コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

159cmの体重は平均でどのくらい?155cmの方の平均体重も!

   

159cmの体重は平均でどのくらい?155cmの方の平均体重も!

女性で159cmの方って、割と多いですよね。

男性でもいらっしゃるかもしれません。

身長159cmの人の平均体重、理想体重、美容体重をしっかり頭に入れておくと、ダイエットをするときに参考になるかもしれませんよね!

また、女性の方で155cmくらいの方も結構多いのではないでしょうか?
155cmの場合の平均体重も紹介します!

目標体重に向かって努力するのも大事ですが、過度なダイエットによる注意点についても紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

家事するのも嫌になる肩こり首こりからくる頭痛改善法

頭が痛くて仕事や家事が嫌になっていませんか? 普段から...

体幹トレーニングで簡単にできる女性のポッコリお腹の解決

それほど太っていないのに、お腹がポッコリと出てしまっているこ...

気になる猫背からの肩こり、その原因を解決する胸ストレッチ

肩こりがひどくていろんなマッサージやストレッチ、積極的に運...

糖質制限を2ヶ月間続けて4kgダイエット。更に続けて・・・

2ヶ月間で約4kgのダイエットに成功し、その後更に4kgス...

【女性必見】肥満や痩身なのかが分かる体脂肪率の計算方法

女性のみなさん、自分の体重が軽いからといって、自分は痩せ...

タンパク質・炭水化物・糖質は3大栄養素!それぞれの違いは

普段、何気なく食べている食事の中でも、私達の体や脳に必要...

イカを食べてタンパク質を補給、筋トレには食事が大切

ササミ・イカ・納豆など高タンパク質の食品は、よく筋トレする...

スポンサーリンク


159cmの標準体重とは

標準体重というのは、太っているわけではなく痩せているわけでもなく、一番健康的な体重のことです。

そのため標準体重は健康体重とも呼ばれることがあります。

それでも女性からすると少し太っているんじゃないかと感じるくらいの体重に設定されて、実際に平均体重より多いです。

標準体重の求め方はBMIで計算するのがもっとも一般的で、BMIを計算するには身長と体重を使うのですが、その単位がメートル(m)とキログラム(kg)であることに注意して計算してください。

BMIが22のときが標準体型だとされているので、標準体重を求めるには、身長×身長×22で計算できます。

身長が159cmの人だと標準体重は55.6kgとなります。

みなさんの体重は標準体重の上だったでしょうか、それとも下だったでしょうか。

注意点としてはもう一度言うようですが、標準体重は平均体重を表しているのではないし美しい体重を表しているわけでもありません。
もっとも健康的で病気にかかりにくい体重を示しているだけです。

 

159cmの理想体重と美容体重とは

標準体重と並んで紹介されるのは理想体重というものです。

理想体重とは人間が最適な身体をキープしているときの体重のことです。

標準体重と比べると理想体重のほうが少ない体重となります。
BMIが21のときに理想体重となるので、理想体重を求める計算式は、身長×身長×21となります。

身長の単位はセンチメートルではなくてメートル(m)であることに注意してください。

身長159cmの人だと理想体重は53.1kgとなります。
標準体重が55.6kgだったので2.5kg少ない体重です。

女性なら標準体重ではなくて理想体重を目指すことで、平均よりもきれいなプロポーションになれると思います。

標準体重、理想体重、そしてもう一つ、美容体重というものがあります。
標準体重や理想体重よりも少ない体重で、モデルの体重よりは少し多めの体重となります。
よりきれいなボディラインのための体重で、BMIに直すと20です。

美容体重の計算式は、身長×身長×20となります。
その際に身長の単位はメートルであることに注意して計算しましょう。
身長159cmの人だと美容体重は50.6kgとなるので、標準体重と比べると5kgも少ない体重になります。

 

159cmの男女の平均体重とBMI数値について

身長159cmの男性の平均体重は理想体重とほぼ同じだと言われており、数値にすると53.1kgです。

男性は女性に比べると筋肉量が多いので、もう少し体重があるほうががっしりとして見えて良いと思います。
身長159cmの女性の平均体重も理想体重の53.1kgとほぼ同じだと言われています。

標準体重や理想体重は、BMI22やBMI21という数値でした。
それと大きく違うと太りすぎや痩せすぎという判定になります。

BMI18.5未満だと痩せで、身長159cmの人だと46.8kgとなります。
BMI25以上だと肥満で、身長159cmの人だと63.2kgとなります。

自分のBMIを求めるには、体重(kg)/{身長(m)×身長(m)}で計算しましょう。
BMIが18.5から24の間なら標準体重です。

身長159cmの人だと標準体重の範囲は46.8kgから60.7kgとなります。

現代の若い女性は過度なダイエットを行う傾向にあるので、ダイエットは体重さえ落とせば良いという考えは改めるべきだと思います。
脂肪を燃焼しやすくなくように筋肉が程良くついた身体のほうがはるかに良く、そのほうが健康的です。

 

155cmの女性の平均体重はどのくらい?

