コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

   

家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。

そろそろ収穫時期が気になりますよね。

ジャガイモが大量に収穫できたら、達成感も感じられて嬉しいでしょう。

ところで収穫したジャガイモの保存方法ってご存知ですか?

今回は、収穫したジャガイモの保存方法と、ジャガイモを美味しく長持ちさせるコツについてお話します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【女性必見】肥満や痩身なのかが分かる体脂肪率の計算方法

女性のみなさん、自分の体重が軽いからといって、自分は痩せ...

タンパク質・炭水化物・糖質は3大栄養素!それぞれの違いは

普段、何気なく食べている食事の中でも、私達の体や脳に必要...

イカを食べてタンパク質を補給、筋トレには食事が大切

ササミ・イカ・納豆など高タンパク質の食品は、よく筋トレする...

アミノ酸20種類を覚えたい方必見!アミノ酸20種類の覚え方

アミノ酸が、全部で20種類もあるのをご存じですか? それ...

アスリート選手が実際に摂っている食事内容をブログから調査

アスリート選手を目指している人、アスリート選手に憧れてい...

赤ちゃんや小児の腕が上がらない!小児肘内障の原因・治し方

お母さん方の中で、「赤ちゃんや小さい子供の腕が急に上がらな...

色々なケースの病院への電話予約の仕方&電話予約のマナー!

疲れた体を癒すマッサージサロン、美容室など、利用するには予...

扇風機などのマイナスイオン製品から得られる健康効果とは?

扇風機、空気清浄機、ドライヤー、加湿器・・・。 今や、色...

妊娠中!辛い胃腸症状に胃薬が処方されたら飲んで平気なの?

妊娠中は、色々と体の不調が現れやすいものですよね。 胃腸...

黄疸の症状が出る病気とは?手が黄色くなる!その原因とは?

「最近、手のひらが黄色い様な・・・。何かの病気の症状なのか...

糖分の取りすぎは頭痛の原因?頭痛解消には玄米が効果的!?

甘いジュースや甘いお菓子・・。 砂糖は、簡単に手に入れる...

風邪で病院を受診するとかかる料金で、損をしないポイント!

季節の変わり目や、寒い季節は、体調を崩しやすい時期です。 ...

靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。 その靴の底には、あ...

足の小指の爪が小さい原因とは?爪の手入れの方法を教えます

夏の足元を見るとサンダルの女性が多いですよね。 足元のオ...

手首のヒビ(骨折)と捻挫の違いは?全治までの治療期間は?

転倒してしまった時やスポーツ時に、手首を捻ってしまう事って...

手や足の小指を骨折したかも!?骨折で手術になる場合とは?

普段さりげなく使っている手や足の親指、人差し指、中指、薬指...

右目と左目の視力って同じですか?違うなら、不同視かも!?

あなたは、右目と左目の視力って同じですか? それとも左右に...

家庭菜園でジャガイモ栽培!保存方法&長持ちさせるコツは?

家庭菜園でジャガイモを植え付けしてから約3か月・・・。 ...

玉ねぎを家庭菜園で栽培しよう!保存方法&収穫の目安とは?

玉ねぎは好きですか? 玉ねぎは、沢山のお料理に使用する...

お米1合ってどのくらいの量?おにぎりにすると何個できる?

お米1合ってどのくらいの量だか皆さんはご存知ですか? そし...

スポンサーリンク


家庭菜園のメリット・デメリットとは?

家庭菜園には多くのメリットかありますが、その中でも一番なのが「野菜を育て収穫し、それを食べる」という楽しみがあります。

その他、とくに家族の多い家庭の場合、食費の抑え方に頭を悩ませる所ですが、自分で野菜を作ることにより食費を減らすことも可能になります。

初心者の方でも簡単に作れる野菜もあるのではじめてみてはいかがでしょうか。

家庭菜園は「無農薬野菜」を使いたい方にもオススメです。
スーパー等で手に入る無農薬野菜にも様々な種類がありますが高値ですし、普通の野菜コーナーの中には農薬がほぼ残っている状態の物もあります。

安心して無農薬野菜を食べる為には、自分で1からジャガイモなどの野菜を育てる土地を作り収穫するのも1つの方法なので、家庭菜園を楽しみつつそのメリットを十分に活かしましょう。

