コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

眼鏡をかけていて、鼻に違和感を覚えることはありませんか?

      2017/01/11

眼鏡をかけていて、鼻に違和感を覚えることはありませんか?

いつもかけているその眼鏡、あなたに合っていますか?
眼鏡をかけていて違和感を覚えることはありませんか?

眼鏡をかけ、鼻に違和感を覚える人は少なからずいるようです。

今回はその違和感や危険性、正しい眼鏡選びについてお話しします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

klb0000829-1.jpg
赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

klb0000828-1.jpg
色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

klb0000827-1.jpg
扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

klb0000826-1.jpg
妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

klb0000825-1.jpg
黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

klb0000824-1.jpg
糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

klb0000823-1.jpg
風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

klb0000822-1.jpg
靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

klb0000821-1.jpg
足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

klb0000820-1.jpg
手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

klb0000819-1.jpg
手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

klb0000818-1.jpg
右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

klb0000817-1.jpg
家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

klb0000816-1.jpg
玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

klb0000815-1.jpg
お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

klb0000814-1.jpg
豆腐はデザートにも大変身!?オススメのレシピを紹介!

低カロリーでたんぱく質が豊富なお豆腐はとても人気の食材ですよ...

klb0000813-1.jpg
家で焼肉をする時のオススメ材料について。目指せ健康体!

家で焼肉をする方、結構多いのではないでしょうか? お店...

klb0000812-1.jpg
アメリカの学校給食の牛乳も砂糖入り!?体に良い飲み物は?

アメリカと聞くとイメージするのはどんな事ですか? アメ...

klb0000811-1.jpg
アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

「止まらない鼻水」「肌がかゆい」「食べられない食品」などの症...

klb0000810-1.jpg
むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

夕方になると足がむくんだり、朝起きたら顔がむくんでいるという...

スポンサーリンク


眼鏡のかけ始めは誰でも鼻に違和感がある

あなたは普段眼鏡をかけていますか?

眼鏡をかけると、鼻に違和感を感じる人は少なくありません。

眼鏡にあまり慣れていなければ、眼鏡の鼻に当たるところが気になったり、眼鏡の鼻の部分に違和感があったりします。
また、前から眼鏡をかけていたのに、最近になって鼻に今まで感じたことがなかった違和感を感じ始めたりする人もいます。

その場合は、深刻なケースである可能性があるので、注意が必要です。

裸眼だった人が眼鏡をかけ始めた頃は、違和感を感じることはよくあります。

顔の中心に来る眼鏡の存在自体に、違和感を感じたりもします。

夏などの汗をかきやすい季節は、出かけると汗で眼鏡が下にずり下がったり、さらに暑苦しく感じたりして、眼鏡をかけると不快感さえ感じます。

しかし、眼鏡をかけることに慣れてきたら、違和感は少しづつ減っていくことが多いです。
また、眼鏡をかけると、裸眼のときより視界が狭くなることにも、慣れていきます。
視界が狭いのが気になる人は、鼻パッドのないプラスチックフレームにすれば、視界を広く感じるので試してみてくださいね。

 

眼鏡の鼻への違和感と痛み

眼鏡をかけているときに、鼻が痛くて仕方がないときがあります。

それは、鼻あてのフィッティングがキチンとできていなかったり、フレームがゆがんでいたり、耳に合っていなかったりして、鼻に負担が生じるときに起こるものです。

また、眼鏡の重さが原因になっていることもあります。
眼鏡のフィッティングをすると、鼻の違和感が減ることが多いです。

もし現在の鼻パットがシリコン製でなければ、すぐにでもシリコン製の鼻パッドに、変えてもらうと良いでしょう。

シリコンは、とても柔らかいです。

そのほかの鼻パッドも、鼻に違和感を与えることがあります。

シリコン以外に鼻パッドには、金属系とプラスチックフレームのフレーム直通タイプがあります。
後者は、鼻パッドがなく、直にフレームが鼻に当たるタイプです。

それぞれ、鼻への感触、固さ、落ちる頻度、視界の広さが違います。

プラスチックフレームの鼻パッドがないタイプなら、はじめからパッドがないので調整をするのは困難なところがデメリットでしょうか。
しかし、技術がある眼鏡屋では、フレームの調節をして、違和感を減らしてくれることがありますので、相談してみてください。

 

