コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

生理前の胸の張り・イライラに効果的なマッサージ方法とは?

      2017/01/09

生理前の胸の張り・イライラに効果的なマッサージ方法とは?

生理前に胸の張りを感じる方やイライラを感じる方多いですよね。

生理前症状(PMS症状)は女性であれば誰でも経験するかと思います。

生理前症状で胸の張りを感じる原因は、ホルモンバランスによって、血行不良を起こしやすいのです。

今回は、胸の張りに効果的なマッサージ方法とPMS症状の軽減に効果のあるマッサージ方法などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


生理前に胸の張りを感じる原因とは

胸の張りのマッサージ法をご説明する前に、皆さんは生理がなぜ起きるかご存じでしょうか。

また、生理前に胸の張りが起こる理由をご紹介していきましょう。

知っている人も今一度確認してみてください。

女性の身体に生理が発生する理由は、「女性ホルモン」の働きの影響です。

そのため、男性には生理が起こらないのです。

更にその女性ホルモンの中には種類があり、生理を引き起こしているのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)というホルモンなんです。

この2つのホルモンについてご説明していきましょう。

まずは、黄体ホルモンについてです。

この黄体ホルモンは、妊娠を補助するホルモンです。

他には、体内の水分を保持する役割や、食欲を増幅させます。

また、基礎体温も上げるという働きがあります。

また、排卵後の卵子が育つ期間に多く分泌されるホルモンで、生理が始まる頃に減っていきます。

次に卵胞ホルモンです。

卵胞ホルモンは、女性らしくするホルモンです。

身体の作りにも影響し、基礎体温を下げる働きがあります。

また、黄体ホルモンとは逆で、生理終わった後から排卵が起こるまでの期間に多く分泌され、排卵後に減少してきます。

どちらも共通して言えるのは、生理が始まるときには減少し、分泌が少なくなるところです。

生理が起こる理由は分かりましたが、胸が張るのはなぜでしょう。

その理由は、黄体ホルモンが影響しています。

まず、生理前に活動するが黄体ホルモンであり、排卵された卵子を育てます。

この卵子を育てるため乳腺を活発に刺激し、乳腺内の血管が広がったり、乳腺組織が増えるので、胸が張る感覚が出てしまうのです。

生理前の胸の張り・・心配な胸の張り方ってあるの?

生理前に胸の張りが起こる理由が分かっていただけたかと思います。

その生理前の胸の張りは、生理と共に減っていくことでしょう。

しかし、生理が終わっても胸の張りが取れないなどの場合は、何かの病気の可能性もあります。

この場合は、一度婦人科に行き、しっかりと診察してもらうことをおすすめします。

それでは、どのような時に婦人科に行くべきなのかをご説明していきましょう。

・片方の胸の張りがいつも以上に痛い場合や、張りが強い場合

・胸の張りが強く、高熱を伴う場合

・胸の張り以外に大きなしこりがあり、触ると痛みを伴う場合

・生理が終わったあとも胸の張りが継続する場合

・乳頭から分泌液や、血液のようなもの出てきた場合

・胸の張りが我慢できない場合

このような状態になった場合は、病気の可能性があるため、すぐに病院に行き、診てもらいましょう。

胸の張りや痛みに関しては、生理前の女性なら起こり得るものです。

そのため、毎月同じような痛みであるなら、通常の胸の張りや痛みと言えます。

また、胸のマッサージをすると、少し胸の張りが良くなることはあります。

しかし、歩くと胸に痛みを感じることや、生理後も激痛が継続してしまうときは乳腺症の可能性があります。

生理前の胸の張りの予防策は?

