コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

鼻が大きくて嫌という方必見!鼻を小さく見せるメイク方法!

      2016/12/27

鼻が大きくて嫌という方必見!鼻を小さく見せるメイク方法!

鼻が小さい女子は可愛い、美人は鼻が小さい!

けれど自分の鼻は大きくて嫌!という方、いらっしゃいますよね!

顔のパーツに悩みを抱えている方は多いと思いますが、特に鼻は人の目に付きやすいので悩む方も多いのではないでしょうか?

しかし、鼻が大きく男顔の印象は、実は美人の証拠みたいですよ!

また、鼻を小さくみせる方法もあるので、是非試してみてください!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

肩こり解消にはストレッチ!!寝たままできるものをご紹介

デスクワークやスマホなど、同じ姿勢を続けることの多い私た...

肩こりにオイルマッサージを取り入れよう!やり方のご紹介

パソコンのデスクワークなど長時間同じ姿勢でいることによっ...

肩こりでめまいが起こる?理由や改善方法などをご紹介

肩こりは思ったよりも深刻な悩みですよね。 その中でも、肩...

肩こりは放置しないで!!自宅でできる肩こりをほぐす方法

肩こりを感じている方はどれくらいいるでしょうか。 デス...

肩こりがひどい人必見!肩こり解消マッサージとストレッチ法

多くの方の悩みの1つである、ひどい「肩こり」。 肩がこ...

汗をかくと前髪が割れるのはなぜ?解決策はある?

前髪が束のようになって割れるということはありませんか? ...

姿勢を良くする方法!ストレッチと筋トレで若々しい体へ

現代人は、猫背や反り腰といった姿勢の崩れがみられる人が少...

悪い姿勢を良くするために!ヨガをはじめて姿勢美人になろう

姿勢が悪いと自覚している方は、もしかしたらとても多いので...

悪い姿勢を矯正したい!タイプ別のトレーニング方法をご紹介

日頃から自分の姿勢が悪いことを意識していませんか? 姿...

姿勢にも気をつけて!椅子の正しい座り方を伝授

普段、椅子に座るときの姿勢を気にして過ごせていますか? ...

夏バテと似た症状!9月以降になる秋バテについて

暑い夏の時期に体調不良になってしまったことはありませんか...

体幹トレーニングで腹筋を鍛えよう!女性にオススメの鍛え方

美しいくびれは、多くの女性の憧れですよね。 そんな美し...

体幹トレーニングの正しい方法とは?小学生におすすめの方法

体幹トレーニングというのを、耳にしたことがある方も多いの...

自宅で体幹トレーニング!初心者の女性にオススメメニュー

運動やダイエットなどをしているのに、「体重が減らない」「...

体幹トレーニングメニューって?バスケに重要ってホント?

みなさんは、「体幹トレーニング」という言葉をご存じですか...

体幹トレーニングでダイエット!女性でもできる簡単メニュー

最近、スポーツのニュースやダイエットの話題などで、「体幹...

体幹トレーニングはサッカーに必要?ジュニアで行うメリット

小学生でサッカーをしているお子さんは多いのではないでしょ...

ヨガポールで腰痛改善!?その効果と使い方をご紹介!

「ヨガポール」というものをご存知でしょうか? このヨガ...

1日たった10分のヨガで肩こり・腰痛をすっきり解消!

日常的に行うスマートホン操作やデスクワークでの長時間の...

ヨガなどを始めるとおこる好転反応とは?腰痛も含まれる?

体の代謝はヨガや気功といったボディワークをすると、より...

スポンサーリンク


鼻が大きいのが悩み・・男顔は美人の証拠!?

