コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

      2017/03/19

靴の底の内側に傷ができるのはなぜ?正しい歩き方をしよう!

皆さんが日々、何気なく履いている靴。

その靴の底には、あなたの姿勢の悪さや身体の歪み、歩き方の癖、重心のかけ方などの
情報が沢山つまっています。

そこで、あなたの愛用している靴の底を見て下さい!

「靴の底の内側にばかり傷ができて、擦り減っている!」なんてことありませんか?

今回は靴の底の減り方によって見えてくる危険性と、正しい歩き方についてお話します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

肩こり解消!誰もが簡単にできるストレッチと肩こり体操

肩こりで悩んでいる方は、とても多く、特にデスクワークをさ...

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。 この辛い肩こりは、どのよ...

50代を迎える女性が知っておきたい身体の変化と対処法

50代の女性といえば、まだまだ外見的にも若々しく現役で活...

スポーツジムで人気のピラティスで体メンテナンスし腰痛改善

スポーツジムのスタジオではエアロビクスやヨガと並び、ピラ...

いつも仕事でつかうデスクと椅子の工夫で腰痛を改善

社会人や学生の方の多くが毎日のように椅子に腰掛け、そして...

意外と身近な手首のヒビと骨折への効果的なリハビリ

ヒビや骨折など、激しいスポーツでもしていない限り出くわす...

シンプルな体幹トレーニングの方法でバドミントンに応用

スポーツトレーニングでは、体幹トレーニングを導入すること...

暴走する自律神経でしびれ、めまい、吐き気がでる病気

誰もが一度聞いたことがある、自律神経失調症という病名があ...

高齢者に多い腰痛になると何故か歩けない脊柱管狭窄症

日本では高齢化が進み、それと同時に高血圧や糖尿病といった...

恐怖を感じる椎間板ヘルニアの腰痛を和らげる方法

椎間板ヘルニアという傷病名は、メディアによる紹介などで一...

若いのに体がゴチゴチな高校生に多い腰痛のシンプル改善法

まだ10代の高校生が腰痛に苦しんでいるのは珍しくありません。...

コーヒーを飲むように気軽な腰痛改善ストレッチの簡単な方法

日常の中で、激痛とはいかないまでも何とも言えない不快感がある...

骨や筋肉が原因ではない腰痛と脳の意外な関係と対処法

現代の日本では、高度に医療が発達し感染症やガンなども、初期な...

家事するのも嫌になる肩こり首こりからくる頭痛改善法

頭が痛くて仕事や家事が嫌になっていませんか? 普段から...

体幹トレーニングで簡単にできる女性のポッコリお腹の解決

それほど太っていないのに、お腹がポッコリと出てしまっているこ...

気になる猫背からの肩こり、その原因を解決する胸ストレッチ

肩こりがひどくていろんなマッサージやストレッチ、積極的に運...

糖質制限を2ヶ月間続けて4kgダイエット。更に続けて・・・

2ヶ月間で約4kgのダイエットに成功し、その後更に4kgス...

【女性必見】肥満や痩身なのかが分かる体脂肪率の計算方法

女性のみなさん、自分の体重が軽いからといって、自分は痩せ...

タンパク質・炭水化物・糖質は3大栄養素!それぞれの違いは

普段、何気なく食べている食事の中でも、私達の体や脳に必要...

イカを食べてタンパク質を補給、筋トレには食事が大切

ササミ・イカ・納豆など高タンパク質の食品は、よく筋トレする...

スポンサーリンク


靴の傷のでき方や擦り減り方で何が分かる?体が歪むとどうなる?

靴の減り方で体の歪みが生じているかどうかが分かります。
また、靴の内側など足の同じ場所に傷ができる場合もまたしかりです。

本来体の歪みがない方の場合、靴の減り方は左右対称に擦り減っていくはずです。
しかしどちらか一方が強く擦り減っていたり、一部分が極端に擦り減っていたりしているのは、身体の歪みが生じているから起こるのです。

この体のゆがみが生じてくると、体の一部分を圧迫しそこだけにより負担がかかり、バランスを崩していきますので、このまま歪みを放置しておくわけにはいきません。

背骨の中には脊髄という神経の束がつまっています。
体の歪みが生じると神経を圧迫し、神経痛やしびれ、麻痺、痙攣などが起こることがあり、健康面でも大ダメージを受けることになり危険です。

また、内臓付近の神経を圧迫していると、内臓の機能がうまく働かなくなる可能性がでてきます。

いつも同じところに症状が出るという方は、体の歪みが原因かもしれませんから、歪みを治していく努力が必要になってきます。

靴の底の内側だけに傷ができて擦り減る原因&改善ポイント

靴の底の内側だけに傷ができて擦り減ってしまう原因と改善ポイントを紹介いたします。
このような靴の内側ばかりが擦り減ってしまっている人は、足が「内また」または「X脚」になってしまっているからです。

このような脚の特徴が出る人は、長年膝を曲げて歩いたり、猫背の姿勢で歩くことで起こってしまっているのです。

このような歩き方をし続けていると、骨盤もずれ、お尻も広がってしまうので注意が必要です。

この歩き方をしている人は、重心がかかとと小指にかかりやすく、たこや魚の目などの症状にも悩まされることになるでしょう。
また足の血流が悪くなり、足全体がむくんでしまうことになるでしょう。