鼻の違和感・・・怖さや危険性とは

眼鏡をかけることに慣れていないため、鼻に違和感を感じるのなら、あまり問題はありません。

しかし、鼻の違和感と一緒に、頭痛・肩こり・気持ち悪さなどを感じるのなら、注意が必要かもしれません。

これらの症状は、眼鏡ではなく、眼精疲労から眼に異常が出ている可能性があるからです。

ここで眼精疲労の原因を紹介します。

眼鏡の視力矯正度数が合っていない・パソコン、スマートフォンなどをよく見る・眼を酷使している、などです。

最近は、生活の中にあるのが当たり前になったパソコン、スマートフォンが原因になることが、よくあります。

眼精疲労になると、早く老眼になってしまうと言われています。
30代前半で、老眼になる人もいるくらいです。

これを改善するためには、眼鏡の度数を下げ、近くを見るための眼鏡を使い分けすることが必要です。

とくに近視の人は、遠くが見える分、近くのものを見るときには眼に負担がかかっています。

見ようとするものが見えるための正しい度数の眼鏡を、使い分けをする必要があるのです。

 

眼鏡などで眼精疲労を緩和する

ここでは眼精疲労を和らげる方法を紹介します。

眼精疲労は、眼を使いすぎ、酷使することが原因で起こります。

パソコンやスマホを使わないのが、一番の眼精疲労の解消方法ですが、それは現代では不可能に近いです。

コンタクトレンズを使わない、パソコン使用の際1時間に15分休憩をする、使用用途に合うレンズを使う、ブルーライトカットアプリ、眼鏡を使う、パソコン中のまばたきを増やす、などの解消方法が良いでしょう。

販売されているPC眼鏡は、眼精疲労を解消するものではなく、紫外線と可視光線の一部をカットするものです。
そのため、PC作業時間を短くするのがベストです。

先ほどもお話しましたが、スマホやパソコンの使用で、最近は老眼発症年齢が下がっています。
最近では、30歳前半で、老眼になる人がいるというから驚きです。

これは、パソコンやスマホなどの近距離に焦点を合わせることが多いため、水晶体の柔軟性が失われることから生じています。

たくさんの人が、若年での老眼を受け入れることができていません。
老眼になって眼鏡をかけて鼻に違和感を感じるのが嫌なら、眼精疲労を防ぐ方法をすぐにでも始めましょう。

 

正しい眼鏡選び①

眼鏡は高いため、1つあればそれを日常生活のあらゆる状況で使います。

しかしそれは、正しい眼鏡の使い方ではありません。
眼鏡をかけていてパソコン、スマホをすると眼や鼻に違和感を感じるなら、使用用途に合っていない眼鏡を使っているということです。

眼鏡は状況によって、使い分けるようにしましょう。

私は眼鏡を3つ持っていて、運転用、日常用、パソコンなど近くを見るとき用、として使い分けています。
近視用の度が入っていますが、上から順に度がきつくなり、下に行くほど度が弱くなります。
一番度の弱いものをパソコンを使うときにかけています。
度が強くて遠くが見える眼鏡をかけると、近くを見ると眼がチカチカするからです。

 

度が合っていないとよく言いますが、合わせるべき度の1つに「対象との距離感」 があります。

眼鏡を何種類も買うのにお金はかかってしまいますが、生活の状況によって眼鏡を使いわけるためには、いくつかの眼鏡を持つことをオススメします。

 

正しい眼鏡選び②

使用用途に合っていない眼鏡をかけると、どのような危険性があるのか知らない方のために紹介します。

遠距離用のきつめの度数の眼鏡でパソコンを使うと、眼が疲れます。
度が緩い眼鏡をかけて日常生活をすると、動体視力が衰えます。

これは、近視の眼鏡を例に説明した危険性ですが、老眼や遠視でも使用用途と度が合う眼鏡をかけるのは、とても重要なことです。

良い眼鏡屋は、客に眼鏡の使い道を聞いてきます。

眼鏡屋に行ったときには、通常は、フレームを選んで視力を測り、レンズを測定結果に応じて選んでもらいます。

しかし、良い眼鏡屋だと、その眼鏡の使い道を聞いてくれます。

たとえば、パソコンを使うときだけ使う眼鏡が欲しい場合に、運転用の度のレンズを選ぶと眼精疲労を生じる眼鏡になります。

一般的に30歳代までの人は、近視の人は遠くが見えると度が合っていると思うのですが、それは間違っていて、使用用途が合う眼鏡が一番良い眼鏡なのです。
また、良い眼鏡屋では、鼻に違和感のない眼鏡を選んでくれるでしょう。

お住まいのお近くに良い眼鏡屋さんがあると見つかるといいですね。

 

自分に合った眼鏡を

眼鏡屋さんで眼鏡を選ぶとき、ついついフレームデザインなどを気にしがちですよね。

しかし自分に似合う眼鏡を選ぶことは大切ですが、自分の身体に合う眼鏡を選ぶことは、もっと大切です。

自分一人での眼鏡選びに不安を感じる方は、眼鏡屋さんとよく相談して決めることをオススメします。

 - その他 部位