生理前の胸の張りを少しでも予防したいと感じる人もいるかと思います。

それでは、どのようにして胸の張りを予防していくのでしょうか。

まずは、規則正しい生活習慣をすることです。

なぜ、規則正しい生活週間が胸の張りの予防に繋がるかと言いますと、ホルモンの分泌が胸の張りに関係していることはもう既に分かっているかと思います。

そのホルモンの分泌量を安定させることで、胸の張りを多少抑えることができるのです。

生活習慣を規則正しくするには、しっかりとした睡眠とストレスを減らすことです。

このように規則正しく生活を送るようにして、ホルモンの分泌量を抑えましょう。

次は、食生活で胸の張りを予防しましょう。

生活習慣を良くするだけでもホルモンの分泌は安定してくると言いましたが、食生活も同じように大切です。

バランスの良い食生活も心がけましょう。

また、脂肪分の多い食事ばかりを食べていると、黄体ホルモンが乳腺を刺激する時に詰まりやすくなるため、胸の張りが強くなってしまうことがあります。

また、血液がドロドロの人も良くないため、血液もサラサラにする食物繊維やビタミン、ミネラルを摂取するようにしましょう。

もし、毎日の食生活の中で脂質の多いものや甘いデザートを抜くことができないのであれば、生理前だけは控えて、食事も健康的なものを摂るように心がけましょう。

すると、少しでも胸の張りを減らすことができます。

また、生理前にカフェインを摂るのは控えましょう。

カフェインは、血管を拡げてしまいます。

そのため、胸の張りが強くなってしまうことがあるのです。

更に女性ホルモンの分泌量も安定しなくなるため、胸が張りやすくなるとも言われています。

様々な食べ物や飲み物に含まれているため、チェックして少し抑えるようにすると良いでしょう。

予防ではなく、少しでも抑えるためならマッサージも効果的です。

生理前の胸の張りはマッサージをして血行促進

予防をしても、生理前の胸の張りや痛みが発生してしまうことはあります。

しかし、予防した方が痛みが和らぎます。

それでも胸の張りや痛みが出てしまう時は、マッサージをするのも良いでしょう。

胸の張りや痛みを感じるときは、触らないようにしようと思っているかもしれませんが、マッサージをすることで少し緩和することができるのです。

マッサージをする時の注意点ですが、思い切り力を入れて揉まないでください。

ポイントは、優しく揉むことです。

やり方を説明していきます。

・乳房を手で触り、時計回りにゆっくりと回していきます。

・時計回りに回したら、反時計回りにもゆっくりと回します。

・手のひら全体で、胸の上部を軽く揉みほぐします。

この時に硬いと感じる場合は、力を入れて揉みほぐそうとする人もいますが、無理やりほぐさないように気を付けましょう。

効果が出る時間帯は、入浴中です。

血行促進により、少し楽になることでしょう。

入浴中のマッサージは、オイルやローションなどを使うとより効果的です。

また、ストレスを感じることも胸の張りをより強める結果に繋がるので、アロマを焚くなどして癒しの空間を作る工夫をしましょう。

生理前の様々なPMS症状を軽減に効果のあるアロママッサージ

生理前のPMS(月経前症候群)の症状は生理開始時には和らぎます。

それと同時に胸の張りや痛みも、収まるでしょう。

PMSの症状はストレスに左右される部分もあります。

そのため、まずは食生活や生活習慣を正して、しっかり睡眠を取るようにしましょう。

また、PMSのときの不調は、セルフマッサージでも和らげることができます。

おすすめのセルフマッサージは、アロマオイルを使ったマッサージです。

アロマオイルには、PMSを軽減させる効果があります。

また、アロマの種類によっても効果が異なります。

例えば、クラリセージは総合的な症状に効きますし、グレープフルーツはむくみを軽くする効果があります。

このようなアロマオイルを植物油で加えれば、マッサージオイルができます。

痛みがある場合は、塗布してマッサージすることをおすすめします。

やり方は、マッサージオイルを痛みのある部分に塗ります。

塗ったら優しく丸をなぞるようにマッサージしていきましょう。

腰や肩などの筋肉の張りがある場合は、親指の腹で気持ちいいと感じる強さで押していきましょう。

下腹部に痛みを感じる場合は、おへその周りを時計回りに丸を描いてマッサージをしましょう。

マッサージをする時は、強くではなく、優しくすることを心がけましょう。

生理前のイライラ!PMS症状軽減に効果のあるツボマッサージ

生理前のイライラには、ツボマッサージが効果があります。

胸の張りなどの症状があるPMSのイライラを和らげましょう。

ツボの場所は多くあり、ご紹介していきます。

・身柱

この身柱(しんちゅう)の場所は、背骨の第3胸椎と第4胸椎の間の頭を下げた時に出る背骨の下辺りにあるツボです。

このツボの周辺をマッサージしましょう。

このツボを押すとイライラした気持ちを軽減できます。

・神門

この神門(しんもん)は手首にあるツボで、手首の関節の小指側にある窪みがツボです。

このツボを押したまま手首を上下していきます。

この神門もイライラ軽減のツボです。

・巨闕

この巨闕(こけつ)は、みぞおちのところから指2本下のところです。

このツボは指4本で押します。

体が疲れている時に有効なツボです。

生活習慣を正して、胸の張りを軽減しよう!

女性は、毎月一回生理が訪れ、憂鬱になってしまいがちですよね。

生理前の胸が張る現象は、ホルモンによるものです。

日常生活に支障をきたす程、悪化してしまう前に、症状を軽減する方法を身に付けましょう!

生活習慣を正して、少しでもストレスを溜めないよう生活しましょう。

生理は本来将来のために必要な大切な体の準備なので、出来るだけ前向きな気持ちで向き合うようにすることが、大切ですね。

 - 女性 お悩み