コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

顎の付け根が腫れる病気って!?リンパが腫れる原因と対処法

      2016/12/24

顎の付け根が腫れる病気って!?リンパが腫れる原因と対処法

実は、顎の付け根の部分は、病気になりやすい所であるのをご存知でしたか!?

この部分で起こりやすい症状は、辛い腫れや痛みです。

その原因は、リンパ、甲状腺、顎関節症など複数存在しており複雑です。

今回は顎の付け根が腫れて痛む事が多いリンパについてと、首のリンパが腫れる原因と対処法、首のリンパの腫れで考えられる病気についてお話します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


顎の付け根が腫れて痛い!リンパの役割とは?

リンパは、体に入った細菌を退治して、体を病気から守ります。

また、老廃物を運んで排泄する働きもします。

リンパの仕組みは、リンパ管を通してリンパ液が古い細胞や老廃物を運び、それらが集まるリンパ節で老廃物を濾過したり、抗体を作ったりします。

リンパの流れが悪くなれば、体に老廃物などが溜まるので、免疫機能が下がってしまいます。

リンパの流れが悪くなれば、むくみ、肩こり、肥満、疲労、などのいろいろな体調不良が生じてしまいます。

顎の付け根のリンパが腫れるのも、リンパの流れが悪くなっているからです。

リンパの循環は、健康と深く関係しているので、リンパマッサージをしてリンパの流れを良くすることはとても大切です。

運動不足、血行不良、ストレスなどでリンパの流れが悪くなります。

また、足先が冷えるのも、リンパの流れが悪いのが原因であることが多いです。

リンパは皮膚組織に分布しているので、軽いマッサージでリンパの流れを良くできます。

健康な生活を送るために、毎日リンパマッサージをするのをオススメします。

顎の付け根のリンパが腫れる原因

顎の付け根のリンパが腫れることは、よくあります。

特に小さい子供は、顎の付け根のリンパが腫れると目立つので、気になりますよね。

顎の付け根のリンパは、皮膚の下の浅い所にあるリンパ節で米粒大くらいの大きさなので、病気で腫れていないときでも、外から触れることがよくあります。

リンパは、体に入った細菌を退治するときに腫れます。

特に顎の付け根のリンパは、喉や虫歯などからウイルスが侵入してきた場合にも、腫れることがあります。

子供が顎の付け根のリンパを腫らすときは、頭部の湿疹や風邪が原因であることがほとんどです。

リンパが腫れると、痛みを生じることもあります。

痛みがひどくなると、顎を動かすのが辛くなるため、食べ物が噛めなくなったりして、食事をするのに支障が出ることもあります。

腫れが大きくなったり痛みが酷くなったりする場合は、抗生物質で改善することがよくありますね。

しかし、切って膿を出すなどの処置が必要な場合もあるため、リンパが腫れたら病院に行きましょう。

リンパの腫れの対処法!

顎の付け根のリンパの腫れの対処方法を紹介しますね。

リンパの活動には水分が必要です。

そのため、食欲がなくても水分は必ず摂るようにしてください。

早く改善したいなら、血液が流れやすくなる食生活をすることも大切です。

水分はもちろん、野菜や果物もしっかりと摂取して、血液が流れやすくなるようにしてくださいね。

風邪からくるリンパ腺の腫れは、痛みや熱があっても時間が経つと引いていきます。

安静にしていると、免疫力が回復するため、自然に引いていくのです。

リンパ腺が腫れて炎症を起こしているときは、リンパ腺を冷やすと腫れを鎮めることができます。

濡れタオル、氷嚢、冷湿布などを使って炎症を抑え、痛みを和らげましょう。

しかし、自分で対処しても腫れが引かなくて、次のような症状になる場合は、病院に行ってください。

原因がないのに腫れがある、腫れがどんどん大きくなっていく、腫れが固くて固定されている感じがする、発熱や体重減少が一度に起こる、腫れている所が赤くて熱があり触ると傷む、という症状です。

首のリンパマッサージで腫れを撃退しよう!

