎変形症の手術で後悔しないために知っておくといい事とは?

通常の矯正だけでは治らない顎変形症。 顎変形症は歯列矯...

klb0000807-1.jpg
胚盤胞移植について!胚盤胞のグレードが低いと妊娠確率は?

近年、人工授精の需要は高まり、胚盤胞移植が人工授精の主流にな...

klb0000806-1.jpg
不安で仕方ない!顔が病気で変形することあるの?対処法は?

加齢に伴い、顔の歪みやたるみが気になる方は多いのではないでし...

klb0000805-1.jpg
親として水泳メニューを、女子小中学生向けに組み立てたい!

水泳を熱心に取り組む女子小中学生のお子さんを持つご両親はいら...

klb0000804-1.jpg
159cmの体重は平均でどのくらい?155cmの方の平均体重も!

女性で159cmの方って、割と多いですよね。 男性でも...

klb0000803-1.jpg
注意!過食嘔吐になるとどうなる?チューブ吐きの方法とは?

過食嘔吐という言葉を聞いたことがありますか? 摂食障害の一...

klb0000802-1.jpg
右目と左目で色が違う「オッドアイ」。原因や治療法について

右目と左目で瞳の色が違うことを「オッドアイ」と言います。 ...

klb0000801-1.jpg
胸部レントゲンはブラトップでもいいの?オススメの服装は?

女性の方で、検診の際、服装に悩む方は多いのではないでしょうか...

klb0000800-1.jpg
肺のレントゲン結果で異常発見!何科を受診すればいいの!?

会社などで働いているという人は、年に1回は健康診断を受けるよ...

klb0000799-1.jpg
不安!側弯症の手術の後遺症で神経麻痺することもあるの!?

側弯症とは、筋肉の拘縮により脊椎の並びがカーブしている、また...

klb0000798-1.jpg
168cmの平均体重は?女性にオススメ!痩せ体質を作る方法!

身長168cmの女性や男性で、ダイエットを考えている方、いら...

klb0000797-1.jpg
頚椎ヘルニアの症状はどんなもの? 首の音が鳴るのは大丈夫?

ヘルニアと聞くと腰に痛みが出るイメージですよね。 しか...

klb0000796-1.jpg
膠原病の血液検査結果がでるまでに必要な時間はどのくらい?

この頃、ずっと熱っぽくて体調が悪いし、あちこち関節も痛む・・...

klb0000795-1.jpg
耳鼻科のレントゲン検査でわかる子供に多い蓄膿症について!

耳鼻科っていつ行っても混雑していませんか!? とくに、...

klb0000794-1.jpg
水泳で筋肉を鍛えてイケメンになりたい!その方法とは?!

水泳は誰でも効率よく筋肉トレーニングができる万能スポーツとい...

klb0000793-1.jpg
膠原病の治療でステロイド!ムーンフェイスになるのはなぜ?

あなたは『ムーンフェイス』という言葉を聞いたことがありますか...

klb0000791-1.jpg
眼鏡をかけていて、鼻に違和感を覚えることはありませんか?

いつもかけているその眼鏡、あなたに合っていますか? 眼鏡を...

klb0000790-1.jpg
整形以外でも整体の頭蓋骨矯正で鼻を小さくすることは可能?

誰にでもコンプレックスはありますよね? 目の次に、顔の...

klb0000789-1.jpg
バレーボール・女子中学生への教え方。学年ごとで教える内容

自身のバレーボールを20年近くやりつつ、小・中・高のコーチを...

klb0000788-1.jpg
身長168cmの体重の標準は何kg?男女の体重を見てみよう!

身長168cmというと男性にもいますし、女性にもいます。 ...

スポンサーリンク


お腹周りの落ちない脂肪!女性に多い皮下脂肪って?