女性の平均身長と平均体重を一覧してみましょう。

15歳では身長157cmで体重51kg。
20歳では身長158cmで体重51kg。
30歳では身長159cmで体重51kg。
40歳では身長159cmで体重52kg。
50歳では身長157cmで体重53.5kg。
60歳では身長154cmで体重53kg。
70歳では身長151cmで体重51kg。

平均身長は低くなっていますが、平均体重はほとんど変わっていません。
女性の平均体重は、年代に関係なくおおむね52kgだと言えそうです。

男性の平均体重になると60kgくらいになります。

身長159cmの女性の平均体重が53.1kgだったことを考えるとかなり重いですし、女性からみてもかなり重いと感じるかもしれません。

それは男性のほうが平均身長が高いということもあるのですが、体つきの違いがあるからです。

女性の身体は脂肪を蓄えるようにできていて、丸みを帯びてふっくらした感触になるのですが、男性の身体は筋肉がつきやすくがっしりとした感触になります。

脂肪と筋肉では筋肉のほうが重いので、男性の平均体重のほうが多くなるというわけです。

それでも最近ではスリムな男性が増えてきました。
若い人の中には女性との釣り合いが取れるくらいダイエットに励む男性もいます。

 

平均体重より見た目のバランスが大事です!

女性では身長159cmだと平均身長より少し高いくらいで、平均体重は52kgだと分かったら今度はトータルバランスを考えていきます。

プロポーションを決めるのは体重だけではありません。

プロポーションは、バスト、ウエスト、ヒップのバランスが大切になります。

理想のバランスとしては、バスト/ウエストが1.15から1.6で、ヒップ/ウエストが1.2から1.65だとされています。

理想的なバランスを得るためには運動などで筋肉をつけることが大切です。
ウエストを細くするなら、腰をひねる運動が一番で、テニスやベリーダンスがあります。
胸を大きくするには、肩を動かすのが良いので、平泳ぎやヨガがあります。

ヒップを引き締めるには、足腰を動かすのが良いので、正しい姿勢で歩いたり寝転がってバタ足をしたりしましょう。

ファッションや髪型にも工夫の余地があります。
顔や骨格が丸く見えるのは服や髪型が原因かもしれません。
美容院で似合う髪形を頼んでみたり、センスの良い友人と買い物に行ったりイメチェンを狙うことで改善するでしょう。

それでも最近の傾向にマシュマロ女子というものがあります。
少しふっくらとした女性が男性に好まれるようです。
少しのふっくらが安心感を与えるようで、イメージとしては古代ローマや中世ヨーロッパのビーナス像らしいので、それなら確かに魅力的だと分かりますね。

 

平均体重に近づきたい・・!過度なダイエットは要注意!

身長159cmだったが平均体重よりかなり体重が多くて、ダイエットを決意したとしてもそこに注意点があります。

過度なダイエットは危険です。

食べたいけれど罪悪感があったり太ってしまうことが怖かったり、そしてもし食事をしただけでも吐き出してしまうというのなら拒食症に陥っています。

拒食症はモデル業界や芸能人の職業病ともいうべき病で、最悪のケースでは重度の拒食症によって死亡してしまうこともあります。

治すには心療内科へ通院、そして長い年月を使う気持ちでじっくりと治療することが大切になります。

ストレスも要注意です。

食事制限や運動など普段しないような行動はストレスが溜まりやすいです。
ストレスで老化を進めたり、胃腸の動きを制限したり肌荒れしたりします。
きれいになるためのダイエットなのに肌荒れはもったいないです。

栄養素としては油やタンパク質が不足しがちになります。
それらは肌を構成する成分でもあるので大切です。
不飽和脂肪酸が含まれるオリーブオイルやごま油、そして脂質の少ない鶏むね肉や豚もも肉や魚をよく食べましょう。

そして笑顔が大切です。

体重を気にするあまり暗い雰囲気になりがちですが、そこで笑顔を作りましょう。
明るい雰囲気になりますし、元気になれます。
そして日々の楽しみを見つけやすくなりますし、それらによってストレス解消を期待できるでしょう。

 

体重ばかりではなく、見た目のバランスも忘れずに!

女性なら、誰でもモデルさんのような体型に一度は憧れますよね!
が、元々の体型や骨格によって、自分の思う体型になれなかったりしますよね・・。

ダイエットをして、健康的に痩せることは、とてもいいことだと思います!
しかし、体重ばかり気にして、自分の身体を犠牲にしないようにしてくださいね。

自分が本当に目指すべき目標体重を立て直して、長期的にダイエットを続けていくことをオススメします。

 - 健康 食事