コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

   

むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

夕方になると足がむくんだり、朝起きたら顔がむくんでいるという経験をする方は多いのではないでしょうか?

むくみがなぜ起こるのか、ご存知ですか?
むくみの原因をご説明していきたいと思います。

また、むくみ解消のマッサージ方法も紹介したいと思います!
習慣にすることで、日々のむくみを残さないようにしましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
川【ラボ式ストレッチNo.34】腰痛と足のしびれの解決法伝授!

Contents1 腰痛と痺れの症状がある人の悩み2 腰痛で...

klb0000829-1.jpg
赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

klb0000828-1.jpg
色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

klb0000827-1.jpg
扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

klb0000826-1.jpg
妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

klb0000825-1.jpg
黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

klb0000824-1.jpg
糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

klb0000823-1.jpg
風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

klb0000822-1.jpg
靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

klb0000821-1.jpg
足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

klb0000820-1.jpg
手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

klb0000819-1.jpg
手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

klb0000818-1.jpg
右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

klb0000817-1.jpg
家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

klb0000816-1.jpg
玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

klb0000815-1.jpg
お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

klb0000814-1.jpg
豆腐はデザートにも大変身!?オススメのレシピを紹介!

低カロリーでたんぱく質が豊富なお豆腐はとても人気の食材ですよ...

klb0000812-1.jpg
アメリカの学校給食の牛乳も砂糖入り!?体に良い飲み物は?

アメリカと聞くとイメージするのはどんな事ですか? アメ...

klb0000811-1.jpg
アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

「止まらない鼻水」「肌がかゆい」「食べられない食品」などの症...

klb0000810-1.jpg
むくみの正体や原因は?マッサージや食事改善でむくみ予防!

夕方になると足がむくんだり、朝起きたら顔がむくんでいるという...

スポンサーリンク


むくみの正体!原因は?

むくみはなぜ起こるのでしょうか?

これは、全身を流れる血流やリンパの流れが滞ることによって起こると言われています。本来、静脈やリンパによって回収されるべき不要な水分が何らかの原因によって留まってしまうのです。
通常は流れに乗って心臓に戻され、汗や尿として外へ排出されるべきものが取り残されてしまうのですから、体にとっていいことではありませんね。

ですから体にむくみが現れた方は、最近のご自身の生活習慣を振りかえって何か変わったことがなかったか考えてみてください。

むくみの主な原因を挙げてみましょう。

栄養に偏りがあると全身がむくみやすいです。
足や顔など、ある特定部位のみに起こったむくみは水分過多、睡眠不足、運動不足が原因と考えられます。

女性の場合は、生理前や妊娠中にもむくみが生じやすいです。
これは当たり前のことですからそれほど心配はいりませんが、高血圧やたんぱく尿などの症状が出る場合がありますので注意してください。

またむくみが生じていると、決して太っていないのに太って見えてしまいます。
むくみを解消すれば、それだけでスレンダーに見えるようになる方もいるかもしれませんね。

そのための方法としてマッサージが効果的なのです。

顔にむくみが!顔がむくむ原因は?

顔がむくみが現れると自分の顔を鏡を見るのさえ嫌になりますよね。

やはり考えられるのは、余計な水分が顔に留まってしまっているのでしょう。
不要な水分を静脈やリンパが回収できずに滞ってしまっているのが原因なのです。

汗をかきやすい夏は、余分な水分がでていきやすいと思えませんか?
でも実はそうではないのです。

なぜなら、ムシムシするようなとき湿度も高く肌から出た水分が蒸発しにくいため、体の中に留まってしまうからです。

顔のむくみが出やすい原因として、前日に摂取したアルコールが考えられます。
皆さんも前日の夜、お酒を飲み過ぎて、翌朝顔がパンパンに膨れていたなんて経験ありますよね。

アルコールを摂取すると血中アルコール濃度が高まり血管が広がります。
血管が広がると血流が緩やかになり、本来すぐ運びだされるはずの水分が残ってしまうのです。

顔がむくむのは朝が多いですよね。
それは本来起きているとき重力で水分は下に溜まりやすいのが、寝ている間は顔の余分な水分が下へと落ちていかないからです。

これは夕方になると足がむくむ理由と同じですね。

そんなむくみ、朝は顔に、夕方は足に出やすいので、軽い運動やマッサージで滞らないようにするのが最善策と言えるでしょう。

足のむくみが気になる場合のマッサージ方法は?