顔にも傾向があって、骨格が目立つ顔立ちは男性として認識されやすいです。

一般的に言って、男性は骨ががっしりしており、女性は丸みがあります。

エラなど骨格が張っていると顔の輪郭がはっきりするので、男顔だと認識されやすくなるというわけです。

また、少し痩せていると骨格が目立ちますから男顔に見えやすくなるでしょう。

反対に肉つきの良い顔だと女顔に見えます。

男顔女顔の違いとしては、骨格以外なら鼻が大切なパーツになります。

鼻が小さくて華奢であると女性らしいイメージになります。

また鼻筋は低いほうが良いです。

鼻筋が高いと顔全体の彫りが深く見えるので、男顔らしくなってしまいます。

そのように印象を大きく変えることができる鼻ですが、男性らしい鼻でも、美人と言われるような人の多くは男性らしい鼻です。

相手に与えるインパクトが大きく、目立って、外人モデルのような美人に見えるというわけです。

男顔がコンプレックスかもしれませんが、美人顔と表現することもできるので、見方によっては大きなメリットだと言えます。

最近ではメイクのシェーディングやハイライトで顔の印象を変えることも簡単になりました。

そのため男顔がコンプレックスになっている方は、メイクで目立つ部分を隠すのが良いと思います。

やっぱり鼻が小さくて可愛い女子に憧れる・・鼻の黄金比って知ってる?

メイクをしていて鼻が気になることもあると思います。

小さくてかわいい鼻が女の子らしくて良いと思うかもしれませんが、美しい鼻というのは決まっています。

黄金比というべき条件があってそれを満たすと美しい鼻になれるのですが、黄金比がどのようになっているのかこれから紹介したいと思います。

正面から見たときは、鼻の縦の長さと小鼻を含めた横の長さの比が1.56になっているのが理想的です。

また、鼻の横幅と両目の隙間が1:1になっていることもポイントになります。

横から見た場合は、鼻筋がまっすぐになっている、もしくはカタカナのノの字のようなカープを描いているのが良いと言えます。

角度で言えば、鼻筋の傾きが30度くらいなのが理想的です。

他にも大切な角度があって、顔を横から見ると目頭でくぼみとなっているのですが、そこから下に鼻筋、上に眉毛という2つの線を引けて、その2つの線が115度から130度になっていくのが理想的です。

下から見た場合は、鼻の穴が縦長で大きすぎないことが大切になります。

また、鼻先、右小鼻、左小鼻、その三転を結んだ三角形が1:1:1の正三角形であると理想的です。

鼻を小さくしたい人必見!3つのNG習慣

鼻を小さくしたいと思うなら、やってはいけないNG行動が3つあります。

鼻の中にあるゴミを取るとき、指を突っ込んでいませんか?

それはNG行為です。

小鼻の形を気にしているなら指は使わないで鼻をかむことで出しましょう。

鼻の穴に指を入れるとメイクで隠し切れないくらい広がって鼻が低く見えるようになってしまいます。

鼻水が止まらなかったり、鼻血が出ていたり、そんなときにティッシュを詰め込んでいませんか?

それもNG行為です。

鼻の中に物を入れるのは極力避けましょう。

鼻血の場合は、柔らかい小鼻を指でしっかりつまんで圧迫止血しましょう。

口呼吸することもNG行為です。

口で呼吸すると、顔全体の筋肉が下のほうに垂れ下がってしまいます。

しかもそれだけでなく口元や鼻の穴が伸びてしまいます。

口を閉じて呼吸することで鼻呼吸となり、小鼻周辺の筋肉を鍛えられます。

そのことで顔のたるみが改善されて、目元はぱっちり、鼻は小さく、あごは引き締まります。

もし鼻づまりで鼻呼吸できないという人は、鼻炎や副鼻腔炎の可能性もあるので耳鼻科を受診しましょう。

鼻を小さく見せるメイク方法!