顎の付け根の腫れについて紹介してきましたが、次は首のリンパマッサージで腫れを抑える方法を紹介します。

首のリンパが腫れると、顔が大きく見えてしまうので、首のリンパマッサージで根本原因の腫れを取り除きましょう。

首リンパマッサージはエステで受けられますが、ここでは自宅で簡単にできる首リンパマッサージについて紹介していきます。

まず、アロマ精油と希釈用オイルで作ったアロママッサージオイルを準備しましょう。

では、首リンパマッサージ方法です。

①手にマッサージオイルをつけたら、両指で口の下を挟み、円を描くように軽くマッサージします。

②顎からフェイスラインに沿って両指で耳の下までマッサージしましょう。

③下顎のツボを、円を描くようにやさしくマッサージします。

④下顎のツボから首の付け根までなぞる感じでマッサージをしてください。

⑤首の付け根から肩をなぞるようにマッサージをし、肩から鎖骨をなぞるようにマッサージします。

これを3回ずつ順番にしていきましょう。

鎖骨リンパ節は老廃物の出口なので、リンパが流れやすくなるように最初に整えるのがポイントです。

また、首のリンパマッサージの前に水を飲むと、細菌などを退治する効果も期待できますから忘れずにお飲みください。

首のリンパの腫れで考えられる病気は?

リンパとは、主にリンパ液とリンパ節のことを指します。

そして、体に入ったウイルスを退治して、老廃物を体外に排出する役割をします。

リンパ節は体内に800カ所くらいあり、特に首周りにたくさんあります。

顎の付け根のリンパが腫れると、重い病気にかかっていることもあります。

数日でリンパの腫れがなくなれば問題ないのですが、痛みはないのにリンパの腫れが引かないなら、すぐに病院に行きましょう。

顎の付け根のリンパが腫れると、悪性リンパ腫が疑われます。

顎の付け根の両方のリンパ節が腫れているけど、熱はない、という症状があります。

それから、咽頭がんの可能性もあります。

声がかれる、痰に血液が混じる、呼吸が苦しい、などの症状が出ます。

また、結核の疑いもあり、結核の初期は、風邪のような症状が続きます。

結核が進行していくと、だるさ、息切れ、血液の混じった痰、などの症状が出ます。

アトピー性皮膚炎の疑いもあり、アトピー性皮膚炎の症状と一緒に首のリンパ節がしこりのように腫れますので要注意です。

顎関節症で顎の付け根が腫れて痛む時は何科を受診すべき?

顎の付け根が腫れて痛いときは、何科で診てもらえばいいのか悩みますよね。

顎は、上顎と下顎でできているのですが、上顎は、目の横から下の辺りで、上の歯を支える部分になります。

下顎は、オトガイから左右へ顔の周りに沿って、耳の穴の前の部分までで、下の歯を支える部分です。

顎の付け根は、この耳の穴の前の部分になります。

顎が痛いという症状の人はたくさんいますが、顎と言っても範囲が広いため、病院の何科で診察してもらったらいいのか、悩んでしまうでしょう。

また、痛い部分により、いろいろな原因が推測されます。

顎の病気として、よくあるのは顎関節症ですが、顎が痛くなる前に抜歯をしていたなどのはっきりとした原因があれば、まずは通院していた病院で診てもらいましょう。

その病院で対応できなければ、何科で診てもらえばいいのかを教えてくれるはずです。

顎関節症は、口を大きく開けたり閉めたりする時に音がしたり、顎の付け根が痛い、という症状があります。

顎関節症で腫れることはめったにありませんが、まれに顎関節症がきっかけで周りの筋肉が炎症を起こして腫れることもあります。

その場合は、歯科や口腔外科で診てもらいましょう。

顎の付け根が腫れる原因を単純に判断するのは危険!

顎の付け根は色々な問題が起こりやすい場所です。

顎の付け根が腫れる原因は、沢山あり、これが原因だとは単純に判断をすることができません。

ですから、腫れや痛みなどの違和感を感じた時は、病院で調べてもらうようにしましょう!

 - その他 部位