仕事が終わって家に帰ると、足がむくんでだるく重いと感じたら、寝るまでにやさしくマッサージするといいです。

とくに足の血流やリンパの通り道である太ももは、滞りやすくむくみやすい部分です。
さらには筋肉を使わないと余計な脂肪までつきやすいやっかいな場所です。

足のむくみ解消のために、太もも付け根(鼠径部)のリンパ節からマッサージをして、足全体の流れをよくしてあげてください。

【1日5分の足マッサージ法】
1)鼠径部リンパ節を刺激
あぐらをかいて両膝を深く曲げて座ってください。
両手を重ね、片方の脚の付け根に当て、体の重みを使ってゆっくりと圧をかけてください。
最初に通り道を確保することで、足のむくみがスムーズに解消しやすくなるのです。

2)膝から鼠径部を流す
体育座りの状態で片足ずつ膝から上に向かって、両手で包み込むように撫で上げてください。
一度ではなく、前、裏、内、外と4方向から行いましょう。

3)膝裏リンパ節を刺激
膝裏のくぼみにもリンパ節があります。
親指以外の4本の指で下から上へ10回ほどやさしくさすってください。
そして膝のお皿も手のひらを軽く当て、前後左右にやさしく動かしてください。

4)足首からふくらはぎをマッサージ
足首から膝裏へ向かって優しく両手で包み込んで上へと撫で上げてください。

5)つま先から足首
足首を軽く回してから指から骨と骨の間を優しく押し上げてください。
足裏はげんこつを使って指先からかかとへ擦りましょう。

6)ここまでの流れを戻ります
最後に5~1へと戻りながらマッサージをしておしまいです。

顔のむくみを解消するマッサージ方法は?

今度は顔のむくみ解消マッサージ法の説明です。
忙しい朝でも簡単にできる3分マッサージです。

【3分で出来る顔マッサージ法】
1)左側の鎖骨のくぼみに指先を当て、外側からくぼみに向かって優しくさすってください。
ここはリンパの最終関門です。
しっかりと流れるようにゆっくりじっくり行ってください。
ゴリゴリ感がある方は、滞っている証拠ですよ。

2)人差し指から薬指の3本を口角に当てて、鼻から眼の下を通り、そして耳の下(顎の付け根)まで滑らせてください。
そこから鎖骨のくぼみまで下ろしていきます。

3)同じく3本指を頬の内から外へ大きく円を描きましょう。

4)同じく3本を眉間からおでこを引き上げるように滑らせ、そのままこめかみを通り、耳の下、鎖骨へと流します。

5)中指と薬指を目尻から涙袋を通って目頭、そしてまぶたを通って耳の下、鎖骨へと流します。

6)最後にもう一度1)の手順を行っておしまいです。

以上の流れを3回繰り返してください。
指に乳液やマッサージクリームを塗って行うと肌に負担がかかりにくいのでオススメです。

強過ぎは厳禁です。
また体調不良や飲食後にするのだけは避けてください。

毎日のマッサージの習慣に加えて食事改善でむくみを予防しよう!

むくみ解消はマッサージだけでなく、食事内容を見直すことでも解消し防ぐことができます。

そんな食事のポイントを覚えましょう。

【むくみに良い栄養素】
体内の余分な水分を解消するために血行不良を改善する栄養素を摂取しましょう。

そのために必要な栄養素は、ビタミン、ミネラル、酵素、たんぱく質、ポリフェノールなどの抗酸化成分。
また体内の老廃物をからめ取り、栄養吸収を促進する食物繊維はぜひとも摂取したいところです。

【塩分を控える】
摂取された塩分は体内でナトリウムになり、必要以上ナトリウム濃度が高まると、濃度を下げるため水分を貯め込んでしまいます。

そんなナトリウム濃度を下げるのにオススメなのが、カリウムです。
カリウムは余分な塩分を排出してくれて、その結果水分調整に役立ちます。

塩分を控えれば問題ありませんが、どうしても塩分の多い食事をするなら、アボカドやリンゴ、バナナやアーモンドなど、カリウムを豊富に含む食材を一緒に摂るといいでしょう。

【脂質も摂り過ぎないように】
脂質も摂り過ぎると、コレステロールの原因となり、血行不良を招きます。
調理で使う油は、オリーブオイルやごま油、アマニ油がオススメです。
脂ではなく油がいいということです。

むくみ改善に役立つおすすめレシピの紹介!

むくみ解消のため毎日マッサージをしながら食事を見直す必要があるというのが、お分かりいただけましたか?

そんな食事にぜひ食べていただきたい料理があります。
ぜひ一度作って食べてみてください。

1)冬瓜と小豆のハト麦ごはん

【材料(4人分)】
・冬瓜 140g
・小豆(加熱済み) 60g
・米 100g
・ハト麦 100g
・水 適量
・ゴマ塩 適量

【作り方】
1)米とハト麦をよく洗って水気を切っておいてください。
2)冬瓜は皮を剥いて種は取り除き、イチョウ切りにします。
3)炊飯器に米とハト麦、冬瓜を入れて普通に炊いてください。
4)炊き上がり後、小豆を加え約5~10分蒸らしてください。
5)塩気が欲しい場合は、ゴマ塩を振るといいでしょう。

冬瓜、小豆、ハト麦は利尿作用に優れています。
美味しいので、ぜひお試しください。

日常生活の中で、むくみ対策をしましょう!

いかがでしたか。

むくみは、日常生活のちょっとしたことで症状が出ますよね。

日々の生活で、むくみを予防していくことが大切ですね。

健康的な生活を送ることが、一番のむくみ対策かもしれませんね。

 - 女性 お悩み