お腹についた脂肪を皮下脂肪といいますが、この手でもつまむことができます。

また、内臓のまわりについた脂肪を内臓脂肪といいますが、これらの皮下脂肪や内臓脂肪は男性よりも女性の方が圧倒的につきやすいと言われています。

その理由に、女性は子宮や卵巣など繁殖に大事な臓器などを持っていて、それらを守っていることが挙げられますが、この皮下脂肪や内臓脂肪によって体型が変わってしまうため、女性にとっては嫌われ者になっています。

さらに、食べ過ぎや運動不足、またはホルモンバランスの崩れ、さらには骨盤の歪みなどによってもこの脂肪は増えてしまいます。

特に、皮下脂肪は内臓脂肪と比べて、一度ついてしまうと、なかなか落ちません。

そしてそのまま放っておくと、『セルライト』と変化していきます。

こうなるとさらに落ちにくくなってしまうので注意が必要です。

これらのお腹まわりの脂肪を落としたいと思うのならば、お腹まわりのマッサージなども効果的でありますが、部分的にお腹周りだけの脂肪を落とそうとするのではなく、全身の脂肪を減らす必要が出てきます。

まずは普段からの食生活や生活習慣を見直すことが、無駄な脂肪をつけないきっかけとなるでしょう。

女性に多いお腹周りの皮下脂肪は病気発症のリスクがある?!

女性は特にお腹周りに皮下脂肪がつきやすいですので、皮下脂肪がついてしまった女性の多くが洋ナシの形のような体型になってしまっています。

皮下脂肪は卵巣や子宮などの繁殖に関係した臓器を守り、妊娠した時などにも、しっかりと衝撃などから子供を守る役割を持っているとはいえ、病気になってしまうリスクもあるのです。

とくに皮下脂肪を蓄えてしまっている体は、乳がん、子宮筋腫、子宮がん等女性特有の病気を発症しやすくなっているので、発見が遅れると死に直面する可能性があるのです。

さらには、皮下脂肪から分泌される女性ホルモンによって慢性的に生理不順なども招きかねません。

また脂肪によって体重が重くなり、股関節症や膝関節症など歩行に関わる病気にもなりやすいというのも納得がいきますね。

脂肪はある程度ついている必要はありますが、手でつかめるほどたくさんついているのならば、ダイエットやマッサージなどをして減らしていく努力が必要です。

皮下脂肪を落とすことで、女性特有の病気の発症率を低くできるほか、洋ナシ体型も改善されて見た目にも良くなりますからね。

マッサージだけでお腹周りの脂肪はなくなる?

この女性から嫌われている皮下脂肪ですが、マッサージによってお腹の脂肪をぐいぐいともみほぐしていくことによって、減らすことができます。

女性の中には、新陳代謝が悪い方も多く、体の中に不要なものがたまりやすい体になっています。

ですから、この体をもみほぐしていくことによって代謝しにくかった脂肪が刺激されて、分解されやすくなり減っていくのです。

ただ、新陳代謝が悪くなっている原因を取り除かない限りは、脂肪がまたお腹につき、マッサージをしてもみほぐし続けなければならず、皮下脂肪への根本的な改善にはなっていないのかもしれません。

人によっては、根本的な改善をするよりも、マッサージでどうにかなると思っているかもしれませんが、マッサージだけでは、完全には脂肪は減りません。

脂肪をマッサージでもみほぐして分解されやすい状態にした後に、運動などをして脂肪を燃焼していかない限りは、マッサージだけでは限界があると言わざるを得ません。

また、もみたたきなどの作用によって、一時的にマッサージを受けた箇所が緊張状態にあり引き締まったように見えるかも知れませんが、一定時間を過ぎると、また元の体に戻ってしまうので気をつけましょう。

