コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

   

アルコールなどのアレルギーの検査の項目ってどんなもの!?

「止まらない鼻水」「肌がかゆい」「食べられない食品」などの症状が出るアレルギー・・・。

そんな辛いアレルギーは大きく分けて、アレルゲンに接触後すぐに発症する即発性のアレルギーと、原因の特定が困難な遅発性のアレルギーの2つのタイプがあります。

アレルゲンは非常に沢山存在していて、アルコールによるものもあるのです。

今回は、アルコールなどのアレルギーの検査をする際の検査項目や、検査内容についてお話しします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

今日から実践!効果的で毎日したくなる腰痛改善ストレッチ

辛い腰痛、「ストレッチで治る」と言われるけど、治らないら...

腰痛治療でのトリガーポイントへの注射とリハビリとは?

最近テレビや雑誌などでコリや痛みの原因として紹介される、...

腰痛改善や病気を防ぐウォーキングの方法と注意とは?

最近では早朝の日が昇る前からウォーキングをしている人たち...

急性腰痛の「ぎっくり腰」、鎮痛薬の利用方法と副作用

腰痛になった時の治療で、代表的な方法の1つに薬を利用した...

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

家事するのも嫌になる肩こり首こりからくる頭痛改善法

頭が痛くて仕事や家事が嫌になっていませんか? 普段から...

体幹トレーニングで簡単にできる女性のポッコリお腹の解決

それほど太っていないのに、お腹がポッコリと出てしまっているこ...

気になる猫背からの肩こり、その原因を解決する胸ストレッチ

肩こりがひどくていろんなマッサージやストレッチ、積極的に運...

スポンサーリンク


アルコールアレルギーについて

アルコールアレルギーとは飲酒することでアレルギー反応が起きる疾患です。
これは口にするだけではなく、肌で触れるだけでも起こります。

お酒が飲めない、いわゆる下戸の方もアルコールアレルギーといってもいいかもしれません。
体内にアルコール分解酵素がない、少ないとこのアレルギー症状が出るからです。

注射をする際、消毒液を塗っただけで赤くなる方はアルコールアレルギーで間違いないでしょう。
またお酒入りチョコレートやケーキでも起こりえます。

また女性は化粧品にもアルコールが含まれていることがありますから注意してください。
アルコールアレルギーは聞き慣れないかもしれませんが、日本人の2人に1人が該当するとまで言われているのです。

アレルギー症状としては、顔が赤くなり、かゆみに襲われたり、かぶれ、下痢です。
またぜんそくを引き起こすこともあります。

アルコールは体内で分解されアセトアルデヒドに変わります。
この物質によってヒスタミンが放出され、くしゃみや鼻水、そしてぜんそくの原因となるのです。

ご自身がアルコールアレルギーかどうか知るには病院でバッチテストを受けるか、次で説明する検査をしてみてください。

アルコールアレルギーかどうか自分でできる検査の方法は?

先ほど説明しましたが、アルコールアレルギーの症状を起こすのは、飲酒だけではありません。
日常生活の中で何気なく使っている日用品の中にも、アルコールを含むものが意外と多いので注意しましょう。

特に身近なものとしては、化粧水、香水、制汗剤、ウエットティッシュなどです。
これらの日用品でもアルコールアレルギー反応が出てしまう可能性があります。

ご自分がアルコールアレルギーかどうか知っている方はどれだけいるのでしょう。

一度検査してみることをオススメします。

病院へと行かずとも自分でもバッチテストは出来てしまいます。

以下にやり方をまとめます。

【バッチテスト方法】

準備物
・消毒用エタノール
・絆創膏

1)エタノールを数滴、絆創膏のガーゼの部分に垂らしてください。
2)腕の内側などやわらかい場所に、先ほどの絆創膏を貼ってください。
3)およそ7分間放置してから剥がしてください。

絆創膏を剥がした時点で、皮膚が赤くなっている方は、間違いなくアルコールアレルギーでしょう。
それほど赤みが出ずうっすら赤い、もしくはさらに10分間放置して赤くなった方は、アルコールが苦手、弱い方といえます。

アルコールアレルギーは生まれもって決まっているのではなく、花粉症と同じようにいつ起こるか分かりません。
気になる方は定期的にチェックするといいですね。

アルコールアレルギー以外のアレルギーの検査内容とは?

アルコールアレルギーの方は他にもアレルギーを持っている可能性は高いです。
実際何もアレルギーがないという人はまれです。

バッチテスト以外にするアレルギー検査の内容をここでは紹介します。

1)本人または、家族にアレルギー体質があるかどうか
アレルギー体質は遺伝範囲が比較的広く、家族だけでなく四親等以内の親族も調べられることがあります。

2)既往歴
過去に同じ症状が起きたことがないか、同じ条件のときはどうだったか調べられます。

3)血中免疫グロブリンE(IgE)・IgE抗体の測定のための血液検査
アレルギー疾患はIgE抗体がアルコールやその他アレルゲンと反応することで起こります。
そのため、血液内にIgE抗体が多ければ、アレルギーの可能性が高いと判断できます。
どんなアレルギーがあるのかはIgE抗体の種類によって特定が可能です。

この他に、白血球の一種である好酸球測定も検査されることがあります。

4)皮膚反応検査
先ほど説明したバッチテストもこのひとつで、疑わしいアレルゲン溶液を皮膚につけ、針でひっかいたりしてできた傷から染み込ませるテストやその溶液を注射する方法です。

