コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

156cmの女性の美容体重は?理想の体型を維持するためには?

      2017/01/02

156cmの女性の美容体重は?理想の体型を維持するためには?

身長156cmの日本人女性って結構多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ダイエットをしたい!と思ったときに、156cmの人の標準体重はどれくらいなのでしょうか?

156cmの女性の体重について詳しく説明したいと思います。

最も健康でいられる体重も紹介します!

ダイエットする際に自分の理想の体重はどのくらいなのか、参考にしてみてください!

また、健康と体型を維持するためにできることも紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


まず、BMIについて知ろう!

◆BMIとは

BMIとは、WHOで定められた肥満判定に用いられる国際基準です。

日本でも健康診断等で使われており、【体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))】で算出されます。

この数字が標準値を上回るほど有病率が高くなる傾向があるとされています。

具体的には、~18.5=低体重、18.5~25.0=標準、25.0以上は肥満とされます。

計算法については世界共通ですが、判定基準は各国で異なっています。

日本人のBMI理想値は男性:22.0、女性:21.0とされ、この数値に近いほど「病気にかかりにくい体型」と言われます。

例えば身長156cmの女性であれば、51.1kgがBMI 21.0の理想的な体重と言えます。

反対に、BMIが25.0以上になると、糖尿病・心臓病・高脂血症・高血圧などの生活習慣病にかかりやすい傾向にあります。

簡単に肥満度を計算できるBMI法ですが、以下のような欠点もありあります。

①「脂肪量が多く体重が重い人」と、「筋肉量が多く体重が重い人」との区別ができない点

②「BMIが低いにも関わらず体脂肪率の高い隠れ肥満」を発見することが困難である点

標準体重って?実は標準体重が生命維持に一番理想的!

◆健康維持に役立つ標準体重

「生命を維持するため健康的に生活するために最も適切な体重」のことを標準体重と呼びます。

また、肥満を表す公式としてBMI=体重÷(身長(m)×身長(m))やローレル指数などがあります。

児童の場合には、ローレル指数のほうが正確と言えます。

ローレル指数=体重÷(身長(cm)×身長(cm)×身長(cm))×10⁷で求めることができ、160以上で「肥満」と判定されます。

標準体重を求める公式としては、ブローカ式桂変法が有名ですが、一般的にはBMIの理想値である22.0から逆算する方法がとられます。

大人:標準体重=(身長(m)×身長(m))×22

子ども:標準体重=(身長(m)×身長(m)×身長(m))×13

この計算式を使えば、身長156cmの大人であれば、標準体重は53.5kgとなります。

男性や身長の高い女性の場合には、以下の方法を使うのがより正確です。

標準体重=身長(cm)−110

標準体重=(身長(cm)−100)×0.9

「標準体重は太めに設定されている」と考える人もいますが、標準体重は医学上で定義される生命維持に最も適している体重です。

美しい体型を重視した体重は「美容体重」と呼ばれ、標準体重とは別の基準です。

美容体重は人によっても異なりますが、一般的には標準体重より約5%落とした体重と言われています。

156cmの人の理想体重はどのくらい?

◆理想体重について

理想体重は「美容体重」とも呼ばれ、健康的で美しい身体のバランスがとれているBMI 20.0を基準として算出される数値です。

身長155~162cmの人の理想体重は以下の通りです。

155cm:48kg、156cm:49kg、157cm:49kg、158cm:50kg、159cm:51kg、160cm:51kg、161cm:52kg、162cm:52kg

思ったよりも、あまり細くない印象ではないでしょうか。

理想体重は健康的に生活する上で理想的な、身体のプロポーションの美しさを重視した基準です。

そのため、意外と頑張れば手が届く範囲の体重設定であると言えます。

理想体重が「美容体重」と呼ばれるのは、以下のような理由があります。

①体脂肪の効果的な蓄積

女性のバストなどは大半が脂肪で構成されているため、ある程度の体脂肪の蓄積は重要です。

過度なダイエットでは体型を形作っている脂肪が減少してしまいます。

②健康への被害を抑える

過度のダイエットでは、健康を害し、摂食障害や病気になってしまう可能性があります。

歯止めを掛ける意味でも、ある程度の根拠とご褒美が伴う目的を設定する必要があり、それが理想体重のもう一つの役割と言えるでしょう。

156cmの人のモデル体重は?細くて理想的だけど健康に注意が必要?