メイクをする前には鼻のむくみを取りましょう。

むくみが取れて鼻が小さくなって印象が変わることもあります。

鼻のむくみを取るには、温めては冷やすことを繰り返します。

それから小鼻の脇を1秒間強く押し、鼻に沿って指を押し上げて、指が眉まで届いたら、眉頭で1秒強く押して最初に戻るということを3回繰り返しましょう。

それでむくみが取れて、鼻筋が高く見えて、鼻の通りも良くなります。

それではメイクで鼻を小さくしていきましょう。

基本はノーズシャドウです。

鼻筋に沿ってラインを引くのですが一本線はNGです。

3分の2まで塗ったら、細い筆に持ち替えて鼻のてっぺんまで塗りましょう。

そうすることでスっとした鼻筋になり、小さい鼻に見えます。

最後にフェイスパウダーでぼやかしてナチュラルに見えるようにして、濃い線は避けるようにしましょう。

さらに小鼻に見せるための応用もあります。

鼻の穴あたりに少しライトブラウンを塗ることで、鼻の穴が小さく見えるようになります。

そこでもやっぱり大きく見える濃い色は避けてください。

ちょんちょんと薄い色を乗せるだけにしましょう。

そしてハイライトです。

Tゾーン、チークの少し上、それとあごの中央にハイライトを入れましょう。

それで顔全体がぐっと立体的になりますし、それらを明るくすることで鼻への意識を弱めることもできます。

鼻を小さく見せる方法はメイク以外にもあるの?

鼻を小さくするメイクもありますが、マッサージと筋トレも効果的です。

筋トレとしては、鼻をすするようなイメージで吸い込んで、キープ、そして息を吐き出しましょう。

それら動作をなるべくゆっくり行うことで鼻の筋肉を鍛えられます。

マッサージとしては、両手の人差し指と中指を使って、小鼻を両サイドから挟み込み、グルグルと回しながら持ち上げていきます。

同じ方向に回すのではなく、右に回していたら左に回すというようにバランス良く行いましょう。

それらは筋力の衰えを防ぐことを目的に、数日空けてやり過ぎないように注意してください。

マッサージで鼻が温まってきたら、今度は鼻を矯正するエクササイズがあります。

お風呂上りなどの血行が良いときでも良いです。

中指と薬指を使って両鼻を挟み、ギューっとプレスします。

これだけで鼻が高くなる効果を得られます。

他の方法で鼻を小さくしたいなら、鼻を冷水にさらすのもオススメです。

冷たい水で小鼻が冷たくなるまで冷やしましょう。

それで緩んでいた鼻の筋肉が緊張するので鼻が小さくなります。

毛穴を引き締める効果もあるのでスキンケアの後に行うのも良いでしょう。

ただし血行不良になるほど冷やしてしまとう悪影響なのでやりすぎには注意です。

鼻を小さく見せるメイク以外に実は似合う髪形もあるんです!

鼻を小さくするにはメイクやマッサージだけではなく、髪型によって鼻を小さく見せることができます。

注目するべきポイントは髪に視線を集めることです。

端的に言えばボリューミーな髪型にするわけですが、もう少し具体的な髪型を挙げていきます。

まずはレイヤースタイル。

段差をつけてカットする髪型なので、髪に動きがついて鼻の印象が軽くなります。

そしてやわらかウェーブ。

髪のボリュームが増すので、相対的に鼻が小さく見えます。

前髪だったら斜め分けがオススメです。

センター分けだと顔中央の印象が強くなってしまいますが、斜め分けならだいぶ違った印象になります。

反対に鼻を目立たせてしまう髪型もあります。

髪の動きが少なく髪へ視線を集め難いショートヘアは鼻を強調する髪型だと言えるでしょう。

同様の理由で、ぺたっとした髪型、ボリュームのない髪型、まっすぐでフラットな髪型も鼻を強調してしまいます。

前髪としては、ぱっつん前髪にすると顔の面積が小さくなり、顔のパーツが目だってしまうので、鼻が強調されることになりますのでオススメできません。

どんな鼻でも魅力的ですよ!

誰でも顔のパーツにコンプレックスを感じていますよね。

特に鼻は顔の中心に位置しているので、他人の目に入りやすいですし、コンプレックスに感じてしまいますよね。

鼻が小さくて可愛らしい女子に、私も憧れます!

理想の鼻に近付くには、マッサージやメイク、髪型で工夫ができるので、自分の鼻の魅力を最大限発揮できるようにしたいですね!

 - 女性 お悩み