コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

注意!過食嘔吐になるとどうなる?チューブ吐きの方法とは?

      2017/01/15

注意!過食嘔吐になるとどうなる?チューブ吐きの方法とは?

過食嘔吐という言葉を聞いたことがありますか?
摂食障害の一種で、現在もこの症状に悩まされる人は多いです。

今回は、過食嘔吐が体に及ぼす影響と、比較的簡単な吐き方であるチューブ吐きの方法について紹介します。
あくまで知識として知っておくという意味でお読みください。

チューブ吐きは本来医療行為であり、素人が行うものではありませんのでご注意ください。
悩んでいるのであれば、自分でどうこうしようとする前に専門家に助けを求めましょう。
これを読んで、そうなる一歩手前で別の対策をして防げるようになっていただきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
川【ラボ式ストレッチNo.34】腰痛と足のしびれの解決法伝授!

Contents1 腰痛と痺れの症状がある人の悩み2 腰痛で...

klb0000829-1.jpg
赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

klb0000828-1.jpg
色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

klb0000827-1.jpg
扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

klb0000826-1.jpg
妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

klb0000825-1.jpg
黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

klb0000824-1.jpg
糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

klb0000823-1.jpg
風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

klb0000822-1.jpg
靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

klb0000821-1.jpg
足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

klb0000820-1.jpg
手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

klb0000819-1.jpg
手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

klb0000818-1.jpg
右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

klb0000817-1.jpg
家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

klb0000816-1.jpg
玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

klb0000815-1.jpg
お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

klb0000814-1.jpg
豆腐はデザートにも大変身!?オススメのレシピを紹介!

低カロリーでたんぱく質が豊富なお豆腐はとても人気の食材ですよ...

klb0000812-1.jpg
アメリカの学校給食の牛乳も砂糖入り!?体に良い飲み物は?

アメリカと聞くとイメージするのはどんな事ですか? アメ...

klb0000811-1.jpg
アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

「止まらない鼻水」「肌がかゆい」「食べられない食品」などの症...

klb0000810-1.jpg
むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

夕方になると足がむくんだり、朝起きたら顔がむくんでいるという...

スポンサーリンク


過食症、過食嘔吐とは

過食症は、医学的には「神経性大食症」あるいは、「神経性過食症」と言います。

過食症は、摂食障害のひとつに分類されていて、精神的な問題によって、いわゆるムチャ食いと呼ばれる過食と、それによる体重増加を防ぐための不適切な排出行動を繰り返す病気です。

不適切な排出行動には、過食嘔吐、緩下剤・浣腸などの乱用、利尿薬の不適切な使用などがあります。

また、食べすぎた分を吐き出す「過食嘔吐」と、吐かずに過食症状を続けるケースがありますが、自律神経が乱れていたり、ホルモンの分泌の異常が起こっているため自分で衝動を抑えることができなく、自己嫌悪からうつ病や自殺に発展する場合もあります。

過食症状が始まると、我を忘れて食べ物を口につめこみ、気づくと家の中の食糧を全て食べ尽くしていた、など食欲のコントロールができなくなります。

このように食べては吐き、食べては吐きを繰り返すのが「過食嘔吐」の症状です。
このとき吐き出すのに便利な方法がチューブ使うことです。

 

過食嘔吐が体に及ぼす影響

過食嘔吐によって顔が腫れてしまいます。
嘔吐によって唾液腺が腫れることがあります。
耳の下の部分の唾液腺が嘔吐により刺激されて腫れることがあります。

身体はガリガリなのに顔だけパンパンになってしまうこともなります。
また、吐きダコが口の中にできます。
手を口につっこみ吐く場合に歯が手の甲に当たり、その部分の皮膚が硬くなってタコができることもあります。

このとき吐き出すのに便利な方法がチューブを使うことです。

その他にミネラルバランスの異常で身体がむくみます。
食べ物を消化吸収するためにミネラルを含んだ胃液を排出しており、嘔吐することで胃液が無くなります。
胃液が無くなることで、身体に必要な水分やミネラルが無くなり、だるさや疲れ、便秘を生じやすくなり、過食嘔吐を短期間に繰り返すことで、身体の水分やミネラルのバランスが崩れ、むくみやすくなります。

むくみによって短期間に体重が急激に増えたり、足が太く見えることがあります。
また、ミネラルバランスの異常がひどくなると、不整脈につながり最悪の事態につながる事もあります。

 

過食嘔吐は食道炎や貧血の原因にも

過食嘔吐を繰り返すと、胃酸の逆流によって食道を傷つけたり炎症を起こしやすくなります。

大量の水や食べ物を無理やり入れたり出したりしていると、食道と胃の継ぎ目が徐々にゆるんで、胃酸が食道の下の部分を常に行ったり来たりするようになります。

このような状態を逆流性食道炎といい、咳が止まらない、声が枯れる、吐いた後じゃないのに食べたものが逆流してくるような感覚がある場合は、胃液や十二指腸液が食道を逆流して起こる逆流性食道炎の可能性があります。