5)除去試験
疑わしいアレルゲンをある一定期間避ける検査です。
アルコールが原因なら、2週間とか1か月などといった具合です。

6)誘発試験
除去試験と反対に、アレルゲンを与えることで反応を観察する検査です。
ただし、これは負担が大きいので慎重に行われる方法です。

このようなアレルギー検査方法がありますが、現在基本的にIgE抗体の測定と皮膚反応検査が主流です。

アレルギー検査の項目例・・植物、動物など

先ほど紹介したアレルギー検査では疑わしいアレルゲンを特定することが基本です。

そんな検査では、200種類以上がアレルゲン物質として対象となります。

アルコールアレルギーなどのアレルゲン検査は通常耳鼻科や皮膚科で行われることがほとんどです。
費用は1項目ごとに発生し、200種類全部やると保険適用でも数万円もかかってしまいます。
そのため主要アレルギーである、スギやヒノキ花粉、ソバや猫などに絞って行うのが普通です。

アレルゲン検査として多いのが、スギ、ハウスダスト、ヤケヒョウダニ、ヒノキ、カモガヤといったものです。

自分がスギ花粉の時期に反応があるから、スギアレルギーだと思い込んでいても実は違っている可能性がありますから、一度検査することをオススメします。
なぜなら花粉の飛散時期は他のものと被っているからです。

実際、スギは陰性でヒノキアレルギーだったという方も多く、検査しないと分からないのです。
また、アレルギーにもランクがあり、重度なのか軽度なのかも知ることができます。

初めてアレルギー検査をする方は、医師や看護師に相談するか、メインとなるスギ、ハウスダスト、コナヒョウヒダニ、ヤケヒョウヒダニ、ヒノキ、カモガヤ、イヌ、ネコ、イネ、シラカンバを検査することをオススメします。

アレルギー検査の項目例・・・食品系は?


先ほど代表的なアレルギー検査のアレルゲンを挙げました。

ただ先ほどのアレルギーはホコリやチリ、そしてダニや花粉など吸引系アレルギーに分類されるものです。

また、ネコやイヌの毛やフケも吸引系アレルギーの対象に入りますが、検査機関によっては上皮やヨダレと一緒に接触系アレルギーに分類し検査することもあります。
その他、接触系アレルギーには、ウサギやリス、インコなどの動物、ゴキブリや蝶などの昆虫、絹や綿などの職業性アレルゲンまであります。
そして、アニサキスなどの寄生虫やゼラチンもアレルゲンになってきます。

あとは体内に入る食品系アレルギーに分類されるものがほとんどです。
食品は種類が多いので、予測や陽性率の高い食品に絞る必要があります。
アルコールが気になる方は含むべきでしょう。

まずはヒスタミンが含まれるもの。
ヒスタミンは血管を拡張させ、じんましんなどのアレルギー反応を引き起こします。
ほうれんそう、なす、えのきだけ、牛肉や鶏肉などに含まれています。

またチーズやピーナッツ、アボカドは良く聞くアレルゲンですが、乳酸菌などの微生物によってヒスタミンが作られ悪化しやすいのです。

それから卵白やイチゴ、アルコール、えびや蟹などには、ヒスタミンではなくレクチンとエンドトキシンが含まれているのですが、これは肥満細胞からヒスタミンの遊離を促進される働きをするため、間接的にアレルギーを引き起こしてしまいます。

たけのこやピーナッツ、そばや山芋にはアセチルコリンが含まれ、副交感神経を刺激し、血管拡張、気管支喘息を併発する可能性があります。
また味噌や納豆など接触だけでじんましんが出る方もいます。

このように食品性アレルギーでも、かゆみや湿疹が現れる過程が違ってくるのです。

アレルギー対策するには知識と努力が必要

アレルギーの検査をして、アレルゲンを特定できれば、あとはそれを体に近づけないよう努力していくしかありません。

アルコールであれば、飲酒を控えるのは当然ですよね。

以下に細かくまとめましたので、参考にしてください。

1)布団などの寝具はこまめに掃除機をかけダニを減らし、干してカビが発生しないようにすること。

2)洗えるパイプ枕などダニやカビが繁殖しにくい枕に変更すること。

3)衣替えの際、そのまま着用せず一度洗うか掃除機をかけて付着物を取り除いてから使うこと。

4)室内でタバコを吸わない、吸わせないこと。

5)花粉や土ぼこり、排気ガスが室内に入らないようにすること。

6)接着剤や化粧品、防虫剤など揮発物は室内やクローゼットで極力使わないこと。

7)自分や子供たちに対象の食品性のアレルゲンが何なのか、何に含まれているのか覚える、もしくはメモして控えること。

8)加工品の成分表を細かく見る習慣をつけること。

9)肉や魚、卵や牛乳などの過剰摂取を避けること。

10)お風呂のお湯は毎日替えるか、上がり湯を忘れないこと。
洗い立てのタオルを使うこと。

11)合成洗剤ではなく石鹸を使うようにすること。

アレルギー対策には食品選びも重要

老若男女が悩まされているアレルギー症状・・。

本当に辛いですよね。

これからアレルギー対策を始めようと思っている方は、化学物質の除去とともに、お米や野菜を中心に、新鮮で農薬や添加物が少ない食品を選び、栄養バランスの良い食生活をしてみましょう。

 - 健康 食事