◆モデル体重について

モデル体重は、プロの女優やモデルレベルの細さであるBMI 18で算出した数値です。

155~162cmのモデル体重は以下の通りです。

理想体重と比べるとかなり軽いのがわかります。

155cm:43kg、156cm:44kg、157cm:44kg、158cm:45kg、159cm:46kg、160cm:46kg、161cm:47kg、162cm:47kg

美しく服を着こなすことができそうですが、一般人としてはあまりに細すぎるとも思えます。

モデル体重は、BMI数値では痩せている部類に分類されます。

モデル体重はあくまで理想の数値であり、誤った方法でダイエットをすると健康を損なう危険性があります。

健康的な美しさを求めるなら、モデル体重ではなく美容体重を目指しましょう。

そのためには、食事制限だけのダイエットでは良くありません。

適度な運動などの様々な方法を用いながら、美容体重を目指すことが美しいボディラインを手に入れる最も良い方法と言えます。

156cmの人の健康体重はどのくらい?

◆健康体重について

最も病気にかかりにくいとされる標準的な体重は、BMI 22が基準になります。

155cm:52kg、156cm:53kg、157cm:54kg、158cm:55kg、159cm:56kg、160cm:57kg、161cm:57kg、162cm:58kg

痩せ型の人も病気になりやすいと言われますが、BMI指数が30を超えると有病率は一気に上昇するので注意が必要です。

そのため、美容と健康を考えるのであれば、BMI指数20.0~22.0の間が理想的です。

また、健康的で長生きできる体を作りたいのであれば、BMI指数22.0~24.9までの間で調整するのが理想です。

太り過ぎも痩せすぎも体に悪影響を及ぼすと言えます。

とくに、過度なダイエットは体に悪影響を与えるので良くありません。

寿命や健康のことを考え、意識的に体重をコントロールしていくことが重要です。

最も適切な体重コントロールの方法は、運動を生活に取り組むことと言えるでしょう。

体型と健康を維持するためにできることを日常生活に取り入れよう!

身長156cmの人の理想体重やモデル体重について見てきましたが、すべての人に共通する体型や健康維持の基本を紹介します。

①運動

運動することは体の血行を促進するため、高血圧症や動脈硬化など予防に繋がります。

1日30分を目安に、自分にあった運動をしながら体重もコントロールし、健康的な生活を送りましょう。

②栄養バランスのとれた食事

健康的な生活を送るために重要なのは、栄養バランスのとれた食事をすることです。

運動に加えて行うことで、効果もアップします。

また、ダイエットによる断食や食事を抜くことは、生理不順や更年期障害などを悪化させる原因になります。

逆に太りやすくなる体型になる可能性もありますので、バランスのとれた3度の食事を心がけましょう。

③睡眠は健康維持の基本

睡眠は長ければ良いとは言えません。

大人の理想的な睡眠時間は、1日7~9時間とされています。

肌のターンオーバーも睡眠時に行わるため、夜睡眠不足であるとこのリズムが乱れてしまうのでしっかり睡眠を取りましょう。

無理のない体重設定をしましょう!

ダイエットで一番気になるのは体重の数字ですよね!

目に見えてしまうから気になりますよね・・。

しかし、記事の内容でもわかるように、ダイエットで一番大切なことは、体重よりも見た目ではないでしょうか?

体重ばかりにとらわれずに、自分の理想の体型に近づけるように、日々の生活を見直すことも大切なことだと思います。

せっかくダイエットするなら、健康的な体を目指したいですね!

 - ジャンル別