お腹の脂肪に!マッサージにプラスしてやるといいこと①

お腹まわりについた皮下脂肪ですが、お風呂に入り体が温まっている時などにやるマッサージはとても効果があります。

ぜひ、お腹周り以外にも太もも、二の腕など全身をマッサージしていきましょう。

程度としては、少し痛いと感じるぐらいの力でもみほぐしていくのが良いようです。

特に、マッサージをして痛いと感じる箇所は、セルライトとして溜まっている証拠です。

そのような箇所が見つかったのなら、重点的にマッサージを行いましょう。

マッサージをすることで、脂肪が分解されやすくなり、燃えやすくなるのです。

ですから、マッサージを行った後は、軽いウォーキングなどの有酸素運動をすることが必要になってきます。

ジョギングや水泳でももちろん良いですが、ウォーキングが一番手軽ではないでしょうか。

息切れしない程度のスピードで20~30分ほど歩くのが良いです。

また、筋トレなどをして筋肉の量を増やすことも、脂肪を燃えやすい体になっていきます。

ぜひ自宅でも、スクワットや腹筋、腕立て伏せなどを行うようにしてください。

お腹の脂肪に!マッサージにプラスしてやるといいこと②

お腹まわりの脂肪を減らすには、マッサージや軽い運動が効果的ですが、普段からの食生活や生活習慣を見直すことも大事なことです。

好きなものばかりを食べるのではなく、栄養のバランスを考えたカロリーに気をつけた食事をするよう気を配るようにしてください。

せっかく運動をしていても、食事を制限しないようでは、なかなか脂肪は減っていきません。

外食やファーストフードでの食事は、炭水化物、脂質、糖質に偏りがちになるため気をつけなければなりません。

なかなか食事制限ができないという方は、体重や体脂肪の変化を毎日記録するだけでも、増減を把握し、食べ過ぎなどを知ることができるので、ぜひやってみてください。

またストレスは脂肪の大敵です。

ストレスが溜まると暴飲暴食を招きかねないので、自分なりの気分転換の方法を見つけて、うまくストレスアウトできるように注意してください。

また、睡眠時間が短いと代謝が悪く、疲労が溜まって、運動の効果も得にくくなってしまいます。

ですから、睡眠の質などにも気を配るようにしてみてください。

お腹の脂肪を減らすのに効果のある食材を取り入れよう!

普段からお腹の脂肪を減らすのに効果のある食材を取り入れていくのも、脂肪を減らすのに効果的です。

特に、トウガラシなどに含まれるカプサイシンは脂肪の代謝を促進してくれます。

ですから、キムチや豆板醤などの調味料を料理に加えてみたりすると良いですね。

また、しょうがの中に含まれている辛味成分であるジンゲロンという成分も体脂肪を燃焼させる役割があります。

さらに新陳代謝を活発にさせる効果があるヨウ素という成分がありますが、ヨウ素を多く含んだ昆布やわかめ、ひじきなどの食べ物を積極的に摂取していくのも脂肪を燃焼しやすくするので良いですね。

またエネルギー代謝に欠かせないL-カルニチンという成分があります。

これは、羊肉や牛肉、豚肉などの赤身部分に多く含まれています。

ただ動物たんぱく質の中には、脂肪自体も多く含まれていますので、この成分だけをサプリなどを利用して摂取するのも良い方法かもしれませんね。

またコーヒーなどに含まれるカフェインも脂肪燃焼に一定の効果があると言われていますので、運動を行う数十分前に飲むとより効果が期待できるかもしれませんね。

ぜひお腹のマッサージと併用して、脂肪燃焼に良い食べ物を積極的に摂り入れていってください。

長期的に努力しましょう!

お腹周りの脂肪ってなかなか落ちない原因があったんですね!

マッサージは脂肪を揉みほぐす効果があるようなので、マッサージと併せて、日常的に適度な運動を取り入れるよう心掛けることが大切なようです。

また、脂肪燃焼に効果のある食材も、取り入れて、楽しく無理のないようにダイエットにしてください!

女性につきやすい皮下脂肪、あまり肥満気味にならないよう、日頃から気をつけたいですね。

 - 女性 お悩み