もちろん家庭菜園にはメリットだけでなくデメリットもあります。
一度始めてしまうと、毎日の水やりの他、こまめなお世話が必要になるのです。
仕事等で忙しく、思ったように手入れができない場合は、規模を小さくしたり、自分以外の手入れを手伝ってくれる人を探さなくてはいけません。

それ以外にも家庭菜園向きに品種改良がされてきており、初心者の方でも始めることができると言われていますが、肥料のやり方や保存方法、害虫駆除の方法など最低限の知識は必要です。
その他、プランターや道具を揃えたり、土地作りや水道代等の準備も必要なので、初期費用が少なからずかかってきます。

家庭菜園でのジャガイモの作り方

家庭菜園をする際、ジャガイモの植え付けの時期は、2月下旬~3月の春と8月下旬~9月中旬の秋です。

2月下旬から始めると6月頃に収穫することができます。
春は「種いも」をカットし、秋はカットせず植え付けると腐る心配がありません。
またジャガイモは湿気を嫌い水はけのよい土地を好むので、植え付ける際は水はけのよい土地を選びましょう。

ジャガイモはPH5.0~6.0の土を好むので、植え付けの半月前に苦土石灰と有機肥料をまいて耕しておくか、すぐ植え付けをしたい場合には市販の培養土を使います。

ウイルスに感染しやすいので保存販売されている市販の「種いも」を購入し、植え付けの2日前に「種いも」を卵くらいの大きさなら2つに、大きなジャガイモなら櫛形になるよう4等分にします。
断面を2日ほど日に当て乾燥させると通常より早く芽が出るでしょう。

ジャガイモを育てるには15cmほどの深さと60~70cmの幅があることが望ましく「種いも」を植え付けるときは断面を下にし、並べて植えるときは30cm以上離して植え付け5cmくらい土をかけます。

芽が出て10cmほどになったら1つの「種いも」につき丈夫そうな芽を1、2本だけ残して他の芽を抜き、残った芽の根元に土を寄せます。

芽が更に倍くらいまで伸びたら再度土を寄せます。
この土寄せがきちんと出来ていないと、ジャガイモに日光が当たり緑色になる原因になります。
葉が黄色くなり晴天が数日続いたら収穫が出来るようになります。

家庭菜園で収穫したジャガイモの基本的な保存方法

ジャガイモは光を浴びて光合成をし、緑化、萌芽(芽を出すこと)を促しソラニンなどの有害物質を増加させる働きがあるので、保存するときは蛍光灯や陽の光が当たる場所は避け、暗く風通しのいい場所にします。

ソラニンとは、アルカノイドの一種で強い生理作用が特徴です。
カフェインやニコチン、モルヒネなど薬として利用されるものもありますが、その反面中毒性が高いものもあります。

ジャガイモには、ポテトグリコアルカノイドが含まれており、大量に摂取することで下痢や腹痛、めまいなどの体に異常を引き起こすほど有毒性が高いです。

ジャガイモの芽や緑がかった部分にソラニンが含まれているので、食べるときは厚めに剥くなどして取り除きましょう。

その他にもジャガイモは湿気を嫌い、湿気の多い所では腐りやすくなってしまうので注意が必要です。
また、土がついたままだと湿気を呼び込んでしまう要因になるので、保存の際はよく土を払いましょう。

家庭菜園で作ったジャガイモや春先に沢山買ったときは、りんごと一緒に保存するとりんごから出るエチレンガスにより、ジャガイモの芽が出てくるのを抑えてくれます。

ジャガイモを常温・冷蔵庫で保存する方法は?

ジャガイモは7℃~15℃の常温下で保存することができ、ダンボール箱や麻袋、紙袋などに包んで保存します。

ジャガイモは品種により保存期間が異なり、収穫したあと2~4か月間は萌芽しません。

自家休眠と呼ばれるものでこれも品種によって異なり、休眠期間は植物ホルモンにより複雑に調整されているので、人為的に伸ばすのは困難です。
そのため常温保存も品種により2~3か月と異なります。