このような歩き方をしていると、体にどんどんと悪い影響を与えてしまうので、今すぐ改善していかなければなりません。

歩き方を改善する方法としては、つま先の方向を意識して外側に向けるようにして歩くことです。
また膝が曲がってしまわないように意識してひざを伸ばすように努めてください。

靴のかかとの外側に傷ができて擦り減る原因&改善するコツ

今度は内側ではなく、靴のかかとの外側だけに傷ができて擦り減ってしまう原因と改善ポイントを紹介いたします。

このような靴の外側ばかりが擦り減ってしまっている人は、足が「がにまた」または「O脚」になってしまっているからです。

この歩き方を常にしている人は、重心が外側にかかっているので、足の外側の筋肉がぱんぱんに発達してたくましい足になってしまうので、女性はとくに注意が必要です。

重心が外側にかかっているということは、お尻やお腹の筋肉をあまり使っていないので、これらの部分は次第にたるんでゆき、下半身デブの体型になってしまいます。

また、一部分に負担がかかり腰や膝が痛むようになり歩くこと自体が億劫になってしまうかもしれません。

このようにならない為には、いますぐにでも、歩き方を改善する必要があります。
それは、両足の歩く間隔を小さくし、くるぶしとひざをできるだけ近づけるようにして歩くよう意識します。
この際に前屈みになり猫背の姿勢になってしまうので、しっかりと胸を張るように努めてください。

靴のかかとの片方だけに傷ができて極端に減ると、体にどんな事が起こる?

靴の内側か外側のどちらか片方だけに傷ができ、擦り減りが起こっているような方は体にゆがみが生じている可能性があります。

このタイプの人の歩き方は、骨盤がずれてしまっていると共に、足に十分な筋肉がついておらず、足を持ち上げずに引きずるようにして歩いているのです。

片方だけが擦り減っているということは、体の重心のバランスが崩れていて、どちらか片方だけに重心がかかってしまっているのです。

このような歩き方を続けていると、お尻が広がったり、下っ腹が出たりと見た目にもあまり良くありません。
それに、肩こりや頭痛など別のトラブルを引き起こしやすくなります。
ですから、意識してまず足を持ち上げて歩くようにしてみてください。

そうすることで、少しずつ足に必要な筋力もついてきて、最終的には意識せずとも自然に足は持ち上がってくるはずです。
また、猫背にならないように、前をしっかり向いて胸を張って歩くように心掛けてください。

靴底の左右の減り方が同じになる正しい歩き方とは?

靴の内側か外側のどちらか片方だけに傷ができるのではなく、左右同じように擦り減るような正しい歩き方とはどのようにしていけば良いのでしょうか?

それは、体が上から引っ張られているイメージを持つことです。
紐でも棒でも良いのですが、頭のてっぺんが天井や空から引っ張られ姿勢がまっすぐになった状態を意識して作るのです。

また、歩く時は腰に力を入れ、前方へ出すようにして歩いてください。
こうすることによって、背筋がぴんと伸びた状態で歩くことができるようになります。

この時に足の裏側の筋肉が使われていることも意識してみてください。

さらに、かかとにも注意を向けてください。
着地をかかとからしてつま先へ移動していくというのは間違いです。

この歩き方はヒールを履いている時のみ出来る歩き方で、見た目を重視した歩き方であり、体にとって負担が少ない健康な歩き方とは言い難いのです。

間違った意識がある人は注意して意識を修正していってくださいね。

靴底の擦り減り方の傷のチェックで分かる体の歪みを治す方法は?

靴底の内側や外側の擦り減り方の傷のチェックで分かる体の歪みを治す方法を紹介いたします。

靴底が左右対称ではない擦り減り方をしている場合は、ストレッチをして効率よく体の歪みを治していきましょう。

脚は上半身の重みを受け、歪みが長年生じている人の足首周辺はかなり硬くなっているはずです。
ですから、足くびを内回り、外回りとゆっくりと回していくことによりほぐしていくのです。

また、足を伸ばしたり縮めたりの屈伸運動を数十回行ってください。
足はできるだけ伸ばした方が効果はありますが、辛い人は、できる範囲でがんばってください。

その後、腰回りを円を描くように右回り、左回りと回して行ってください。
この際に、腕を伸ばしながらやると、さらに効果的です。

このように、足首、膝、腰とストレッチによってほぐしていくことによって、ゆがみが取れていきます。

呼吸の仕方には気をつけて、力を入れる部位に息を送りこむような感じで行ってください。

また、バランスボールを使うことによって、ストレッチをしながらインナーマッスルも鍛えることができますので、併用して行うのもオススメです。

正しい姿勢で歩こう

いかがでしたか。

自分の歩き方の癖を知ることは、自分の身体の調子を知ることにもなります。

極端な靴の擦り減り方をしている人は、骨盤が歪んでしまっている場合もあります。

姿勢が正しく、美しい歩き方は、他人からの見た目の印象を良くするだけでなく、新陳代謝も上がるなど、メリットが沢山あります。

日常の中で、体の歪みに効果的なストレッチを定期的に取り入れるようにすることも大切です。

 - 症状・目的別