炎症が悪化すると、最悪の場合は食道ガンを発症する危険もあります。

なので吐き出すのにはチューブを使う方法が効果的です。

胃酸は強い酸性なので、食道は焼かれたようなことになり、胸やけ、げっぷ、咳などの症状がでてきます。
胃酸で痛められた食道は出血しやすくなり、体内の鉄分やビタミンが不足し、貧血が起こります。
貧血になると身体は低酸素状態になり、頭痛やめまい、息切れなどの症状がでることがあります。

また酸素不足となった身体が、常に新しい血液を求め、脈が速くなるので、心臓への負担などにより普通の生活や仕事、通勤などに支障をきたすなど、社会的な生活が制限されることもありうるのです。

 

チューブ吐きの方法の前に、まずはチューブ選び

過食嘔吐をするときの方法で大事なのは、チューブ吐きで使うチューブ選びです。
自分に合ったチューブが見つかるまで色々試してみるのが良いかと思います。

種類は、医療用カテーテルとそれ以外のチューブに分けられるかと思います。

医療用カテーテルは、もともと胃に入れるために作られているだけあって、先っぽが丸まっていてツルツルしていますから、初心者でも簡単に入れられるかと思います。

初心者はまずこの医療用カテーテルから始めるのがよいと思います。
それ以外のチューブは材質は色々ですが、シリコン製のチューブはオススメです。

シリコンは他の材質に比べて少し高めで、シリコン以外はどうしても硬いのですが、値段とも相談しながら自分に合ったものを使いましょう。

次にチューブの太さは、徐々に太くしていくのがいいと思います。

最初は怖くて痛く飲み込めないので、最初は細いものを選んでいきましょう。

コツを掴めば、太くしていき、18mmまで太くすると大抵のものは吐き出せてしまうので便利です。

もちろんもっと太くても大丈夫ですが、材質にもよりますが太いものは高くなるので、自分に合った大きさを探しましょう。

 

チューブの面取り・穴あけ方法

過食嘔吐をするときの方法で大事なチューブが用意できましたら、次はチューブの先を丸く滑らかにするよう面取りをします。

医療用カテーテルならば、面取りの必要ありませんが、普通のチューブを使う場合はまず面取りをしないと痛くて飲み込めないです。

シリコン製のチューブの場合の面取りは、まず火で断面をまんべんなく炙ります。
その後にチューブを水で冷やすと、炙ったところが白くボロボロになるので、あとはキッチンペーパーなどでごしごしっとこすり、ボロボロが出なくなるまでこすります。

断面がボコボコしますが、使用してるうちにツルツルになりますので大丈夫です。

そしてそのチューブを1回煮沸させて消毒してください。

次にチューブに穴をあけるのですが、チューブの穴あけは、人によって要る要らないはあり様々だと思いますが、一番個人で差が出るポイントです。

例えば2つあける場合は、チューブ先から1センチほど進んだところに1つめの穴を小さく、そこから10センチほど下がったところに次の穴を大きくします。

穴をあける場所は、上下では交互にした方が良い気がします。

2つ穴をあけるのは、どちらかが塞がってもどちらかで代用できますのでオススメです。

 

チューブ吐きの具体的な方法

過食嘔吐をするときの方法、チューブを胃まで入れてからの吐き出し方です。

初心者はとくに、予期せぬ嘔吐反射やとびちりなどがありますので、お風呂場でご使用ください。

まずはおじぎをして直角の手前までかがみます。
直角より曲げると顔がむくみ、唾液腺が腫れますのでご注意ください。

お腹に力をいれて、出るまでは力をいれると一気に流れますが、出にくい場合チューブを直接蛇口に当ててぬるま湯を入れてください。

この出すと入れるを繰り返してください。

何も出なくなったら以下を試してください。

内容物に届いていない可能性があるので、チューブをもっと差し込んでみてください。

胃壁を吸っている可能性があるので、チューブを少し抜いてみること。

大抵は胃壁を吸うので、おしりを突き出しますと、胃壁を吸いにくいです。

胃に力を入れたりして出し切って下さい。

それでも出なくなったら以下を試すとまだ出る場合があります。

体を横に左に90度傾け、その状態で胃に力を入れたりを繰り返し出し切ること。
またその状態のまま右足を上げてみるとまた出やすくなります。

チューブを蛇口に密着させぬるま湯を流し込みすすぎます。

パンパンにしなくても良いですので、少量入れて出してを3回ほどの方がよくすすげる場合もあります。

お腹がお湯で満たされたら、今までと同じ方法で出し切って終了です。

最後に歯磨きしてお湯を飲んで、喉と口のケアをして下さい。

 

自分でストップできるように

チューブ吐きの方法を紹介しましたが、チューブ吐きは、本来医療の専門家が行なう医療行為です。

なので、医療知識のない素人にはオススメできません。

また、チューブ吐きに慣れてしまうと過食嘔吐が慢性化し、一生の付き合いになる可能性が高くなってしまいます。

そうなる前にできることはたくさんあります。
私たちは何かしら考えて行動することができるはずです。

それが難しいのであれば自分で解決しようとせず、必ず専門家に助けを求めてください。

 - 症状・目的別