家庭菜園をするとき、どの品種を植えたのか分からなくならないようにしましょう。

しかし2℃程度の環境で適度な湿度を維持することや、りんごから出るエチレンガスを利用することで、萌芽を抑える効果や休眠期間を伸ばすことを期待できます。

ジャガイモに含まれるデンプンは冷蔵庫の中など3~5℃の環境では、甘味が増す特徴があります。
煮物などには向きますが揚げ物には、糖度が増しているの為、色が濃くなるので気を付けましょう。
調理法によっては向き不向きのある保存方法かもしれません。

ジャガイモを冷蔵庫で保存する場合、冷蔵庫の中は冷たく乾燥しているので、水分が飛びしわしわになりやすく長期間の保存には向きません。
大体3~4日を目安に使いましょう。

冷蔵庫の中は0~5℃程度ですが、野菜室は5~10℃ほどです。
ジャガイモを冷蔵庫で保存するなら新聞紙に包みビニール袋に入れて、軽く口を閉めて野菜室で保存することをオススメします。

ジャガイモを冷凍庫で保存する方法も知っておこう

ジャガイモを冷凍庫で保存する場合、マッシュポテトにしてから保存することをオススメします。

生のまま冷凍してしまうとジャガイモに含まれる水分が凍ってしまい、解凍する際水分が抜け出しスカスカになり、口当たりも悪くなって美味しくありません。
また、生のジャガイモを0℃以下で保存するとデンプンが破壊され、味が大幅に落ちてしまいます。
これだと折角、家庭菜園で美味しく出来ても無駄にしてしまいますよね。

マッシュポテトの作り方は、ジャガイモの皮を剥き、大きめに切ります。

鍋に水と切ったジャガイモを入れ火にかけ、竹串を刺してスっと入るくらいまで煮ます。
熱いうちにマッシャーやフォークなどで潰し、冷めたら1回分ずつ小分けにし、保存袋に入れて保存します。
1か月を目安に使い切りましょう。

冷凍する際金属トレイを使うと熱伝導率が高く、急速冷凍にもなるので通常よりも早く食品を冷やすことができ、より鮮度が保たれます。

マッシュポテトを解凍する場合は、前日に冷蔵庫に移し約6~8時間ほどかけてゆっくりと自然解凍するといいでしょう。
使うときは電子レンジで加熱するとホクホクになります。
その他、ポタージュやポテトサラダ、コロッケにもリメイクすることが出来ます。

ジャガイモの味噌汁を飲もう!長期保存可能な味噌の効能

・コレステロールの抑制

大豆に含まれるリノール酸には、コレステロールを体外に排出するのを促進し、その他大豆レシチン、大豆タンパク、食物繊維、サポニンなどにコレステロールの抑制効果があります。

・胃がん・肝臓がん・乳がん予防

味噌汁を飲む人と飲まない人を比べると味噌汁を飲む頻度の高い人ほど胃がんによる死亡率は低くなり、胃がんだけでなく心筋梗塞や肝硬変などの病気にも同様の傾向にあります。
その他、肝臓がんの発症を抑える作用のある成分が含まれていることが確認されています。

また、味噌にはフィト・エストロゲンという食物性の女性ホルモン作用物質が含まれており、乳がんの発症を抑えると考えられています。

・胃潰瘍・老化の防止

味噌汁を毎日、または時々飲んでいる人は全く飲まない人に比べて胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの胃の病気が少ないという研究結果が出ています。
その他、ビタミンEやダイゼイン、サポニン、褐色色素には、体内の酸化を防止する作用があり老化防止に効果があります。

また、ジャガイモにはビタミンCやカリウムが豊富に含まれているので、家庭菜園で作ったときは保存しておき、毎日の味噌汁に取り入れることで健康にもつながります。

・整腸作用

味噌に含まれる食物繊維には、腸の掃除をしてくれる効果があり、味噌に含まれる微生物には腸内の腐敗菌や有害物質を体外に送り出してくれます。
毎日味噌汁を飲むことで腸内環境を整えることが出来ます。

・美肌効果

メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防げます。

収穫したジャガイモを上手に保存しよう

皆さん家庭菜園でジャガイモを育ててみたくなりましたか?
またジャガイモの基本的な保存方法から様々な保存方法まで紹介しましたが、いかがでしたか。

今回紹介した保存方法を活用すれば、収穫したての美味しいままのジャガイモを食べることができます。

また、体に良い味噌を使って、美味しいジャガイモの味噌汁も作ってみて下さいね。

 - 健康 食事